【人気バイクウェア】Amazonで売れ筋ランキングをチェックする!(タップで公式HPへ)≫

【口コミ・価格は?】電動バイクAioonの評判&購入方法を徹底解説!

電動バイク
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 電動バイクのAioon(アイオーン)の口コミは?
  • 折り畳み式電動バイクAioonの価格って高い?
  • Aioonの購入方法は?お得に買うことはできる?
タケシ
タケシ

電動バイクを探してるんだけど、折りたたみ式の「Aioon」ってどうなんだ?

口コミとか特徴を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、電動バイク『Aioon(アイオーン)』を紹介するよ!

「折りたたみできて便利」と評判も良好!

お得な購入方法も紹介するから、チェックしておこう!

次世代モビリティ電動バイク。

Aioonは「折りたたみ式で手軽に乗れる」電動バイクとして注目され、興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

引用
Aioon
タケシ
タケシ

テレビでも出てて、気になるんだよな。

本記事では、電動バイクAioonの口コミ&価格などの特徴を詳しく紹介します!

電動バイクは原付クラスの乗り物ですが、Aioonは「手軽に使える」のが特徴的。

リョウ
リョウ

原付歴15年以上の僕が、電動バイクAioonを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

【便利!】Aioonの口コミを徹底分析!

さっそくですが、Aioonについて口コミ評価を見ていきましょう!

SNS等の口コミをチェックすると、折りたたみできる便利な電動バイクとして良い評判は多い印象です。

良い口コミ

  • スマートで良い
  • 手ごろな値段
  • 届いて簡単に組み立てられる
  • 静かで加速も良い
  • 電話サポートがしっかりしている

~Amazon通販でのレビュー~

  • 届いてすぐ組み立てを開始し30分くらいでできました。
  • とにかく静か
  • 軽いので自転車に乗る感覚
  • 電車移動も問題なし
  • 加速が思ったより良い
  • コンパクトで車に乗せやすい
  • 電話対応でしっかりサポートしてもらった

≫Amazonレビューから抜粋

電動バイクAioonの「手軽感」という点は、評判の良いポイントです。

とくに、アップダウンの少ない平坦な道で、ちょっとした距離のライディングに使うなら超便利!

1台持っておけば快適なライディングが楽しめるでしょう。

悪い口コミ

  • 重たいから持ち歩くのはきつい
  • オートクルーズ機能が不要
  • 原付などと比べると乗り心地は良くない

~Amazon通販でのレビュー~

  • 乗り心地は原付と比べると悪い(悪路はおすすめしない)
  • 手軽だけど大通り走るのは怖い

≫Amazonレビューから抜粋

電動バイクAioonは、折りたたみできて手軽なライディングが楽しますが、持ち運ぶとなると「重たい」という評価。

基本的には、折りたたんだ後は、キャスターを使ってゴロゴロ転がして運ぶイメージとなります。

引用
Aioon

重たいと言っても約16.5kgの重量のため、車に積む程度なら十分可能でしょう。

また、コンパクトな乗り物である反面、「段差やアップダウンのある道」については乗り心地悪め。

Aioonを購入するなら、「通勤(通学)で最寄りの駅まで」「旅先でのライディング」といった用途を決めて利用すると良いかと思います。

リョウ
リョウ

ロングツーリングや遠方へのお出かけには不向きかも!

近場への移動ならオススメですね。

\手軽にライディングを楽しむ/

【お得に購入】電動バイクAioonの価格を徹底解説!

電動バイクAioonの購入方法をチェックしていきましょう!

合同会社Nitroから販売されているAioonですが、どこで買うかにより価格が異なることがあります。

Aioonの購入方法は?

電動バイクAioonを購入するなら、基本的に通販からとなります。

店舗販売はありません。

Aioon(公式HP)Amazon通販等を利用しましょう!

【お得な購入方法】最安値は公式サイト!

電動バイクAioonを最安値で手に入れるなら、公式サイトがオススメです。

キャンペーンなどお得に購入できることがあります。

値段サイトリンク
Aioon公式HP156,000円
13,800円
(18,000円OFF)
安心&充実のロードサービス!(JAF公式)
Amazon156,000円≫Amazon最新価格
リョウ
リョウ

電動バイクは、購入後のトラブルがないわけではありません。

公式サイトから購入した方が、より安心感もあります。

\手軽に快適ライディング!/
Aioon
(※タップで公式HPへ)

Aioonと他社電動バイクの価格比較!

電動バイクAioonと他社製品の価格を比較してみましょう!

