サイト名を「ライドミー原チャ」から変更しました!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

バイクスロープの自作はアリ?ガレージや階段の段差を安く解消する方法を徹底解説!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『原チャでニホイチ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~2024年プライムデーセール開催中~

年に一度の大セール「プライムデー」が、7/16(火)~17(水)の期間限定で開催中!
セールアイテムは、売り切れになる前にカートへ追加しておきましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名セール価格ショップリンク
(アイテム参考記事)
【グローブ】
メッシュ
(KEMIMOTO)
2,480円
1,984円
(496円OFF)
Amazon
≫夏用バイクグローブ
【バイクガレージ】
大型バイク2台
40,800円
34,680円
(6,120円OFF
Amazon
≫バイク用簡易ガレージ
【バイクカバー】
Kaedear
5,082円
4,319円
(763円OFF
Amazon
≫おすすめバイクカバー


【インカム】
B4FM
2台セット
22,498円
14,799円
(7,699円OFF)
Amazon
≫バイク用インカム
【シートバッグ】
kemimoto
6,399円
5,339円
(1,060円OFF)
Amazon
≫バイク用シートバッグ
【スマホホルダー】
KDR-M11C
(カエディア)
2,596円
1,999円
(597円)
Amazon
【チェーンロック】
カエディア
3,597円
2,999
(598円OFF)
Amazon
≫バイク用チェーンロック
【キャンプ】
1人用テント
15,990円
11,993
(3,997円OFF)
Amazon
≫キャンプ用ミニタープ
【ビール】
一番搾り
(キリン)
4,720円
4,258
(462円OFF)
Amazon
引用:Amazon
【音楽ストリーミング】
Amazon Music
UNLIMITED
1か月
無料体験

5か月
無料体験

(~7/18)
Amazon Music Unlimited
≫レビューはこちら
引用:Amazon
【本読み放題】
Kindle
unlimited
3か月
2,940円
0円無料体験
Kindleunlimited

~本記事のテーマ~

  • バイクスロープって自作できるの?
  • バイクスロープをDIYするメリット・デメリットは?
  • バイクでガレージや階段の段差問題を解消するおすすめの方法は?
タケシ
タケシ

バイクガレージに段差があるから、スロープを置きたいんだ。

DIYでもできるのか?

自作スロープの作り方を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、バイク用の自作スロープについて紹介するよ!

バイクスロープはDIYでも可能だけど、そのまま使える安価なアイテムも多くあり。

安くスロープを設置したい人は、ぜひチェックしてみてね!

バイクの段差問題でお困りの方は多いかと!

  • 段差のあるバイクガレージを使っている
  • 段差を超えて自宅敷地にバイクを停めている
  • 階段の上に駐輪場がある(自転車用のスロープしかない)

そんな段差には、バイク用スロープが必須です。

カズ
カズ

バイク用のスロープは自作もできるよな!

ただ、安く買える設置型スロープもあるから、手間とコストを比較して検討するといいね!

本記事は、バイク用の自作スロープについて紹介します!

原付歴15年以上&大型二輪免許を持つ僕が、スロープDIYを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

【自作は可?】バイクスロープの材料を徹底調査!

バイクスロープの自作を考える人は、どんな材質でDIYするかは大事!

まずは、スロープの材質を見ていきましょう!

  • 金属
  • プラスチック
  • ゴム
  • 木材
  • コンクリート

金属

引用:Amazon
メリット・丈夫
デメリット・加工が難しい
・値段が高め

金属系のバイクスロープは、頑丈で丈夫。

長めの金属版を、階段に設置することもできます。

自作スロープの金属素材としては、軽量でサビにくい「アルミ製」がオススメかなと。

アルミ板を買って切削&加工して作りますが、鉄板やステンレス板を使う方もいるでしょう。

リョウ
リョウ

金属カッターや溶接機など、工具を一から準備すると、それなりに費用がかかります。

バリ取りなど、安全面も注意しましょう!

