≫夏のバイクグッズ特集はこちら!

【裏起毛で傷つかない!】おすすめバイクカバーを紹介!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『ライドミー原チャ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~本記事のテーマ~

  • バイクカバーって傷つくの?
  • バイクが傷つかないカバーってある?
  • 裏起毛素材のおすすめバイクカバーは?
ケン
ケン

バイクカバーすると傷つくのか?

擦れ防止できるバイクカバーがあれば、教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、車体に傷がつかないバイクカバーを紹介するよ!

擦れ防止には、裏起毛の素材がオススメ。

大切なバイクにキズをつけない使い方も解説するから、ぜひチェックしてみてね!

バイクカバーは、愛車を長く良い状態で保つのに必要なアイテム。

自宅での保管時には、バイクカバーを習慣にするのがオススメです!

ただし、バイクカバーは使い方によって「傷」が付く場合も!

本記事では、傷がつかないバイクカバーの使い方&おすすめアイテムを紹介します!

裏起毛の素材なら、擦れ防止に最適。

原付歴15年以上の僕が、バイクカバーでの傷つき対策を徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

≫すぐに、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へジャンプ)

~この記事の概要~

Q
バイクカバーで傷がつくことがあるの?
A

バイクとバイクカバーが擦れ合うと、ボディなどに細かい傷が付くことがあります。カバーの素材や使い方に注意しましょう!

Q
バイクに傷がつかないバイクカバーってある?
A

バイクにキズを付けないためには、裏起毛のバイクカバーがオススメです。また、風飛びを防ぎ「擦れ防止」しておくと良いでしょう。

【バイクカバーで傷だらけ…?】キズが付く原因を徹底解説!

本来、バイクカバーは、バイクを守るもの。

しかし、バイクカバーの種類や使い方によっては、「あれ?バイクカバーしてたのに傷だらけ・・・」ということもあります。

バイクカバーで傷が付く原因をチェックしていきましょう!

  • バイクカバー素材とボディが擦れてキズが付く
  • 砂ホコリやゴミが擦られて傷つく

バイクカバー素材とボディが擦れてキズが付く

バイクカバーの素材とバイクボディが擦れると、細かいキズが付くときがあります。

  • バイクカバーを掛けるとき
  • バイクカバー着用中に風でバタつくとき
  • バイクカバーを外すとき

バイクカバーをしていれば安心ではなく、使い方やカバー素材の選び方も大事です!

砂ぼこりやゴミが擦られて傷つく

バイク車体に、砂ぼこりやゴミが付着していると、バイクカバーを掛けた際等にキズが付くことがあります。

「砂利道をライディングした後」「舗装されていない駐車場に停めている」といった場合は要注意!

ボディについた汚れが、カバーで擦れてキズ付けてしまわないように注意しましょう!

【擦れ防止には裏起毛!】バイクカバーで傷つかない方法!

バイクカバーで傷がつかない方法を詳しく見ていきましょう!

  • 裏起毛のバイクカバーを選ぶ!
  • 風飛び防止する!
  • 砂やホコリに気を付ける!
  • 簡易ガレージを設置する!

裏起毛のバイクカバーを選ぶ!

まず大前提として、バイクカバーで傷つけないためには、「裏起毛」などの傷つかない素材を選んでおくと良いでしょう!

バイクカバーをすると、風で車体ボディとカバーが擦れ合ってしまい、傷の原因になります。

リョウ
リョウ

バイクと接する面の素材は大事!

値段はやや上がりますが、裏起毛などの擦れ防止機能があると、より安心して使用できるでしょう!

風飛び防止する!

引用:楽天市場

先にも述べましたが、バイクカバーをしていて傷がつく大きな原因は風によるバタつき

ボディにバイクカバーが擦れて、細かい傷が付くことがあるので、バタつかないよう風飛び防止をしておきましょう!

リョウ
リョウ

バイクカバーは、バックルや絞りゴムで、簡単に風飛び防止できるものがあります。

アイテム選びでは、そういった機能性もチェックしておきましょう!

