≫夏のバイクグッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

【最強の防寒はコレ!】冬バイクにおすすめの電熱グローブを紹介!

バイク装備
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『ライドミー原チャ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする
ケン
ケン

冬のバイクは、指先が冷たいぜ!

最近、電熱グローブってよく見るよな?

おすすめアイテムがあれば教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、冬のバイクに最適な電熱グローブを紹介するよ!

寒い日でも手を温めてくれる電熱アイテムを手に入れて、冬もツーリングを楽しもう!

バイクライダーにとって冬の寒さは大敵!

とくにバイクライディングでは、走行風の影響をもろに受けるので、手指を防寒するグローブは必須装備です!

ザック
ザック

最近の防寒アイテムって、高機能だよな!

電熱グローブもたくさん出てるぜ!

本記事では、冬のバイクにおすすめの電熱グローブを紹介します!

原付歴15年以上&真冬でも原チャを乗り回す僕が、電熱グローブを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

≫すぐにおすすめ電熱グローブをチェックする
(※タップでページ内ジャンプ)

【電熱グローブとは】メリット・デメリットを紹介!

まずは、冬のバイクに効果的な「電熱グローブ」について詳しく見ていきましょう!

電熱グローブの概要

Amazon

電熱グローブとは、「ヒーター」付きの手袋のこと。

バッテリー等の電源を使って、グローブ内を温めてくれる画期的な防寒アイテムです。

~電熱グローブの主な機能性~

  • 電熱ヒーター内蔵
    ⇒指先や手の甲などに電熱線が張りめぐらされる
  • 防風仕様
    ⇒冬の冷気をグローブ内に入れない

電熱グローブは、防寒性の高いバイクグッズになります!

冬のライディングに一本持っておきたい装備でしょう。

電熱グローブのメリット

バイクに電熱グローブを使うメリットは、以下のとおり!

  • 電熱ヒーターでグローブ内を温められる
  • かじかんだ手指が復活する
  • 手指が暖かくハンドル操作がしやすい

とくに、バイクライダーは、走行風の影響を大きく受けるため、走行するほど指先が冷たくなります。

そのため、電熱ヒーターでグローブ内を温めることができるのは大きなメリットでしょう!

電熱グローブのデメリット

一方、バイクに電熱グローブを使うデメリットは、以下のとおり!

  • 値段が高め(バッテリーが別売のものも)
  • 給電が必要
  • ごつめで動きづらいものも
    ※防寒グローブ全般的に注意

デメリットもありますが、個人的には、冬のバイクにメリットが大きいアイテムかと。

通勤・通学・ツーリング等で、「30分以上バイクに乗る」という方なら、電熱グローブがあると心強いでしょう!

【経験談あり】電熱グローブを使った最強防寒はコレ!

冬のバイクは、とにかく寒い!

手元が冷たいと、指先がかじかんで痛いだけでなく、ハンドル操作にも影響するので、しっかり防寒対策しましょう!

【基本】バイクの防寒方法!

冬バイクの防寒対策として、基本的な考え方はこちら!

  • 外気をシャットアウト(防風)
  • 体温を逃がさない(保温)

グローブに限ったことではないですが、冷たい外気を「防風」して、体温を逃がさない「保温」の2本柱が大切です。

リョウ
リョウ

電熱グローブは、保温の役割として活躍します!

ヒーター機能で、最強の防寒になるでしょう。

バイクの手元防寒対策の種類

バイクの手元防寒として、効果的な方法は防風×保温!

グローブまわりで可能な防寒対策は以下のとおり!

  • 冬の防風対策
    • 防寒グローブ(電熱あり)
    • ハンドルカバー
  • 冬の保温対策
    • インナーグローブ(電熱あり)
    • グリップヒーター
リョウ
リョウ

これらを組み合わせることで、最強防寒も可能です!

【経験談】最強の防寒グローブ使い方!

ハンドルカバー
ハンドルカバー

冬でも原チャを乗り回す僕ですが、経験上、冬の最強防寒対策は次の組み合わせとなります!