プラスチック

引用:Amazon
メリット・軽量
・値段が安め
デメリット・ものによっては壊れやすい

プラスチック製のバイクスロープは、軽量で使い勝手が良いでしょう!

レンタルコンテナなどで、スロープを出しっぱなしにできない場合など、設置⇔撤去も楽チン。

スロープ状に出来上がったものでも、比較的安価に購入できるので、そのまま置くとカンタンでしょう!

ゴム

引用:Amazon
メリット・滑りにくい
・値段が安い
デメリット・重たい

ゴム製のスロープなら、安価で滑りにくく、手軽にバイクスロープを作りたい方にオススメ!

自作といっても、スロープ状のものを購入して、置き方や固定方法を工夫する感じにすると楽チンです。

木材

メリット・加工しやすい
・値段が安い
デメリット・腐りやすい
・壊れやすい

木材は加工しやすく、バイクスロープも作りやすいでしょう!

ただし、水分がしみ込んで腐りやすいので、塗料等での加工をしておくとよいでしょう。

▼がっつりとスロープを自作するなら!(参考)

コンクリート

メリット・自由な形に作れる
・丈夫
デメリット・慣れがいる
・作業がしんどい

バイクスロープをコンクリートで作る方も多いかと。

ある程度慣れは必要ですが、最近の家庭用コンクリートはカンタンに施工できるものが多いので、難易度はそれほど高くありません。

ただし、型の取り方や、体力的にもしんどかったりします。

バイクスロープ自作に必要な道具!

バイクスロープ自作に必要な工具&道具(例)を、以下にまとめます!

リョウ
リョウ

どういったスロープをどこまで自作するか、イメージしながら道具を揃えましょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
電動ドリル
(KIMO)
5,184円 Amazon
楽天
電動マルノコ12,509円 Amazon
楽天
アーク溶接機
(SUZUKID)
19,417円 Amazon
楽天
インスタントセメント950円 Amazon
楽天
プラスチックスロープ
(アイリスオーヤマ)
2,976円 Amazon
楽天
ゴム製スロープ
(アイリスオーヤマ)
2,155円 Amazon
楽天

\通販ならDIYアイテムも豊富!/

バイクスロープを自作するメリット&デメリット!

引用:Amazon

バイクスロープを自作するメリット&デメリットを見ていきましょう!

リョウ
リョウ

ものには、必ずメリット・デメリットがあります。

良い面だけでなく、悪い面もチェックしておくと、後から「後悔」するのを防げるでしょう!

メリット!

まずは、バイクスロープを自作するメリットを見ていきましょう!

  • 安く作れる
  • DIYでオリジナルのスロープが設置できる
  • 自作した後の達成感がある

DIYの大きなメリットは、安くバイクスロープが作れるところ。

時間や手間がかかっても、基本的に材料費があれば作れるので、低コストで自作スロープを設置できます。

また、自分好みのオリジナルスロープとなり、達成感や愛着がわきやすいでしょう!

リョウ
リョウ

DIYで施工すると、バイクライフがより楽しくなりますね!

▼バイクスロープは勾配が大事!

デメリット!

一方、バイクスロープをDIYするデメリットも見てみましょう!

  • 時間が必要
  • 労力がかかる(疲れる)
  • 工具類が無いと、意外と費用がかかることも

バイクスロープを自作するなら、時間が必要です。

設計から実際の作業まで、1日がかり(orそれ以上)になることも。

ザック
ザック

体力的にもしんどいよな!

