【原付交通ルールのまとめ】原付歴15年の僕が徹底解説します!

原付まとめ記事
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

原付の交通ルールをもう一度おさらいしたいな。

リョウ
リョウ

OK!

僕が運営しているブログサイトでは、原付で主に必要となってくる交通ルールについて詳細を解説しているよ!

ここでは、本ブログサイトの交通ルールに関わる記事を分かりやすく整理しておくね!

まーちゃん
まーちゃん

へ~まとめてあると、わかりやすい~!

勉強させてもらうねっ!

本記事では、原付の交通ルールをおさらいしておきたいなという方向けに、当ブログの交通ルールに関わる記事を分かりやすく整理しました。

原付に乗っている方、または乗る予定の方はぜひチェックしてみてください。

本記事の内容は、次の目次のとおりです。
(※目次の項目をクリックorタップすると、目的のところまでジャンプできます。)

原付の基本的な交通ルールについて

原付に乗るなら、まず押さえておくべき超基礎的なルールをまとめている記事はこちらです!

原付で公道を走るために必要である基礎的なルールをまとめています。ルールについて、違反時の罰則なども含めてもっと詳しく知りたい場合は、以下に紹介する記事もあわせてお読みいただくとよいです。

原付の交通ルールの詳細記事

原付の交通ルールと違反時の罰則など詳細をまとめている記事たちはこちらです!

原付のスピード違反について

原付のスピード違反について詳細をまとめています。
(※原付一種向けの記事です。)

ついスピードを出してしまいがちですが、原付のスピード違反は警察の取り締まりもよくやっています。罰金などの罰則もありますので注意しましょう。

原付の信号無視について

原付でも信号無視は厳しく取り締まられます。交通ルールの基本として知っておきましょう!

原付の一時停止違反について

原付でも一時停止違反は厳しく取り締まられます。交通ルールの基本として知っておきましょう!

原付の駐禁について

当ブログでも、原付の駐禁に関する記事はとても人気です。

原付は自転車のような感覚で乗ってしまいますが、免許が必要な乗り物です。駐輪の基本的なルールから知っておきましょう!

絶対禁止!飲酒運転について

飲酒運転についての厳しい罰則などをまとめています。

飲酒運転は絶対NGです!

原付の積載量にもルールがある!?

知らない人も多い!?原付ってなんでも載せていいわけではありません!

知っておくといいですよ。

少しマニアックな記事!工事用信号のルールとは?

たまに見かける工事用信号。これって正式な信号なの?という疑問を持つ方も多いはず。

知っておくと便利な情報です。

原付の免許について

原付を運転するための必須ルール、「原付の免許」です。

原付には一種と二種があるので、それぞれの免許について紹介しています!

原付一種・二種の免許の違いとは?

原付に一種と二種があるの!?という方向けの記事です。免許が異なるので注意しましょう。詳細を解説した記事です。

原付一種の免許の取り方!

原付一種の免許の取り方をまとめています。比較的、取りやすい免許なので、原付に興味があればぜひチャレンジしましょう!

原付二種の免許の取り方!

原付二種免許は、少し特殊で二輪用の免許が必要となります。

免許取得方法について詳しく解説していますので、興味がある方はぜひご参考にください。

ルールではないけど任意保険は加入すべき!?

自賠責は強制!だけど任意保険は任意のため、「原付なら加入しなくてもいいかな」という方は多いはず!だけど、公道を走る以上、危険も隣り合わせです。

自賠責だけでは万が一のときに十分な補償を受けられないケースも多いです。

事故は一生ものになる可能性もあるので、一度検討だけでもしてみるのがおすすめです!

まとめ

原付(一種)は自動車免許を所有していれば乗れるため、気軽に乗る方も多いと思います。そのため、細かいルールを忘れがちになりますので、一度おさらいしておくといいですね!

それと、先にも述べましたが(各記事の中でもちょこちょこ書いていますが)、原付では任意保険に加入せず、自賠責のみで運転する方が多いです。これってけっこうこわいことで、万が一の事故があったときに相手への対人賠償のみとなってしまい(しかも補償の上限が低い)、対物や自分のケガなどに関しては補償がありません。

そのため、一度、任意保険への加入を検討してみるのをおすすめします。入るか入らないかは別として、自分の原付に任意保険をかけた場合、保険料っていくらかかるの?という疑問だけでも解消しておくとよいと思います。

費用が自分の予算に合えば加入すればよいですし、複数社の保険プランについて一括見積もりが無料のサービスもあるので、ぜひ利用するとよいかと思います。

興味がある方は、下の記事をご参考にいただくとよいかと思います。

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

より快適な原付ライフを目指して、交通ルールを守りながら安全第一で楽しんでいきましょう!