まだまだ暑い!バイクの暑さ対策はこちら≫

バイク・原付用チェーンロックのおすすめを紹介!盗難防止に付け方も重要です!

原付の便利アイテム
スポンサーリンク
ケン
ケン

バイクの防犯にチェーンロックをしようと思うんだけど、おすすめはある?

効果的な付け方も教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、盗難防止に効果的なチェーンロックを紹介するよ!

おすすめアイテムや付け方も紹介していくから、ぜひ参考にしてね!

本記事は、バイク・原付用チェーンロックをお探しの方向け記事です。

現在、バイクの盗難被害は減少傾向ではあるものの、決して少なくありません!

バイク盗難のイラスト

大切なバイクですので、キー(鍵)ロックだけでなくチェーンなどを用いたダブルロックをしておくとより安心です!

ザック
ザック

おれはチェーンロックをしていなかったせいで、いとも簡単に原付を盗まれてしまったぜ・・・。

また、効果的な防犯対策のためには、チェーンロックの選び方(長さ・太さ)や付け方も重要です。

そこで本記事では、バイク・原付用チェーンロックの選び方&おすすめを紹介し、効果的な付け方も解説していきます!

万全の防犯対策で、愛車を守っていきましょう!

▼バイク盗難防止についての解説記事

【選び方!】バイクにおすすめのチェーンロックとは?

原付の駐輪のアイキャッチ画像

まず、バイクにおすすめのチェーンロックの選び方を紹介していきます。

チェーンロックによっては防犯効果が弱いものもありますし、実際に使っていくと使い勝手・耐久性など、気になる点も出てきます。

バイク用のチェーンロックを選ぶ際は、次のようなポイントに注意して選んでおくとよいでしょう!

  • チェーンの太さ
    ⇒切断されやすさに関わるため、細すぎるものはNG。極太のものもあるけど、大きくて重たくなりがちなので、バランスも重要!
  • チェーンの長さ
    ⇒長さがあれば駐輪場のポールなどと連結させることも可能になる。
  • キーの複雑さ
    ⇒ピッキングされにくいものにする。
  • 携帯性
    ⇒大きさや重さは意外と重要。頑丈さも大切だが、持ち運びにくいと扱いづらい。
  • 耐久性
    ⇒材質等に注意。とくに、キーシリンダーは、材質によってサビやすいものもあるのでチェックしておくとよい!
  • メーカー
    ⇒強度、耐久性等の面で、有名メーカーのものなら安心感は大きい。ただし、最近は海外製などのコスパのよいアイテムも多い!

最近はさまざまなメーカーのものが出ており、コスパの良いアイテムも多くなっています。

なるべく有名メーカーのチェーンロックだと安心感はありますが、その分値段は高くなる傾向です。

個人的には、バイクの値段に合わせてチェーンロックのグレードをあげていくことをおすすめします。

高級車に乗る方は、値段が高くなっても最強のチェーンロックを、原付ならコスパも見ておきたいところです。

こういったポイントを意識して、防犯チェーンロックを選んでいきましょう!

バイク用チェーンロックのおすすめを紹介!

チェーンのアイキャッチ画像

バイク用チェーンロックのおすすめを紹介していきます!

安心のバイクメーカーのものや、頑丈でコスパの良い「頑丈」ワイヤーチェーンもありますので、いろいろとご参考にいただくとよいでしょう!

タフロック(ヤマハ)

バイクメーカーヤマハ製チェーンロックです。有名メーカーなので安心感があります。

チェーンは22mm径の極太ジョイントワイヤー&反射素材スリーブで、頑丈かつ防犯をしっかりアピールします。

長さは1.2m・1.5mと選べますので、あなたの利用環境に応じて、柱などにロックすることも可能!

アマゾンの商品重量を参考にしていますが、1kg超の重量でわりと持ち運びにも扱いやすいチェーンロックでしょう。

~特徴~

  • チェーン径
    22mm極太ジョイントワイヤー
  • チェーンの長さ
    1.2m/1.5m
  • 重さ(※商品重量参考)
    • 1.2m⇒1.12kg
    • 1.5m⇒1.28kg
  • 材質
    合金鋼
  • ウェーブ式キー3本付き
    ⇒スムーズ抜き差し可能!
  • 反射素材スリーブ付き
    ⇒防犯をアピール

ストロンガーチェーンロック(デイトナ)

デイトナ製チェーンロックです。有名メーカーなので安心感はあります。

チェーンは極太の12mm径、重さ6.4kgと頑丈で、長さは2m~とロングサイズがありますので、さまざまな環境で柱などにロックすることもできます。

頑丈ではある分、重量があり、持ち運びには適さないかもしれません。

「自宅での防犯に使いたい」、「高級バイクに乗っている」といった方などは選択肢としてはありです。

~特徴~

  • チェーン径
    12mm
  • チェーンの長さ
    2m/2.5m/3.0m/4.0m/5.0m/6.0m
  • 重さ
    2m⇒6.4kg
  • 材質
    スチール合金製
  • ピッキングに強い6シリンダーキー
  • キー3本付き
    ※1本は夜に便利なLEDライト採用

チェーンロック(Homwarm)

コスパの良いチェーンロックです!

