≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

大型バイクやめとけ論を徹底分析!デメリット&いらない理由まとめ!

原付の基礎
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 大型バイクはやめといた方がいい?
  • 大型バイクのデメリットは?いらない?
タケシ
タケシ

大型バイクに興味あるけど、「やめとけ」って声聞くよな。

あまり良くないのか?

いらないっていう理由を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、大型バイクやめとけ論を徹底分析するよ!

デメリットとメリットをチェックして、本当にいらないのか判断しよう!

ライダーなら、一度は「大型バイクで優雅にツーリングしたい」などと、憧れを持ちますよね!

引用:ホンダHP

しかし、「大型バイクはやめとけ・・・」「いらない」などというネガティブ論を聞くこともあり、デメリットが気になる方は多いかと思います。

マーボー
マーボー

「やめとけ」って口をそろえて言われることもあるけど、本当なのか・・・?

ちょっと信じがたいな。

本記事は、大型バイクのやめとけ論の真相&乗るデメリットを紹介します。

原付歴15年以上&大型二輪免許を持つ僕が、大型バイクいらない説を徹底分析するので、ぜひ参考にしてみてください!

リョウ
リョウ

大型バイクに「乗る乗らない問題」は、自分のバイクスタイルをよく考えることが大事!

メリット・デメリットをしっかりチェックしておきましょう!

【経験談あり】大型バイクやめとけ論の真相とは!

「大型バイクはやめとけ」という声は、よく聞かれるもの。

まずは、「やめとけ論」の真相をチェックしていきましょう!

【経験談】大型バイクやめとけ論の真相!

僕自身、大型二輪免許を取得しており、大型バイクは教習&試験での乗車経験しかありませんが・・・

リョウ
リョウ

ただ、大型バイクの乗り心地については感じることがありました!

僕の経験&実際に大型バイクに乗っている人の話から、「やめとけ論」の真意をまとめると、以下の点になるでしょう。

  • 大きくて重いから扱いにくい
  • 街乗りだと操作性が悪い
  • 車検・消耗品等のお金がかかる

とくに、バイクの中で一番大きな車体になるところは、注意したいところです。

取り回し・操作性が悪い上に、立ちゴケなんかした際には、起こすのも大変。

修理代もかさむし、その他の維持費も多くかかってきます。

気軽には、「大型バイクがオススメ」とは言えないところでしょう。

ただし「やめとけ論者」の精査は必要!

ただし、「大型バイクはやめとけ」という人の意見は、すべて信じてはいけません。

「なぜダメなのか」をよく検討して、判断していくと良いでしょう!

リョウ
リョウ

僕の経験上でも、こんな話が・・・。

「大型二輪免許を取る」といったとき、大型バイクに乗ったことの無い人からも「やめとけ」って言われました。

大型バイクに乗ったことの無い人も、「やめとけと聞いた」というだけで論じている場合もアルアル。

よく精査して、意見を取り入れると良いでしょう。

大型バイクはやめとけという実際の声!

「大型バイクはやめとけ論」について、大型バイクに乗るライダーの声を調査してみました!

  • 乗らなくなるからやめとけ
  • 体格的にやめとけ
  • 道が悪いところはやめとけ
  • 維持費が高いからやめとけ
  • 危ないからやめとけ
  • チョイ乗りならやめとけ
  • 大型二輪免許は難しいからやめとけ

