夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

【バイク用】レザージャケットの選び方とおすすめを紹介します!

原付の装備
スポンサーリンク

~本記事で解決すること~

  • バイクライダーにおすすめのレザージャケットは?
  • バイク用の革ジャンはどうやって選んだらいいの?

ケン
ケン

バイク用に乗るときに革ジャンが気になるんだけどどうかなぁ?

おれにも似合うかな?

リョウ
リョウ

革ジャンは昔からバイクライダーに根強い人気があるね!

安全性などの面でもおすすめだよ。

レザージャケットには、デザインもさまざまあるから、好みのが見つかると思うよ!

ケン
ケン

そうなんだ、レザージャケットほしいな!

どうやって選ぶといいんだ?

おすすめを教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、バイク用レザージャケットの選び方とおすすめを紹介するよ!

レザージャケットの選び方は奥が深いから、しっかり押さえておこう!

本記事は、バイク用レザージャケット(革ジャン)に興味のある方向けの記事です。

バイクライダーなら、レザージャケットでかっこよくキメてライディングしたいと思いますよね!

昔から、ライダーと言えば革ジャンと言われるほど、レザージャケットは人気の高いウェアです。

本記事では、バイクライディングに最適なレザージャケットの選び方&おすすめを紹介していきます!

リョウ
リョウ

僕は、原付歴15年以上&かなりのロングツーリングをこなしてきている原付ヘビーユーザーさ!

革ジャン好きのバイクライダーとも親交が深い僕が、バイク用レザージャケットについて徹底解説するから、ぜひ参考にしてよ!

マーボー
マーボー

革ジャン紹介なら、おれに任せてくれよ!

一緒にみていくぜ!

バイクライダーにレザージャケットが人気なわけ!

近年、バイク用ジャケットにはさまざまなタイプのものが出てきており、いろいろなスタイルでライディングを楽しむ姿が増えてきました。

しかし、そんな中でも革製のジャケット、いわゆる革ジャンとしてレザージャケットは親しまれ続けています。

なぜバイクライダーにレザージャケットが人気なのでしょうか?

その理由は次のような点があげられます。

  • ファッション性があり、着るごとにどんどん馴染んでくる。愛着がわく。
  • 防風性により走行風から体を守ってくれる。
  • 丈夫な生地で転倒時にも安心。

バイク初心者の頃は、革ジャンと聞くと少しかたいイメージだったり、動きづらそうと思う方もいますが、レザージャケットにはデザインが多種多様でファッショナブルなものもあります。

とくに最近のものは運動性を高めたものや、肩・肘・胸・背中などのプロテクションにもこだわったものが出ており、より利便性が増しています。

バイク用レザージャケットの選び方は?

そもそもの話からですが、レザージャケットは通気性があまりよくないので、真夏となると不向きかなーと思います。

パンチングなどで通気性を確保しているものもありますが、個人的にはやっぱり蒸れてくるのでメッシュジャケットがおすすめかなと!

最近の夏は異常に暑いですしね!

レザージャケットは、ウインターシーズン中心に、春や秋の寒暖差が大きいシーズンには威力を発揮するでしょう。そのため、秋・冬・春に着る用として、レザージャケットを選んでいくのがよいかと思います。

ではレザージャケットの選び方を紹介していきます。レザージャケットはデザインや素材など奥が深いので、どんなものがあるかをよく知って選んでいきましょう。

ポイントは次のとおりです。

  • デザイン:大きく分けて次の2タイプ。
    • シングル:前合わせが一重のもの。カジュアル感も出せる。
    • ダブル:前合わせが二重のもの。がっちり重たい雰囲気が出る。
  • 素材:雰囲気や着心地、手入れのしやすさに関わる。
    • 牛革:どっしり重量感がある。着るたびに味が出る。
    • 羊革:軽くて着やすい。着るたびに味が出る。
    • 人工皮革:手入れはしやすいが、耐久性がやや弱い。安価。
      ※その他、素材多種あり。
  • 防風性
    ⇒寒い季節に着るなら、防風性・保温性は必須!暑めの季節に着るなら、パンチングなどベンチレーション機能があるものを選ぶ!
  • 運動性
    ⇒長時間のライディングに使うなら、軽めのものや運動性にこだわったものがよい!
  • 撥水性
    ⇒レザーは雨に弱いので、雨の日にも着ようと思うなら撥水性のあるものがよい!

大きく分けると以上のようなポイントで見ていくとよいかと思います。

マーボー
マーボー

革ジャンは、ヴィンテージ感も大事だね!

