夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

【危険!?】原付に任意保険は必要か?自賠責との違い&必要性を徹底解説!

バイクの保険
タケシ
タケシ

原付買ったときに自賠責には入ったけど、任意保険って必要なの?

詳しく教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!
じゃあ今回は、原付の任意保険が必要かについて紹介していくよ!

任意保険への加入は「任意」だけど、できれば加入することがおすすめ!
詳しく解説するね!

本記事では、原付任意保険への加入を迷っている方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 原付の任意保険に加入するか迷っている!
  • 原付でも任意保険に入る必要があるのか知りたい!
  • 任意保険に入らないリスクが知りたい!

自動車に乗るなら任意保険に加入する方は多いのではないかと思いますが、原付は自転車感覚で乗れてしまうのもあって、「任意保険って本当に必要なの?」と疑問を持つかもしれません。

しかし、任意保険未加入は大きなリスクを抱えることになります。

そこで本記事は、原付歴15年以上の僕が、原付の任意保険に加入する必要性について徹底解説していきます。

この記事をお読みいただくことにより、自賠責保険との違いや、任意保険に加入しないリスクについて理解が深まりますので、原付に乗る方はぜひご参考にいただくとよいかと思います!

【原付に任意保険は必要か!?】自賠責保険との違いとは?

原付を買ったり、譲ってもらった場合、自賠責保険にはまず加入することとなるかと思います。

その証拠としてステッカーシールをナンバープレートに貼付けなければなりません。

この自賠責保険は、事故を起こした時の賠償に支払われるお金の保険です。

もし未加入であれば、交通違反となり罰則が科せられますし、万が一の賠償時に大金を支払うことになる可能性があるので大変危険です。

一方、任意保険はどうでしょうか?

これは、その名の通り「任意」で入る保険なので、「ほんとうに必要か?」という疑問が出ますが、できる限り加入した方がよいとされます。

では、自賠責と任意保険は何が違うのでしょうか?

保険内容を比較してみましょう!
※任意保険の保険内容は参考です。保険会社、商品によって異なります。

保険内容自賠責保険任意保険
対人賠償保険〇※上限あり〇※無制限
対物賠償保険
自損事故保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車障害保険
ロードサービス

補償内容が全然違いますよね!

自賠責保険は、被害者救済のための最低限の補償で対人賠償のみですし、その補償額に上限もあります。

~自賠責保険の補償~

  • 死亡事故・・・3,000万円
  • 後遺障害・・・3,000万円
    ※神経系統に著しい障害を残して、常時介護が必要な場合は4,000万円まで
  • 障害による損害(治療が必要な場合)・・・120万円

自分への損害や、相手車両、建物への損傷があったときには補償対象外ですし、唯一ある対人賠償に関しても死亡事故で3,000万円、後遺障害が3,000万円(神経系統に著しい障害を残して常時介護が必要な場合は4,000万円)、治療が必要な場合で120万円が上限となります。

そのため、万が一の場合に十分な補償を受けられないケースが多くなり、任意保険でこれらをカバーしておく必要があるのです。

任意保険ならば、必要に応じて補償内容を変えることができ、保険料(年会費)を下げることもできます。

上手に選べば、自分のライディングスタイルにぴったり合った任意保険に加入することが可能です。

原付で任意保険未加入のリスクを解説!【想像してみることが大事!】

では、原付に乗る際、任意保険が必要かについてもう少し深掘りして考えたいと思います。

「ほんとうに原付に任意保険なんて必要なの?」「自賠責だけでいいじゃん」と考える方もいるかと思いますが、この疑問に対してお答えするならば、「あなたがリスクを許容できるかどうか」になります。

先に紹介しましたが、自賠責と任意保険との補償内容を見て、「自賠責保険って、ほとんど補償がないじゃん」と感じた方もいると思います。

自賠責保険は、被害者救済のための最低限の補償で「対人賠償」のみとなっていおり、さらには、自分への損害・相手車両・建物への損傷があったときには補償対象外です。

もしもの事態を想像してみましょう。

  • 「他人の車両をキズつけてしまったら・・・」
    ⇒相手車両への賠償
  • 「走行中の車にぶつかってしまい、自分が転倒してケガしたら・・・」
    ⇒自分のケガ・相手車両への賠償・自分のバイクの損害
  • 「雨の日にスリップして転倒したら・・・」
    ⇒自分のケガ・自分のバイクの損害・その他の物損等への賠償
  • 「自分の原付を追い抜こうとした車と接触したら・・・」
    ⇒自分のケガ・相手車両の賠償・自分のバイクの損害
  • 「通行人や自転車とぶつかって、相手をケガをさせてしまったら・・・」
    ⇒相手への賠償
    ※死亡事故なら多額の賠償!

