まだまだ暑い!バイクの暑さ対策はこちら≫

【原付タイプを比較!】電動バイクの選び方とおすすめを紹介!

電動バイク
スポンサーリンク

~本記事で解決すること~

  • 電動バイクってどうやって選ぶといいの?
  • 電動バイクのおすすめ車種は?
  • 電動バイクのスペックを比較したい!
タケシ
タケシ

電動バイクで、のんびり旅したいな。

どんな車種があるの?

まーちゃん
まーちゃん

電動バイクでお散歩した-い!

おすすめの車種を教えてよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、電動バイクの選び方とおすすめ車種を紹介するよ!

スペックなど詳しく比較するから、電動バイク選びの参考にしてね!

本記事は、電動バイクをお探しの方向け記事です。

排ガス等の環境問題への対策で、これからはEVモビリティが注目されます。

そのような中、電動バイクはさまざまな会社から開発されており、「電動バイク(EVスクーター)に乗ってみよう」という方も増えつつあるでしょう。

ただ、電動バイクとなると「どうやって選ぶといいの?」とお悩みの方も多いはず!

本記事では、電動バイクの選び方&おすすめ車種を紹介します!

原付歴15年以上&超ロングツーリングも難なくこなす原付ヘビーユーザーが、電動バイクのスペックの見方や、比較の仕方を詳しく解説しますので、ぜひご参考にください!

(※本記事は、2021年8月27日現在の情報で作成しています。)

▼電動バイクの基本から知りたい方向け記事

【原付タイプ】電動バイクの選び方は?

まず、電動バイクの選び方から紹介していきます。

現在、電動バイクには原付タイプの車種がいくつか出ていますが、選ぶ際はスペックの見方をよく理解しておくとよいでしょう!

本記事では、細かいスペックも比較していきますので、ご参考にいただけるかと思います。

では、電動バイクの選び方のポイントは次のとおり!

  • 価格(車両本体・バッテリー)
  • 定格出力・車両区分(原付一種・原付二種)
  • 最高速度
  • 航続距離(1充電走行距離)
  • 充電時間
  • 車体重量
  • 保証
  • 経済性(充電費用)

それぞれ詳しくみていきましょう!

価格

まずは、電動バイクを買うときに価格は大事ですね!

電動バイクの価格は、ガソリン車よりもやや高い印象を受けます。

たとえば、バイクメーカーヤマハの原付「Vino」は、EVモデルが出ていますが、

  • Vino(原付のガソリン車)
    ⇒メーカー希望小売価格:203,500(税込)
  • E-Vino(原付一種の電動バイク)
    ⇒メーカー希望小売価格259,600円(税込)

と、メーカー希望小売価格を比較すると、やや高めの設定です。

国内外問わず、いくつかのメーカーが電動バイクを出していますが、安いものもみられます。

スペックや保証などをよく見ておくとよいでしょう。

定格出力・車両区分(原付一種・二種)

定格出力は、電気出力の大きさです。

動力パワーになりますので、大きいほど電動バイクのスピードやパワーが出ることになります。

ガソリン車でいう排気量(cc)の電気バージョンです。

定格出力により、

  • 原付一種・・・0.6kW以下
  • 原付二種・・・0.6kW超~1.0kW以下

などと車両区分が分かれます。

電動バイク
(定格出力)
(参考)
ガソリン車
車両区分必要な免許の種類
0.6kW以下原付第一種
0~50cc
原動機付自転車(原付)原動機付自転車免許
0.6kW超~
1.0kW以下
原付第二種
~125cc
普通自動二輪車(普通二輪)普通自動二輪車免許
(小型限定)
1.0kW超~
20kW以下
軽二輪
~250cc
普通自動二輪車(普通二輪)普通自動二輪車免許
(普通二輪免許)
1.0kW超~
20kW以下
小型二輪
~400cc
普通自動二輪車(普通二輪)普通自動二輪車免許
(普通二輪免許)
20kW超小型二輪
400cc~
大型自動二輪車(大型二輪)大型自動二輪車免許
(大型二輪免許)

原付二種の区分になる電動バイクを運転する場合、二輪用の免許が必要ですので注意しましょう!

