サイト名を「ライドミー原チャ」から変更しました!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

【完全防水あり!】バイクカバーの選び方&おすすめを紹介!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『原チャでニホイチ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~2024年プライムデーセール開催中~

年に一度の大セール「プライムデー」が、7/16(火)~17(水)の期間限定で開催中!
セールアイテムは、売り切れになる前にカートへ追加しておきましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名セール価格ショップリンク
(アイテム参考記事)
【グローブ】
メッシュ
(KEMIMOTO)
2,480円
1,984円
(496円OFF)
Amazon
≫夏用バイクグローブ
【バイクガレージ】
大型バイク2台
40,800円
34,680円
(6,120円OFF
Amazon
≫バイク用簡易ガレージ
【バイクカバー】
Kaedear
5,082円
4,319円
(763円OFF
Amazon
≫おすすめバイクカバー


【インカム】
B4FM
2台セット
22,498円
14,799円
(7,699円OFF)
Amazon
≫バイク用インカム
【シートバッグ】
kemimoto
6,399円
5,339円
(1,060円OFF)
Amazon
≫バイク用シートバッグ
【スマホホルダー】
KDR-M11C
(カエディア)
2,596円
1,999円
(597円)
Amazon
【チェーンロック】
カエディア
3,597円
2,999
(598円OFF)
Amazon
≫バイク用チェーンロック
【キャンプ】
1人用テント
15,990円
11,993
(3,997円OFF)
Amazon
≫キャンプ用ミニタープ
【ビール】
一番搾り
(キリン)
4,720円
4,258
(462円OFF)
Amazon
引用:Amazon
【音楽ストリーミング】
Amazon Music
UNLIMITED
1か月
無料体験

5か月
無料体験

(~7/18)
Amazon Music Unlimited
≫レビューはこちら
引用:Amazon
【本読み放題】
Kindle
unlimited
3か月
2,940円
0円無料体験
Kindleunlimited
ケン
ケン

おれんちの駐輪場には屋根がないし、雨からバイクを保護するカバーが欲しいなぁ。

丈夫で完全防水のバイクカバーはないかな?

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、バイク用カバーの選び方&おすすめを紹介するよ!

バイクカバーは、「愛車の長持ち」「盗難防止」に効果的!

防水かつ丈夫なカバーを手に入れて、バイクをしっかり守っていこう!

バイクの保管には、バイクカバーがオススメ!

屋外保管時の雨ざらし日中の紫外線を避けるだけで、バイク車体の劣化具合が大きく異なり、愛車の長持ちさせることができます!

マーボー
マーボー

大切なバイクは、カバーを習慣にしてしっかり守っていきたいよな!

本記事では、バイク用カバーの選び方&おすすめを紹介します!

原付歴15年以上の僕が、バイクカバーを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

リョウ
リョウ

僕自身、バイク用カバーは安物を買って失敗したこともあります。

最近は高機能でコスパの良い製品も多いですが、100均などの安物はオススメしません!

選び方はよくチェックしておきましょう!

≫すぐに、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へジャンプ)

▼原付用バイクカバーをお探しの方はこちら!

  1. 【屋外なら防水必須!】バイクカバーの選び方を徹底解説!
    1. 種類
    2. 耐久性(丈夫さ)
    3. 防水性・撥水性
    4. 通気性・透湿性
    5. 耐熱性
    6. 防炎性
    7. 操作性
    8. バタつき・風飛び防止
    9. UVカット
    10. 裏地
    11. チェーロックの穴(防犯性)
    12. サイズ
    13. 携帯性
    14. 価格
  2. 【丈夫!防水!】バイク用カバーのおすすめ紹介!
    1. バイクカバーEタイプ(YAMAHA)
    2. ブラックカバーWRライト(デイトナ) ⇒オススメ!
    3. 溶けないバイクカバー(creer) ⇒耐熱&コスパ!
    4. バイクカバー(Favoto)
    5. バイクカバー(Mamago)⇒コスパ抜群!
    6. レインプロテクト(Unicar)
    7. 匠(レイト商会)
    8. バイクカバー(Rosefray)
    9. スマートバイクカバー(大阪繊維資材)
    10. バイクカバー(Barrichello)
    11. バイクカバー(LOOKGOU)
    12. モーターサイクルドーム(コミネ)
  3. バイクにはインナーカバーやハーフカバーも使える!
    1. インナーカバーのおすすめ!
    2. ハーフカバーのおすすめ!
  4. 【車種・排気量別】おすすめバイクカバーはコレ!
    1. 車種別におすすめのバイクカバー
    2. 排気量別におすすめのバイクカバー
  5. バイクカバー選びで迷ったときのおすすめ!
    1. 帰宅したらすぐ掛けたいなら耐熱カバーがおすすめ!
    2. 愛車を濡らしたくないなら完全防水がおすすめ!
    3. バイクカバーは黒or白どっちが効果的?
  6. バイクカバーは車体保護&盗難防止に効果的!
    1. バイクカバーは盗難防止にもなる!
    2. 【注意点あり】バイクカバーの効果的な使い方!
  7. まとめ

【屋外なら防水必須!】バイクカバーの選び方を徹底解説!

