女性から男性へのクリスマスプレゼント特集はこちら>>

原付ツーリングで必須の持ち物は?【初心者OK!】

原付ツーリング
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

原付ツーリングに行ってみようと思うんだけど、準備しておいた方がいい持ち物ってなんだい?

リョウ
リョウ

OK!
原付ツーリング初心者向けに、必要な持ち物を解説していくよ!

あなたもついに原付ツーリングデビューすることになりましたか?

ツーリングを思いっきり楽しむために、行く前の準備はとても大切です。

本記事で、原付ツーリングに必要な持ち物について紹介します。

「うわー準備かぁ、大変そうだな・・・」と思った方は安心して下さい。
原付ツーリングで準備することは、この記事を見て準備していけば、簡単にできるものばかりです。

僕の原付ツーリング歴も10年以上になりますので、それなりに経験がありますし、記事の内容は信頼してもらって良いと思います。

原付ツーリングでは持ち物確認は必須!

原付ツーリングを行くにあたって、計画はしっかり立てましたか?

長距離の運転になる上、山道などにも入る可能性があります。予期せぬトラブルも考えられますので、しっかり準備していきましょう。

ザック
ザック

おれたちの原付ツーリングでは、トラブルばかり。
10年以上ツーリングやっているけど、毎回、勉強させてもらっているさ。

トラブルになったときに、「あれ持ってこればよかった」ということが必ず出てきます。そんなことがないように、よくシミュレーションして、万全で原付ツーリングに臨みましょう!

原付ツーリングに必要な持ち物リストを紹介!

持ち物リストは次のとおりです。

<持ち物リスト>
必需品
●免許証・・・必須!
●保険証・・・不意のケガ、病気に備える。
●自賠責等の保険関係の書類・・・必須。
●財布・・・お金は必須。免許証も入ってる?
●スマホ・・・非常時の連絡や地図の確認。
●カッパ・・・地域によっても、突然の雨あり。
●防寒具・・・朝晩は意外と寒い!


装備品
●ヘルメット・・・フルフェイスがおすすめ。ゴーグルあると良い。
●手袋・・・素手では、転倒時に大きなケガにつながる。
●長袖、長ズボン・・・半袖等は転倒時に大きなケガにつながる。
●運動靴・・・サンダルはNG。少なくともスニーカーなど動きやすい靴で。


その他
●地図 ※スマホのマップが使えないところに行く場合
●モバイルバッテリー
●常備薬・・・花粉症薬や目薬、胃薬など。
●おやつ・・・非常食になりそうなものがベスト。
●カメラ・・・必要なら。
●パンク修理キット・・・個人的にはJAFやバイク屋頼み。

基本的な持ち物を挙げてみました。そこまでかさばらないものばかりですし、準備はそれほど難しくないと思います。

では、これらの持ち物について注意点など、詳細を説明しておきますね。

必需品について

貴重品関連である財布、スマホ、免許証、保険証や自賠責保険等の保険関連の証書は常に携帯していると思うので大丈夫かと思いますが、出発前に確認しましょう。

よく忘れがちなのが、カッパや防寒具です。経験を積んでいくと必ず必要性を実感します。

<カッパ>

ツーリングは、遠出になるため、いろいろな地域を通っていきます。そのため、さっきまで晴れていたのに、突然曇ったり、突拍子もなく雨が降り出したりすることもあります。

そんなときにカッパがないと大変ですね。必ず持参するようにしましょう。

ちなみに、100均のカッパやポンチョのような雨具が売っていますが、破れやすいので注意です。

原付用カッパのおすすめについて知りたい方は、下の記事で詳しく紹介していますので、あわせてお読みいただくと良いかと思います。

<防寒具>

パーカーのイラスト

春や秋は特に注意です!

日中が暑いくらいの時でも、日が落ちると肌寒くなります。原付の場合、風をもろに受けるので正直寒いです。それに、山道なんかを走る場合は、平地よりもひんやりと寒いことがあります。

防寒具はかならず持っていきましょう!夏でも、軽く羽織えるものがあっても良いと思います。

サマーシーズンならメッシュジャケットがおすすめですが、下の記事で詳しく紹介しています。興味がある方はあわせてお読みいただくと良いかと思います。

秋冬なら以下記事で詳しくまとめていますので、興味がある方はあわせてお読みいただくとよいかと思います。

装備品について

バイクを運転している様子のイラスト

バイクを乗るときの基本的な装備になります。

バイクであれば、フルフェイスのヘルメット、グローブ、ライディングジャケット・ブーツといった完ぺきな装備で行く人が多いですが、「原付だとちょっと派手すぎてもなー」と思う人は、そこまでしなくてもいいと思います。原付は手軽感も大切ですよね!

ただし、運転中は長袖、長ズボン、手袋着用は必須にした方が良いです。あと、目に虫や跳ね石が飛んで来ることもあるため、シールドがついていないタイプのヘルメットなら、ゴーグルやサングラスは付けた方が安全です。

原付の装備品についてもっと詳しく知りたい方は、下の記事で紹介していますので、あわせてお読みいただくと良いかと思います。

その他持ち物について

その他の持ち物は必要に応じてになりますが、今の時代は何かあったときにスマホで解決できちゃいますので、モバイルバッテリーを常備しておくと最強かもしれません。

まとめ

原付ツーリングの持ち物を紹介しました。原付ツーリングのイメージがだんだんわいてきたでしょうか?

「備えあれば憂いなし」というように、原付ツーリングでは準備がとても大切です。とは言っても、手軽に準備できるものばかりですので、出発に向けてささっと準備を進めましょう!

さぁ、原付の旅へレッツゴー!!

~ツーリングする方におすすめ記事~

  • バイク保険(任意保険)入ってない方向け記事

バイク保険(任意保険)って加入していますか?入らない方も少なくないですし、任意保険の保険料もばかにはならないですよね。
でも、自賠責だけだと万が一のときに十分な補償が受けられない可能性があるので注意です!
一度、下記事を参考に検討だけでもしてみるとよいかと思います。

~バイクの方向け~

~原付の方向け~

  • ロードサービスに加入していない方向け記事

ロードサービスって何か加入していますか?
通勤や通学、旅先などで、「バイクが動かない」「カギを閉じ込めてしまった」といったトラブルの際に大活躍するのがロードサービスです。
ツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストかなと思います。
加入していない方は、以下記事をご参考にいただくとよいかと思います。
(※下記事は原付用になっていますが、バイクの方にも参考になるかと思いますので、ぜひご参考にください。)

  • ツーリングの装備に興味がある方向け記事

ツーリングには、万全の装備でのぞみたいですね!ツーリングの必要装備についてまとめていますので、以下の記事をぜひご参考にください!
(原付の方向けの記事になっていますが、バイクの方にもご参考にいただけるかと思います。)

  • ツーリングをより楽しみたい方向け記事

~ツーリングしながら会話したり音楽が聴きたい方向け~

~ツーリングの映像が撮りたい方向け~