最高速度

先にも述べましたが、電動バイクには、原付一種・二種といった車両区分に分けられるものがあります。

原付スクーターと同様に、車両区分によって制限速度等のルールがありますので、「最高速度」をみるときは、区分に応じたものをみておけばよいでしょう!

原付一種タイプでも、最高速度40km/hを超える電動バイクがありますが、道路交通法的には違反ですので注意しましょう!

航続距離(1充電走行距離)

航続距離とは、電動バイクが1回の満充電で走行できる距離のことです。

電動バイクのバッテリー容量や、走行性能に起因します。

航続距離が長いほど、

  • 充電回数が減る
  • 長い距離のツーリングも可能になる

といったメリットがあり、利便性に大きく影響します。

経済性(充電費用)

電動バイクはガソリン車に比べて、燃料費(電気代)が安くなる傾向です。

充電費用はランニングコストに関わりますので、一つの選ぶポイントとして押さえておきましょう!

充電時間

充電時間はバッテリー容量等にも起因しますが、短時間で充電できると便利です。

あなたのライディングスタイルに応じて、選んでいきましょう!

車体重量

車体重量は、電動バイクの取り回しの良さにもつながります。

キュートなデザインの電動バイクで、女性に人気のモデルもありますが、車体重量が軽い方が使い勝手はよいでしょう!

保証

バイク屋のイラスト

電動バイクは長い年月研究されてきており、いくつかの車種も出てきています。

しかし、ガソリン車に比べてまだまだ開発の月日が浅いため、不具合等の心配があるのも事実かと思います。

メーカー保証がしっかりついていると安心して利用できるでしょう!

【原付タイプ】電動バイクのおすすめ車種を紹介!

では、電動バイクのおすすめ車種を紹介していきます。

本記事でおすすめする電動バイクは以下の車種です。

  • E-Vino(ヤマハ)
  • SweetsN(アクセス)
  • Sneak77(アクセス)
  • ブレイズ スマートEV(BLAZE)

詳しく見ていきましょう!

E-Vino(ヤマハ)

引用
ヤマハHP

「E-Vino」は、「某テレビ番組(充電バイク)」でも有名となっているヤマハ最新の電動バイクです。

原付一種タイプで、先にも紹介のとおり、ヤマハ「Vino」の電動バイク版となっています。

レトロポップでおしゃれなスクーターですよね!

車両重量68kgと軽量ボディで取り回しが楽ちん!

充電満タンでの航続距離は約29kmですが、別売りのスペアバッテリーを使用することもできます。

バッテリー重量は6kgなので、充電操作もやりやすいです。

E-Vinoは、電動バイクで30万円を切る値段なので、割と手ごろに買える車種かと思います。

~特徴~

  • メーカー希望小売価格(10%税込)
    259,600円
  • 定格出力・車両区分
    0.58kW⇒原付一種
  • 航続距離(1充電走行距離)
    29km(30km/h定地走行テスト値)
  • 1回の充電あたりの電気代
    約14円(※参考)
  • 充電時間
    約3時間
  • 車体重量
    68kg
  • 保証
    メーカー保証有効期間2年
  • その他
    • 見やすく分かりやすいデジタル液晶メーター
    • BOOST機能
      ⇒加速したいとき、登坂などで一時的にパワーUPする機能搭載
    • 走行状況に応じて「標準モード」「パワーモード」切り替え可能

▼ヤマハの公式HPはこちら!

SweetsN(アクセス)

バイクメーカーだけでなく、ev関連機器を取り扱っているアクセスという会社も電動バイク(EVスクーター)を出しています。

アクセスは創業20年を超えるEVモビリティ企業で、山梨県甲府市を本社とし、電動バイク、電動ミニカーやトライクなどを販売する会社です。

「SweetsN」は馴染みやすいモデルで、燃費の良さ、航続距離(1充電での走行距離)は長めとなっており、使いやすい車種かと思います!

