【人気バイクウェア】Amazonで売れ筋ランキングをチェックする!(タップで公式HPへ)≫

【サブスクあり!】都内で原付レンタルするならバイクスがお得!

原付の基礎
スポンサーリンク

~冬のバイクにおすすめの防寒グッズ~

アイテム【防寒装備】
商品名
参考価格
※変更あり
リンクおすすめアイテム
紹介記事
【ヘルメット】
フルフェイス
RX-7X
(アライ)
63,800円 Amazon
楽天
冬用ヘルメット
【ネックウォーマー】
アルパインスターズ
3,712円 Amazon
楽天
ネックウォーマー

【ジャケット】
システムウォーム
ライニングジャケット
(コミネ)
5,476円 Amazon
楽天
冬用ジャケット
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスシャツ
(ミズノ)
5,693円 Amazon
楽天
インナーシャツ
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスタイツ
(ミズノ)
6,544円 Amazon
楽天
インナーパンツ
【パンツ】
HRD4-S
(カドヤ)
22,000円 Amazon
楽天
防寒パンツ
【オーバーパンツ】
オールウェザー
オーバーパンツ
(ナンカイ)
5,059円 Amazon
楽天
オーバーパンツ
【グローブ】
e-HEATアームド
グローブ
(RSタイチ)
16,774円 Amazon
楽天
防寒グローブ

インナーグローブ
【シューズ】
シンテーゼ14
(エルフ)
14,000円 Amazon
楽天
冬用シューズ
【ソックス】
メリノウール
ウォームソックス
(コミネ)
1,430円 Amazon
楽天
防寒ソックス
【ホッカイロ】
使い捨てカイロ
(アイリスオーヤマ)
621円 Amazon
楽天

\Amazonならバイク用品が豊富!/

タケシ
タケシ

都内で原付レンタルできるとこないかな?

リョウ
リョウ

都内には、サブスク登録もできるバイクスの原付レンタルサービスがあるよ!

本記事で詳しく紹介していくよ!

本記事は、都内で原付をレンタルしたい方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 都内で原付のサブスクサービスを探している。
  • コスパのいい原付のレンタルサービスを探している。
  • Uber Eats や出前館などでも使えるレンタルバイクを探している。
  • ヘルメット込みで原付が借りたい。
  • バイクスの原付レンタルサービスが気になっている。

現在、さまざまなものでサブスク(サブスクリプション)を利用する人は増えてきていますよね!

サブスクとは定額制のレンタルサービスのことですが、都内で原付のサブスクを利用できるサービスが提供されています。

本記事では、都内において、スマホ一つでレンタルバイクを簡単予約できるバイクスについて紹介していきます。

レンタルバイク店はところどころにありますし、原付などバイクを借りたことのある人も多いかと思いますが、バイクスにはお得なサブスクリプションサービスを利用することもできます。

スマホ一つで手軽に、しかもお得に原付を借りられるって便利ですよね!

とくに都内に住む原付好きの方には、ぜひこの記事のサービスを知っておくと、より便利で快適な生活を送ることができるようになるかと思いますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

(※本記事は、2020年12月19日現在の情報で作成しています。詳細は公式HPで確認いただくとより分かりやすいかと思います。)

~ちょっとした移動に電動キックボードのシェアリングサービスもおすすめ~

2021年4月から、都内中心に電動キックボードのシェアリングサービスも始まっています!
新事業特例制度を用いたシェアリングサービスでは、「ヘルメットは任意」となり、より気軽に乗れることで注目を浴びてます!

【都内】バイクスが提供する原付レンタルサービスとは?

