夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

【着用時に注意?】原付用サングラスの選び方とおすすめを紹介!

原付の便利アイテム
スポンサーリンク

~本記事で解決すること~

  • 原付ライダーにおすすめのサングラスは?
  • 原付用サングラスの選び方は?
  • 原付の運転でサングラス着用はOK?着用時に注意することってある?
タケシ
タケシ

原付に乗るときにサングラスをかけたいんだけど・・・。

運転中にしてもいいんだよなぁ?

リョウ
リョウ

もちろんOKさ!

ただ、サングラス着用時の注意点はあるよ!

タケシ
タケシ

注意点なんてあるの?

詳しく教えてくれよ!

それと・・・、

ぼくでも、サングラス似合うかなぁ?

こんな感じにあこがれるんだけど。

リョウ
リョウ

う、うんっ!

ちょっとイメージは違うけど、似合うと思うよ!(笑)

じゃあ今回は、原付向けのサングラスの選び方とおすすめを紹介していくね!

サングラス着用で危険もあるから注意点もあわせてマスターしておこう!

本記事では、原付用のサングラスをお探しの方向け記事です。

通勤・通学・ツーリング等で原付ライディングしていると、太陽の光が眩しく感じる時もありますよね!

朝夕の日差しや、車の反射光などが目に入って前が見えにくくなることもあり、「サングラスがほしい・・・」と感じる方も多いかと思います。

そこで本記事では、原付向けサングラスの選び方&おすすめを紹介していきます。

原付ライディングでサングラスを使うときに注意しないと危険につながることもあるので、本記事でしっかりマスターしておいてくださいね!

原付の運転でサングラスって使っていいの?

女性がサングラスをかけた様子のアイキャッチ画像

原付ライダーの方で、たまに疑問として上がることが、「そもそも原付に乗るときにサングラスをしていいの?」ということです。

結論を言ってしまうと、原付のサングラスはOK!
白バイの方だって、サングラスかけて運転していますね。

ただし、あまりにも濃色な光を通さないサングラスで、視界が悪く信号機が正しく認識できない場合は、安全運転義務違反となる可能性はあるかもしれません。

では、冒頭でも少し述べましたが、原付に乗っていてサングラスがあると便利なシーンって多々あります。

原付でサングラスを使用するメリットは次のとおり!

  • 日差しのまぶしさをやわらげる。
  • 紫外線(UVカット機能があれば)や風から目を守ってくれる。
  • 虫などが目に入るのを防いでくれる。

朝日や夕日などでまぶしいときには、サングラスをしないと危険な時もあります。

ぜひ一つは持っておくとよいですね!

しかし、サングラスを使用する場合、使い方によっては危険になることも!

次に詳しく紹介していきます。

原付でサングラス使用時の注意点は?

女性がバイクツーリングをする様子のアイキャッチ画像

では、原付でサングラスをするときの注意点について紹介していきます。

原付の蹴るサングラス使用時の注意点は次のとおりとなります。

  • サングラスによっては、視界が極端に悪くなったり信号機の色が正しく認識できなくなる!
  • 夜間使用不可!
  • 日中でもトンネルなど暗い場所に入るとき注意!

サングラスをしたことある方なら分かると思いますが、ものによって、めちゃくちゃ視界が暗くなるものや、ほどほどの遮光性で見やすいものがありますよね?

サングラスをかけた女性のイラスト

これは「視感透過率(可視光線透過率)」の違いによるものです。「普通にみたときの40%の明るさに感じるなら、視感透過率は40%」と考えてもらえばいいかと思います。

この視感透過率ですが、2018年10月に改訂されたJIS規格でもサングラスの使用規制が定められています。

改正前
視感透過率8%以下のレンズ:運転における使用の禁止
視感透過率75%未満のレンズ:薄暮または夜間時における運転時の使用禁止


改正後
視感透過率8%以下のレンズ:運転用または路上での使用の禁止
視感透過率75%未満のレンズ:薄暮または夜間時における運転用または路上での使用の禁止

この改訂からも読み取れるように、透過率が低いものは、運転だけでなく路上での使用もだめだと言っているので、それだけ透過率が低いものは視界が悪くなって危険だということを示しています。運転ならなおさらですね。

JIS規格の基準に違反をして使用したからといって、法律的に罰則があるわけではありませんが、危険ですので該当するものは使用しないようにしましょう!