原付一種・二種タイプがありますので、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

ただし、原付二種タイプにしては最高速度が45km/hとなっているので、少し物足りないかもしれません。

値段もお手ごろ価格で、メーカー保証もあって安心感はあります。

~特徴(原付一種・二種タイプ)~

  • メーカー希望小売価格(10%税込)
    • 原付一種:191,400円
      (車両本体149,400円・バッテリー42,000円)
    • 原付二種:252,500円
      (車両本体162,600円・バッテリー89,900円)
  • 定格出力・車両区分
    • 0.60kW⇒原付一種
    • 0.80kW⇒原付二種
  • 最高速度
    • 原付一種:42km/h
    • 原付二種:45km/h
  • 航続距離(1充電走行距離)
    50km
    ※20℃、平坦路無風、30km/h、乗車重量60kg
  • 1回の充電あたりの電気代(参考)
    • 原付一種:約24円
    • 原付二種:約29円
  • 充電時間
    約4~6時間
  • 車体重量
    • 原付一種:65kg
    • 原付二種:72kg
  • 保証
    安心メーカー保証
    ⇒モーター・コントローラー3年、その他機能部品1年、バッテリー6か月を無料保証。
  • その他
    • コンビニフック付き(収納式)
    • カラータイプ豊富
      ⇒ピンク・ホワイト・クリーム・ブラック

▼SweetsNの詳細&購入はこちら(公式HP)!

Sneak77(アクセス)

こちらもEVモビリティ企業「アクセス」が出している電動バイクです。

Sneak77は、スポーティーなデザインが特徴のEVスクーター!

つい走り出したくなるモデルですが、燃費の良さ、1充電での走行距離は長めとなっており、ツーリングや普段づかいにも使い勝手はよいでしょう。

原付一種・二種タイプがあります。

値段もお手ごろ価格で、メーカー保証もあって安心感はあります。

~特徴(原付一種・二種タイプ)~

  • メーカー希望小売価格(10%税込)
    • 原付一種:201,600円
      (車両本体159,600円・バッテリー42,000円)
    • 原付二種:262,700円
      (車両本体172,800円・バッテリー89,900円)
  • 定格出力
    • 0.60kW⇒原付一種
    • 0.80kW⇒原付二種
  • 最高速度
    • 原付一種:42km/h
    • 原付二種:45km/h
  • 航続距離(1充電走行距離)
    50km
    ※20℃、平坦路無風、30km/h、乗車重量60kg
  • 1回の充電あたりの電気代(参考)
    • 原付一種:約24円
    • 原付二種:約29円
  • 充電時間
    約4~6時間
  • 車体重量
    • 原付一種:73kg
    • 原付二種:80kg
  • 保証
    安心メーカー保証
    ⇒モーター・コントローラー3年、その他機能部品1年、バッテリー6か月を無料保証。
  • その他
    • コンビニフック付き(収納式)
    • カラータイプ
      ⇒ブルー・グレー・レッド

▼Sneak77の詳細&購入はこちら(公式HP)!

ブレイズ スマートEV(BLAZE)

ブレイズ スマートEVは、「BLAZE」の折りたたみ可能な電動バイクとなります。

BLAZEは2002年設立、次世代EVブランド開発カンパニーとしてEV製品を開発している会社です。

折りたたみができ、車両重量が約18kgと軽量なため、車への積み込みなども可能!

お手軽感のあるスマート電動バイクとしておすすめです!

~特徴(原付一種タイプ)~

  • メーカー希望小売価格(10%税込)
    182,600円
  • 定格出力
    0.35kw⇒原付一種
  • 最高速度
    30km/h
  • 航続距離(1充電走行距離)
    約30km
  • 充電時間
    約3.5時間
  • 車体重量
    約18kg
  • 保証
    • 一年保証
      本体/バッテリー(60%以下に低下しないこと)/アダプター/キー
    • 半年保証
      モーター/ハンドル/サイドミラー/テール/ナンバー灯
  • その他
    • 折り畳み可能!
      ⇒折りたたみ時:約600mm×約1200mm
    • クルーズコントロール
      ⇒スロットルハンドルを回さずに一定速度で走行可能!
    • 防犯アラート搭載
    • カラータイプ

電動バイクの車種を徹底比較!

