≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

【免許・ヘルメット不要?】電動キックボードの新ルールを徹底解説!法改正・規制緩和まとめ

電動キックボード
スポンサーリンク

【公道走行可能】おすすめ電動キックボードはこちら!

公道走行可電動キックボード参考価格
※変更あり
リンク
H001
(AinoHot)
オススメ!
128,000円 Amazon
楽天
MIRAI T
(COSWHEEL)
176,000円 Amazon
楽天
J-MAX
(Segway-Ninebot)
98,000円 Amazon
楽天
電動キックボード
(SUNPIE)
99,999円 Amazon
楽天
引用:LUUP
シェアリング
(LUUP)
※都市圏中心
200円/30分
※大阪別
LUUP
※アプリ簡単DLで
ポートが探せます

\通販で電動キックボードを探す!/

~本記事のテーマ~

  • 電動キックボードの法規制や規制緩和の最新情報は?
  • 電動キックボードって規制緩和があるの?
  • 電動キックボードは免許不要で乗れるようになるの?
  • 電動キックボードはヘルメットなしでも乗れるの?
タケシ
タケシ

最近、テレビでも電動キックボードってよく見るよな。

法改正なんかもあって、規制緩和されるのか?

電動キックボードの最新ルールを教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、電動キックボードの最新ルールを紹介するよ!

注目を集めるEVモビリティとして、道路交通法の改正や規制緩和が多いから、よくチェックしておこう!

電動キックボードは、公道走行可能&コンパクトで持ち運びができる乗り物として超便利!

手軽な乗り物として注目を集めるEVモビリティで、規制緩和など「法改正」による新ルールへの変更も多くあるため、注意が必要です。

本記事では、電動キックボードの法改正&規制緩和の最新ルールを紹介します。

原付歴15年以上の僕が、原付クラスの乗り物「電動キックボード」の法改正を徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

(※本記事は、2023年6月27日現在の情報で更新しています。)

【規制緩和あり】電動キックボードの現行ルールまとめ!

法改正・規制緩和も多い電動キックボードですが、まずは基本的な現行ルールをチェックしていきましょう!

リョウ
リョウ

電動キックボードは、基本的に原付と同じ区分の新型モビリティ。

これから新ルールも適用されていくので、まずは現行ルールの全体像をチェックしておきましょう!

  • 運転免許が必要
  • 乗車用ヘルメットの着用義務
  • ナンバーをつけて軽自動車税を納める
  • 歩道や自転車道の走行は不可
  • 制動装置、前照灯、後写鏡等の整備
  • 自賠責保険への加入が必須
  • 条件付きで特定小型原動機付自転車の適用もあり(2023年7月~)
    ⇒本記事で詳しく紹介!

※参照≫警視庁HP

【規制緩和?】電動キックボードの法改正を徹底解説!

電動キックボードは注目のモビリティとして、日本でも規制緩和が進みつつあります!

2023年7月~は大きな法改正もあるので、よくチェックしておきましょう!

一般原付
電動キックボード
特定小型原付
電動キックボード
(2023年7月1日~追加)
免許一般原付特定小型原付
年齢免許に準ずる16歳以上
最高速度30km/h(1種)20km/h
ヘルメット必須努力義務
走行場所車道車道・自転車レーン
・一部歩道

特定小型原動機付自転車の適用が開始!(2023年7月~)

引用:警察庁HP

電動キックボードは、2023年7月から特定小型原動機付自転車の適用が開始されます。
(※一定の要件を満たす機種に適用)

道路交通法の改正により、以下のような新ルールができるため、より身近なEVモビリティとなるでしょう!

リョウ
リョウ

ざっくり言うと、電動キックボードは「自転車感覚」に近い乗り物となります。

ただし、乗車の制限や危険もあるので、十分注意してライディングしましょう!

▼一定の要件を満たす電動キックボードの新ルール!

  • 走行場所が自転車と同様に
    ⇒車道と歩道(or路側帯)の区分があるところは車道通行!
  • 運転免許は不要
  • 乗車用ヘルメットの努力義務
  • 2人乗り禁止
  • 飲酒運転禁止
  • 車体の点検・整備
  • 16歳未満は運転禁止

※2023年7月1日から施行

参照≫警察庁HP

新ルールは一定の要件を満たす機種のみ!

電動キックボードの中でも、「特定小型原動機付自転車」としての交通ルールが適用されるのは、一定の要件を満たす機種のみ。

「特定小型原動機付自転車」を満たす機種は以下のものとなります。

構造のルール
車体の大きさ長さ:190cm以下
幅:60cm以下
定格出力0.60kWh以下
最高速度スペック20km/hを超える速度が出ないこと
走行中に最高速度の設定が変更できないこと
その他構造AT機構がとられている
最高速度表示灯が備えられている
リョウ
リョウ

電動キックボードの中でも、自転車程度の最高速度である必要があります!