防風保温コメント
最強の組み合わせ①防寒グローブ電熱インナーグローブもっともオススメ!
最強の組み合わせ➁ハンドルカバー電熱グローブビジュアル面で好き嫌いも!
防寒性は高い!
最強の組み合わせ③電熱グローブグリップヒーター指先・手の甲が冷たくなるかも
最強の組み合わせ④電熱グローブインナーグローブ防風性の高い電熱グローブならOK

電熱のバイクグローブだけでも、防寒効果は高いですが、走行中の外気による冷却効果に負けてしまう場合も・・・

ザック
ザック

冬の外気は、めっちゃ冷たいもんな。

走るほどグローブは冷やされるから、手の甲や指先がかじかんでくるかもだぞ!

そのため、電熱グローブの効果を最大限に発揮するには、外気をシャットアウトするのがオススメです!

リョウ
リョウ

とは言っても、防寒対策を組み合わせるのは、それなりに費用がかかります。

そのため、まずは電熱グローブを手に入れて、防寒しきれないようなら「ハンドルカバー」や「インナーグローブ」を追加すると良いでしょう。

バイク用電熱グローブの選び方!

では、実際にバイク用電熱グローブを購入する際の選び方をチェックしていきましょう!

  • 給電タイプ
  • 電熱ヒートスペック
  • 防水性
  • 安全性
  • 快適性

給電タイプ

バイク用電熱グローブは、ヒーターを発熱させるために「電気」が必要です。

電熱グローブへの給電方法は、以下の2とおりが主となります!

電熱グローブ給電メリットデメリット
モバイルバッテリー型
※充電式
・使い方カンタン・バッテリー切れがある
※高温ヒートだと~3時間とかも
車体給電型
※直接車体から給電
・バッテリー切れの心配不要・配線が面倒
※シガーソケットでOKなタイプも

どちらも一長一短ですが、電熱グローブ初心者の方は、「モバイルバッテリー型」の方がハードルは低めでしょう。

リョウ
リョウ

車体から給電する場合も、それほど難しくはありません。

取説を見て、一度配線してしまえば、使い心地は良いでしょう。

電熱ヒートスペック

Amazon

バイク用電熱グローブは、ヒーターのスペック面もチェックしておきたいところ!

  • 最高温度
    高温ヒートできると真冬も安心!
  • 温度切り替え
    低温~高温まで調整できると快適!
  • 電熱線の配置
    指先まで温められる?

電熱グローブと言っても、ヒートスペックは各アイテムで異なるので、よく確認しておきましょう!

リョウ
リョウ

保温性に関しては、カフ(手首部)の長さもチェックしておきましょう!

冬はロングカフがオススメです。

防水性

バイクは「突然の雨」もあるので、防水性のあるグローブだと安心。

ザック
ザック

冬のツーリングで、雨がしみ込んできたら地獄だよな・・・

防水性のある生地なら、「防風機能」も高くなる傾向なので、冬のバイク防寒に最適でしょう!

安全性

バイク用の電熱グローブは、安全性も必須!

冬用グローブは厚めの素材で、転倒時の引き裂きには強くなる傾向ですが、プロテクションがあると安心です。

原付なら、プロテクションは必須とまでは言いませんが、バイクでスピード走行するなら、安全性能をよくチェックしておきましょう!

快適性

電熱グローブは、バイクライディングで快適に使用できるかも大事なポイントです。

  • 透湿性
    グローブ内のムレ防止!冬でも意外と蒸れやすい!
  • タッチパネル
    寒い冬は、グローブしたままスマホ操作ができると快適!
  • 操作性
    グローブをはめたときの手指の動かしやすさ。レバー&ウインカー操作に関わる!

とくに、冬用のグローブは分厚くなりがちで、操作性に影響しやすいです。

その点、バイク用品メーカーのアイテムだと、ライディング操作への考慮がなされていて安心でしょう。

リョウ
リョウ

グローブの使い心地については、メーカーの仕様通販レビューなどを見ておくと良いでしょう!

【最強はコレ】冬バイクにおすすめの電熱グローブを紹介!

では、冬のバイクにオススメの電熱グローブを紹介します!