砂やホコリに気を付ける!

バイクボディなどの表面に「砂」や「ホコリ」が付着していると、それが研磨剤のような働きとなって、傷付きの原因になります。

カバーを掛ける際に、地面の砂ホコリを拾ってしまわないよう気を付け、定期的な洗車でボディをキレイにしておくと良いでしょう!

簡易ガレージを設置する!

バイクカバーより値段は高めになりますが、ガレージでバイク保管する方法もあり!

最近は、2~3万円で設置できる簡易ガレージもあるので、設置場所のある方は、検討してみると良いでしょう!

【裏起毛で傷つかない!】おすすめバイクカバーを紹介!

では、裏起毛でバイクに傷がつかないオススメのカバーを紹介していきます!

リョウ
リョウ

バイクカバーは、選び方が大事!

「裏起毛で擦れ防止」ができるとともに、「防水性」「風飛び防止」「サイズ感」は、よくチェックしておくと良いでしょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
バイクカバーHG
(バリチェロ)
オススメ!
8,500円 Amazon
楽天
バイクカバーEX
(ナンカイ)
11,000円 Amazon
楽天
インナー&屋内専用
バイクカバー
(バリチェロ)
室内用!
5,790円 Amazon
楽天
ストレッチ
バイクカバー2
(ドッペルギャンガー)
※屋内用
5,280円 Amazon
楽天
起毛防炎
バイクカバー
(アラデン)
10,073円 Amazon
楽天

\通販はバイクカバーも豊富!/

バイクカバーHG(バリチェロ) ⇒オススメ!

機能性&コスパの良いバイクアイテムを揃える「バリチェロ」製カバー。

ハイグレード(HG)タイプで、内側の素材にもこだわっており、愛車をしっかり守りたい方にオススメです!

防雨・防紫外線・前後ロックホールなどの基本機能は備えつつ、裏起毛でバイクが傷つかない仕様となっています。

リョウ
リョウ

オックス300Dの生地で、品質が高く、耐久性や防水性もバッチリです。

通販のレビューでは、「生地の厚み」を感じる口コミも多く見られます!

ちょっと値段が高めになりますが、安心感は高いアイテムでしょう!

~特徴~

  • 擦れ防止
    裏起毛でバイクが傷つかない
  • 耐久性
    オックス300Dの厚みのある生地
    ※外側のシームテープが、夏場の高温で剥がれた場合は別売りのシームテープで補修可能!
  • 防水性
    防水性・撥水性あり!シームテープは表側に加工!
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    左右ミラーフードにベンチレーションダクト
  • 操作性
    • 下部・前後はゴムでギャザー状(縫い縮めたひだ状)
      ⇒ボディ密着性あり!
    • 中央部にワンタッチベルト
      ⇒風飛び防止!
  • 盗難防止ロック穴
    前後にロックホール
  • サイズタイプは選べる!
    ⇒全長220~275×高さ135~164×幅95~112cm

バイクカバーEX(ナンカイ)

バイクグッズで人気の南海製バイクカバー!

EXシリーズは、前上部の裏面にソフト起毛された素材を採用し、シールドやカウル、メーターまわりに細かいキズが付くのを軽減します。

また、表面は防炎加工されており、放火などのイタズラ防止にも最適!

タンク部分に裏起毛が無いので、使い方には工夫が必要ですが、防水性・耐久性の面で通販レビューに良い口コミが多くあります。

屋外で使用する裏起毛カバーなら、使い勝手の良いアイテムでしょう!

~特徴~

  • 擦れ防止
    前上部に起毛特殊加工
  • 防水性
    表面に撥水加工
  • 通気性
    ハンドル・ミラー部にエアーダクト
    ※ダクト生地は、メッシュ機構でほこりや虫の侵入を防止
  • 操作性
    • 中央に黄色ベルト
      ⇒盗難防止・強風対策!
    • 中央裾部のウインドアジャスターベルト
      ⇒盗難防止・強風対策!
  • 自消性防炎機能
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロックホール
  • サイズタイプは選べる!
    ⇒全長170~275×高さ120~155cm

インナー&屋内専用バイクカバー(バリチェロ)

こちらもバリチェロ製裏起毛バイクカバー。

HG版(ハイグレード)に比べて、値段は安くなりますが、特段の防水仕様ではないため、インナーカバーor屋内専用となります。

このバイクカバーがオススメな方は次のとおり!