では、電動バイクのおすすめ車種について、値段やスペック等を比較していきます!

E-Vino
(ヤマハ)
※一種
SweetsN
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
Sneak77
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
ブレイズ
スマートEV

(BLAZE)
※一種
価格
(税込)
259,600円191,400円
252,500円
201,600円
262,700円
182,600円
定格出力0.58kW0.60kW
0.80kW
0.60kW
0.80kW
0.35kW
最高速度記載なし42km/h
45km/h
42km/h
45km/h
30km/h
航続距離29km50km50km約30km
充電費用
(1回あたり)
約14円約24円
約29円
約24円
約29円
記載なし
充電時間約3時間約4~6時間約4~6時間約3.5時間
車体重量68kg65kg
72kg
73kg
80kg
約18kg
保証2年有効パーツにより
6か月~3年
パーツにより
6か月~3年
パーツにより
1年or半年

【安いのは?】値段・パワー(定格出力)を比較!

E-Vino
(ヤマハ)
※一種
SweetsN
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
Sneak77
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
ブレイズ
スマートEV

(BLAZE)
※一種
価格
(税込)
259,600円191,400円
252,500円
201,600円
262,700円
182,600円
定格出力0.58kW0.60kW
0.80kW
0.60kW
0.80kW
0.35kW
最高速度記載なし42km/h
45km/h
42km/h
45km/h
30km/h

原付一種タイプでの価格面を比較すると、バイクメーカーヤマハの「E-Vino」はやや高めになります。

一番安いのはBLAZEの「ブレイズ スマートEV」!

スマートモデルで、他の車種と比較すると「定格出力が低め」の仕様のため、パワー不足感はあります。

最高速度は、30km/hで原付一種の制限速度と同等。

ちょっとした移動に使う分にはよいですね。

電動バイクの原付一種タイプで20万円を切るのは、アクセスのSweetsNとブレイズのスマートEVで、この2つは安い部類に入るかと思います。

アクセスから出ている原付二種モデルの電動バイクも、お手ごろで安い価格帯にはなりますが、二種タイプの原付と比較すると、最高速度が45km/hとやや物足りなさは感じるかもしれません。

ただし、原付一種タイプだといろいろと交通ルールに制限はあるので、原付二種が運転できる免許を持っているなら、選択肢の幅を広げるとよいでしょう!

充電スペックを比較!

E-Vino
(ヤマハ)
※一種
SweetsN
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
Sneak77
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
ブレイズ
スマートEV

(BLAZE)
※一種
航続距離29km50km50km約30km
充電費用
(1回あたり)
約14円約24円
約29円
約24円
約29円
記載なし
充電時間約3時間約4~6時間約4~6時間約3.5時間

航続距離(1充電あたりの走行距離)を比べると、各社電動バイクに差がみられます。

「ガソリン車に比べると、航続距離って短い!?」と感じる方もいると思いますが、現状、これくらいのスペックの電動バイクがほとんどです。

おそらく、バッテリー性能を上げていくと、重さ・大きさが出たり、値段が高くなって使い勝手が悪くなるのかと思います。

本記事紹介の車種の中では、アクセス社の電動バイクなら、比較的、走行距離を伸ばせますので、利便性はあるでしょう!

1回あたりの充電費用や充電時間は、バッテリー容量(航続距離)によると思いますが、原付二種のタイプはパワーを使う分、燃費が悪くなる傾向ですね。

取り回しの良さ・その他比較!

E-Vino
(ヤマハ)
※一種
SweetsN
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
Sneak77
(アクセス)
上段:一種
下段:二種
ブレイズ
スマートEV

(BLAZE)
※一種
車体重量68kg65kg
72kg
73kg
80kg
約18kg
保証2年有効パーツにより
6か月~3年
パーツにより
6か月~3年
パーツにより
1年or半年

各社電動バイクの取り回しの良さを比較すると、ブレイズ スマートEVは、軽量&スマートモデルで扱いやすさは抜群かと思います。

折りたたみもできる点はメリットで、玄関での保管や、車での持ち運びなども可能です。

他の車種も、車体重量としては比較的軽量なので、取り回しは悪くないでしょう!