最強の手元防寒装備「電熱グローブ」を手に入れて、寒い冬も快適なツーリングにしましょう!
(※電源等は、モデルによって適合するものが異なります。通販ページ等で、よくご確認ください。)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
【2023最新】
e-HEATアームド
グローブRST654
(RSタイチ)
最強グローブ
20,847円
※電源別売
Amazon
楽天
e-HEATアームド
グローブRST650
(RSタイチ)
オススメ!
10,790円
※電源別売
Amazon
楽天
電熱グローブ
(KEMIMOTO)
コスパ抜群!
15,280円
※電熱付き
Amazon
楽天
エレクトリック
ヒートグローブ
GK-804
(コミネ)
14,737円
※電源別売
Amazon
楽天
ヒーター手袋
(Homwarm)
コスパ抜群!
6,980円
※電源付
Amazon
楽天
めちゃヒート
(HANDLE KING)
10,800円 Amazon
楽天

\通販で電熱グローブをチェック!/

【2023最新】e-HEATアームドグローブRST654(RSタイチ) ⇒最強

Amazon

~おすすめポイント~

  • 2023年最新モデル!
  • 安全性も充実の最高峰モデル!

RSタイチ製電熱グローブの2023年最新モデル!

3段階の電熱ヒート付き「ロングカフタイプ」で、防寒機能は最強クラスでしょう。

RST654は、甲部(ナックル)&掌にカーボンプロテクターを使用し、安全性も充実。

値段が高くなるのはデメリットですが、RSタイチ最高峰の電熱グローブで、快適な冬ツーリングが楽しめます!

グローブだけでも2万円を超え、バッテリー関連は別売、値段を気にしなければ手に入れたいアイテムです。

給電方式①モバイルバッテリー(RSP064必要)
※バッテリーRSP065+充電器RSP066が必要
➁車両バッテリー接続(RSP067必要)
電熱ヒート3段階
防水性・ドライマスター防水透湿素材
安全性・甲部&掌にナックルプロテクター
操作性・タッチスクリーン(スマホOK)
サイズS、M、L、XL、XXL
公式HPRSタイチ公式「RST654」

▼モバイルバッテリー式はRSP064が必要!
(※バッテリーRSP065+充電器RSP066)

▼車体給電はこちらが必要!

e-HEATアームドグローブRS650(RSタイチ) ⇒オススメ!

Amazon

~おすすめポイント~

  • 電熱ヒート3段階で防寒バッチリ!
  • ソフトプロテクションで安全性も考慮!

RSタイチ製2022年モデルの電熱グローブ。

まだまだ新しいモデルではありますが、型落ちなので通販等では安価に手に入れられる可能性はあります!
(※バッテリーは別売なので注意)

3段階電熱ヒート付き、甲部の安全プロテクションなど、冬のバイクに最適!

バイクグッズで有名メーカーなので、安心感もあるでしょう。

給電方式モバイルバッテリー(RSP064必要)
※バッテリー+充電器が必要
電熱ヒート3段階
防水性・ドライマスター防水透湿素材
安全性・甲部ソフトプロテクション
・フォーム素材のプロテクター
操作性・タッチスクリーン(スマホOK)
サイズS、M、L、XL、XXL、WM、WL
公式HPRSタイチ公式「RST650」

▼モバイルバッテリー式はRSP064が必要!
(※バッテリーRSP065+充電器RSP066)

電熱グローブ(KEMIMOTO) ⇒コスパ抜群!

~おすすめポイント~

  • 電熱ヒート&裏ボアで保温性は最強クラス
  • 3秒で暖かくなる

安価なバイクグッズを揃えるKEMIMOTO製電熱グローブ。

電熱ヒートは3段階、3秒で暖かくなるという速暖仕様は、冬のバイクにオススメです!

リョウ
リョウ

僕自身も、非電熱のKEMIMOTOグローブを愛用中です。

バイクに必要な機能が充実し、コスパ抜群のアイテムでオススメです!

(※KEMIMOTO防寒グローブのレビューはこちら!)

バイクグッズメーカー品と異なり、バッテリーやケーブルなどもセットになってるので、コスパは良いでしょう!