まずは、バイクカバーの選び方から見ていきましょう!

最近のバイクカバーは、種類が豊富!

いろんなタイプのアイテムが販売されてるので、選び方のポイントをよくチェックしておくと良いでしょう。

カバー機能選び方ポイント
種類基本はバイクカバーでOK!
目的によってインナーカバー・ハーフカバーもあり!
耐久性
(丈夫さ)
生地の厚さ、縫製の丈夫さ。
生地質や生地の厚さ「デニール(D)」で見ればOK。
防水性・撥水性生地や縫製によって水もれするものもある!
通気性・透湿性濡れたバイクの湿気をこもらせない生地か。
ベンチレーション(通気口)はあるか。
≫バイクカバーの湿気対策はこちら
耐熱性走った後にすぐカバーができるか(エンジン・マフラー部の耐熱)
≫耐熱バイクカバーのおすすめはこちら
防炎性放火された場合に、大きく燃え広がらずにリスクを軽減できる。
≫防炎バイクカバーのおすすめはこちら
操作性装着や風飛び防止を、バックルなどで簡単にできるか。
≫バイクカバーがめんどくさいという方向け!簡単な保管方法!
バタつき・風飛び防止バタつきによる車体へのキズ付きや、カバーの風飛び防止機能があるか。
バックルや絞り紐等で簡単にできるかは大事。
≫バイクカバーのバタつき防止方法
UVカット車体へのダメージ防止にUVカット、反射機能があるといい。
裏地車体への傷つき防止となっているか。
≫バイクが傷つかない裏起毛バイクカバー
チェーンロックの穴盗難防止に効果的!
前後輪部分に穴が設置されていて、カバーと車体を一体にロックできる!
≫バイクの盗難防止対策
サイズ大きすぎる⇒扱いづらい!ちょっと大きめがベスト!
小さすぎる⇒車体をしっかりカバーできない!
≫バイクカバーサイズの選び方
携帯性持ち運びする方なら、収納袋付きなどの携帯しやすいものが良い!
価格バイクカバーの価格はピンキリ!
安物はすぐにダメになることも!
≫100均バイクカバーのデメリット

種類

バイクカバーの種類は、次の3タイプ。

種類カバータイプ特徴
バイクカバーバイク全体を覆う通常カバー
完全防水系などの防水タイプが多い
⇒汎用品
インナーカバーバイクへの擦り傷等の防止用カバー
防水性は無いけど、裏起毛で車体が傷つきにくい
⇒バイクカバーの内側or屋内保管向け
≫インナーカバーを詳しく解説
ハーフカバーバイクの上部を覆う簡易カバー
持ち運びに便利
⇒ツーリングの携帯or屋内保管向け
≫ハーフカバーを詳しく解説

基本的には、バイクを保護するなら通常のバイクカバーを選べばOK!

オプション品として、バイクカバーの2枚重ね用にインナーカバー外出先で使いたいならハーフカバーという選択肢もアリでしょう!

耐久性(丈夫さ)

3回目で破れた100均バイクカバー
3回目で破れた100均バイクカバー

バイクカバーは消耗品!

  • 引っかけて破れた
  • 古くなって破れた
  • 使っていたら浸水してきた

などと、カバーの買い替えが必要となる場合があるので、生地質はよくチェックしておくと良いです。

生地の厚さは「デニール(D)」で表され、300Dあればけっこう丈夫と言えるでしょう!

リョウ
リョウ

厚い生地のバイクカバーなら、破れることなくしっかり愛車を守ってくれるでしょう!

100均などの安物だと、すぐに破れて「使えない」「浸水する」といったことが起きやすいです。

防水性・撥水性

カバー素材比較
カバー素材比較

バイクカバーは、屋外保管のバイクなら防水性・撥水性がマスト!

生地質生地の厚さによって、雨水の内部への通しにくさが異なります。

金属パーツのむき出しが多いバイクは、カバーでしっかり雨除けすることが重要なため、よくチェックしておきましょう!