  • ガレージ保管をしてるけど、ホコリ対策にバイクカバーしたい
  • 防水バイクカバーを持っているけど、ボディとの擦れ防止にインナーカバーを掛けたい
    ⇒カバー2枚重ねは、日常的だと面倒!長期保管時ならOK!

基本的には、ガレージなどの室内保管している方にオススメ!

特殊ファブリックのやわらかい生地&伸縮性により、愛車をやさしく包み込みます。

バイクに傷を付けたくない方にとっては、使い勝手の良いカバーでしょう!

~特徴~

  • 擦れ防止
    特殊ファブリック100%で柔らかい生地
    ⇒愛車を傷とホコリから守る!
  • 防水性
    なし
  • 操作性
    伸縮性があって掛けやすい
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロックホール
  • サイズタイプ
    ⇒S・M・L
    ※125cc~大型輸入車に対応

Barrichello(バリチェロ)
¥5,790 (2024/05/26 11:25時点 | Amazon調べ)

ストレッチバイクカバー2(ドッペルギャンガー)

ドッペルギャンガー製の屋内用ストレッチバイクカバー。

内側すべてが裏起毛で、ボディをやわらかく守ってくれるため、バイクに傷がつかない仕様となっています。

伸縮率160%の高い伸縮性で、スポーツバイク、ツアラー、ネイキッドまで幅広い車種にも対応!

引用:Amazon

ガレージ内等での保管用に、使い勝手の良いバイクカバーといえるでしょう!

リョウ
リョウ

屋内保管用のバイクカバーとなっており、防水性はうたっていません。

防塵・キズ防止用に利用すると良いでしょう!

~特徴~

  • 擦れ防止
    裏起毛でバイクが傷つかない
  • 防水性
    特段なし
  • 操作性
    伸縮率160%のストレッチ素材
  • 盗難防止ロック穴
    なし
  • サイズタイプ
    ユニバーサルユース

起毛防炎バイクカバー(アラデン)

アラデンの起毛防炎バイクカバー。

裏起毛でバイク車体に傷がつかない仕様で、安心してカバーできます!

難燃性を持ち、いらずら防止にも効果的。

通販のレビューをチェックすると、しっかりした生地で、防水面も問題ない口コミはあります。

バイクを雨やキズから守りたい方にオススメです!

~特徴~

  • 擦れ防止
    裏起毛でバイクが傷つかない
  • 耐久性
    ソフトで破れにくい
  • 防水性
    あり
    ※完全防水でない
  • 操作性
    センター下部にワンタッチバックル
    ⇒風飛び防止
  • 防炎性
    防炎加工(難燃性)
  • 盗難防止ロック穴
    前後にロックホール
  • サイズタイプ
    車長215~275×車高125~155cm(3タイプ)

まとめ

バイクカバーは、素材や使い方によって車体に傷が付く可能性もあります。

傷がつかないバイクカバーを選ぶなら、裏起毛のものがオススメ!

カバー内部が擦れ防止になっているアイテムで、愛車をしっかり守っていきましょう!

≫もう一度、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へ戻る)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
バイクカバーHG
(バリチェロ)
オススメ!
8,500円 Amazon
楽天
バイクカバーEX
(ナンカイ)
11,000円 Amazon
楽天
インナー&屋内専用
バイクカバー
(バリチェロ)
室内用!
5,790円 Amazon
楽天
ストレッチ
バイクカバー2
(ドッペルギャンガー)
※屋内用
5,280円 Amazon
楽天
起毛防炎
バイクカバー
(アラデン)
10,073円 Amazon
楽天

\通販はバイクカバーも豊富!/