≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!

【耐熱でマフラー対策!】溶けないバイクカバーのオススメ紹介!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 耐熱仕様のおすすめバイクカバーは?
  • 熱いマフラーにも溶けないバイクカバーってある?
  • バイクカバーのマフラー対策は?
タケシ
タケシ

バイクカバーって、走った後にすぐ掛けるとまずいよな?

マフラーが熱いままでも掛けられるのってないか?

バイクカバーのマフラー対策を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、耐熱のおすすめバイクカバーを紹介するよ!

カバーが溶けないための「マフラー対策」を含めて解説するから、ぜひチェックしてみてね!

バイクカバーは、「愛車を長く良い状態」で維持するために必要なアイテム!

ただ、バイクカバーを掛ける際に、

「走行後、熱いマフラーに触れて溶けちゃった・・・」

「耐熱のバイクカバーがあれば、使いやすいのに・・・」

といったお悩みを持つ方も多いでしょう。

溶けたカバー
溶けたカバー
リョウ
リョウ

僕もこの前、マフラーに当たって溶けちゃいました!

そこで本記事では、マフラー熱にも溶けないバイクカバーの選び方&おすすめを紹介します!

原付歴15年以上&バイクカバーを愛用する僕が、耐熱カバーを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

≫すぐに、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へジャンプ)

【耐熱なら安心?】バイクカバーのマフラー対策!

バイクライディングでチンチンに熱くなるマフラー!

自宅でバイクカバーをする際、熱いマフラーと触れてしまうと、カバー素材が溶けて穴が開くこともあります。

リョウ
リョウ

そんなバイクカバーの「マフラー対策」についてチェックしていきましょう!

~バイクカバーのマフラー対策~

  • 基本はマフラーが冷めてからカバーする!
  • 耐熱バイクカバーなら便利!

基本はマフラーが冷めてからカバーする!

まず、基本的なことから。

ライディング後にバイクカバーを掛けるときは、マフラーが冷めてから掛けるようにしましょう!

バイクカバーは、ほとんどの製品が非耐熱の生地を使っています。

マフラー熱はかなりの高温で、数百℃になることも。

外気温によって冷める時間は異なりますが、少なくとも30分程度は置いておいた方が良いでしょう!

~バイクカバーをするまでの待ち時間(目安)~


  • ⇒最低1時間以上

  • ⇒最低30分以上

※マフラーやエンジン熱って、意外と冷めにくいもの。バイクによって「冷め具合」が異なるので、自分のバイクの感覚をつかんでおきましょう!

耐熱バイクカバーならマフラー部が耐熱!

引用:楽天市場

バイクカバーの中には、マフラー熱にも溶けない耐熱仕様のものもあります。

耐熱のバイクカバーは、基本的に「カバー内側のマフラー付近のみ耐熱生地」になっているものがほとんど。

値段はやや高くなりますが、耐熱性のあるものだと安心でしょう!

ただし、耐熱生地以外の部分が、熱いマフラーやエンジンに触れてしまうと溶けてしまいます。

耐熱バイクカバーを使用する際には、注意が必要です。

~耐熱バイクカバー使用時の注意点~

  • バイクカバーを掛けるとき
    ⇒非耐熱の部分がマフラーに触れないよう注意して掛ける!
  • 強風でバタつくとき
    ⇒バタついて、非耐熱生地が熱いマフラーに触れることも!風飛び防止して、バタつかないようにする!
リョウ
リョウ

耐熱カバーは、装着時にバタつかないよう、バックルや絞りゴムなどが付いているものが多いです!

そういった機能があるかはチェックしておくとよいでしょう!

耐熱と防炎は異なる!

耐熱バイクカバーによく似た機能性として、「防炎」のものがあります。

  • 耐熱カバー ⇒走行後にすぐカバーを掛けられる!
    エンジンやマフラー熱に溶けない仕様
  • 防炎カバー ⇒防犯用!
    放火された場合などに燃え広がらない

防炎機能のあるバイクカバーは、いたずら等における放火対策です。

万が一、駐車中に火を付けられても、燃え広がりにくく、鎮火しやすくなっています。

リョウ
リョウ

耐熱カバーは、防炎機能とは異なります。

走行後にすぐバイクカバーを掛けたい方は、耐熱カバーを購入しましょう!