しぶ~い感じのレザーでライディングするのは、気分も最高だよ!

バイク用レザージャケットのおすすめを紹介します!

では、レザージャケットのおすすめを紹介していきます。

レザー製品は質感が大切ですし、高価なものになるので長年愛用していきたいですよね。少し高くなるかもしれませんが、安心できる有名メーカーのものを選ぶのがおすすめです。

ということで、本記事では、レザー製品で人気の有名メーカーのものを中心に紹介していきたいと思います。

ワックスシープレザージャケット 20SJ-7(DEGNER)

レザーといえばまずDEGNERを思う方もいると思いますが、レザー製品で人気のメーカーです。

このジャケットは、軽くて柔らかい羊革を使っており着心地がバツグンです。

ワックス加工でわざと色むらを出し、ヴィンテージ感を演出しています。

プロテクター標準装備や運動性にもこだわったおすすめジャケットです。

~特徴~

  • 素材:羊革使用。
  • タイプ:シングルライダース
  • プロテクター:肩・肘・背中・胸に標準装備(着脱可能)
  • 背面にアクションプリーツで動きやすさアップ。ライディング時の腕のツッパリを軽減。
  • カラー:BLACK/BROWN、BLACK/GREEN、BLACK/YELLOW
  • サイズ:M、L、XL
引用
DENGER HP

~DEGNERレザー製品ならWEB通販がおすすめ~

DEGNERのWEB通販なら、初回サイズ交換送料無料です!

「通販だとサイズが合うか心配・・・」という方に便利ですね!

▼DEGNER WEB通販の詳細&購入はこちら!

DENGER シープレザージャケットはこちら!

メッシュレザージャケット 21SJ-8(DEGNER)

もう一つDEGNERからメッシュレザージャケットの紹介です!

このジャケットは、牛革の全面メッシュ仕様(パンチング)となっており、通気性が良好です。

プロテクターも肩・肘・背中・胸に標準装備で、万が一の際にも安心!

ノーカラージャケットで、スッキリとした着心地となり、暑い日も涼やかに着られます。

~特徴~

  • 素材:牛革(メッシュ)
  • タイプ:シングルライダース
  • プロテクター:肩・肘・背中・胸に標準装備
  • 肩の後ろにアクションプリーツを配置し、動きを妨げない。
  • 袖口はファスナー開閉式で着脱しやすい。
  • カラー:BLACK/BROWN、BLACK/GREEN、BLACK/YELLOW
  • サイズ:M、L、XL
引用
DENGER HP

~DEGNERレザー製品ならWEB通販がおすすめ~

DEGNERのWEB通販なら、初回サイズ交換送料無料です!

「通販だとサイズが合うか心配・・・」という方に便利ですね!

▼DEGNER WEB通販の詳細&購入はこちら!

DENGERのメッシュレザージャケットはこちら!

レザージャケットシングル FPV-EVO/SFT(カドヤ)

レザー製品で人気のカドヤ。ソフトステアを使ったレザージャケットです。

初めから着こんだような革の柔らかさと、着心地、運動性を追求したヘッドファクトリーパターンを採用しており、使い勝手のよいレザージャケットです。

~特徴~

  • 素材:ソフトステア(牛革)使用。
  • タイプ:シングルライダース
  • プロテクション:肩と肘のパテッドはプロテクション効果も高い。
  • ソフトステアで初めから着こんだような革の柔らかさ。
  • 着心地、運動性を追求したヘッドファクトリーパターン。
  • カラー:ブラック
  • サイズ:S、M、L、LL、3L
アマゾンHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”
created by Rinker
カドヤ(KADOYA)
¥77,000 (2021/07/31 06:19:01時点 Amazon調べ-詳細)

ベンテッドライディングレザージャケット RA5031(ラフ&ロード)

ライダーから人気のラフ&ロード製レザージャケットです。

見た目はスタンダードな感じですが、各所にあるベンチレーションと、フロントのVベント機能でジャケットを開けて走っているかのように涼しく感じることができ、夏場の暑さをしのぎます。

アマゾンHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”

ラフ&ロード独自のオールシーズン機能で、対応のインナージャケットと組み合わせで取り付けることができ、冬場の使用にも対応可能です。

また、襟裏にクールマックスを使用しており、いつもサラサラドライで暖かく快適なジャケットです。

~特徴~

  • 素材:牛革使用。
    ※襟裏にクールマックス使用
  • タイプ:シングルライダース
  • プロテクション:肩・肘・脊椎にウレタンパッド標準装備。
  • 大胆なベンチレーション機能で夏場をしのぐ。
  • カラー:ブラック
  • サイズ:M、L、LL、XL