給電方式バッテリー
電熱ヒート・3段階調整可能
・3秒で暖かい
防水性撥水(コーデュラ生地)
安全性・ナックルガード
・掌クッション
操作性・マジックテープでフィット調整可
・右人差し指にワイパー付き
・スマホ操作OK
サイズM、L、XL、XXL
公式サイト

エレクトリックヒートグローブGK-804(コミネ)

~おすすめポイント~

  • 電熱ヒート&中綿入りで保温性は最強クラス
  • ナックルプロテクターで安全性も考慮

バイクグッズで人気のコミネ製電熱グローブ。

バイクで冷えやすい「指先」を温める機能が強化された電熱ヒート付きのグローブで、防寒性能は最強クラスでしょう。

長めのカフで、冬のバイクでも手首まわりを冷やしません!

デメリットとしては、やや値段が高めなところ。

別売りの電源と合わせると、値段は2万円程度となります。

給電方式①個別バッテリーEK-207
➁シガープラグ給電EK-208
電熱ヒート・3段階調整可能
・指先も暖かい
防水性ハイポーラ防水透湿素材
安全性・ハードタイプナックルプロテクター
・反射材で夜間視認性も向上
操作性・シャーリング伸縮パネル
・スマホ操作OK
サイズXS、S、M、L、XL、XXL、XXXL
公式サイトコミネ「GK-804」

▼電熱グローブ用セットが必要!
(バッテリーEK-207またはシガープラグEK-208)

ヒーター手袋(Homwarm)

Amazon

~おすすめポイント~

  • 安価に手に入る電熱グローブ!
  • 防水性あり

コスパの良いアイテムを揃えるHomwarm電熱グローブ!

3段階の温度調整、防水・保温性のある手袋で、防寒スペックとしては充実しています。

一方、デメリットとなるのは、バイク専用ではない点。

ハンドルまわりの操作性が考慮されておらず、通販のレビューでは、ウインカー操作などに「慣れ」が必要という声もあります。

リョウ
リョウ

ただし、「通勤・通学」等のちょっとした距離のバイクで、使い勝手が良いとの評価もあります。

値段に対して、使い勝手の良いアイテムでしょう。

他製品に比べてかなり安価に手に入るので、「とりあえず電熱グローブを試してみたい」という方は、試す価値ありでしょう!

給電方式バッテリー型
電熱ヒート3段階調整可
(中綿・裏起毛で暖かい)
防水性撥水生地
安全性
操作性スマホ操作可
サイズS、M、L
※薄手、厚手ともに3サイズ

めちゃヒート(HANDLE KING)

~おすすめポイント~

  • 薄手と厚手タイプで選べる
    ⇒インナーグローブとしてもOK
  • 速暖の電熱ヒーター付き

めちゃヒートは、コスパの良い通販アイテム!

すぐに温められるヒーター付きの電熱グローブで、冬のバイクにも使えます。

特徴的なのは、用途に合わせて厚みが2タイプ選べる点。

  • 約0.6mmの薄手タイプ
    ⇒インナーグローブとして利用可能
  • 約0.8mmの厚手タイプ
    ⇒一枚で防寒用バイクグローブとして使用可能

デメリットとなるのは、防水仕様ではない点と、防風性がやや弱めなところでしょう。

ハンドルカバーなどの防風アイテムと併用すると、防寒効果は最強クラスになりそうです!

給電方式バッテリー型
電熱ヒート・指周囲をヒート
・3段階調整可
防水性
安全性
操作性・薄手0.6mm or厚手タイプ0.8mm選べる
・スマホ操作可
サイズS、M、L
※薄手、厚手ともに3サイズ

まとめ

冬バイクの手元防寒は、電熱グローブが最強!

電熱ヒートで手指を温めて、寒い季節も快適なツーリングにしましょう!

≫もう一度おすすめ紹介をチェックする
(※タップでページ内ジャンプ)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
【2023最新】
e-HEATアームド
グローブRST654
(RSタイチ)
最強グローブ
20,847円
※電源別売
Amazon
楽天
e-HEATアームド
グローブRST650
(RSタイチ)
オススメ!
10,790円
※電源別売
Amazon
楽天
電熱グローブ
(KEMIMOTO)
15,280円 Amazon
楽天
エレクトリック
ヒートグローブ
GK-804
(コミネ)
14,737円
※電源別売
Amazon
楽天
ヒーター手袋
(Homwarm)
コスパ抜群!
6,980円
※電源付
Amazon
楽天
めちゃヒート
(HANDLE KING)
10,800円 Amazon
楽天

\通販で電熱グローブをチェック!/