原付の雨対策を紹介します!【初心者必見!】

原付の基礎
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

うわぁ!雨で原付乗っていたら、びしょびしょだよ。。

原付ライダーにとって雨は大敵だなぁ。

リョウ
リョウ

そうだね!

できれば原付乗るときに雨は降ってほしくないけど、雨でもしっかり対策すれば、十分乗ることができるよ!

タケシ
タケシ

そうなのか?

今日はさすがに軽装すぎたかな。

リョウ
リョウ

どんなかっこうしていったんだい・・・(笑)

じゃあ今回は、原付の雨対策について紹介するよ!

雨の日の原付の運転では注意することもあるから、しっかりマスターしておいてよ!

日本に住む以上、雨は避けられないものですし、梅雨などの雨季では毎日というくらい雨が降ることだってあります。

原付を、通勤や通学、普段の交通手段で利用している人にとっては、雨だと大変ですよね。

そんなお困りの方向けに、本記事では、原付の雨対策を取り上げて紹介していきます。しっかり雨対策をすれば、原付のようなバイクでも十分使うことができますので、この記事でマスターしていってくださいね!
特に原付初心者の方は、雨の日の事故防止についても取り上げていますので、必ずマスターして安全な運転ができるようにしましょう!

~この記事を読むと良い人~◎原付を雨でも乗りたい人。
◎原付初心者の人⇒雨での事故防止についてマスターしよう!

原付の雨対策について

雨の日をイメージしたアイキャッチ画像

原付などバイクに乗っていると、やはり大敵なのが「雨」。梅雨などの雨の時期は、天気が悪くて気分が下がるのと、原付の使いづらさにテンションも下がります。

でも、雨の日でも通勤・通学で使う人なら原付に乗らないといけないこともありますよね。原付ライダーなら、雨を想定しておくことは大切です。雨が降っても対応できるようにしておきましょう!

雨だと、「体や衣服が濡れる」「靴が濡れる」「転倒など危ない」といったことがありますので、準備しておく装備品や、雨の運転での注意点、メンテナンスについてはよく勉強しておくと良いでしょう。

~原付の雨対策で大切なこと~
➀濡れない装備
➁事故防止
➂メンテナンス

これらをそれぞれ紹介していきますので、マスターしておきましょうね!

原付の雨対策➀:濡れない装備

繰り返しになりますが、原付に乗るなら、雨は想定しておかなければなりません。急な雨だってありますし、雨が降っても対応できるように、あらかじめ装備は準備しておきましょう!

では、雨で原付を乗る際、どんな装備品が必要でしょうか?次に挙げます。

◎レインウェア
◎シールド付きヘルメット
◎グローブ
◎レインシューズorシューズカバー

この4点あれば、雨でも原付の運転ができます。少なくともレインウェアは必須です。

では、それぞれについて、もう少し深掘りして解説します。

原付の雨装備1:レインウェア

レインコートのイラスト

まず、原付に備えておくものはレインウェアです。突然の雨にも対応できるように、レインウェアは常備しておきましょう。原付のシート下のメットインにいつも入れておくと良いです。

レインウェアには3タイプあります。

レインスーツ
上着とパンツの上下分かれたもの。防水性が一番あるが、着脱が手間。


レインコート
丈が長い上下一帯のもの。足元など下半身が濡れやすいが着脱はしやすい。


レインポンチョ
上からスポンと被るだけのもの。下半身が濡れやすく、風にも弱い。着脱は一番簡単。

百均にもポンチョタイプのものや、上下分かれたスーツタイプの雨具が売っていますが、生地が薄くすぐ破れてしまうので、レインウェアはそれなりにしっかりしたものを購入しましょう!原付などバイクに乗る方は、レインスーツがおすすめです。

タケシ
タケシ

だから、びしょびしょになったのか・・・

リョウ
リョウ

どんなかっこうして運転したんだよ・・・(笑)

原付の雨装備2:シールド付きヘルメット

フルフェイスでバイクを運転している様子のイラスト

雨の日は、シールド付き(顔面を守る透明のガード)ヘルメットがおすすめです。

普段、ハーフキャップヘルメットを使っている人は、雨の日に原付で走行すると、顔に雨粒が直撃しますし、雨が強いと目が開けられなくなります。シールド付きヘルメットがない場合は、ゴーグルをするようにしましょう。

シールドやゴーグルを使っていると、だんだんと表面の撥水性が悪くなります。そうなると、視界が悪くなってしまいますので、撥水剤で加工してあげましょう。
撥水剤のおすすめは下記事で解説していますので、興味がありましたらご参考にください。

原付の雨装備3:レイングローブ

雨の日は、普通のグローブやファッション手袋をしていると、ちょっと原付を運転しただけで中までびしょびしょに!通勤・通学で使うと一日湿ったままで、帰りに濡れた手袋を使うのは気持ち悪いですよね。