また、サングラスはまぶしいところでは有効ですが、逆に暗いところでは前が見えなくなることがあります。

夜間の使用は危険ですし、日差しが強いところを走っているて急にトンネルに入ると全然前が見えないということもあります。

視感透過率が低いものは、暗いところだと視界がとても悪くなりますし、ハーフキャップヘルメットをしている方なら、最悪サングラスを外すことはできますが、すぐに外せないフルフェイスなどのヘルメットを使用している方は特に注意しましょう!

あと、信号の色や風景を見やすくしたレンズカラーはグレー系がおすすめです。グレーはすべての波長帯のおいて光量を押さえる効果があり、色調の変化が少ない特徴がありますよ。

原付用サングラスの選び方は?

原付用のサングラスを選ぶ際にみておくべきポイントは次のとおり!

  • 視感透過率が低すぎないもの
  • UVカット
  • 耐衝撃性
    ⇒ポリカーボネイト製は耐衝撃性退会!
  • パッド
    ⇒スキマからの防塵・防風対策にあればよりよい。
  • デザイン

原付に使うサングラスは、「バイク用」である必要はありません。

機能性やデザインをみてお好みで選んでいきましょう!

原付ライディングでのサングラスのおすすめを紹介!

サングラスがたくさん写ったアイキャッチ画像

では、原付ライディングでのサングラスのおすすめを紹介していきます!

ここでは、UVカットの機能があるものや、原付ライディングに使い勝手がいいもの、コスパのいいもの、ブランドものなどを取り上げます。

防風パッド バイク用サングラス(willmatch)

アマゾンHPより引用”https://www.amazon.co.jp/”

パッド付なのが特徴的なサングラスです。UVは99%カット。

Amazonレビューだと、付随するストラップの耐久性が悪いとの話もありますが、パッドのおかげで防風性はいいようです。耐衝撃性はあまりないようですが、ふつうに使っていれば問題ないかとは思います。

かなりコスパのいいサングラスだと思いますので、おすすめです!

アマゾンHPより引用(2枚)
”https://www.amazon.co.jp/”

偏光サングラス(MARSQUEST)

アマゾンHPより引用”https://www.amazon.co.jp/”

7枚4層コーディング加工した偏光レンズで、UVA・UVB・UVC・ブルーライトを100%カットし、眩しさや乱反射を効果的にカットしてくれますので、より快適な視界を確保することができます。

UVカットのほかに、超軽量、耐衝撃性があるため、スポーツやアウトドアに最適な偏光サングラスです。

スポーツでもずれにくい形状で、振動の多い原付にも安心して使えそうです。

UVカットサングラス(Smith&Wesson)

アマゾンHPより引用”https://www.amazon.co.jp/”

ポリカーボネート製のレンズを使用し、耐衝撃性能にすぐれたサングラスです。米国国家規格ANSI Z87.1の認定品として、厳しい耐衝撃検査を通過していますので安心です。

また、UVカット率99%で紫外線対策能力を備えます。

サングラス(レイバン)

アマゾンHPより引用”https://www.amazon.co.jp/”

世界的に有名なレイバンのサングラスです。値段は高くなりますが、クラシカルなエッセンスを取り入れたデザインで、カジュアルにもスーツスタイルにもぴったりな本格派のサングラスです。

これは、レンズに特別な6層コーティングをしており、まぶしさの原因となる乱反射などのギラつきを抑え、視界を確保する偏光レンズとなっています。

紫外線カット率99%以上、可視光線透過率は12.5%なので、やや暗めにはなりますが、日中の使用は可能です。

原付ツーリングで、おしゃれにサングラスを装着するならレイバンがおすすめです!

まとめ

原付でサングラスを使うときの注意点と、おすすめサングラスを紹介しました。

サングラスは、まぶしさ軽減や、紫外線・風・虫などから目を守ってくれる便利なアイテムですが、あまり遮光性が強すぎても視界が悪くなるなどデメリットにもなってしまいます。

原付のライディングに支障がないものを選んで、便利なアイテムとしてサングラスを利用していきましょう!