やってるときは夢中になるけど、終わるとグッタリ・・・ってこともあるぞ(笑)

DIYには、工具類が一式必要になるので、「案外費用がかかった・・・」なんてこともアルアルです。

~自作スロープ用の道具例~

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
電動ドリル
(KIMO)
5,184円 Amazon
楽天
電動マルノコ12,509円 Amazon
楽天
アーク溶接機
(SUZUKID)
19,417円 Amazon
楽天
インスタントセメント950円 Amazon
楽天
プラスチックスロープ
(アイリスオーヤマ)
2,976円 Amazon
楽天
ゴム製スロープ
(アイリスオーヤマ)
2,155円 Amazon
楽天

\通販ならDIYアイテムも豊富!/

バイクスロープの自作方法!

バイクスロープの自作方法をチェックしていきましょう!

自作バイクスロープのアイデア!

バイクの段差問題にお悩みの方は、自作スロープにチャレンジする方も多いかと!

いろんなアイデアがあって面白いですね!

バイクスロープの自作方法!

バイクスロープの自作方法はさまざま!

  • 材料を三角にカットして、段差にハメる
  • 板状の材料を段差に載せる(一本橋を作る)

などなど!

アイデア次第で、バイクスロープはさまざまなDIYが可能!

基本的には、「角材を三角に切る」「板を使って橋を作る」方法があるでしょう。
(※コンクリートで固めることも可)

ザック
ザック

板の上をバイクが通るときは、大きな荷重がかかるぞ。

”長い橋”を作るなら、素材が折れないよう補強するといいな!

【自作より楽チン】安価なバイクスロープ!

引用:Amazon

バイクスロープは、安価なアイテムも多く売られており、一から自作するよりもカンタンに設置できることがあります。

あなたの段差にぴったり合うスロープがあれば、手に入れておくと良いでしょう!

コスパ抜群の段差スロープ(アイリスオーヤマ)

アイリスオーヤマのPPプラスチック製スロープは、コスパ抜群!

軽量で使いやすく、ガレージやコンテナの段差解消にオススメです。

耐荷重10t未満
サイズ縦34cm×幅60cm×高さ15cm
重量3.44kg
折りたたみ不可

軽量な素材ですが、耐荷重がしっかりあるのでバイク収納にもOK!

基本的に固定できる仕様ではないので、搬入時にズレないよう注意して使いましょう!

リョウ
リョウ

通販レビューで、二輪なら十分使えるとの口コミはあります。
安価に購入できるので、使用してみる価値はあるでしょう!

その他おすすめのバイクスロープ!

その他にも、バイクスロープにはいろんなタイプのアイテムがあります!

~おすすめスロープ~

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
折りたたみ式
アルミスロープ
(Ruedamann)
オススメ!
12,999円 Amazon
楽天
ブリッジスロープ
(Ruedamann)
8,799円 Amazon
楽天
アルミ製スロープ
(ミニモト)
9,736円 Amazon
楽天
段差スロープ
(アイリスオーヤマ)
コスパ抜群!
3,204円 Amazon
楽天
段差スロープ(GUNSEED)2,999円 Amazon
楽天
ゴム製スロープ
(アイリスオーヤマ)
2,018円 Amazon
楽天

\通販なら手軽にバイク用品が手に入る!/

おすすめのバイクスロープは、下記事で詳しく紹介しているので、あわせて参考にしてみてください!

まとめ

バイクスロープは、自作でも設置することができます!

木材、金属、コンクリートなどといった材料によって、使い勝手の良し悪しはありますが、自分好みのオリジナルスロープを作ることが可能。

ただし、安価に売られているゴム製スロープ等もあるので、段差に合いそうなアイテムがあれば手に入れておくと良いでしょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
電動ドリル
(KIMO)
5,184円 Amazon
楽天
電動マルノコ12,509円 Amazon
楽天
アーク溶接機
(SUZUKID)
19,417円 Amazon
楽天
インスタントセメント950円 Amazon
楽天
プラスチックスロープ
(アイリスオーヤマ)
2,976円 Amazon
楽天
ゴム製スロープ
(アイリスオーヤマ)
2,155円 Amazon
楽天

\通販ならDIYアイテムも豊富!/