バイクグッズの贈り物をしたい方はこちら≫

【防水!コスパOK!】原付用バイクカバーのおすすめを紹介します!

原付の便利アイテム
スポンサーリンク

~本記事で解決する悩み~

  • 原付用(スクーター)におすすめのバイクカバーは?
  • 原付駐輪時の雨除けができる防水カバーはある?
タケシ
タケシ

原チャリを駐輪するときに雨よけしたいんだけど、おすすめのカバーはある?

紹介してくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、原付用バイクカバーについて、選び方とおすすめを紹介していくよ!

バイクカバーにもさまざまな種類があるから、選び方は大事!

愛車にぴったりのものを見つけよう!

本記事では、原付用のバイクカバーをお探しの方向け記事です。

~この記事で解決する悩み~

  • 防水できる原付の雨除けカバーがほしい!
  • 50ccや125ccバイクのカバーを探している!

原付やバイクは、保管時の雨ざらしを避けるだけで、愛車の劣化具合が大きく異なりますので、ぜひ駐輪時はバイクカバーを習慣にすることがおすすめです。

本記事では、そんなバイク用カバーの選び方やおすすめを紹介していきます。

バイクカバーには、安くてお得そうに見えるものもありますが、すぐに破れてしまったり、水がしみて車体が濡れてしまうものもあります。

「どれも同じだろう」と思っても、ものによって機能面に大きな差がありますので、本記事で選び方のコツをマスターして、あなたにぴったりのバイクカバーを手に入れましょう!

リョウ
リョウ

バイクカバーによって、雨除けや紫外線防止だけではなく、盗難防止などメリットはたくさんだから、常日頃カバーすることを心がけるといいよ!

 

原付のカバーの必要性から詳しく知りたいという方は、別記事で詳細を解説していますので、先にお読みいただくとより理解が深まるかと思います。

原付用バイクカバーの選び方とは?

まず、原付用バイクカバーの選び方をご紹介していきます。

選び方のポイントは次のとおりです。

  • 耐久性
    ⇒生地の厚さ「デニール(D)」で見る。300Dあればかなり厚くて頑丈。
  • 防水性、撥水性
    ⇒雨のときに水がしみてくるものもあるので、防水性はよく確認しておく。
  • 通気性、透湿性
    ⇒濡れたままカバーをかけておくと車体にもよくないので、湿度を逃がす機能があるものがいい。
  • 耐熱性
    ⇒耐熱性があれば、走行後、すぐにカバーをかけられるが、基本的には、冷ましてからカバーするのがおすすめ!
    耐熱素材のものは、値段が高くなるし、熱いままカバーをかけて熱をこもらせるのは車体によくない。
    マフラー部だけ耐熱加工してあるのもあるが、カバー装着時や風などで他の部分が溶けることもある。
  • 操作性
    ⇒風飛び防止にバックル式で固定できるものが楽。ひもで縛るタイプもあるが、毎日のことになると大変。
  • UVカット
    ⇒車体へのダメージ防止にUVカット、反射機能があるといい。
  • 裏地
    ⇒車体への傷つき防止。
  • サイズ
    ⇒原付用であれば、サイズは小さめになる。対応車種やサイズ表をみて確認しましょう。
  • チェーンロックの穴
    ⇒防犯上必須!カバーと車体が一体になることで、より盗難されにくくなる。
  • 価格
    ⇒あまり安すぎるのはすぐに破れたりするので注意。必要機能とコストのバランスをみて選ぼう!

バイクカバーをする目的である、「きれいな保管」のために雨や砂埃、直射日光にさらさないことは重要です。

原付用であれば、ある程度コンパクトとなので屋根付きの駐輪場におさまったりしますが、風が強いときに雨や砂埃が当たったり、朝や夕方の直射日光が当たることもあります。

さらに、盗難防止の目的もあるので、しっかりとしたバイクカバーを手に入れて、愛車をがっちり保護しましょう!

原付用バイクカバーのおすすめ紹介!

では、原付用バイクカバーを紹介していきます!

僕もそうですが、原付ユーザーの方はコスパってけっこう大事ですよね?

