≫夏のバイクグッズ特集はこちら!

【徹底評価!】KEMIMOTOのバイク用防寒グローブを実際に使った感想を紹介!

バイク装備
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『ライドミー原チャ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~本記事のテーマ~

  • KEMIMOTO(ケミモト)の冬用バイクグローブってどう?
  • KEMIMOTOのバイク用防寒グローブのラインナップは?
タケシ
タケシ

冬のバイクに使えるグローブを探してるんだ。

KEMIMOTOの防寒グローブってどうなんだ?

使い心地とか教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、KEMIMOTOのバイク用防寒グローブを紹介するよ!

僕が実際に使った評価としては、コスパ抜群で防寒性&安全性が高くてオススメ!

冬用グローブを探してるなら、ぜひチェックしてみてね!

機能性&コスパの良いバイクグッズを多く販売するKEMIMOTO(ケミモト)

冬用バイクグローブもラインナップされていますが、安価&バイク機能が充実し、個人的にお気に入りアイテムです!

ザック
ザック

冬のバイクは、マジで手が冷たくなるからな!

グローブ選びは大事だぜ!

本記事は、KEMIMOTOのバイク用防寒グローブのレビュー&特徴を紹介します!

原付歴15年以上&冬でも原チャを乗り回す僕が、ケミモトの冬グローブを徹底評価するので、ぜひ参考にしてみてください!

【KEMIMOTO】バイク用防寒グローブを使ってみての評価!

KEMIMOTO防寒グローブ
KEMIMOTO防寒グローブ

さっそくですが、僕が実際にKEMIMOTOのバイク用防寒グローブを使ってみた感想をレビューしていきます!

リョウ
リョウ

原付や250ccバイクライディングで、実際に使ってみた評価です!

冬でもライディングする方に、参考にいただけるかと思います!

僕の評価
良い点・冬でも暖かい
・コスパが良い
・安全性に考慮されていて安心感がある
・タッチパネルの感度がいい
イマイチな点・使った後にグローブ内がちょっと蒸れる?
・外した時に、内側の生地がめくれてくることも
・ハンドルカバーとは併用しづらい

冬でも暖かい

KEMIMOTO防寒グローブ
KEMIMOTO防寒グローブ

まず、冬用バイクグローブに超大事な「防寒性」の面から。

僕が、実際にKEMIMOTOの防寒グローブを使ってみて感じたのは、冬でも暖かいということ!

リョウ
リョウ

僕が普段原付乗りですが、レブル250をレンタルして300kmほど走ったときに、KEMIMOTOグローブを使いました。

11月でしたが、スピード走行でも寒さを感じなかったです!

冬用のバイクグローブとしては、十分機能するかなという感想です。

真冬での長時間ツーリングだと、インナーグローブが必要になるかもしれませんが、防寒性能は高いと思います!

防寒性については、真冬でも使ってみて評価していきたいと思います!

~2024年1月16日追記~

KEMIMOTO防寒グローブを、気温0℃での真冬環境で使ってみました!
(※インナーグローブやハンドルカバーは併用ナシ)

原付走行ですが、最初の20分くらいは問題ナシ!

20分を超えたくらいに手の冷たさを少し感じましたが、30分程度のライディングなら手のかじかみは耐えられるでしょう。

リョウ
リョウ

バイク用防寒グローブとして、しっかり機能しました!

コスパ良くて、お気に入りグローブです。

コスパが良い

KEMIMOTOグローブは、コスパ抜群かと。

僕が、Amazonで購入したときは3,499円。

冬用で、本格的な“ゴツめ”のバイクグローブになりますが、かなり安価な値段設定かなと思います。

僕自身、KEMIMOTOアイテムは愛用していて、夏用グローブも持っていますが、安価かつバイク用の機能性が充実。

KEMIMOTO夏グローブ
KEMIMOTO夏グローブ

こちらもお気に入り度高いです!

安全性に考慮されていて安心感がある

KEMIMOTOの冬用グローブは、プロテクション付きでバイクへの安全性に考慮されています。

冬用なので、生地の厚みもあり、万が一の際のリスクを軽減できるでしょう。

タッチパネルの感度がいい

KEMIMOTOのバイクグローブは、タッチパネルの感度が良いです。

また、使用を始めて間もない初期スペックですが、グローブをしたままでも、簡単なスマホ操作なら可能!

リョウ
リョウ

スマホ感度は良好だと感じます!

ケミモトの夏グローブでも同様に、スマホ操作がしやすいのはメリット!