バイクスは、2020年8月から東京で始まったシェアバイクサービスです。

ちょっとした買い物や配達などに利用が可能です。今後、利用拠点も増えていく予定のようですので、興味のある方は利用登録しておくと便利かと思います。

では、都内で原付を手軽にレンタルできるバイクスのレンタルサービスですが、料金は次のとおりです。
※参照:バイクスHP

時間料金延長料金
(1時間)
1時間350円350円
4時間1,200円350円
8時間2,400円350円
24時間4,200円350円
48時間8,400円350円
72時間12,600円350円

長時間借りる方が、1時間当たりの料金割合は安くなっていきます。

しかも、ありがたいことに、この料金にはガソリン代が含まれているため、基本的に給油は不要です、

レンタルバイク屋なんかでよくある、返却時にガソリン満タンで返す必要はありません。

もし、ガソリンタンク容量目盛りが1以下になった場合には、給油して領収書の写真を送信すれば、後日決済システムより返金されます。

また、1か月単位で利用するマンスリーの場合、1か月10,000円~(免責オプション5,000円)となります。ガソリン代は利用者負担です。

では、バイクスの原付シェアサービスの利用方法について、流れをまとめます。

  1. バイクスへの会員登録
    • スマホ、PCからもOK!
    • メールアドレス、パスワード、プロフィールなど各種情報を登録。
    • 免許証情報登録、免許証画像のアップロード。
  2. 利用予約
    • バイク設置場所、利用日時、利用時間から空きを探す。
      ⇒シェア可能なバイクが表示されるので、借りたいバイクを選んで予約確定する。
    • クレジットカード情報を入力し決済する。
      ※支払いはクレジットのみ。
    • 以上で予約は完了!ご利用ガイド等をチェックし利用する。
  3. 利用開始
    • 予約日時にバイク設置場所のキーBOXからカギを受け取り、レンタルバイクを利用する。
    • 無料レンタルヘルメットもあり。
    • 返却は、レンタル時間以内にバイク設置場所へ戻し、カギをキーボックスに返却する。

利用条件や利用方法については、ざっくり以上のとおりとなりますが、月にある程度使いたいという方向けに、お得なサブスクサービスがあります。

次に紹介します!

バイクスはお得なサブスクサービスがおすすめ!

バイクスなら月額定額制でレンタルできる原付サブスクリプションサービスがあります。

以下、バイクスHP参照情報をまとめます。

なんと、バイクスのサブスク会員に登録すると、基本料金2,000円で月15時間利用無料となります。
※15時間超過した分は、350円/1時間となります。

レンタルバイク店と比較するのもなんですが、めちゃくちゃ安いですよね!

買物や宅配仕事などで、月にある程度の時間を利用する予定の方なら確実にお得なサービスです。

バイクスで通常シェアサービス利用する場合と、サブスク利用の場合の料金を比較してみます。

通常会員サブスク会員
基本料金0円2,000円
時間料金350円/1時間
※複数時間利用で割安に!
15時間まで無料
延長料金350円/1時間350円/1時間

では、バイクスの原付サブスクサービスの利用方法について、流れをまとめます。

  1. サブスクのページを開く。
    • バイクスのページからサブスクリンクをクリック(またはタップ)。
  2. サブスクリプション登録をする。
    • 利用規約に同意して登録。
      ⇒料金決済ページにいくため、クレジットカード情報を入力して支払いを完了する。
  3. 利用開始。

ざっくりとこんな感じです。

サブスクを利用するには、

バイクスユーザー登録⇒サブスク登録(クレジット決済)

という流れになります。

バイクスのHPにも利用方法は詳しく載っていますし、登録も流れに沿っていけば簡単にできます。

都内での原付レンタルに興味のある方には、ぜひおすすめのサービスです。

まとめ

原付に乗る男性のイラスト

都内で原付シェアリングサービスを提供するバイクスについて紹介しました。

バイクスの定額制サブスクリプションサービスなら、お得に原付レンタルができますので、「月にある程度の時間は原付を使いたい」という方には、大変便利かと思います。

都内で原付設置場所はまだまだ限定的ではありますが、これから利用拠点を広げていく予定のようですので、バイクスの原付サブスクには期待ですね!

「原付好きだけど今は所有していない。でも、ちょっと乗りたいんだよなぁ。」という方は利用してみる価値ありかと思います!
バイクスHP