【人気バイクウェア】Amazonで売れ筋ランキングをチェックする!(タップで公式HPへ)≫

バイクの動画撮影はGoPro HERO9 Blackが最強!【機能を徹底解説!】

原付の便利アイテム
スポンサーリンク

~冬のバイクにおすすめの防寒グッズ~

アイテム【防寒装備】
商品名
参考価格
※変更あり
リンクおすすめアイテム
紹介記事
【ヘルメット】
フルフェイス
RX-7X
(アライ)
63,800円 Amazon
楽天
冬用ヘルメット
【ネックウォーマー】
アルパインスターズ
3,712円 Amazon
楽天
ネックウォーマー

【ジャケット】
システムウォーム
ライニングジャケット
(コミネ)
5,476円 Amazon
楽天
冬用ジャケット
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスシャツ
(ミズノ)
5,693円 Amazon
楽天
インナーシャツ
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスタイツ
(ミズノ)
6,544円 Amazon
楽天
インナーパンツ
【パンツ】
HRD4-S
(カドヤ)
22,000円 Amazon
楽天
防寒パンツ
【オーバーパンツ】
オールウェザー
オーバーパンツ
(ナンカイ)
5,059円 Amazon
楽天
オーバーパンツ
【グローブ】
e-HEATアームド
グローブ
(RSタイチ)
16,774円 Amazon
楽天
防寒グローブ

インナーグローブ
【シューズ】
シンテーゼ14
(エルフ)
14,000円 Amazon
楽天
冬用シューズ
【ソックス】
メリノウール
ウォームソックス
(コミネ)
1,430円 Amazon
楽天
防寒ソックス
【ホッカイロ】
使い捨てカイロ
(アイリスオーヤマ)
621円 Amazon
楽天

\Amazonならバイク用品が豊富!/

ザック
ザック

バイク映像の撮影なら、やっぱりGoProのHEROシリーズだな!

HEROシリーズは、また機能がパワーアップして新モデルが出たらしい。

ツーリングで使ってみたいな。

リョウ
リョウ

そうだね!

GoProから新モデルとして、HERO9 Blackが発売されたよ!

振動の多い原付やバイクでの撮影にも、ブレないアクションカメラとして最適だよ!

まーちゃん
まーちゃん

へーそんなすごいカメラがあるんだ!

私も知りたーい!

詳しく教えてよっ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、バイクでの動画撮影にもってこいのGoPro HERO9 Blackを詳しく紹介していくね!

本記事は、バイクの動画撮影をしたい方向けの記事です。

  • バイクツーリングの動画をきれいに撮影したい。
  • ツーリングで味わった感動を動画として残したい。
  • ツーリングの動画をYouTubeなどで共有したい。
  • GoProの新モデルHERO9 Blackについて詳しく知りたい。

そんな思いを持つ方はぜひお読みいただくとよいかと思います。

ではさっそくですが、バイクの動画撮影におすすめなGoPro HERO9 Blackについて詳しく紹介していきます。

バイクの動画撮影にGoPro HERO9 Blackがおすすめ!

GoPro HERO9 Blackの写真

バイクの動画撮影には、アクションカメラGoPro HEROシリーズがおすすめです!中でも、新モデルであるGoPro HERO9 Blackは、より磨きをかけた強力な手ブレ補正機能を含め、アクションカメラとしてかなりのハイスペックな製品になります。

先日僕は、こんなツイートをしました。

僕は原付ライダーですが、バイク動画を撮るアクションカメラとしてはあまりのハイスペック感にひとめ惚れし、実際に試してやろうとついに買ってしまいました!

アクションカメラとは、体やバイク、バイクヘルメットなどに取り付けて使うことができる小型デジタルカメラの総称です。

「アクションカム」とか「ウェアブルカメラ」と呼ぶこともあります。

アクションカメラと言うだけあって、スポーツなどの「アクション」に耐えうる耐久性や防水性を備えたものが多く出ていますが、中でもGoPro HERO9 Blackはバイクの動画撮影には最適です。

バイクの動画撮影にGoPro HERO9 Blackがおすすめの理由は?

アクションカメラで有名なGoPro(ゴープロ)は、近年、人気の「HERO」シリーズを年々進化させており、2020年9月にGoPro HERO9 Blackを発売しました。

このHEROシリーズは、僕だけでなく友人にも使っている人が多いアクションカメラで、HERO7 Black以降のHyperSmooth機能という強力な手ブレ補正機能がついたものはとてもおすすめです。

このGoPro HERO7 Blackは僕も愛用のカメラで、原付ツーリングでの動画撮影に利用していました。

僕がGoPro HERO7 Blackを愛用していた理由は次のとおりです。

  • 原付動画撮影時のブレがほぼなし。
  • すぐれた耐久性&防水性で、振動や雨にも耐えてくれる。
  • 小型のカメラである&マウントの種類がたくさん出ており、自分の好きなアングルで撮影できる。

これらはバイクのように振動も多く、雨などの様々な撮影シーンが想定されるものとしてはありがたい機能になりますし、マウントしやすいってのはけっこう重要です。

このようなすぐれた特徴があるGoPro HEROシリーズの新モデルであるGoPro HERO9 Blackは、さらに機能を向上させて登場しています。

バイクの動画を撮影したいなら、GoPro HERO9 Blackはかなりハイスペックでおすすめなアクションカメラになります。

GoPro HERO9 Blackの具体的な機能について!

GoPro HERO9 Blackのパッケージ写真

では、GoPro HERO9 Blackをおすすめする理由について詳しく見ていきましょう!