本記事では、コスパのいいバイクカバーを中心に取り上げていきます。

あまりダラダラとたくさん取り上げてもしょうがないので、原付用としておすすめのバイクカバーを厳選して4つ紹介しようと思います。

原付用なので、サイズはS~Mくらいがちょうどよいかと思いますが、それぞれのバイクカバーの対応車種やサイズ表などをみて確認していきましょう!

原付用バイクカバーのおすすめ➀:バイクカバーEタイプ(YAMAHA)

アマゾンHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”

安心のYAMAHA製バイクカバーです。

耐久性と防水性を備え、原付のハンドルロック状態(左側)にあわせた立体裁断で、ぴったりフィットします。

耐久性や防水性は高いですが、本製品は走行直後のマフラーの熱でとける可能性があるので、十分冷えてから使うよう注意書きされてます。

注意しましょう!

YAMAHA製のわりに値段も安価なので、ぜひおすすめのバイクカバーです!

~特徴~

  • 耐久性:縫い目はすべて二重縫製。丈夫で耐久性にすぐれる。
  • 防水性:生地には防水加工、縫製糸には撥水加工。
    ※完全防水ではない。
  • 前後にロック用の大型スリット(直径70mmまで)あり。
  • ハンドルロック(左側)に合わせた立体裁断。
  • 前後のアジャスターでバタつき防止。
  • 風を巻き込みにくいスソ絞りタイプ。

原付用バイクカバーのおすすめ➁:バイクカバー(Rosefray)

Amazonでも、バイク用カバーとして売れ筋ランキングに入ってくる製品です。

厚手の210Dオックス生地を使用しており、丈夫な縫製、内装ぎんめっきで車体に有害な紫外線をカット、反射します。

車体中央下部にワンタッチバックル付センターベルトがあるため、盗難や風飛び防止ができます。

走行直後の車両のエンジンやマフラーに触れると溶けるため、十分に冷ましてからカバーをかけるよう注意書きされています。注意しましょう。

~特徴~

  • 耐久性:厚手の210Dオックス生地を使用しており、二本針ミシンによる丈夫な縫製。
  • 防水性:水圧2000PA。大雨でも愛車を守る。
  • 透湿性:ミラー部ベンチレーション機能で内部の湿気を排出できる。
  • 操作性:ワンタッチバックル付センターベルト装備。
  • UVカット。
  • 鍵穴が前後輪についている。

原付用バイクカバーのおすすめ③:スマートバイクカバー(大阪繊維資材)

Amazonでも、バイク用カバーとして売れ筋ランキングに入ってくる製品です。

150Dのシルバーコーティング厚地オックス生地を使用し、車体に有害な紫外線をカット、反射してくれます。
また、防水布を使用しており、風雨や直射日光、砂埃から車体を保護してくれます。

走行直後の車両のエンジンやマフラーに触れると溶けるため、十分に冷ましてからカバーをかけるよう注意書きされています。注意しましょう。

~特徴~

  • 耐久性:150Dオックス生地を使用しており、二本針ミシンによる丈夫な縫製。
  • 防水性:撥水性。防水布使用。
    ※完全防水ではない。
  • 透湿性:ミラー部ベンチレーション機能で内部の湿気を排出できる。
  • UVカット。
  • 操作性:ワンタッチバックル付センターベルト装備。
  • 前後に大型ロック対応のアイレット(鍵用穴)がついている。

原付用バイクカバーのおすすめ④:バイクカバー(Barrichello)

最高級オックス300D生地を採用、二重縫製で仕上げており、高い強度を持つバイクカバーです。

オックス300Dは、キャンプ用テントシートにも採用される高い撥水性をもつ高級素材のため、あなたの原付をしっかり守ってくれるでしょう!