ダブルライダース ワンスター 613US(Schott)

アマゾンHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”

レザージャケットの老舗であるアメリカのSchott製ダブルライダースジャケットです。

Schottの歴史は古く、ダブルライダースの原型を初めて出したのが1928年であり、以来高い人気を誇ってきました。肩につけられた星形のスタッズからワンスターと呼ばれ、古くから親しまれます。

「618」というダブルライダースに星スタッズを付けたものが「613」であり、日本人体系に合わせた現代的なシルエットにリサイズしたものが、この「613US」となっています。

Schotttのダブルライダースを羽織って、がっしりとかっこよく決めてみてはいかがでしょうか。

~特徴~

  • 素材:牛革(ステアハイド)使用。重厚な厚みのあるやや硬い目の革。
  • タイプ:ダブルライダース
  • サイズ:32~44
    (参考値)
    着丈/身幅/ウエスト/袖丈/肩幅(cm)
    32:57/42/74/59.5/39.5
    34:59/44/80/60/40
    36:59/46/85/61/42.5
    38:60/48/90/61.5/45
    40:61/50/94/62/46
    42:61/52/102/62/48
    44:62.5/54/103/62/50

バイクでレザージャケットを使うならお手入れをしっかりと!

レザー製品は、しっかりお手入れして大切に扱えば、何年にもわたって使うことができます。

一見、丈夫な素材と思われがちで、お手入れをあまりしない人もいるかもしれませんが、湿気や乾燥、汚れなどに弱い素材です。

お値段もそれなりにしますし、大切なレザージャケットを手に入れたら、お手入れして、いつまでも良い状態で使っていきたいですよね!

バイクツーリングのように、ハードな環境での使用だとお手入れは重要!

ツーリングなどで一日着た後のお手入れとしては、次の手順で行うとよいです!

  1. 汗や雨で濡れたら、風通しの良い場所で陰干しする。
  2. 乾いたら、やわらかいブラシで汚れ・ホコリを落とす。
    ⇒やわらかい馬毛ブラシがおすすめ!
  3. 虫汚れや油汚れがあって落ちない場合は、水拭きorクリーナーで丁寧に汚れを落とす
    ⇒固く絞ったタオルで拭いて落ちない汚れは、クリーナーを使う!
  4. 風通しのよいところに吊るして保管する
    ⇒湿ったところでの保管によるカビの発生に注意!

※レザー素材の乾燥等が気になる場合は、ミンクオイルスプレーで保革するとよい。

以上の手順でお手入れしていきますが、レザー製品は、お手入れも丁寧に行っていきましょう!

お手入れ用のブラシは、柔らかい馬毛ブラシがおすすめ!

▼レザージャケット汚れ落とし用の馬毛ブラシ

虫汚れ・油汚れを落としすのにおすすめは、コロンブスのレザークリーン!

▼コロンブス「レザークリーン」

保革におすすめは、コロンブスのミンクオイルスプレーなどが使いやすいかと思います。

スプレーして拭きのばすだけで、柔らかさとなめらかな風合いを保ちます!

まとめ

ジャケットのイラスト

バイク用レザージャケットは、デザインのかっこよさだけでなく、走行風から守る防風性、生地の丈夫さによる安全性といった機能面でも、ライダーに最適なジャケットとなります。

少し高価になりますが、牛革や羊革などの天然皮革であれば、手入れをしながら長年使っていくことができますし、一着持っておくとファッションの幅も増えるかと思います。

レザーは使うほど味が出てきて、どんどん愛着がわくのが魅力ですよね!

ぜひあなたにぴったりのレザージャケットを選んで、愛用のジャケットにしていきましょう!

~防寒対策の記事一覧~

  • 秋冬用ヘルメットのおすすめ

  • 防寒着のおすすめ

  • 秋冬ジャケットのおすすめ

  • 秋冬はレザージャケットもおすすめ

  • 防寒インナーのおすすめ
  • 防寒パンツのおすすめ

  • ジーンズにも秋冬用あり

  • 防寒用オーバーパンツのおすすめ

  • 防寒用グローブのおすすめ

  • ネックウォーマーのおすすめ

  • 冬用の靴のおすすめ

  • 冬用靴下など足元対策のおすすめ