クリスマスプレゼントにおすすめのバイクグッズ特集はこちら>>

原付の盗難防止対策を解説します!【簡単かつ効果的!】

原付の基礎
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

そーいえばこの前、こんな人がおれの原付をずっとみていたよ。

かっこいいから見ていたんかな。

声かけたら恥ずかしがって、すぐにどっかいっちゃったよ。

リョウ
リョウ

それ、きっと原付どろぼうだよ!(笑)

原付狙われてるかもね!

盗難防止しておかないとまた狙われるよ!

タケシ
タケシ

そうなのか?

おれの愛車が盗まれるなんて・・・

盗まれないようにはどうしたらいい?

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、原付の盗難防止について解説していくよ!

基本的とあわせて応用的なことも紹介するね!

~本記事のテーマ~◎原付の盗難防止について解説!
⇒基本と応用を紹介します!

原付の盗難防止とは?

駐輪中の原付のアイキャッチ画像

原付って大きいし盗まれにくいと思っている方もいるかもしれませんが、けっこう盗まれることが多いってご存知でしたか?

この記事を読んでいる方の中には、もしかしたら、前の原付が盗まれて「次こそは盗難防止したい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

じつは僕も盗難されたことはあって、警察に届けて3日後くらいに、たまたまショッピングセンターに乗り捨ててあるのを見つけられて戻ってきました。

戻ってきたときには、エンプティ―ランプがついていたので、ガソリン切れで乗り捨てたのかもしれません。

話しがそれましたので戻しますね!

まず、原付の盗難防止で基本的なことを紹介しますが、原付を盗まれないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

答えは、

『盗みづらい環境を作る』

ことです。

つまり犯人の気持ちになって、自分が犯人だったらどんな状況だと盗みやすいかを考えて、それを潰せば盗まれにくくなります。

盗難防止対策の方法は大きく分けて次の2つです。

◎原付の基本装備を使って盗難防止する(⇒基本)
◎盗難防止アイテムを使って原付が盗まれにくい駐輪方法にする(⇒応用)

では、これらを掘り下げて紹介してきます。

簡単にできる原付の盗難防止を紹介!(基本)

駐輪中の原付のアイキャッチ画像

原付の盗難において、たいていの場合、鍵穴にドライバーなどをねじこんでカギを回そうとすることが多いようです。

そういった手口には、原付の標準装備で対抗できる盗難防止があります。

すでにやっている方もいると思いますし、特にお金もかからず、すぐにできることですのでぜひ実践してみてください。

◎前輪ロックをかける
◎キーシャッターを閉じる
バイク屋のイラスト

原付を買ったときに、バイク屋で買った方なら教えてもらった操作ではないでしょうか?

通販などで買ったり誰かから譲ってもらった人だと、意外とこれらの操作を知らないまま過ごしている場合もあるかもしれません。

実際、お古の原付を譲ってもらって使っていた知人の中には「キーシャッターって何?」という人はいました(笑)

では、もしかすると知らない方もいるかもしれないので、簡単に説明しておきます。

まず、前輪ロックは知っている方がほとんどだと思いますが、前輪をななめに傾けた状態でロックしている状態です。

参考に下の写真をご覧ください。矢印の方向で、前輪がロックされています。
※以下の写真は、古い原付をモデルにして撮っているため、あまりきれいではありませんがご容赦ください(笑)
※車種によっては操作方法が異なったり、その機能がないものもあるかもしれません。

原付の盗難防止の方法の写真(前輪ロック)

これを行う方法は、前輪をロックポジションに傾けながら(上写真の車輪の傾き)、キーをLOCKの位置まで回してキーを抜きます。

原付の盗難防止の方法の写真(前輪ロック)

続いて、キーシャッターの閉じ方ですが、下の写真のように行います。

原付の盗難防止の方法の写真(キーシャッター)

これで、キーの差し込み口のシャッターが閉じますので、開け方は下の写真のとおりになります。

原付の盗難防止の方法の写真(キーシャッター)

上の写真は少し見づらいですが、キーの持ち手側に六角形の部分(マグネットキー、上写真の丸部)があると思うので、それをキーシャッター解除用のマグネットキー穴に合わせて回すと、シャッターが開きます。

これらの盗難防止をするだけでも、盗もうとする人にとって「盗みづらい」環境を作ることができます。

もしあなたが犯人なら、前輪ロックされていない原付を見たら、簡単に手で押して持っていけちゃいますよね?前輪ロックされていれば、簡単には運べません。

しかも、キーシャッターが閉まっていたら、その場でキー穴にドライバーなどをねじ込んで、無理やり回すこともできなくなるため、盗むためには持ち上げていくしかありません。

それでは目立ちますし、かなり大変な作業ですね!