これらは、今のところ「想像上」でのことです。

実際に起きるかは分かりませんが、誰もが起こすはずがないと思っていることですね。

ちょっとした物損ならまだ数万~数十万円レベルの支払いで済むかもしれませんが、それでもそれなりの補償をしなければなりません。

さらには、自分がケガをしてしまったり、相手が大ケガまたは死亡事故となってしまった際には、自賠責保険だけでは、十分な補償を得られない場合が多々あります。

こういったリスクを抱えながら原付に乗るか、多少の費用をかけて「安心を買う」かはよく検討すべきところです。

とは言っても、任意保険に入ったら「いくら費用がかかるの?」という疑問を抱えたままでは検討の余地もありません!

そんなときは、インズウェブの無料一括見積もりサービスなら、サクッと複数社の任意保険プランの見積もりを取って比較することができます。

必要な車両情報等を入力するだけで簡単に利用できて、しかも無料!
オンラインなので気軽に見積もりを取ることができます。

まずは、任意保険の見積もりを取ってみて検討してみることをおすすめします。

▼原付の任意保険一括見積もり(無料)はこちら!

原付って任意保険の加入率はどれくらい?

原付などの二輪車は、実際のところ、どれくらいの人が「任意保険が必要」と思って加入しているのでしょうか?

損害保険料率算出機構のデータで、2018年3月末時点の任意保険普及率は次のように公表されています。
(引用:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」

対人賠償
普及率
対物賠償
普及率
二輪車42.3%43.0%
自家用普通乗用車82.3%82.3%

自動車の任意保険の普及率が80%を超えている(自家用小型乗用車の場合。軽四輪乗用車は80%弱)のに対し、二輪車(バイク)は40%強となっており、車に乗る人の半数程度しか加入していない状況になります。

原付やバイクで任意保険に入らない人って、それなりにいますね。

繰り返しになりますが、原付を乗っていく上で、リスクを抱えるのは「あなた」です。

また、「賠償できない」ということになると、事故相手への迷惑になることもあります。

万が一の事態が起きてからでは遅いので、リスクとコスト(保険料)を比べ、自分にとって任意保険が必要かについて検討しておきましょう!

▼原付の任意保険一括見積もり(無料)はこちら!

【リスク大?】原付・バイクで事故を起こしたときの補償は?

原付やバイクで事故を起こした時のリスクについて、もう少し深掘りしてみましょう。

たとえば、事故の補償として損害賠償の種類を例にあげると、次のようなものがあります。

  • 治療費等賠償
  • 休業損害賠償
  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 死亡慰謝料

・・・などなど!

これらは対人に関わる賠償の一例ですが、他にも対物に関するもの含めてさまざま賠償があります。

大きな事故になるほど、賠償も多額になる可能性は大いにあるでしょう。

繰り返しになりますが、自賠責保険は対人賠償のみの適用となっており、その賠償額にも上限があることは注意しておいた方がよさそうですね。

インズウェブなら、必要事項を入力するだけで、すぐにバイク保険の一括見積もりが取れるので、まずは保険料を確認し、自分にとって任意保険への加入が必要かを検討していきましょう!

▼原付の任意保険一括見積もり(無料)はこちら!

まとめ

原付の任意保険は、万が一の事故の際に、十分な補償を受けるために必要なものとなります。

自賠責保険は、被害者救済のための最低限な補償のため、上限付きの対人賠償のみ。

自分への損害や、相手車両、建物への損傷があったときなどの補償はありません。

最悪の事態を想像したときに、リスクを抱えながら原付に乗るか、多少の費用をかけて「安心を買う」かはよく検討すべきところですね!

「原付の任意保険ってどれくらい費用がかかるの?」というときは、インズウェブの無料一括見積もりサービスがおすすめです。

サクッと複数社の任意保険プランの見積もりを取って比較することができます。

必要な車両情報等を入力するだけで簡単に利用できて、しかも無料!
オンラインなので気軽に見積もりを取ることができます。

まずは、任意保険の見積もりを取ってみて、「自分にとって必要か」を検討してみるとよいでしょう!

▼原付の任意保険一括見積もり(無料)はこちら!

任意保険に加入していれば、万が一のときに安心です。

万事にもしっかり備え、安心な原付ライフを過ごしましょう!

~関連記事~