乗らなくなるからやめとけ

大型バイクに対して、「乗らなくなるからやめとけ」という声は多くあります。

  • 取り回しが悪い
  • 乗りこなせない
  • 気軽感がない

乗らなくなる理由として挙げられるのは、大きく分けて上記3タイプ。

リョウ
リョウ

最初は「憧れの大型バイク」と乗っていても、乗らなくなるというのはよくある話です。

体格的にやめとけ

大型バイクは、二輪の中でも大きくて重たい車体になります。

そのため、体格的にもツライ方はいるでしょう。

  • 身長が小さい
  • 体格が細め
  • 体力面で自信が無い
リョウ
リョウ

乗り方&扱い方のコツもあるので、一概に体格だけで「不向き」とは言えませんが・・・

大型バイクの扱いには、やはり体格の良い方にアドバンテージはあるでしょう。

道が悪いところはやめとけ

大型バイクは、運転操作が難しいので、勾配のきつい坂道舗装の悪い道は「やめとけ」との声があります。

もし、大型バイクに乗るにしても、ツーリング先は選んだ方が良いでしょう。

維持費が高いからやめとけ

大型バイクの維持費問題もアルアル。

ただし、中型バイクでも400ccに乗るなら、大型バイクとあまり変わらないという声もあります。

危ないからやめとけ

大型バイクは、小排気量車種に比べて、パワーもスピードも違います。

リョウ
リョウ

僕も、実際に大型バイクに乗ってみて、力強さを感じました!

その分、事故ったときのリスクは大。

乗りこなすのにも大変で、危険が大きく伴う乗り物です。

チョイ乗りならやめとけ

大型バイクは、車体が重たいので取り回しは悪いです。

ちょっとした距離のライディングが多い方は、「駐車場からいちいち出すのが面倒」などと感じがちでしょう。

リョウ
リョウ

大型バイクは、高速道路などを使ったロングツーリング向きですね。

大型二輪免許は難しいからやめとけ

大型バイクに乗るなら、免許取得が必須!

重いバイクをしっかり扱えるようになり、合格率も低めの試験に受かる必要があります。

マーボー
マーボー

「中途半端な気持ち」じゃ、取得は難しい試験なんだよな・・・

大型バイクのデメリット!

引用:ホンダHP

大型バイクのデメリットをまとめます!

  • 取り回しが悪い
  • 操作が難しい
  • 足つきが悪い
  • 事故のリスクが大きい
  • 維持費が高い

取り回しが悪い

まず、大型バイクは重たいです。

大きな車体になり、取り回しの悪さがデメリットになります。

リョウ
リョウ

たとえば、ホンダ・レブルシリーズの排気量別重量を比較してみましょう!

レブル250レブル500レブル1100
バイク
重量171kg191kg223kg
写真引用:ホンダHP

同じ車種シリーズで見ると、一目瞭然。

高排気量のバイクは、それだけ重量が重くなります。

「毎日通勤で乗る」「買い物にも乗る」という場合など、手押しでの操作が多くなるほど、デメリットに感じるでしょう。

操作が難しい

大型バイクは、重量も車体も大きく、運転操作が難しいです。

クラッチ操作(MT)・低速走行・コーナリング・坂道発進など、いろいろと「慣れ」が必要なところはデメリットになります。

足つきが悪い

大型バイクは、車体が大きく、シード高が高くなりがち。

「足つき」が悪くなるので、「停車時のバランスの悪さ」「ツーリングの疲れ」につながります。

リョウ
リョウ

足つきが悪いと、停車時のつま先立ちや、シート内でのお尻の移動など、負担が増えます。

ツーリングもより疲れるため、デメリットを感じるでしょう。

事故のリスクが大きい

大型バイクは、高排気量で圧倒的なパワー&スピードを持ちます。

高速道路の走行なども想定されるため、事故ったときのリスクが大きいのは大きなデメリットでしょう。

リョウ
リョウ

操作性も悪いので、ちょっとした判断ミスも事故につながる可能性があります。

大型バイクに乗るなら、慣れは大事。

「まずは中型バイクから」というライダーも多いです。

ただし、どの排気量のバイクも、転倒リスクがあり「危ない乗り物」であることは、肝に銘じておきましょう!

維持費が高い

大型バイクは、維持費が高くなります。

250ccを超えるバイクは、車検も必要、何かとお金がかかります。

  • 税金
  • 保険代
  • 車検代
  • メンテナンス費用
  • ガソリン代(燃費悪め)
リョウ
リョウ

実際に大型バイクに乗る方の話では、「タイヤ代がバカにならない」との話もありました!