【マフラー対策】耐熱バイクカバーの選び方!

マフラー熱にも溶けないバイクカバーを選ぶ際は、「耐熱なら何でもOK」というわけではありません!

熱いまま掛けたい方は、耐熱バイクカバーの選び方をよくチェックしておきましょう!

  • 耐熱仕様のものを選ぶ!
  • 通気性・排湿機能を備えたものにする!
  • 風飛び防止は重要!
  • サイズ感はマスト!

耐熱仕様を選ぶ!

引用:Amazon

まず大前提として、バイクカバーのマフラー対策として、耐熱仕様のアイテムを選びましょう!

マフラー部分が耐熱素材(耐熱シート等)になっており、熱いままでも溶けないようになっています。

ただし、走行後のマフラーはかなりの高温。

エンジン付近のように何百℃もある状態で、もろにバイクカバーが当たると「溶ける」場合もあります。

マフラーで溶けたバイクカバー
マフラーで溶けたバイクカバー

耐熱バイクカバーでも、10~20分程度冷やしてから掛けると安心でしょう!

ザック
ザック

ツーリングから帰って、荷物を片付けてる間、マフラーを冷ましておくといいよな!

通気性・排湿機能を備えたものにする!

引用:楽天市場

耐熱のバイクカバーを使って、マフラーが熱いままカバーしたい方は、通気性や排湿機能を備えたものにすると良いでしょう!

ライディング後にマフラーが熱いままバイクカバーを掛けると、カバー内部は熱気がこもることに。

そして、外気との温度差ができると、バイクカバー内で結露が発生してしまいます。

結露=水気は、バイクパーツのサビの原因となってしまうため、ベンチレーション(換気)などの通気性・排湿機能のあるアイテムにしましょう!

風飛び防止は重要!

引用:楽天市場

先にも少し触れましたが、バイクカバーがバタつくと、掛けていたカバーがずれたり、車体と生地が擦れたりします。

その結果、「非耐熱の生地がマフラーに触れて、溶けてしまった・・・」というトラブルも。

風飛び防止ができるバイクカバーなら、車体に掛けたあともズレにくく、カバーが溶けることも防げるでしょう!

リョウ
リョウ

バイクカバーがバタつくと、生地とボディが擦れて、細かいキズがつく原因にもなります!

カバー内側が「裏起毛」で柔らかい素材だと、キズ付きを軽減できますが、裏起毛×耐熱仕様のアイテムは、なかなか無いのが現状です。

サイズ感はマスト!

バイクカバーは、サイズ感が重要です。

原付~大型バイクまでさまざまなバイクがありますが、車体サイズに合うバイクカバーを選びましょう!

車体よりも大きいものなら装着することは可能ですが、大きすぎるとカバーがズレて、非耐熱の生地がマフラーに接しやすくなります。

「ちょっと大きかったかな・・・」という場合は、ゴムベルトや洗濯ばさみ等でも良いので、バタつかないように加工しましょう!

バイクカバー×洗濯ばさみ
バイクカバー×洗濯ばさみ
リョウ
リョウ

また、リアボックスを付けているバイクの場合、マフラーと接するカバー生地の位置が異なります。

「リアボックス装着車用」のバイクカバーを選ぶようにしましょう!

【耐熱でマフラー対策】溶けないバイクカバーのおすすめ紹介!

では、マフラー熱にも溶けない耐熱バイクカバーのおすすめを紹介していきましょう!

熱いマフラーのままかけても溶けないバイクカバーのオススメを紹介していきます!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
7,498円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
高機能&コスパ!
4,580円 Amazon
楽天
スポーツ
バイクカバー
(コミネ)
11,716円 Amazon
楽天
バイクカバー
(WANDA)
4,999円 Amazon
楽天
バイクカバー
(NEVERLAND)
4,490円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/

ブラックカバーWRライト(デイトナ) ⇒オススメ!