そのハイスペックな機能面について、詳細を次に紹介していきます。
※以下、GoProHPより引用(抜粋)”https://gopro.com/ja/jp/”
※HERO9 Blackの代表的な機能です。

~代表的な機能~

  • ビデオ
    ⇒5K30fps、4K60fpsなどの高画質撮影可(2.7K、1440p、1080p)。
  • 写真
    • プロレベルの鮮明な2000万画素写真が撮れる。
    • SuperPhoto機能(HDR搭載)で高画質撮影可。
  • 手振れ補正(ビデオ安定化)
    ⇒Hypersmooth3.0搭載。
  • 水平維持機構
    カメラ内蔵機能として、横向きや左右に傾いても滑らかな映像となる機能を搭載。
  • 前面LEDスクリーン+ライブプレビュー
    ⇒前面のスクリーンで映像を確認可。自撮りでは活躍。
  • スローモーション機能
    ⇒8倍対応。
  • TimeWrip 3.0機能
    ⇒タイムラプスビデオ撮影可。
  • HindSight機能
    ⇒録画開始前の映像を最長30秒間記録。シャッターを押すタイミングが遅れてしまっても決定的瞬間を逃さない。
  • LiveBurst機能
    ⇒ショットの前後1.5秒間を記録。
  • ライブストリーミング機能
    1080pのライブストリーミング可。
  • すぐれた耐久性&防水性。
    耐振動性と水深10mにも耐える防水性。
  • マウント
    ビルトレインマウントで本体組み込みの折り畳み式マウント。

~接続機能~

  • Wi-Fi+Bluetooth
  • GPS対応
  • GoProアプリへの接続
  • スマホへの自動取り込み

まだまだ細かい機能はありますが、ありがたい機能満載でかなりハイスペックですよね。

しかも、小型サイズで扱いやすく、マウントしても邪魔になりません。

GoPro HERO9のサイズは、下の写真のとおりだいたいですが横7cm、高さ5cmといったところでとてもコンパクトです。

もし、あなたがGoProでバイク映像を撮りたいと思っているなら、HERO9 Blackは超ハイスペックでおすすめですが、HERO8 Black、HERO7 Blackでも全然OKです。

実際に僕が使ってみての感想ですが、HERO7 Blackでも十分満足な撮影ができていました。HERO9からHERO7へバージョンを落としていくと、スペックは下がりますが値段も下がります。

これらの比較についてもっと詳しく知りたいという方は、下の記事で解説していますので、ご参考にいただくとよいかと思います。

GoPro HERO9 Blackのデメリットは?

アクションカメラとしてGoPro HERO9 Blackは、申し分のないスペックを持ち、バイクの動画撮影には最適なのですが、個人的にデメリットをあげるとすると、

「バッテリー消耗が早い!」

ことです。

どれくらいのバッテリーの持ちかというと、僕が以前、愛用していたHERO7 Blackとの比較で見ていきたいと思います。

HERO7 Blackのビデオモードで撮影したときの、おおよその連続撮影時間目安は次のようになっています。

ビデオモード➀時間➀ビデオモード➁時間➁
4K6045~50分1080p24035~50分
4K3085~90分1080p12040~55分
2.7K60(4:3)60~65分1080p6085~90分
2.7K12030~45分960p24075~80分
1440p12050~55分960p12080~85分
1440p6070~75分720p24085~90分

4K60のような高画質で撮影すると、かなり短い時間の撮影時間となります。

これに対し、HERO9 Blackで用いているバッテリーは容量が上がっています。

HERO7 Black⇒1220mAhリチウムイオン充電式バッテリー

に対し、

HERO9 Black⇒1720 mAhのリチウムイオン充電式バッテリー

といった感じです。そのため撮影可能時間は伸びますが、ただ、撮影モードにもよりますので、高画像で撮影するとやはり短時間の撮影になってくるかと思います。

画質をよくすると、そうとうパワー使うんでしょうね(笑)かなり短命になります。

なので、ツーリングに出かけたら一日中ガンガン撮れるかというとそうではないです。

このデメリットを解消するためには、予備バッテリーを準備しておくことがおすすめですね。少しお金はかかってしまいますが、ロングツーリングでも安心して撮影するには、バッテリーの予備は必須かなと思います。

GoPro(ゴープロ)
¥3,880 (2023/01/28 13:38時点 | Amazon調べ)

まとめ

バイクの動画撮影におすすめなGoPro HERO9 Blackを紹介しました。

HEROシリーズの特徴的な「強力な手ブレ補正」をさらにバージョンアップさせ、その他の機能もよりハイスペックにしたHERO9 Blackは、バイクでの動画撮影には最強のアクションカメラだと思います。

GoPro HERO9 Blackで快適な動画を撮影して、YouTubeなどの投稿にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

ただし、バッテリー消耗が早いことがネックなので、予備バッテリーを持っておくことをおすすめします。

では、本記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひあなたのバイクライフにGoPro HERO9 Blackを取り入れて、もっともっとツーリングを楽しんでいきましょう!

GoPro HERO9 Blackで実際に撮った動画の感想などは、また別記事でまとめていきたいと思いますので、お楽しみにいただければ幸いです。

~本記事紹介のもの~

●GoPro HERO9 Black

●予備バッテリー(純正)

GoPro(ゴープロ)
¥3,880 (2023/01/28 13:38時点 | Amazon調べ)

~バイク用マウントに興味がある方向けの記事~