タイヤは、高価な交換パーツで、車体が重たい分寿命も短くなりがち。

また、オイルなどの消耗品も、小排気量車種よりは高くなるでしょう。

大型バイクがいらない人のタイプ!

大型バイクが「いらない」人のタイプをまとめます!

  • 下道ツーリングが多い
  • 通勤・通学などでチョイ乗りする
  • 体力面に自信が無い
  • なるべく維持費にお金をかけたくない
  • 中型バイク以下にも気になる車種がある

こんなタイプの方は、大型バイクに「デメリット」を感じることが多いでしょう。

マーボー
マーボー

大型バイクは「やめとけ」と言われる理由だな!

バイクを「ちょっとした用途」にも使いたい人なら、大型バイクはオーバースペック気味になるかと。

街乗りでは、大型のメリットを活かせないので、原付二種や中型バイクがオススメです。

大型バイクに乗るかは自分のスタイルに合わせる!

大型バイクについて、「やめとけ」「いらない」などの声には不安になりますが・・・

結論、あなたのバイクスタイルを大事にしましょう!

リョウ
リョウ

結局のところ、バイク談義は賛否両論!

自分がやりたいことを楽しむのが一番です。

大型バイクにもメリットはある!

大型バイクは、デメリットばかりではありません!

やはり、「力強い走り」「エンジンの鼓動」「所有欲」といった点はメリット。

排気量マウントという訳ではないですが、大型バイクを扱ってる自分に酔いしれることができるでしょう!

リョウ
リョウ

僕もいつかは乗ってみたいですね!

中型バイクはメリット多し!?

「大型バイクを経験した」「そもそも大型二輪免許を取らない」という方は、中型バイクに落ち着くライダーも多いです。

リョウ
リョウ

個人的にも、中型バイクはメリットが大きいかと思います!

  • 下道なら十分のパワー
  • 大型バイクより操作性&取り回しがいい
  • 高速道路にも乗れる

パワー&乗りやすさを兼ね備えて、快適なツーリングが楽しめるでしょう!

原付二種最強論は捨てがたい!?

何気に、原付二種はメリットが多く、最強説もあるかと。

  • 30km/h制限や二段階右折等の縛りナシ
  • 法定速度60km/h
  • 取り回しが良い
  • 駐輪場に停められることも多い

デメリットとしては、高速道路に乗れないところでしょう。

大型&中型バイクのようなパワーは感じられませんが、街乗り~ちょっと遠出など多用途で利用できます!

リョウ
リョウ

僕も、原付二種をレンタルしてツーリングした経験があります。

最強説は、あながち間違いではないかも!

ただし、原二に乗ってしまうと、大型バイクに乗るチャンスがなくなってしまう可能性も。

大型バイクに乗る気になってる今、チャレンジするかは判断しどころでしょう。

大型バイクはやめとくべきか不安なときの対処法!

一宇田展望台 三重
一宇田展望台 三重

とは言っても、「どうしても大型バイクが気になる」「諦めたら後悔するかも」と思う方もいるはず。

そんな方は、次の方法がオススメです!

とりあえず乗ってみるも良し!

大型バイクがいらないかどうかは、実際のところ乗ってみないと分かりません。

ライダーによって、「いらない」「乗らなくなった」「楽しんでいる」など、意見はさまざま。

あなたに合うかどうかは、自分でしか決められないので、どうしても乗りたいならチャレンジしてみるのも良いでしょう!

リョウ
リョウ

それなりに高い価格なので、簡単には購入できませんが・・・

1年2年乗って、買い替えるのもOKでしょう。

レンタルバイクで乗り心地を試す!

レンタルバイク 沖縄
レンタルバイク 沖縄

さすがに「大型バイクは気軽に買えない・・・」という方なら、レンタルバイクでお試ししてみても良いでしょう。

僕も実際、レンタルバイクでの乗り心地を確認中です。

リョウ
リョウ

僕は原付ライダーですが、大型二輪免許を取ってから、どのバイクを買おうかレンタルでお試ししてます!