~おすすめポイント~

  • 耐熱シート貼り付け型
  • 耐水圧20,000mm
耐熱性付属の耐熱パッド使用
サイズ
(全長×全幅×全高mm)
M:200×100×135
L:230×95×140
LL:235×100×140
3L:245×110×150
4L:260×115×155
オフロード:245×100×145
ビッグスクーター:240×105×160
防水性耐水圧20,000mm
耐久性高耐久性
操作性・ワンタッチバックル
・前後アジャスターコード
・後部縛り紐で風飛び防止
・前後大型ロック用のチェーンホール
その他・左右ミラー部エアベント
・収納袋付き

ライダーに人気のデイトナ製バイクカバー。

デイトナバイクカバーの中でも雨に強い「ウォーターレジスタントシリーズ」のライトバージョンで、耐水圧20,000mmと高い防水性を誇ります。

耐熱パットが付属で、エンジン・マフラー接触部に貼り付け、熱から守ることも可能。

引用:Amazon

値段はやや高めですが、機能性の高いバイクカバーでオススメです!

リョウ
リョウ

リアボックスを装着しているバイク専用のサイズもあります!

通販レビューでも、良い評価は多いアイテムです!

良いレビュー・丸2年もった
・生地がしっかりしている
・黒色で夜中に目立たない
悪いレビュー・耐熱パッドを貼るとカバーがしわになる
・1年2ヶ月で破れた(カバー外す際)

溶けないバイクカバー(creer) ⇒耐熱&コスパ!

~おすすめポイント~

  • 安価な耐熱カバー
  • 基本機能が充実
  • コスパ抜群
耐熱性耐熱裏打ち生地
サイズ
(全長×全幅×全高mm)
①2L:225×105×133cm
②3L:240×105×140cm
➂6L:255×110×140cm
防水性耐水圧3,000mm
撥水加工&止水処理
耐久性
操作性・車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止
・絞りゴムで車体にフィット
その他・湿気排出ダクト搭載!
・UVコーティング
・前後に直径40mmのロックホール
・収納袋付き!
・90日間保証

楽天市場で人気の「溶けないバイクカバー」!

厚手&耐熱仕様で、ライディング後のバイクボディ保護に最適です。

生地は300Dの厚手素材に、高撥水性&止水加工で、雨からバイクをしっかり守ります。

裏打ちの耐熱生地もあり、走行後すぐにカバーできるのは使い勝手の良いポイント。

湿気排出ダクト搭載しているのも、カバー内のムレやサビ抑制に最適です!

リョウ
リョウ

creerは自転車カバーでも人気であり、「品質の良さ」に良いレビューは多いでしょう。

安価に手に入る耐熱カバーで、オススメ度は高いです!

サイズは3タイプですが、中型~大型バイクまで対応できます。

良いレビュー・分厚いシートで破れにくそう
・マフラー部分も大丈夫だった
・1年9か月使ったら、色あせはあるが防水性は問題ナシ
悪いレビュー・生地がしっかりしていて重量があるのは大変そう
・素材がゴワッっとしていて被せるのに少し苦労する

スポーツバイクカバー(コミネ)

~おすすめポイント~

  • 生地全面が耐熱加工
  • 収納ポケット付き
耐熱性溶けにくい耐熱素材使用
サイズ
(全長×全幅×全高mm)
210×90×130
230×95×140
250×100×145
300×110×130
防水性ポリエステル防水
耐久性
操作性・カバー固定バックル
その他・ベンチレーション機能
・盗難防止ロック穴(φ43mm)
・リアポケットが収納袋に

バイクウェアなどで人気のコミネ製耐熱カバー!

全面が耐熱生地になっており、熱いマフラーのままかけても溶けないアイテムです。

バイクカバーとして基本機能は備えており、使い勝手も良いアイテムですね。

リョウ
リョウ

全面耐熱生地のため、値段が高め。

コスト面ではデメリットですが、安心のコミネ製で、値段を気にしないならオススメです!