リョウ
リョウ

生地の縫い目などからの浸水もあります。

完全防水に近い仕様なら、雨でも安心です!

通気性・透湿性

引用:楽天市場

バイクカバーは、内部に熱や湿気がこもります。

湿気・結露による「水分」は、バイクへのサビの原因につながることも。

通気性や透湿性があれば、ボディやパーツの劣化につながる「熱・水分」を排除してくれるので安心です!

通気性のある生地やベンチレーション機能などをチェックしておくと良いでしょう!

耐熱性

引用:楽天市場

バイクカバーは、通常、走行後のバイクにかけることになります。

マフラーやエンジン熱で「溶ける」ことがあるので、耐熱性があれば安心。

溶けたカバー
溶けたカバー

部分的に「耐熱仕様」となっていて使い勝手の良いアイテムもあるので、チェックしておくと良いでしょう!

ただし、耐熱生地のアイテムだと値段が高くなりがちです。

リョウ
リョウ

耐熱仕様のバイクカバーなら、熱いマフラーのままでも装着することが可能!

帰宅してから冷めるのを待つ必要がないため、使い勝手は大きく向上するでしょう!

(ただ、バイクカバーを長持ちさせたいなら、マフラーやエンジンがある程度冷めてから装備する方がベターです。)

防炎性

バイクは、盗難やいたずらの標的にされることが多いです。

万が一「放火」された場合、防炎機能のあるバイクカバーなら燃え広がりにくく、被害を抑えることができます。

リョウ
リョウ

僕のまわりでは「放火被害」はあまりありませんが、盗難やいたずらには要注意です。

「保管場所の治安が悪い」「高級車でリスクが高い」という方は、防炎機能も見ておくと安心でしょう!

操作性

引用:Amazon

バイクカバーは、アイテムによって操作性が異なります。

例えば、「風飛び防止」。

  • バックル式で固定できる ⇒楽チン!
  • 紐で縛らなければならない ⇒面倒!

ちょっとした仕様の違いで、日々の使い勝手が大きく異なります。

よくチェックしておくと良いでしょう!

バタつき・風飛び防止

100均ゴムバンド×バイクカバー
100均ゴムバンド×バイクカバー

バイクカバーは、風飛び防止ができるのがベター!

カバー素材は軽いので、掛けた後でも風でバタついたり、飛んでいったりします。

リョウ
リョウ

せっかくかけたバイクカバーも、風で飛んでしまって雨にずぶ濡れとなっては意味がありません。

カバー自体にバタつき防止できる機能が付いてたりしますが、100均のゴムバンド等でも可能です。

風飛びで、周囲に迷惑がかかる可能性もあるので、バイクカバーを掛ける際は注意しましょう!

UVカット

バイクカバーの中には、UVカットする素材のものもあります。

紫外線は「お肌へのダメージ」と言われますが、バイク車体にもダメージを与えることも。

ボディやシートの劣化につながるので、バイクカバーでUVカットできるとパーツの長持ちにつながるでしょう!

裏地

バイクカバーは、駐輪&ライディング時に「装着⇔取り外し」を行います。

そのため、カバーの裏地質によっては、愛車のボディを傷つけてしまうことも。

バイク用カバーなら、ボディへのキズが付きにくい素材のものが多いですが、いちおうチェックしておくと良いでしょう!

チェーロックの穴(防犯性)

引用:Amazon

バイクカバーは、装着時のタイヤ部分にチェーンロック穴が配置されているものが多いです。

チェーンロックで、カバーとバイク車体を一体にしておくことで、より盗難されにくくすることができるでしょう!

リョウ
リョウ

バイクは盗難防止必須!

チェーンロック等でダブルロックしておきたいところですね。

サイズ

バイクカバーを購入するときは、サイズの大きさは要チェックポイントです!

大きすぎても小さすぎてもダメ!

  • 大きすぎる
    ⇒操作性が悪くなる。風でバタつきやすくなる。
  • 小さすぎる
    ⇒装備できない!

バイク車種ごとのサイズをよく確認して、ちょうど良いサイズ感のものを選びましょう!

リョウ
リョウ

バイクカバーはサイズが記載されています。

愛車のサイズ(長さ×幅×高さ)に対応したものを選びましょう!

カバーの中には、適合車種が示されたものもあります。

携帯性

バイクカバー収納袋
バイクカバー収納袋

バイクカバーを持ち運んで使いたいなら、携帯性も大事!

