≫夏のバイクグッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

カエディアのスマホホルダーを徹底レビュー!バイクにオススメのワケを解説します!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『ライドミー原チャ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~本記事のテーマ~

  • カエディア(Kaedera)のバイク用スマホホルダーってどう?
  • カエディアでオススメのスマホホルダーは?
タケシ
タケシ

バイクに付けるスマホホルダーが欲しいけど、カエディアってどうなの?

使い心地とか教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、カエディアのバイク用スマホホルダーを紹介するよ!

僕が実際に使った体験をもとに、カエディアアイテムを徹底レビューするから、ぜひチェックしてね!

機能性&コスパの良いバイクグッズが多いカエディア(Kaedear)!

Amazon

スマホホルダーもいくつかのタイプが販売されていますが、僕が愛用してるのはKDR-M11C

ザック
ザック

スマホホルダーがあると、ツーリングが快適になるよな!

カエディアならライダーから人気もあるし、間違いないぜ!

本記事は、カエディアのバイク用スマホホルダーのレビュー&特徴を紹介します!

原付歴15年以上&ツーリングでスマホホルダーを愛用する僕が、カエディアアイテムを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

カエディアのバイクスマホホルダーをレビュー!

カエディアM11C

カエディアのM11Cは、バイク用スマホホルダーとしてオススメのアイテム!

僕も実際に使ってみて感じた感想をレビューします!

  • 取り付け簡単!
  • スマホの脱着がカンタン!
  • コスパ良し!
リョウ
リョウ

僕が購入して感じたのは、操作性の良さと値段の安さ!

詳しく紹介します!

取り付け簡単!

まず、カエディアのスマホホルダー「M11C」は取り付けがカンタンです。

  • ハンドルバーがある車種
    ⇒バーマウントで取り付け
  • ハンドルバーが無い車種
    ⇒ミラーマウントで取り付け

僕の場合、原付スクーター「トゥディ」に乗ってるため、ハンドルバーに直接取り付けられました!

原付×スマホホルダー
原付×スマホホルダー

バーマウントの取り付けは六角レンチが必要ですが、一度固定してしまえば、ホルダー側は手動で付け外しが可能。

六角レンチで取り付け
六角レンチで取り付け

慣れてしまえば、一から取り付けても2~3分でできちゃうでしょう!

スマホの脱着がカンタン!

カエディアスマホホルダー
カエディアスマホホルダー

カエディアのスマホホルダーをバイクに取り付けてしまえば、スマホの着脱は超簡単です!

アームを広げた状態で、スマホを押し当てるだけで装着可能。
(※落下防止のため、セーフティーバンドは装着。)

ホルダーの真ん中のボタンが、「ホールドボタン」になっていて、一瞬で四方のアームが閉じる仕組みになっています。

外したいときは、左右のリリースレバーを同時に押せばアームが広がるので、すぐスマホを取り出すことも可能です!

リョウ
リョウ

僕は、ツーリング先で写真を撮ることが多いので、スマホが簡単に付け外しできるのは超メリットです!

コスパ良し!

カエディアのスマホホルダー「M11C」は、僕が購入したときで3,000円弱の値段。

通販レビューが多く人気のある商品で、機能充実&耐久性の面でも安心感があり、コスパは良いアイテムでしょう!

リョウ
リョウ

安いスマホホルダーもありますが、使い勝手・破損リスクなど不安になりますよね。

大切なスマホを装着するホルダーなので、安心メーカーのものがオススメかなと思います!

【バイク用】カエディアのスマホホルダーの特徴!

KaedearスマホホルダーM11C
KaedearスマホホルダーM11C

カエディアのスマホホルダー「M11C」の特徴をまとめます!

スマホホルダー機能性
クイックホールド
カメラの出っ張り対応
Airマウント
(振動対策)

バイブアブソーバー装着可
スマホの厚さ~12mm以下
サイズ縦幅132~175mm
横幅68~85mm
リョウ
リョウ

繰り返しになる点もありますが、M11Cの特徴的な機能を紹介します!

クイックホールドで快適!

楽天市場

カエディアのスマホホルダーM11Cは、クイックホールド機能搭載!

スマホを押し付けるだけで装着可能なため、快適な操作性となっています。

取り外しも、左右のリリースレバーを押せば、すぐ外すことが可能です。

ホールド開閉の耐久性UP!

楽天市場

カエディア製スマホホルダーのクイックホールド機能は、バイクライディングの際に何度も使用(開閉)するため、「耐久性」の面で不安材料となります。

その点、M11Cでは、開閉上限回数が向上した仕様になっており、より多くの利用が可能でしょう。

リョウ
リョウ

僕も使ってて、最初は「壊れやすそう」と感じましたが、ツーリングでもスムーズに使用できてます!