そんな悩みを解決するのがレイングローブです。

防水性、撥水性のあるグローブなので、中まで水がしみ込んでこず雨の日の運転に最適です。ただ、水分が入らないということは、グローブの中の水分もこもりやすいため、普段使いするとグローブの中が蒸れ蒸れになりがちです。あくまで、雨の日の原付の運転用にすると良いですね。

しかし、最近のレイングローブは、透湿性を兼ね備えたものなど高機能のものも多いので、いろいろなタイプを調べてみて選ぶとよいでしょう。

レイングローブについて興味がある方は、別記事にておすすめを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

原付の雨装備4:レインシューズorシューズカバー

原付の運転だけでなく、雨の日にとても気になるのが、靴の濡れ。水が靴の中までしみ込むと、一日濡れたままで乾きませんよね。臭いも気になってしまいます(笑)

特に原付などのバイクを運転していると、レインスーツを着ていても、靴はどうしても雨に濡れてしまうことになります。

そんな時に活躍するのが、レインシューズやシューズカバーです。防水性のあるシューズやシューズカバーで、靴の中を濡らすのを防げます。シューズカバーなら、普段靴の上から履くことができるため、通勤・通学やお出かけにはとても便利です。

レインシューズやシューズカバーについて詳しく知りたいという方は、別記事にておすすめをまとめていますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

原付の雨対策➁:事故防止

バイクで転倒した様子のイラスト

原付などのバイクは二輪車なので、転倒のリスクが伴います。特に雨の日はスリップしやすくなるので注意して運転しましょう!

原付での雨の日の走行について注意点をまとめます。

◎制動距離が伸びる⇒早めのブレーキを心がける。スピードの出しすぎ注意。
◎「急」な動作はしない(急発信、急ブレーキ、急ハンドル)
◎コーナーの減速⇒スリップ防止!
◎マンホールなどの金属製のものの上はまじで注意!滑りやすい!道路上の白線も案外滑りやすい!
◎視界の確保⇒シールド等の手入れ(撥水剤加工)を定期的にする。相手車両から目立つレインスーツを着用!
リョウ
リョウ

実は僕も、雨の日にスリップした経験があるんだよ。

路面電車の跡?のような金属系のラインに斜めに入ったら転倒したよ。転倒は一瞬の出来事で、どうしようもなかった。
大けがにもなりかねないから注意しよう!

原付の雨対策➂:メンテナンス

工具のアイキャッチ画像

原付は、金属製の部品が多いので、雨で走行した後にメンテナンスをしてあげないと、錆が発生し劣化が早くなります。また、原付のボディも放っておくと、水垢が残ってしまうこともあります。

原付を雨で走行した後のメンテナンス箇所は次のとおりです。

~原付の雨で走行した後のメンテナンス箇所~
◎チェーンまわり
表面の水分を除去後、ブラシやクリーナーで汚れを取り、潤滑剤をつける。
◎金属部分
表面の水分を除去後、コンパウンドやクリーナーで表面の汚れを取ったら、コーティング剤で磨き上げる。
◎レインウェアなどの装備品
レインウェアなどもしっかり乾かし、カビ対策する。長期間使って、撥水性がなくなってきたら、撥水剤などをつける。
タケシ
タケシ

うわ~なんだかめんどくさそうだな。

リョウ
リョウ

そんなこと言わずに一度やってみなよ!メンテナンスをしていると原付の寿命も断然長くなるし、どんどん愛着も増すから楽しくなってくるよ。

ほら!チェーンを拭いてみなっ!

タケシ
タケシ

ほんとかな~。。

・・・(ふきふき)・・・・・(ふきふき)・・・

なんだか原付もかわいいもんだな。潤滑剤も貸してくれよ!

・・(ふきふき)・・・・・。

ザック
ザック

(タケシ、メンテナンスにハマったな)

メンテナンスをすることで原付にとっても良いですし、あなたの原付に対する愛着も増して、原付ライフがより楽しくなります!

雨の走行の後だけでなく、日常的にもしっかりメンテナンスして可愛がってあげましょう!そうすることで、原付の寿命も長くなり、原付ライフがより長く楽しめるでしょう。

まとめ

原付の雨対策について紹介しました。

ポイントをまとめましょう!

☑原付の雨対策で大切なことは次の3つ。
●濡れない装備⇒レインウェア、シールド付きヘルメット、レイングローブ、レインシューズorシューズカバー。
●事故防止⇒スリップ防止など安全運転対策。
●メンテナンス⇒チェーンなど金属類、ボディの手入れ。

原付の雨対策をしっかりして、雨でも楽しい原付ライフを送りましょう!

~雨対策の記事一覧~

  • 原付の雨対策について

  • レインウェアの選び方

  • レインウェアのおすすめ

  • 雨用シューズのおすすめ

  • 雨用シューズカバーのおすすめ

  • 雨用グローブのおすすめ

  • 雨にも強いUber Eats向けの車種