収納袋付きのアイテムも多く出てるので、チェックしておくと良いでしょう!

価格

バイクカバーの値段はピンキリ!

数千円~数万円のアイテムもありますが、100均のような激安アイテムはオススメしません。

「カバーしても雨が浸水する」「すぐに破れて使えなくなった」ということもあるので、ざっくりですが2,000円程度~のものを選ぶと良いでしょう!

リョウ
リョウ

バイクカバーには、いろんな機能性があります。

機能性が高いほど、値段は上がってしまうので、必要な機能を取捨選択して選んでいきましょう!

▼安価なブルーシートは日常的な利用には不向き!

【丈夫!防水!】バイク用カバーのおすすめ紹介!

では、バイクカバーのおすすめを紹介していきます!

バイクカバーはサイズ感が重要なので、対応車種・サイズ表などをよく確認して購入しましょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
バイクカバー
Eタイプ
(ヤマハ)
9,066円 Amazon
楽天
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
7,200円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
耐熱&コスパ!
4,080円~ Amazon
楽天
バイクカバー
(Favoto)
2,980円 Amazon
楽天
バイクカバー
XL
(Mamago)
コスパならこれ!
3,180円 Amazon
楽天
完全防水
レインプロテクト
(ユニカー)
7,120円 Amazon
楽天

(レイト商会)
28,050円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Rosefray)
2,899円 Amazon
楽天
OSSスマート
バイクカバー
(大阪繊維資材)
2,775円 Amazon
楽天
バイクカバー
(バリチェロ)
5,790円 Amazon
楽天
バイクカバー
(LOOKGOU)
1,899円 Amazon
楽天
モーターサイクル
ドームAK-133
(コミネ)
37,600円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/

バイクカバーEタイプ(YAMAHA)

安心のYAMAHA製バイクカバー。

バイクのハンドルロック状態(左側)にあわせた立体裁断&風を巻き込みにくいスソ絞りタイプで、ぴったりフィットします。

耐久性や防水性は高く、愛車をしっかり守ってくれるでしょう。

バイク前方に掛ける側は青色になっていて、前後の確認がしやすいのもグッドポイント!

YAMAHA製のわりに、値段も安価でおすすめです!

~特徴~

  • 耐久性
    縫い目はすべて二重縫製。丈夫で耐久性にすぐれる。
  • 防水性
    生地には防水加工、縫製糸には撥水加工。
    ※完全防水ではない。
  • 操作性
    • 青色の目印があり、前後が確認しやすい。
    • ハンドルロック(左側)に合わせた立体裁断。
    • 前後のアジャスターコードで絞ることができ、バタつき防止可。
  • 盗難防止ロック穴
    前後にロック用の大型スリット(直径70mmまで)あり。
  • サイズタイプは選べる!

ブラックカバーWRライト(デイトナ) ⇒オススメ!

ライダーに人気のデイトナ製バイクカバー。

デイトナバイクカバーの中でも雨に強い「ウォーターレジスタントシリーズ」のライトバージョンです!

耐水圧20,000mmの特殊素材生地&縫製ライン裏の止水処理で、大雨にも浸水から守ってくれます。

耐熱パットが付属で、エンジン・マフラー接触部に貼り付け、熱から守ることも可能!

値段はやや高めですが、機能性の高いバイクカバーでオススメです!

~特徴~

  • 耐久性
    特殊素材生地で雨に打ち勝つ高耐久・耐水性。
  • 防水性
    耐水圧20,000mm。縫製ライン裏の止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    左右ミラー部から湿気を排出し、通気性を良くするエアベント機構。
  • 耐熱性
    付属の耐熱パッドを貼り付けて、エンジン・マフラーの熱から守る!
    ※マフラーが300℃以上の高温となり、熱が伝わる可能性があるため、冷ましてからカバーをかけることを推奨。
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止。左右どちらからも取り外し可能。
    • 後部の縛り紐で風飛び防止。面ファスナーで固定。
    • 前後のアジャスターコードで絞ることができ、バタつき防止。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロック用のチェーンホール装備。
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!トップケース装着車タイプもあり!

溶けないバイクカバー(creer) ⇒耐熱&コスパ!

楽天市場で人気の「溶けないバイクカバー」です。

厚手&耐熱仕様で、ライディング後のバイクボディ保護に最適!

creerは自転車カバーでも人気であり、「品質の良さ」に良いレビューは多いでしょう。

生地は300Dの厚手素材に、高撥水性&止水加工で、雨からバイクをしっかり守ります。

裏打ちの耐熱生地もあり、熱いマフラーに触れても溶けないのは使い勝手の良いポイント。

湿気排出ダクト搭載しているのも、カバー内のムレやサビ抑制に最適です!