保証も各社ついてきますので、初期不良には安心かと思います。

各社の電動バイクはこんな人におすすめ!

引用
ヤマハHP

本記事でいくつかのおすすめ電動バイクを紹介しましたが、「どれにするか迷う・・・」という方もいるかと思います。

各車種が「こんな方におすすめ」というのを以下に紹介します!

  • E-Vino
    • 安心のバイクメーカーの車種がよい方向け!
      ※某番組でも「充電旅」で実績もある!
    • おしゃれに街を散歩したい!
    • 通勤・通学や、ちょっとした買い物に乗りたい!
  • SweetsN
    • おしゃれに街を散歩したい!
      ※女性にもおすすめモデル!
    • 充電回数は減らしたい!
    • 少しでも長距離を走りたい!
    • 原付二種タイプに乗りたい!
  • Sneak77
    • スポーティーに街を走りたい!
    • 充電回数は減らしたい!
    • 少しでも長距離を走りたい!
    • 原付二種タイプに乗りたい!
  • ブレイズ スマートEV
    • ちょっとした移動に使いたい!
    • 通勤(通学)で持ち運んで、駐車場から会社までの移動で使いたい!
    • レジャー時に車で持ち運んで、旅先で乗りたい!

各電動バイクがおすすめな方は、こんな感じかなと思います。

ただし、電動バイクを選ぶときの重要ポイントは人それぞれ!

あなたのイメージするライディングスタイルによって選んでいきましょう!

個人的におすすめするのは、アクセスのSweetsNやSneat77ですね!

航続距離が長いので使い勝手が良く、バイクデザインもおしゃれで、普段づかいに乗りやすいかと思います。

SweetsNなんかは、女性にも人気が出そうなかわいいデザインです。

おしゃれな電動バイクで「とことこお散歩」なんて、テンションが上がりますね!

▼SweetsNの詳細&購入はこちら(公式HP)!

▼Sneak77の詳細&購入はこちら(公式HP)!

あとは、「ちょっとした移動に乗りたい」という方で、「持ち運びができたら便利」と思う方でしたら、ブレイズ スマートEVですね!

パワーはあまりないかと思いますが、乗りやすく便利な電動バイクとなるでしょう!

電動バイク以外の電動モビリティのおすすめ紹介!

電動バイク以外にも、近年、電動モビリティは注目されています。

たとえば「電動キックボード」

電動バイクの立ち乗り版のような感じですが、定格出力0.6kW以下だと原付一種に区分されます。

また、2020年に規制緩和に向けた実証実験を行っており、2021年4月にはヘルメット不要のシェアリングサービスを展開し始めるなど、ブームになりつつあります。

ちょっとした移動手段として電動バイクをお探しの方なら、電動キックボードという手もあるでしょう!

おすすめの電動キックボードに興味のある方は、下の記事をご参考にいただくとよいかと思います。

また、電動自転車を持つ人も増えてきていますが、「近距離の移動」、「小回りの良さ」を重視するなら、一台持っておくのもありですね。

電動自転車に興味のある方は、下の記事がご参考にいただけるかと思います。

まとめ

電動バイクには、バイクメーカーヤマハをはじめ、EVモビリティ企業からも多く出てきています。

あなたがイメージするライディングスタイルによって、おすすめの車種は異なってきますが、個人的には、アクセス社の電動バイクがおすすめ!

デザイン・航続距離の長さ等で、使い勝手がよい電動バイクかなと思います。

▼SweetsNの詳細&購入はこちら(公式HP)!

▼Sneak77の詳細&購入はこちら(公式HP)!

上のアクセス社の電動バイクには、原付二種タイプもあるので、免許をお持ちの場合は、用途によって選んでいくとよいでしょう!

「持ち運び」や「ちょっとした移動」という場合には、ブレイズ スマートEVもおすすめ!

こちらは折り畳み可能で、手軽な電動スマートバイクとなります。