Homwarmはバイクカバーなどでも、コスパのよいアイテムが多いですね!

極太ワイヤー10mm×PVCコート12mmの22mm極太仕様となっており、しっかり盗難防止に活躍します。

頑丈な見た目である一方、862gとそこまで重くないので携帯性は悪くないですね。

~特徴~

  • チェーン径
    22mm極太ワイヤー
  • チェーンの長さ
    1.2m
  • 重さ(※商品重量参考)
    880g
  • 銅製キーシリンダーで耐久性よくサビにくい
  • 防塵シャッター付き
  • キー3本付き

ガチロック(mujina)

こちらもコスパのよいチェーンロックですが、なかなか迫力のある名前ですね!

24mmの極太3層構造ワイヤーでしっかり守るため、犯人を見た目で圧倒します。

頑丈な見た目である一方、900gとそこまで重くないので携帯性は悪くないですね。

~特徴~

  • チェーン径
    24mm極太3層ワイヤー
  • チェーンの長さ
    1.2m
  • 重さ
    900g
  • 防塵シャッター付き
  • キー3本付き

スーパーロック(Barrichello)

こちらもコスパの良いチェーンロックです。

Barrichelloはバイクカバーなどでも、コスパのよいアイテムが多いですね!

極太ワイヤーとPVCコートで22mmの極太仕様となっており、しっかり盗難防止に活躍します。

頑丈な見た目である一方、900gほどの重量で、そこまで重くないので携帯性は悪くないですね。

~特徴~

  • チェーン径
    22mm極太ワイヤー
  • チェーンの長さ
    1.2m
  • 重さ(※商品重量参考)
    900g
  • 銅製キーシリンダーで耐久性よくサビにくい。
  • 防塵シャッター付き
  • キー3本付き

【最強の盗難防止!?】バイクチェーンロックの効果的な付け方を紹介!

バイク・原付へのチェーンロックの付け方(使い方)はさまざまあります。

「とりあえずタイヤに付けておく」だけでも効果はありますが、万全ではありません。

犯人としては、

  • ワイヤーを切断してしまう
  • チェーンロックしたまま車体を持っていく

などといった感じで、まだまだバイク盗難が可能な状態です。

そのため、チェーンロックの付け方として次のような工夫をするとよいでしょう!

  • 極太(頑丈)なチェーンロックを用いる
    ⇒切断されにくい
  • 駐輪場のポールなどどバイクタイヤをチェーンでつなげる
    ⇒チェーンを外すか切断しなければバイクを運べなくなる
  • バイクの後輪側をチェーンロックする
    ⇒前輪はキー(鍵)でハンドルロックされており、前後輪自由が利かなくなる
  • あわせてバイクカバーをする
    ⇒チェーンロック×バイクカバーは最強!?車体を隠すことで盗難リスクはさらに下がる!

チェーンロックの付け方としては、以上のような方法だとより効果的です。

バイクカバーで車体を隠すことも、盗難リスクは大きく下がります。

やはり、バイクを盗む犯人が「盗みにくいと感じる環境」を作っていくことが重要です!

まとめ

バイク用チェーンロックは盗難防止対策におすすめです。

有名メーカーのものから海外製等のコスパのよいものまで、さまざまなチェーンロックがあります。

見た目が頑丈な「極太タイプ」なら防犯対策として最強になりますが、持ち運びのシチュエーションがある方は、利便性も考えて「大きさや重さ」もチェックしておくことがおすすめです!

また、チェーンロックの長さも注意しておきたいところ!

ある程度の長さがあれば、駐輪場の柱などとバイクをチェーンでつなげておくことで、より最強の盗難防止策になっていきますので、付け方も工夫していきましょう!

では、あなたにぴったりのチェーンロックを手に入れて、安心・安全な原付・バイクライフをお過ごしください!

▼バイク盗難防止にU字ロックも有効!

▼バイク・原付は盗難保険が重要!