リョウ
リョウ

ツーリングから帰って、「マフラーを冷ましてからバイクカバー」というのは、面倒に感じる方もいます。

走行後にすぐカバーできるというのは、大きなメリットです!

~特徴~

  • 耐久性
    300Dの厚手生地で丈夫
  • 防水性
    耐水圧3,000mm。撥水加工&止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    湿気排出ダクト搭載!
  • UVカット
    UVコーティング
  • 耐熱性
    耐熱裏打ち生地(走行後すぐにカバー可)
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止
    • 絞りゴムで車体にフィット
  • 盗難防止ロック穴
    前後に直径40mmのロックホール
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    ①2L:225×105×133cm
    ②3L:240×105×140cm
    ➂6L:255×110×140cm
引用:楽天市場

バイクカバー(Favoto)

Amazonでもベストセラーとして売れ筋のバイクカバーです。
(※2023年8月現在)

風飛び防止として、カバー前後にバックル&車体中央に防風ベルト(2.5m)が付属。

さらに、裾ゴムで絞られるようになっているため、よりバイクにフィットします!

また、オックス生地に多層コーティングをしてあり、防水・撥水性にすぐれるとともに、裏面の銀メッキで紫外線も大きくカット

耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバーです!

3枚の反射ストライプも付いていて前後の確認もしやすいのは使い勝手も良く、機能性&コスパを備えたバイクカバーといえるでしょう。

~特徴~

  • 耐久性
    オックス生地で耐久性高い。耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバー。
  • 防水・撥水性
    生地に防水、縫製糸に撥水加工。ダブルステッチ&防撥水コーティングで、雨がしみこみにくい。
  • 操作性
    • カバー前後にバックル付。
    • センターベルト装備。
  • UVカット
  • 盗難防止ロック穴
    前輪
  • 簡単に掃除が可能!
    ⇒水かけてタオルで拭くだけ!
  • 収納袋付き!
  • 永久保証付き!
  • サイズタイプ選べる!
    ⇒220(or245・265・295)×105×125cm

バイクカバー(Mamago)⇒コスパ抜群!

420Dの丈夫な生地を使ったコスパの良いバイクカバー!

超厚手生地で耐久性&防水性を備え、愛車をしっかり守ります。

UVカットや前後輪の盗難防止ロックホール、風飛び防止のワンタッチバックルなど、欲しい機能が充実したアイテム!

大きめサイズしかありませんが、中型バイク以上の車種等にはばっちり装着できるでしょう!

機能性&コスパ抜群のバイクカバーでオススメ!

~特徴~

  • 耐久性
    420Dオックス超厚手生地で耐久性抜群
  • 防水・撥水性
    • 3000Paの防水性・PUコーティングで撥水性高い
    • ダブルステッチで浸水しにくい
  • 通気性あり
  • 操作性
    ワンタッチバックル付き(2か所)
  • UVカット
  • 盗難防止ロック穴
    前後輪
  • 反射シート付
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプ選べる!
    • XL(245×105×125cm)
      XXL(265×105×125cm)

レインプロテクト(Unicar)

完全防水タイプのバイク用ボディカバー「レインプロテクト」。

雨に当たりやすい場所での保管をされる場合に、とくにおすすめです。

バイクカバー内側には、バイク塗装面を傷つけにくい不織布を使用しており、生地の縫い目にも目止め加工が施されているため、愛車を傷つけません!

防風ベルトも付いており、風飛び防止も可能。

屋外でも安心して、バイク保管できるでしょう。

~特徴~

  • 防水性
    完全防水仕様。縫い目部分にも目止め加工。
  • 盗難防止ロック穴
    前後。極太ワイヤーロックにも対応。
  • 風飛び防止ベルト付き!
  • 収納袋付!
  • サイズタイプ選べる!

匠(レイト商会)

レイト商会の高級バイクカバー「匠」。

最高級の素材を使った高機能バイクカバーですが、値段は高いです。

素材はポリエステルOX250Dとなっており、UVに強く、高耐久性を持ちます。

また、後部内側ブラックのインナーは熱に強い素材で、停車後のエンジンやマフラー等に触れてもOK。

バイクカバーに欲しい機能はしっかり備えており、使い勝手の良いバイクカバーでしょう!