防炎機能はないと大きく書かれているため、十分に冷ましてからカバーをかけるよう注意しましょう。

~特徴~

  • 耐久性:最高級オックス300D生地を採用。二十縫製で強度も増。
  • 防水性:高い撥水性。
  • 透湿性:ミラー部あたりにベンチレーションダクトあり。生地にも透湿性あり。
  • 操作性:中央部にワンタッチベルト装備。風飛び防止。
  • 前後に盗難防止ワイヤーロック用のロックホールあり。
  • カラー:ブラックのほかにシルバーもあり。

原付用バイクカバーのおすすめ⑤:バイクカバー(ソフト館)

これは2Lサイズ(245*105*125cm)のバイクカバーなので、50cc以下の原付だと少し大きいサイズになりますが、原二の大きめのバイクなら使えるものはありそうです。

原付サイズのカバーでは耐熱性のあるものがなかなか見つからないのですが、これは耐熱性がありライディング後にすぐカバーをかけることができます。

Amazonレビューで見られる意見では、やや生地が薄いというのと、何か月か使っていると防水性が弱くなるようなので、撥水・防水スプレー等で補強してあげるとよいでしょう。

運転後にすぐカバーをかけられるのはありがたいですし、コスパのいい製品なので、ぜひおすすめです。

~特徴~

  • 防水性:超撥水性で雨を弾く。
    ※完全防水ではない。
  • 耐熱性:エンジン・マフラー部分の両側に溶けにくい生地を使用。運転後にすぐカバーをかけられる。
  • 操作性:カバー中心にバックルベルト付き。
  • 後ろに防風ボタンが付き、フロントのロックホールで盗難防止や強風による風飛びを防止。
  • カラー:ブラック。

黒いバイクカバーってどうなの?

最近、黒のバイクカバーがよく見られますが、黒って賛否両論あります。

~肯定的な意見~

  • 黒なら目立ちにくいから盗難・いたずら防止になる!
  • 紫外線をカットして、車体にやさしい!

~否定的な意見~

  • 黒は逆に目立つから盗難・いたずらされやすい!
  • 夏の直射日光下だと熱を吸収して、シートの温度が上がる!

大きく意見が分かれるのは、

  • 逆に目立ってしまうのか
  • 紫外線カットや熱の吸収はどうか

という点かと思います。

僕は、黒のバイクカバーは全然ありだと思います。

盗難の観点から言うと、正直なところ、黒もシルバーなど他の色も目立つときは目立ちます。

バイク盗難のイラスト

個人的な感想だと、黒の場合、夜間は目立たないのは確かですし、日中もバイクをむき出しで置いておくより全然よいですね。

どちらのカバーにおいても、一定の盗難防止策になるかと思いますので、バイクの保管時はぜひバイクカバーを習慣にしておきましょう。

また、紫外線カットについては、一般的に黒の効果が大きい言われますが、材質による影響も大きいので、メーカーがUVカットをうたっているのかどうかをよくチェックするとよいでしょう!

温度については、「黒」という色は日傘でも使われるように、日差しをさえぎるのに最適です。

そのため、直射日光によるバイクへの熱をカットしてくれますが、バイクカバー自体は熱くなって多少取り扱いづらくはなります。
(※真夏の車で、黒のハンドルがアツアツになっているような感じです。)

慣れてしまえば「こんなものか」と思えるかもしれませんので、あとは好みで黒かシルバーを選べばOKです。

個人的には、黒もシルバーもどちらもあり!

しいて言うなら、夏場に直射日光が当たるところでの保管が多くなら、シルバー(UVカット機能付)を選ぶかと思います!

原付車種別のおすすめバイクカバーを紹介!

以下の記事にて、原付車種別のおすすめバイクカバーを紹介していますので、各車種をお持ちの方はぜひご参考にください!

▼スーパーカブシリーズに乗っている方向け

これから、原付車種別おすすめバイクカバーについての記事を増やしていきますので、乞うご期待です!

まとめ

原付用バイクカバーのおすすめを紹介しました。

バイクカバーの選び方にはポイントがたくさんありますが、自分に必要な機能とコストとのバランスをみて選ぶとよいでしょう!

本記事で紹介したバイクカバーの中でも、おすすめなのが次の2つです!

  • バイクカバーEタイプ(YAMAHA)・・・➀番のやつ!
    ⇒安心のYAMAHA製!防水加工され、丁寧な作りでおすすめ!
  • バイクカバー(Birrichello)・・・④番のやつ!
    ⇒オックス300D生地で頑丈さとコスパ抜群!原付カバーに必要な機能はそろっている!

本記事が、あなたのバイクカバー選びの参考になれば幸いです。