良いレビュー・重さで風でのバタつきが少ない
・熱いマフラーのままかけても溶けない
・安定のKOMINE製
悪いレビュー・やや重たい
・リアポケットに雨水がたまることも
コミネ(Komine)
¥12,872 (2024/04/16 20:20時点 | Amazon調べ)

バイクカバー(WANDA)

~おすすめポイント~

  • 裏地全体が耐熱素材
  • 420Dの厚手生地
耐熱性裏地全体が耐熱素材
サイズ
(全長×全幅×全高mm)
XL:220×95×110
XXL:245×110×130
XXXL:270×110×130
XXXXL:295×110×140
防水性・耐水圧5000pa
・二十縫い目&シームテープ加工
耐久性420Dポリエステルオックス素材
操作性・ワンタッチベルト2つ
・前後に裾絞りゴム2つ
その他・ベンチレーション
・前後に盗難ロック穴
・2年間保証

安価な価格で手に入る通販バイクカバー!

裏地全体が耐熱素材で、カバーしたあとのバタつき等により非耐熱部がマフラーで溶けるといった不安もありません。

通販レビューは、一部「生地が薄い」といった声も聞かれますが、全体的に良い評価が多い印象かと。

安い耐熱カバーをお探しの方にオススメでしょう!

リョウ
リョウ

サイズがXXXXLまであり、大型バイクにもしっかり対応します。

良いレビュー・カバーの厚みある
・しっかり防水できてた(1か月使用)
悪いレビュー・思ってたより生地が薄い(たぶん300Dくらい?)
・雨漏りがしてバイクが濡れた(個体差?)

バイクカバー(NEVERLAND)

~おすすめポイント~

  • 耐熱裏打ち生地
  • コスパ良い
耐熱性耐熱裏打ち生地
サイズ
(全長×全幅×全高mm)
①220×95×110cm
②230×100×140cm
➂245×105×125cm
防水性・耐水圧1,000mm
・撥水性&止水処理
耐久性300Dオックスの厚手生地で丈夫
操作性・風飛び防止がワンタッチバックル
・前後の裾部分にゴム
その他・両側耳部分に通風口付き
・前後に内径11cmのロック穴
・収納袋付き
・1年間メーカー保証付き

安価に手に入るバイクカバー。

300Dの厚手オックス生地&精密二重縫製で、破れにくくて丈夫です。

防水性を備えつつ、縫い目に防水処理が施されてるため、雨や雪にも強いでしょう!

また、カバー内部に「耐熱裏打ち生地」を追加し、エンジン・マフラー熱でも溶けにくい仕様となっているとともに、両方耳部に通気口を設けて通気性を確保。

内部の熱や湿気を逃がし、サビ対策にも有効です!

リョウ
リョウ

「風飛び防止」も簡単にできるなど、基本機能はしっかり付いています。

コスパの良いバイクカバーでしょう!

良いレビュー・1年以上経過しても使える
・思ってたより厚みがある
・コスパ良くて質感も良い
悪いレビュー・思っていたよりペラペラ
・経年で表面が粉っぽくなる
・白い粉のようなものが雨に溶け出して付く(拭けば消える)

まとめ

ライディング後、すぐにバイクカバーを掛けると、マフラー熱で溶けることがあります。

バイクカバーを使う際は、マフラー対策をしっかりしましょう!

~バイクカバーのマフラー対策~

  • 基本はマフラーが冷めてからカバーする!
  • 耐熱バイクカバーなら便利!

バイクカバーの中でも、耐熱仕様のアイテムもあり!

マフラー部分が、熱でも溶けない生地になっていて、走行後にカバーする際も安心です。

少し値段は上がりますが、耐熱バイクカバーなら使い勝手も良いでしょう!

≫もう一度、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へ戻る)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
7,498円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
高機能&コスパ!
4,580円 Amazon
楽天
スポーツ
バイクカバー
(コミネ)
11,716円 Amazon
楽天
バイクカバー
(WANDA)
4,999円 Amazon
楽天
バイクカバー
(NEVERLAND)
4,490円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/