~特徴~

  • 耐久性
    ポリエステルOX250D。UVに強く、高耐久性。
  • 防水性
    縫製はダブルステッチで雨水の進入を軽減。
  • 通気性
    両サイド面にエアベント。
  • 耐熱性
    後部内側ブラックのインナーは、熱に強い特殊素材「ブロード」。エンジン・マフラー等に触れてもOK!
    ※アウターカバーは熱で溶けるため注意。
  • 操作性
    • 飛散防止用のセンターベルトは左右どちらからでも脱着可能。
      ※センターベルトはアドバンスインナー素材を使用しているため、防炎&マフラー熱でも溶けない。
    • スソ絞りコードを前後に装備、強風に耐えられるダブルストッパーとなっている。
    • 脱着時に便利な取っ手付き(前2か所、後ろ1か所)
  • 盗難防止ロック穴
    前後の大型ロックホール。
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!

バイクカバー(Rosefray)

Amazonでも、バイク用カバーとして売れ筋ランキングに入ってくる製品です。

厚手の210Dオックス生地を使用しており、丈夫な縫製で耐久性あり。

内装ぎんめっきのため、車体に有害な紫外線をカット・反射します。

リョウ
リョウ

知人にも使っている人がいますが、使い勝手は悪くないと思います。

値段が安いので、試しに使ってみる価値は大いにあり!

車体中央下部にワンタッチバックル付センターベルトで、盗難や風飛び防止も可能。

水圧レベル2,000PAと防水性もしっかりです。

~特徴~

  • 耐久性
    厚手の210Dオックス生地を使用しており、二本針ミシンによる丈夫な縫製。
  • 防水性
    水圧2000PA。大雨でも愛車を守る。
  • 通気性
    ミラー部ベンチレーション機能で内部の湿気を排出できる。
  • 操作性
    ワンタッチバックル付センターベルト装備。
  • 紫外線カット。
  • 盗難防止ロック穴
    前後輪
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプが選べる!

スマートバイクカバー(大阪繊維資材)

Amazonでも、バイク用カバーとして売れ筋ランキングに入ってくる製品です。

150Dのシルバーコーティング厚地オックス生地を使用し、車体に有害な紫外線をカット&反射。

また、防水布を使用しており、風雨からもしっかりボディを守ってくれます!

機能性は悪くない、コスパの良いバイクカバーです。

~特徴~

  • 耐久性
    150Dオックス生地を使用しており、二本針ミシンによる丈夫な縫製。
  • 防水性
    撥水性。防水布使用。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    ミラー部ベンチレーション機能で内部の湿気を排出できる。
  • UVカット。
  • 操作性
    ワンタッチバックル付センターベルト装備。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロック対応のアイレット(鍵用穴)。
  • サイズタイプ選べる!

バイクカバー(Barrichello)

最高級オックス300D生地を採用、二重縫製で仕上げており、高い強度を持つバイクカバーです。

オックス300Dは、キャンプ用テントシートにも採用される高い撥水性をもつ高級素材のため、あなたのバイクをしっかり守ってくれるでしょう!

ベンチレーションダクトや生地の透湿性もあって、内部の湿気がこもるのを防ぎます。

~特徴~

  • 耐久性
    最高級オックス300D生地を採用。二十縫製で強度も増。
  • 防水性
    高い撥水性。
  • 通気性
    ミラー部あたりにベンチレーションダクトあり。生地にも透湿性あり。
  • 操作性
    中央部にワンタッチベルト装備。風飛び防止。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に盗難防止ワイヤーロック用のロックホール。
  • 収納袋付き!
  • カラー
    ブラックのほかにシルバーもあり。
  • サイズタイプ選べる!

バイクカバー(LOOKGOU)

安価なバイクカバーですが、防水性・耐熱性があり、使い勝手の良いアイテムです。

エンジン・マフラー部分両側が耐熱仕様で、ライディング後にカバーをかけられるのは使い勝手が良いでしょう!

通販レビューでは、「やや生地が薄い」「使っていると防水性が弱くなる」という声があるので、防水性に不安を感じたときは、撥水・防水スプレー等で補強してあげるとよいでしょう。

コスパの良いバイクカバーです。

~特徴~

  • 防水性
    超撥水性で雨を弾く。
    ※完全防水ではない。
  • 耐熱性
    エンジン・マフラー部分の両側に溶けにくい生地を使用。運転後にすぐカバーをかけられる。
  • 操作性
    • カバー中心にバックルベルト付き。
    • 前後輪下部分がゴムで伸縮、簡単フィット。
    • 後ろに防風ボタン付き。
  • 盗難防止ロック穴
    フロントのロックホール。
  • 収納袋付き!