カエディアの改良により、壊れにくくなってるようなので、これからも実際に使っていってレビューしていきたいと思います!

対応するスマホ機種

楽天市場

カエディアのスマホホルダーM11Cが対応するスマホは、以下のサイズとなります。

  • サイズ
    縦幅132~175mm
    横幅68~85mm

  • ~12mm以下
  • その他
    カメラの出っ張りは2mmまで
    ※ホールドボタン操作に干渉

ハンドルバーは3タイプの径に対応

楽天市場

カエディアのスマホホルダーM11Cの取り付けに使える「ラバーアタッチメント径」は3種類!

  • 25.4mm(1インチ)
  • 22mm(7/8インチ)
  • 12mm(1/2インチ)

さまざまなバイクのハンドルバーに対応します。

リョウ
リョウ

ハンドルバーが無いバイクなら、ミラーマウント使用で解決です!

KDR-M11Cミラーマウント
KDR-M11Cミラーマウント

【カエディア】スマホホルダーのメリット・デメリット!

カエディア製スマホホルダー「M11C」のメリット・デメリットをまとめます!

メリット

  • スマホの付け外しが楽チン!
  • ほとんどのバイクに取り付け可能!
  • しっかりしたスマホホルダーだけど比較的安価!

KDR-M11Cは、操作性の良さが大きなメリット!

バイクへの取り付け&スマホの付け外しがカンタンにできるため、使い勝手の良いアイテムです。

比較的安価な値段設定なのも、購入のハードルが低く、ツーリングのお供にしやすいでしょう!

デメリット!

  • セーフティーバンドでひと手間いる
  • 振動対策するなら別途必要
  • カメラが出っ張ったスマホには対応しない

カエディアのスマホホルダーM11Cは、簡単にスマホ着脱できますが、装着時はセーフティーバンドが必要です。

スマホホルダーセーフティーバンド
スマホホルダーセーフティーバンド

スマホをホールドボタンに押し付けて固定した後に、落下防止するのはやや手間に感じます。

リョウ
リョウ

ただ、基本的にスマホホルダーを使う際は、落下防止(セーフティバンド等)は必須。

M11Cに限ったことでないので、仕方ないのかなと思います。

また、Kaedearの振動対策「Airマウント」機能は、搭載されていません。

バイク振動のスマホへの影響が気になる方は、バイブアブソーバーを別途手に入れると良いでしょう。

ザック
ザック

あとは、装着不可の機種はよくチェックしておこう!

iPhone14PROなどのカメラが出っ張った機種は、「装着時に干渉」するから不可になってるぞ。

後継モデルの「M14C」「M22C」なら、対応可能だな!

通販の商品ページで、対応するスマホはよくチェックしましょう!

カエディアのスマホホルダーの使い方!

カエディアのスマホホルダーM11Cについて、使い方をまとめます!

バイクへの取り付け方

レブル×スマホホルダー
レブル×スマホホルダー

カエディアスマホホルダーは、バイクや原付スクーターへ簡単に取り付けられます。

ハンドルバーのある車種なら、ざっくりと以下の2ステップで装着完了です!

  1. ハンドルバーに「バーマウント」を付ける
    ※バー径に応じて、アタッチメントを使い分ける
  2. ホルダーをバーマウントに付ける
    ※セーフティーバンドを間に挟む

ハンドルバーの径の違いによって、対応するアタッチメントを選ぶだけなので、慣れてしまえば数分で取り付けられるでしょう。

リョウ
リョウ

僕のトゥディAF67の場合は、内径22.0mmアタッチメントを使いました。

参考までに、レブル250なら25.4mm径のアタッチメントです。
(※どちらも正規品に付属のもの)

ハンドルバーの無いバイクへの取り付け方

スマホホルダー取り付け
スマホホルダー取り付け

バイクや原付の中でもハンドルバーが無い車種なら、「ミラーマウント」を使用します。

ミラーマウントが、カエディアのスマホホルダーを取り付ける「バー代わり」に。

この場合も、ミラーを外して挟み込むだけなので簡単です!

リョウ
リョウ

スマホホルダーの取り付け方は、購入したときに付いてくる取扱説明書に記載されています。

簡単取付可能なので、安心してOKでしょう。

スマホホルダーの使い方

スマホホルダー操作
スマホホルダー操作

カエディアのバイク用スマホホルダーは、使い方も簡単!

取り付けが完了したら、次の2つの操作で使用します!

  • 左右のリリースレバーを押し込む
    ⇒アームが開く
  • 中央のホールドボタンを押す(スマホの背中で押す)
    ⇒アームが閉じる(スマホをホールドする)
    ※ホールド後は、セーフティーバンドで落下防止

スマホを装着したら、バイク走行の際はセーフティーバンドで落下防止しておくことが大事です!