ただ、使用を重ねたり、洗濯したり?すると、やや感度が鈍くなる傾向かなと思います。

使った後にグローブ内がちょっと蒸れる?

KEMIMOTOの防寒グローブは、内側がボア生地になっていて暖かいです。

ただ、透湿性の面では、あまりないかなという印象。

「ちょっと暖かめの日」などでは、ツーリングの休憩時にグローブを脱ごうとすると、ちょっと蒸れてる感があります。

リョウ
リョウ

気になるほどではありませんが、秋のツーリングとかだと、やや蒸れやすいかもしれません。

(KEMIMOTOの仕様的には、蒸れにくくなっているようです。)

外した時に、内側の生地がめくれてくることも

KEMIMOTO防寒グローブ
KEMIMOTO防寒グローブ

KEMIMOTOの防寒グローブは、外した時に内側の生地がめくれてくることがあります。

リョウ
リョウ

毎回ではありませんが、とくにグローブ内がムレたときは、うまく脱がないとボア生地?がついてきちゃいます。

生地がめくれると、次装着するときに指先がうまく入っていかず、ちょっと面倒なことに。

グローブを外すときは、一気に脱ごうとせずに、ゆっくり外していくと良いでしょう。

ハンドルカバーとは併用しづらい

ケミモトグローブ×ハンカバ
ケミモトグローブ×ハンカバ

ケミモトのバイク用防寒グローブは、ナックルガードが付き、生地もゴツめ。

ハンドルカバーとの併用では、手の出し入れがしづらいと感じるかと思います。

リョウ
リョウ

ハンドルカバーの入口の径にもよりますが。

個人的には、ケミモトグローブとの併用はオススメしません!

【KEMIMOTO】バイク用防寒グローブの特徴まとめ!

KEMIMOTO冬グローブ
KEMIMOTO冬グローブ

KEMIMOTOのバイク用防寒グローブの特徴をまとめます!

素材高機能中綿素材シンサレート
保温性中綿素材で暖かい
防水性グローブ表面は撥水仕様
中に防水フィルムで浸水防止
安全性・頑丈なナックルガード
・手の関節にクッション
操作性・ハンドルグリップ
・タッチパネル
サイズM、L、XL、XXL

保温性&撥水機能あり

  • インナーが高機能中綿素材(シンサレート)
    ⇒肌ざわり&保温性良し!
  • 表面の撥水機能&中に防水フィルム
    ⇒冬の雨の浸水が防げる!

僕も使っていて感じますが、グローブ内は、暖かくて快適な使用感。

手首もしっかり覆える長さがあり、防寒性は高いでしょう。

また、撥水機能があるので、突然の雨にも対応します。

ザック
ザック

冬のライディングで、雨がしみ込んできたら地獄だもんな・・・

プロテクション付き

KEMIMOTOの防寒グローブは、プロテクション付きで安全性能に考慮されています。

  • 手の甲のナックルガード
  • 手の関節部にクッション

万が一の転倒でも、手を守ってくれるでしょう!

フィット感&滑り止め機能

KEMIMOTOの防寒グローブは、フィット感が良いです。

手首部分にストラップが付いていて、サイズ調整可能。

ケミモト防寒グローブ
ケミモト防寒グローブ

手のひらには、滑り止めが付いてるので、グリップ性もすぐれます。

リョウ
リョウ

ゴツめのグローブなので、やや動きにくさは感じますが、ぴったりフィットしてハンドル操作性は悪くないかと。

グリップ性が良いので、クラッチやブレーキ操作も問題なかったです。

タッチパネル機能

KEMIMOTOのバイクグローブは、タッチパネル対応です。

親指・人差し指・中指の3本に、専用タッチ反応素材を採用。

冬のライディングで、グローブを外さずにスマホやタブレット操作ができます。

ザック
ザック

寒い冬は、グローブを外すのもツライからな!

【KEMIMOTO】冬用バイクグローブの評判!

ケミモト防寒グローブ
ケミモト防寒グローブ

KEMIMOTOのバイク用防寒グローブについて、SNS等での評価をチェックしてみましょう!

SNSの口コミ評価

  • 超コスパいい!
  • ホッカイロ併用で手のかじかみ無し!
  • 電熱なしで様子見!

KEMIMOTOのバイク用防寒グローブについて、SNSでの評判は悪くないかなという印象です。

まず、KEMIMOTOグローブのコスパの良さは、誰もが感じるでしょう。

冬用のバイクグローブで、生地もしっかりしている中で~4,000円といった価格帯。
(※2023年12月現在。Amazonや楽天市場ではセール価格になることも!)