モーターサイクルドーム(コミネ)

通常のバイクカバーとは少しタイプが異なる、コミネ製ガレージ型のカバーです。

設置場所は考えないといけませんが、簡単組み立てにより設置でき、バイクを置いたらパタパタと閉じるだけ。

バイクカバーの「掛ける⇔外す」の手間がなくなります。

少し値段はしますが、防水・撥水機能、UVカット機能、ベンチレーション機能もあるため、バイク保管に最適なアイテム!

大きめサイズのため、さまざまなバイク車種に対応するため、1つ持っておくと使い勝手が良いでしょう!

~特徴~

  • 耐久性
    雨や低温、引裂きに強い。
  • 防水・撥水性
    防水素材、撥水加工
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    カバー側面に通気口配置
  • 操作性
    組み立て簡単
  • UVカット
  • スチールのフレームを丈夫なポリエステル製のカバーで覆う構造の簡易ガレージ
  • カバーが車体に触れない構造のため、すぐに入庫可能!
  • サイズ
    全長285×横幅104×高さ160cm

バイクにはインナーカバーやハーフカバーも使える!

バイクカバーの中には、オプション的な機能性を持つアイテムも。

用途・目的によって、インナーカバーやハーフカバーという選択肢もありなので、チェックしておきましょう!

インナーカバーのおすすめ!

インナーカバーは、バイク車体への傷つき防止を目的とするバイクカバー。

基本的に、防水性よりも裏起毛で車体にやさしい素材にこだわって作られているのが特徴になります。

インナーカバーなら、デイトナ(ハーフタイプ)orドッペルギャンガー(フルタイプ)製のものはオススメどころです!

ストレッチインナー
ハーフカバー
(デイトナ)
ハーフならコレ
インナー&屋内専用
バイクカバー
(バリチェロ)
ストレッチ
バイクカバー2
(ドッペルギャンガー)
オススメ
インナーカバー
(Ray Leaf)
インナーカバー
(モトスクード)
インナーカバー
傷防止裏起毛裏起毛裏起毛裏起毛裏起毛
防水性
取付性ハーフカバー
ストレッチ
伸縮性素材伸縮率160%裾ゴムストレッチ
価格
(参考)
7,553円5,590円5,241円3,680円5,980円
販売サイト Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天

\通販はバイクカバーも豊富!/

バイクにおすすめのインナーカバーは、下記事で紹介しているので、あわせて参考にしてみてください!

ハーフカバーのおすすめ!

ハーフカバーは、バイク上部を覆うアイテム!

コンパクトで扱いやすく、持ち運びにも便利な特徴を持ちます。

~おすすめハーフカバー~

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
コンパクトハーフカバー
(デイトナ)
オススメ!
3,147円~ Amazon
楽天
ハーフバイクカバー
(バリチェロ)
コスパ抜群!
2,890円~ Amazon
楽天
ハーフカバー
(uxcell)
2,690円~ Amazon
楽天
ストレッチインナー
ハーフカバー
(デイトナ)
4,821円~ Amazon
楽天

\通販なら手軽にバイク用品が手に入る!/

バイクにおすすめのハーフカバーは、下記事で紹介しているので、あわせて参考にしてみてください!

【車種・排気量別】おすすめバイクカバーはコレ!

バイクカバーは、車体の大きさや形状によって、サイズ選びをしなければなりません。

車種別・排気量別にバイクカバーを探したい方は、以下を参考にしてみてください!
(※タップでおすすめバイクカバー紹介記事へ)

リョウ
リョウ

バイクカバーは、車種ごとにサイズ感が合うものを選びましょう!

車種別におすすめのバイクカバー

排気量別におすすめのバイクカバー

バイクカバー選びで迷ったときのおすすめ!

バイクカバー選びにお迷いの方向けに、おすすめのアイテムをまとめます!

帰宅したらすぐ掛けたいなら耐熱カバーがおすすめ!

ツーリングから帰ったら、すぐにバイクカバーを掛けたいという人なら、耐熱仕様のcreer製がオススメ!

ザック
ザック

楽天市場でも人気のグッズみたいだな!

通常のバイクカバーだと、走行後にすぐ掛けてしまうと、エンジン・マフラー熱で生地が溶けてしまいます。

耐熱仕様のアイテムなら、待ち時間がなくて快適!

面倒くさくなりがちなバイクカバーも、「帰ったらすぐ掛ける」という流れを習慣にすれば、継続して使用しやすいでしょう。

愛車を濡らしたくないなら完全防水がおすすめ!