カエディアスマホホルダーのラインナップ!

カエディアは、バイク用スマホホルダーのラインナップが豊富!

「機能性の違い」や「対応するスマホ」等で、シリーズ販売されているので、あなたにぴったりのアイテムが見つかるでしょう!

カエディアのスマホホルダーラインナップ

カエディアのバイク用スマホホルダーのラインナップ一例は、以下のとおり!

Kaedear
スマホホルダー
ラインナップ参考価格スマホサイズ特徴通販サイト
KDR-M11C2,596円~縦132~175mm
横68~85mm
厚さ12mm以下
クイックホールド Amazon
楽天
KDR-M14C2,695円縦幅130〜175mm
横幅60〜90mm
厚さ15mm以下
クイックホールド
カメラ出っ張り対応
Amazon
楽天
KDR-M22C3,289 円縦幅130〜175mm
横幅60〜90mm
厚さ15mm以下
クイックホールド
カメラ出っ張り対応
Amazon
楽天
KDR-M283,795円縦130~190mm
横65~85mm
17mm以下
スライドロック
カメラ出っ張り対応
縦長スマホ用
Airマウント(振動対応)
Amazon
楽天
KDR-M11A4,598円~縦132~175mm
横68~85mm
厚さ12mm以下
クイックホールド
スマホ充電可能
Amazon
楽天
KDR-M23A
12,210円縦125~180mm
横63~90mm
厚さ18mm以下
スライド装着
振動吸収
スマホ充電可能
アルミ製
Amazon
楽天

\他にもカエディア製スマホホルダーは豊富!/

カエディア最新スマホホルダー

2023年11月現在、カエディア製の最新スマホホルダーはM26シリーズ。

  • スマホ充電不可⇒M26C
  • スマホ充電可能⇒M26A
リョウ
リョウ

スライド装着、振動吸収など、充実の機能性を備えます!

他にも、KDR-M28も新ラインナップされているので、機能性を追求したい方はチェックしてみると良いでしょう!

カエディア製スマホホルダーを使いこなすためのアイテム!

カエディア製スマホホルダーには、関連グッズも販売されています!

あなたのバイクスタイルに合わせて、必要なアイテムを揃えておきましょう!

スマホが安全に使える振動防止アイテム!

楽天市場

バイク走行中や信号待ちの時など、「振動」ってけっこう気になりますよね!

スマホホルダーでスマホを装着することで、スマホやカメラが壊れないか不安になる方もいるはず。

リョウ
リョウ

実際に、Amazon等のレビューを見ても、「スマホカメラが壊れた」という声は、ちょこちょこ見かけます。

そんな振動対策には、「バイブアブソーバーKDR-M0」がオススメ。

KDR-M0を挟むことで、バイク走行時の振動が軽減され、スマホカメラの破損リスクを下げることができます。

カエディア製の各種スマホホルダーに対応するので、振動が気になる方は手に入れておくと良いでしょう!

  • KDR-M8S
  • KDR-M11C
  • KDR-M13C
  • KDR-M22C
  • KDR-M11A
  • KDR-M22A などなど

日除けにサンバイザーもあり!

スマホホルダー使用時に、スマホへの日差しが気になるならサンバイザーアイテムもあります!

  • 直射日光による熱の影響
    ⇒スマホ不具合の原因
  • 太陽光の明るさで、画面が見づらい
    ⇒ナビが見えにくいなど
  • 太陽光によるスクリーンが明るくなり発熱
    ⇒スマホ不具合の原因

バイクでは、常に外部環境にさらされるため、スマホホルダーのサンシェードがあると効果的!

ただし、やや重量が増すため、クランプバーの振動や破損の原因にもなりやすくなります。
注意しましょう。

セーフティーバンドは予備も必要!

楽天市場

セーフティーバンドは、KDR-M11Cなどのクイックホルダー式スマホホルダーに使用する落下防止アイテム!

消耗品になるので、予備を手に入れておきましょう。

リョウ
リョウ

バイク走行中に、スマホが落下してしまっては一大事!

スマホの故障だけでなく、事故の原因にもなるので、セーフティーバンドは必ず使うようにしましょう!

まとめ

僕が、カエディア製スマホホルダーM11Cを使ってみて、バイク用としての操作性&コスパの良さは間違いないかと。

ツーリング中に「スマホで写真をよく撮る」僕にとって、クイックホールド機能はメリット大でした!

カエディア製以外にも、スマホホルダーは多く販売されているので、オススメどころをまた別記事でも紹介していきたいと思います!