リョウ
リョウ

購入のハードルが低く、手に入れやすいです!

また、安価なわりに防寒性能は良いかと。

僕自身、まだ真冬での使用はありませんが、11月のツーリングでも寒さを感じませんでした。

もし、「もっと暖かいアイテムが欲しい」という方なら、電熱グローブを選ぶのもアリでしょう!

通販サイトの口コミ評価

KEMIMOTOの防寒グローブは、通販サイトでの評価も悪くない印象です。

リョウ
リョウ

防寒性の面では、良いレビューが多いですが、真冬はインナーグローブをプラスするなど、少し工夫がいるかもしれません。

値段相応という評価もあります!

評価
良い口コミ・外気12℃では問題ナシ(~30分)
・裏起毛で暖かい
・安価だけど十分使える(それなりに)
・雨の日に30分使っても浸水ナシ
・スマホも押せる
・トラブル時に真摯な対応してくれた
悪い口コミ・秋だと手汗でびちゃびちゃ(暑い)
・真冬だと冷たい
・アクセル操作が難しい(ブレーキは問題ない)
・毎日の使用だとマジックテープが劣化(ワンシーズンが限界かも)
・値段相応

【KEMIMOTO】バイク用防寒グローブのメリット・デメリットまとめ!

ケミモト防寒グローブ
ケミモト防寒グローブ

KEMIMOTOのバイク用防寒グローブのメリット・デメリットをまとめます!

メリット

  • コスパが良い!
  • 真冬以外なら防寒性はバッチリ!
  • 安全性能が充実!
  • スマホタッチが快適!

KEMIMOTOの防寒グローブは、コスパの良さがメリット!

冬用のバイクアイテムとして、防寒性能もしっかりあるのでオススメです。

ただし、真冬の評価は分かれるところなので、インナーグローブ等の検討も必要かと思います。

リョウ
リョウ

安全性やグリップなど、バイク向け機能が充実。

ケミモトグローブで、冬のツーリングも快適に楽しめるでしょう。

デメリット

  • 真冬は寒いかも
  • グローブ内が蒸れやすい
  • ハンドルカバーとは併用しづらい

KEMIMOTOの防寒グローブのデメリットは、真冬の防寒性。
(※僕も検証中)

そもそも、真冬にグローブ1枚で耐えられるようなアイテムはあまりないかと思いますが、インナーグローブやグリップヒーターなどの追加装備が必要かもしれません。

リョウ
リョウ

あと、あまり暖かいシーズンだとグローブ内が蒸れやすいかと。

それだけ、保温性の高さもあるのかなと思います。

【KEMIMOTO】バイク用防寒グローブのラインナップ!

バイク用として使えるKEMIMOTOの防寒グローブのラインナップをまとめておきます!

KEMIMOTO防寒グローブ
(701)
本記事紹介!
防寒グローブ
(601)
電熱グローブ
(901)
電熱グローブ
(805)
電熱インナー
(801)
グローブ
防寒性シンサレート中綿内側に保温コットン裏ボア
防風層
防風生地(インナー)
電熱ヒート三段階
3秒で暖かい
使用時間3h~
三段階
1分で暖かい
使用時間3h~
三段階
使用時間3h~
防水性撥水加工
防水フィルム
撥水加工防水
※コーデュラ
防水層
透湿性
グリップ
安全性ナックルガード
関節にクッション
ナックルガード
掌クッション
ナックルガード
掌クッション
耐摩耗性
※甲と指
タッチパネル
価格
(参考)
4,199円4,199円15,280円12,680円13,800
販売サイト Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
リョウ
リョウ

電熱グローブは、楽天市場でセール販売されることもあるので、チェックしておくと良いでしょう!

他にも、夏に使えるバイクグローブなど、ケミモトアイテムは豊富!

いろいろとチェックしてみると面白いでしょう。

\コスパ抜群のケミモトグローブを探す!/

まとめ

KEMIMOTOのバイク用防寒グローブは、コスパ抜群かつ冬のバイクに欲しい機能が充実!

僕が使ってみた評価としても、保温性・安全性の面で、十分バイクに使えると感じました!

リョウ
リョウ

少し暖かい日だと、グローブ内がじんわり蒸れる感じはあります。

それだけ、保温性が高いというのもあるでしょう!

真冬での使用はまだなので、これから検証していきたいと思います。

値段が安いので、購入のハードルも低め。

「とりあえず防寒グローブを使ってみたい」

「冬のツーリングに使えるバイクグローブが欲しい」

という方は、試してみる価値は大アリでしょう!

より、防寒性能を重視するなら、電熱グローブもあります!