参照≫警察庁HP

電動キックボード規制緩和の流れ

日本における電動キックボードは、法改正等による規制緩和が段階的に行われてきました。

過去のルール変更も含めて、規制緩和の流れをまとめます。

~電動キックボード規制緩和の流れ~

  1. 2020年10月~シェアリングサービスによる自転車専用通行帯走行の実証実験
    ※最高速度20km/h以下
  2. 免許・ヘルメット不要の実証実験
    ※最高速度15km/h以下
  3. 小型低速車の新分類で、最高速度20km/h以下なら16歳以上は運転免許不可で走行可の新ルール案(2021年4月)
    ※最高速度6km/h以下で歩道走行も可。
  4. 2023年7月~特定小型原動機付自転車の適用開始
    ※最高速度20km/h。16歳以上等の制限あり。

過去には、2021年4月15日の警察庁「有識者検討会」が新しい交通ルールの方向性を示した中間報告書をまとめられました。

その中間報告書によると、電動キックボードは最高速度によって以下のような区分案となっています。

~電動キックボードの区分(案)~
※2021年4月15日の報告書によるもの

  • 最高速度15km/h超
    ⇒原付バイク扱い(車道のみ走行可、免許必要など)
  • 最高速度15km/h以下
    ⇒小型低速車(車道、自転車レーン、路側帯通行可)
    ※免許不要、年齢制限あり、ヘルメットは着用推進(検討中)

~移動支援ロボット等の区分~

  • 最高速度6km/h程度以下
    ⇒歩道通行車(歩道、路側帯通行可)
    ※移動支援ロボット、自動配送ロボットなど

参照:日本経済新聞

リョウ
リョウ

過去には、より利便性を上げ、身近な乗り物となるように、実証実験を行いながら規制緩和が進められています。

これからも、安全で使いやすいEVモビリティとなるべく法改正等は進むでしょう!

~【都市圏】シェアリングサービスなら快適~

都市圏では、電動キックボードのシェアリングサービスも普及してきています。

「ヘルメット不要」「自転車道走行可」などの特例もあり、より手軽にライディングできるため、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう!

\アプリで設置個所がチェックできる!/

引用:LUUP

(※タップで公式サイトへ)

【公道走行可!】電動キックボードのおすすめ!

電動キックボードは、公道走行可・不可のさまざまなタイプが出てきています。

基本的に、公道走行ができるタイプの購入がオススメ!

リョウ
リョウ

公道走行不可のタイプは、使用場所(一部公園・私有地等)が限られるなど、使い勝手は悪いです。

公道走行可能なおすすめ電動キックボードは以下のとおり!

公道走行可 電動キックボード 参考価格
※変更あり
リンク
H001
(AinoHot)
オススメ!
99,999円 Amazon
楽天
MIRAI T
(COSWHEEL)
152,680円 Amazon
楽天
J-MAX
(Segway-Ninebot)
163,350円 Amazon
楽天
電動キックボード
(Fkstyle)
48,800円 Amazon
楽天

\公道走行可能な電動キックボード!/

おすすめの電動キックボードは、下記事で詳しく紹介しています!

電動キックボードの購入を検討している方は、参考にしてみてください!

電動キックボードに乗るならリュックを準備しよう!

電動キックボードでの移動だと、荷物を置く場所がありませんので、通勤・通学・買い物などでお出かけする際はリュックがおすすめ!

リュックがあれば、電動キックボードでのお出かけも快適です。

下のアイテムだと容量がそれなりにあって(縦46cm×横31cm×マチ18cm)、USB充電ポート・イヤホン穴がついている革新的なデザイン、かつ防水性のある生地を使っており機能性とコスパはよいかと思います。

※タップでAmazon公式へ

他にも、電動キックボードのライディングで使用するリュックなら、ヘンリービギンズの防水バッグもおすすめ!

※タップでAmazon公式へ

ヘンリービギンズは、バイク用品メーカー「デイトナ」のバッグ&ウェアブランドとして人気です。

このリュックは、

  • 16L容量でしっかり荷物を収納
    (※奥行140x幅300x高さ400mm)
  • 防水仕様
  • 4つの便利な小ポケット付

と、電動キックボードでの移動で荷物を運ぶのに充実した機能を備えています。

電動キックボードで公道を走るなら保険加入はしっかりと!

電動キックボードは便利な乗り物である反面、自動車やバイクと同じ公道を走る場合には大きな危険も伴います。

記事前半でも述べましたが、自動車・バイク・原付といった乗り物と同じように「自賠責保険」への加入は必須。

一方、任意保険は「任意」となりますが、万が一の事故の際、自賠責だけではカバーしきれない保障もあります。

電動キックボードを購入したら、保険についてもしっかり検討していきましょう!

まとめ

電動キックボードは、より手軽に乗りやすい乗り物となるよう法改正・規制緩和が進みます。

2023年7月からは、特定小型原動機付自転車の適用が開始。

「最高速度20km/h・16歳以上」などの制限付きで、走行場所が自転車と同様となります。
(※免許不要・ヘルメット努力義務も)

より身近な乗り物となりますが、事故等の危険もあるので、十分注意して電動キックボードライフを楽しみましょう!

~【都市圏】シェアリングサービスなら快適~

都市圏では、電動キックボードのシェアリングサービスも普及してきています。

「ヘルメット不要」「自転車道走行可」などの特例もあり、より手軽にライディングできるため、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう!

\アプリで設置個所がチェックできる!/

引用:LUUP

(※タップで公式サイトへ)