愛車を屋外で保管するなら、雨にも濡れないよう完全防水に近いバイクカバーがオススメ!

100%防水というのはなかなかありませんが、デイトナのウォーターレジスタントシリーズなら耐水圧が高くて安心です。

ザック
ザック

耐水圧20,000mm・・・驚異的だぜ!

完全防水に近いし、大雨でもOKだな。

バイクグッズで人気のデイトナ製なので、安心感もばっちりでしょう!

バイクカバーは黒or白どっちが効果的?

バイクカバーは、白・黒さまざまなカラーのものが出ています。

色の違いによるメリット・デメリットはあるので、チェックしておくと良いでしょう!

メリットデメリット
黒いカバー・目立ちにくい
⇒盗難・いたずら防止
・紫外線カットしやすい
・逆に目立つという意見も
・日光からの熱を吸収して温度がカバー内の上がる
白系のカバー・直射日光の熱を吸収しにくい・紫外線カットが弱いものも
・目立ちやすい?

とくに、バイクカバーの色によって「目立ちやすさ」は賛否両論に分かれるところ。

たとえば、黒のバイクカバーだと、

  • 逆に目立ってしまうのか
  • 紫外線カットや熱の吸収はどうか

という点ですね。

個人的には、黒のバイクカバーは全然あり!

盗難の観点から言うと、正直なところ、黒もシルバーなど他の色も目立つときは目立ちますね。

バイク盗難のイラスト

ただ、黒の場合、夜間は目立たないのは確かですし、日中もバイクをむき出しで置いておくより全然良いでしょう!

また、紫外線カットは黒系の方が高いと言われます。

車体への紫外線ダメージを避けたいなら、黒カバーを選ぶと安心です。

リョウ
リョウ

熱吸収の面からすると、夏場に直射日光を受けやすい場所に駐輪するなら、シルバー系にしておくのもあり!

メーカーが紫外線カットをうたってるかをチェックして選ぶと良いでしょう!

バイクカバーは車体保護&盗難防止に効果的!

バイクカバーを使用する目的は、次の2つ!

  • 雨風・日光(UV)・砂埃等から車体を保護する
  • 盗難防止

基本的に、「雨からバイクを守りたい」という目的を持つことが多いかと思いますが、じつは盗難防止にも効果的です!

バイクカバーは盗難防止にもなる!

バイクカバーをすると、「車体を隠す」ことができます。

車体が隠れることで、バイクを盗もうとする犯人に対し、物理的&心理的に盗みづらい環境を作ることに。

  • バイクカバーで車体が運びづらそう・・・
  • バイクカバーを外すのに時間がかかるな・・・
  • 中がどうなってるか分からないから面倒だな・・・

バイクカバーは毎日のことになるので、少し面倒に感じる時もありますが、「愛車を守る」ためにも日常的に掛けるようにしましょう!

【注意点あり】バイクカバーの効果的な使い方!

引用:楽天市場

バイクカバーは、使い方にも注意点があります。

使い方を間違えると「バイクにデメリット」となることもあるので、チェックしておきましょう!

毎日のことなので「めんどくさい」と感じるかもしれませんが、バイクを守るには日々の積みかさねが大切。

バイクカバー選びを工夫すれば、面倒を軽減することもできるので、興味のある方は下記事も参考にしてみてください!

まとめ

バイクカバーは、愛車の劣化&盗難防止に最適!

雨の日もしっかり防水できるバイクカバーで、大切なバイクを守っていきましょう!

リョウ
リョウ

最近は、機能性が高く、コスパの良いバイクカバーも多く出ています。

あなたのバイクスタイルに合わせて、必要な機能と値段のバランスをチェックして選びましょう!

≫もう一度、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へ戻る)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
バイクカバー
Eタイプ
(ヤマハ)
9,066円 Amazon
楽天
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
7,200円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
耐熱&コスパ!
4,080円~ Amazon
楽天
バイクカバー
(Favoto)
2,980円 Amazon
楽天
バイクカバー
XL
(Mamago)
コスパならこれ!
3,180円 Amazon
楽天
完全防水
レインプロテクト
(ユニカー)
7,120円 Amazon
楽天

(レイト商会)
28,050円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Rosefray)
2,899円 Amazon
楽天
OSSスマート
バイクカバー
(大阪繊維資材)
2,775円 Amazon
楽天
バイクカバー
(バリチェロ)
5,790円 Amazon
楽天
バイクカバー
(LOOKGOU)
1,899円 Amazon
楽天
モーターサイクル
ドームAK-133
(コミネ)
37,600円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/