電動バイク値段購入サイト
(リンク)
AioonAioon156,000円
13,800円
(18,000円OFF)
Aioon(公式HP)
ブレイズ199,800円≫Amazon

≫楽天市場
COSWHEEL MIRAI253,000円≫Amazon公式

≫楽天市場

通販サイトでもよく見かける「ブレイズ」や「COSWHEEL」と比較すると、Aioonはかなり安価に購入することができます。

「ブレイズ」や「COSWHEEL」は、電動キックボードも出しており、電動モビリティとしては有名どころですね。

リョウ
リョウ

Aioonは、安価な折りたたみ式電動バイクです。

初めての方にも購入のハードルは低いと言えるでしょう!

▼Aioonの詳細&購入はこちら!(公式HP)

【評判良し】電動バイクAioonの特徴!

電動バイクAioonの特徴をチェックしていきましょう1

Aioonの概要!

Aioon

Aioonの大きなメリットは、折りたたみができる電動バイクであること。

持ち運びや収納が簡単にできて、使い勝手の良いモビリティと言えるでしょう。

~Aioon~

  • メーカー希望小売価格(10%税込)
    156,000円
  • 公道走行可能モデル
    ⇒ナンバープレートの取得が必要
  • 定格出力
    0.36kW(原付一種タイプ)
  • 最高速度
    約25km/h
    ※登坂能力8~20度
  • 航続距離(1充電走行距離)
    約30km
  • 充電時間
    約4~5時間(約3時間で80%)
  • 車体重量
    約16.5kg
    ※バッテリー約1.7kg
  • 折りたたみ可能
    • 展開時サイズ
      L110×W50×H85cm
    • 折りたたみ時サイズ
      L106×W50×H36cm
  • 保証
    • バッテリー保証1年間
  • その他
    • 折りたたみ時にキャスター付き
    • 前後ディスクブレーキで制動性が高い
    • 100kg以上の不可を5万回の疲労試験合格

電動バイクAioonは、テレビでも紹介されるなど、注目を集めています。

~テレビ『スッキリ』でも紹介!~

引用:Aioon

Aioonで公道を走る方法!

Aioonは、公道走行に対応するモデルです。

市町村役場に申請してナンバープレートを取得すれば、行動を走ることができます。

最近では、電動キックボードも普及されつつありますが、電動モビリティの公道走行には「保安部品の装備」が必要であることはチェックしておきましょう。

▼公道走行に自賠責は必須!

Aioonの利用シーン!

電動バイクAioonのおすすめ利用シーンは次のとおり!

~利用例~

  • ちょっとした買い物
  • 気分転換のライディング
  • 旅先での移動手段(観光地まわり)
  • 通学・通勤等で駅までの移動手段

車に積んで持ち運ぶなども容易で、「旅先でツーリング」なんかも可能です。

折りたたみ時には、引いて移動できるキャスター付きのため、通勤・通学等でも使い勝手は良いでしょう!

デメリットとなる点は、最高速度が約25km/hの設計となっておりやや遅めなところ。

交通量の多い道・上り坂などは、走りにくさは感じるかもしれません。

▼Aioonの詳細&購入はこちら!(公式HP)

(参考)通販購入はこちら!

電動バイクAioonによくあるQ&A!

電動バイクAioonの購入を検討する方に、よくある質問をまとめます。

電車やバスにも持ち込める?

折りたたみ式電動バイクなら、電車やバクへの持ち込みも可能です。

交通機関によってルールは異なるので、HPや窓口などで確認すると間違いないでしょう。

たとえば、JR(電車)の場合、持ち込める荷物については次のようなルールがあります。

  • 大きさがタテ・ヨコ・高さの合計が250cm(長さは2メートルまで)
    ⇒Aioonはコンパクトに折りたためる
    ※折りたたみ時はL106×W50×H36cm程度
  • 重さは30kgまで
    ⇒Aioonは約16.5kg
  • 折りたたみ自転車は、折りたたんで専用の袋に入れる
    ⇒袋に入れた方が無難

※参照:JRおでかけネット

リョウ
リョウ

電動キックボードにおいても、電車持ち込みは可能です。

購入後のサポートはある?

Aioonの製品は保証期間があります。

安心して利用できるでしょう。

また、保証期間が過ぎても、メンテナンス・修理等の受付は可能です。

充電方法は?

電動バイクの充電方法は簡単。

一般家庭用の100Vコンセントに差し込むだけです。

4~5時間で満充電となります。

まとめ

Aioonは、折りたたみができる電動バイク。

持ち運びや収納も簡単にできて、「手軽感」があるのは評判の良いポイントです。

一方、デメリットとなるのは、コンパクトでスマートな電動バイクのため、段差やアップダウンのある道でのライディングは不向きな点。

Aioonは、「近くの駅まで」「近場でのちょっとしたライディング」といった用途を決めて購入するとよいでしょう!

他社の電動バイク製品と比較しても、手ごろな価格で販売されているため、初心者の方にも購入のハードルは低め。

折りたたみができる電動バイクをお探しなら、Aioonで快適なライディングが楽しむのはありでしょう!

▼Aioonの詳細&購入はこちら!(公式HP)