簡単な盗難防止ですが、盗もうとする人にとっては、確かに盗みづらい環境になります。

今すぐできることなので、めんどくさいと思うかもしれませんが、継続してやるようにしましょう!

原付の盗難防止アイテムでさらに強化しよう!(応用)

チェーンのアイキャッチ画像

原付の盗難防止の基本的なことはご説明しましたが、それだけでは不十分なことはあります。

実際に、それでも盗まれた知人もいますので、さらに盗みづらい環境を作りましょう!

ポイントは2つです。

◎チェーンなどでダブルロック!
◎カバーで原付を隠す!

それぞれ詳しく解説していきましょう!

原付の盗難防止➀:チェーンなどでダブルロック!

先に述べました前輪ロックは盗難防止に有効な方法ですが、おそらく原付を盗もうとする犯人には想定内だと思います。

実際に知人は前輪ロックでも盗まれてしまいました。

この場合、前輪ロックしただけの状態だと後輪がフリーになっているので、前輪を持ち上げれば案外動かすことはたやすいです。

とりあえず、前輪を持ち上げて犯行におよびやすいところまで運んでしまうことができてしまいます。

これを防ぐためには、後輪をチェーンなどでロックしてしまうことです。

前輪も後輪も自由が利かなくなり、一気に盗みにくくなります。そして、チェーンロックをしていることをアピールするように設置しておくと、泥棒にとってもより盗む気が起きなくなります。

ただし、ひと気のない道路沿いのようなところでは、レッカーして瞬時に持ち運んでしまうこともあるので、場所によっては注意です!

可能であれば、後輪をチェーンロックするときに駐輪場のポールなどと結びつけてしまえば、より頑丈な盗難防止になります。ただし、ガードレールなどの公共物へのくくりつけはNGかと思います。

チェーンロックのおすすめは、ワイヤーが太くて簡単に切断されないものがよいです。

バイク盗難のイラスト

あと、たまに不良品ですぐ鍵穴が壊れたりするものもありますので、購入した際には、原付をロックする前に、正常に施錠・開錠できるか試しておきましょう!

原付用チェーンロックのおすすめについて興味がある方は、別記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

原付の盗難防止➁:カバーで原付を隠す!

ブルーシートのイラスト

原付を保管するとき、カバーってしていますか?

雨ざらしや直射日光にさらすのを避けるためにカバーをすることはありますが、じつは盗難防止にも有効ってご存知でしたか?

あなたが犯人だったときに、ものを盗もうと思ったらターゲットがみえている状態の方が盗みやすいですよね?

カバーがしてあることで、

●中の状態がどうなっているか分からない

●盗むときにカバーを取るという作業工程が増える

●カバーを取る作業は目立つ

ということになり、犯人にとっては非常にやっかいになりますね。

原付の劣化を防ぐためにも、盗難防止のためにもカバーをする習慣をつけるようにしましょう!

カバーは安物を買うと、すぐ破れてしまって買い替えないといけなくなるので、多少お金を出してしっかりしたものを買うことをおすすめします。

カバーのおすすめについて興味がある方は、別記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

万が一の盗難に備えて盗難保険も検討しよう!

保険屋のビルのイラスト

盗難防止対策はたくさんありますが、残念ながら100%安全という方法はなかなかありません。

万が一の盗難に備えて、盗難保険も検討してみるのもいいかもしれません。

別記事で詳しく解説していますので、興味がありましたら、ぜひご参考にください。

まとめ

原付のイラスト

原付の盗難防止について紹介しました。

ポイントをおさらいしておきましょう!

☑原付の盗難防止には、前輪ロック、キーシャッターが有効!
☑原付の盗難防止を強化するなら、盗難防止アイテムの「チェーンロック」や「バイクカバー」をする!
☑万が一の盗難に備えて、盗難保険も検討する!

人の大切なものを盗むなんて許せませんね!

しっかり盗難防止して、安心安全な原付ライフを送りましょう!