今は中型バイク中心でツーリングを楽しんでますが、大型バイクも借りてみようと思ってます。

レブル250

レンタルバイクの料金相場は、店によってまちまちですが、大型バイクなら~20,000円程度(24時間)で借りられるでしょう。

≫「HondaGO バイクレンタル」(参考)

やめとけっていう大型バイクはある?

大型バイクに乗りたいけど、「やめとくべき車種」は気になるところ!

結論、大型二輪免許の実技試験に受かるスキルを持っていれば、「やめとけ」という車種はないかと。

ただ、バイクによって、乗り心地やスタイルの好みが大きく分かれるので、店舗展示や試乗でのチェックを行ってから購入を決めると良いでしょう!

リョウ
リョウ

車種は、人によって好みが大きく分かれます!

まずは「タイプ」を選ぶところからです。

  • ネイキッド
    ⇒スタンダードなスタイル
  • アメリカン
    ⇒ハーレーや国産アメリカン
  • スーパースポーツ
    ⇒レースマシン仕様
  • オフロード
    ⇒悪路走行に強い
  • アドベンチャー
    ⇒ツアラー&オフロードの融合

お好みの車種で、大型バイクライフを楽しみましょう!

まとめ

「大型バイクはやめとけ」という声は、多く聞かれます。

重い大きな車体であり、デメリットもありますが、快適に楽しむライダーもいるのは事実!

あなたのバイクスタイルを見つめ直し、最適な車種を選ぶと良いでしょう!

【重要】大型バイクに乗らなくなったら早めに売るべし!

大型バイクに乗らなくなったとき、「とりあえず保管しておくか・・・」と長期放置してしまうのはアルアル。

しかし、この放置することで大損になる可能性には注意しておきましょう!

バイクは古くなるほど価値が下がる!

乗らなくなった大型バイクを、とりあえず放置していると・・・

「やっぱり売ろう」と思ったときには、価値が下がってるということも!

リョウ
リョウ

基本的に、バイクは「走行距離が多い」「年式が古い」ほど、価値が下がる傾向になります!

現状、大型バイクに乗らなくなった方なら、早めに売却を検討することをオススメします。

\大手バイク王でまずはおためし査定!/

大型バイクの売却は買取業者がオススメ!

大型バイクを売るなら、「できるだけ高く売りたい」と思うかと。

結論、「査定価格」「手間」という面で、バイク買取業者の利用がオススメです。

バイク王など買取業者の有名どころなら、無料出張での自宅査定が可能なため、まずは気軽に見積もりを取ると良いでしょう。

できれば、2社以上の店舗から査定を比較&交渉すると、より高い金額での売却が可能となります。

リョウ
リョウ

バイク買取業者のオススメどころは、以下のところです。

バイク買取業者 買取店 特徴 公式HP 口コミ
バイク王
オススメ!
・業界第1位! バイク王 ≫バイク王の口コミ
バイクワン
高額査定アリ!
・カスタム車等に強い! バイクワン ≫バイクワンの口コミ
バイクランド ・業界第2位! バイクランド ≫バイクランドの口コミ
バイクBOON ・特殊車に強い! バイクBOON ≫バイクブーンの口コミ
レッドバロン ・全国展開の販売店! ≫レッドバロン ≫レッドバロンの口コミ
バイク館 ・イエローハット子会社 バイク館 ≫バイク館の口コミ
オフバイクル ・横浜エリアに強い オフバイクル ≫オフバイクルの口コミ
KATIX
楽して高く売る!
・写真オークション
・電話&交渉不要
KATIX ≫KATIXの口コミ

「買取業者とのやり取りが面倒な方」は、ほぼオンライン完結の査定もあります。

KATIX

KATIXなら、バイク写真&情報を登録するだけで、オークション査定が可能。

KATIX

オンラインで出た金額で売却できる(減額ナシ)ため、「いくらで売れるのか」を把握するのにオススメです。

リョウ
リョウ

利用料&キャンセルも無料なため、気軽にお試ししてみると良いでしょう!

思わぬ高額査定が出れば、売ってしまうのもアリです!

\写真オークションで楽して高く売る!/