夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

【タイプ別!】原付用ヘルメットのおすすめを紹介!【フルフェイス・ジェット・ハーフキャップなど】

原付の装備
スポンサーリンク

~本記事で解決すること~

  • 原付用におすすめのヘルメットは?
  • 原付ヘルメットの種類や選び方は?
タケシ
タケシ

原付用のヘルメットがほしいな!

どうやって選んだらいいのかな?

おすすめを教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、原付用ヘルメットの選び方とおすすめを紹介するよ!
ヘルメットはさまざまな種類があるから、原付に乗る「用途」を考えて選ぶといいね!
詳しく解説するよ!

本記事は、原付用のヘルメットをお探しの方向け記事です。

原付やバイクライダーにとって、ヘルメットは命を守る最も重要な装備品になります。

転倒や衝突等の万が一の事態に、体(頭部)を守ってくれる相棒でもある一方、ライディング時に必ず使用するため、快適性やファッション性も求めていきたいですね!

本記事では、そんな原付用ヘルメットの選び方やおすすめを紹介していきます。

ヘルメットには様々なタイプのものがあり、機能性やデザインは多種多様!

選び出すとめちゃくちゃ迷ってしまいますが、まずはどういった「用途」で使いたいかという観点でみていくと選びやすいかと思います。

この記事をお読みいただくことで、ヘルメットが持つ多彩な機能を理解でき、あなたのライディングスタイルにぴったりのヘルメットが見つかるきっかけになると思いますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

ヘルメットの選び方について、基本的な点から詳しく知りたいという方は下記事をご参考にください!

原付ヘルメットの選び方は?

まず、原付用ヘルメットの選び方について紹介します。

ヘルメットを選ぶときの大切なポイントは次とおり!

  • 安全性
    • ヘルメットタイプ
    • 安全性規格
  • シールド
    ⇒虫や飛び石、紫外線から顔を守る!
  • 快適性
    • 通気性
    • 操作性
    • 手軽感
  • サイズ
    ⇒自分に合ったサイズを選ぶ!
  • デザイン
    ⇒自分のお気に入りを!
  • 予算
    ⇒ヘルメットは値段の幅が大きい!

これらのように選び方のポイントがありますが、ヘルメットタイプは多彩なので、「原付に乗る目的(用途)」で選んでいくとよいでしょう!

では、原付に乗る目的とはどのようなものがあるでしょうか。

  • 通勤・通学で使いたい!
  • 買物やちょっとしたお出かけの移動に利用したい!
  • ツーリングで遠出したい!
  • オフロードを走りたい!

上記のように原付の用途は人によってさまざま。

用途別ヘルメットタイプのおすすめは次のとおりとなります!

  • 通勤・通学
    毎日使うので、手軽感を重視したい!
    ⇒ハーフキャップ・ジェットヘルメット
  • 買物やお出かけ
    デザイン・スタイル性で選ぶ?ヘルメットでライディングスタイルをコーデしちゃおう!
    近場なら手軽感も大事!
    ⇒ハーフキャップ・ジェットヘルメット
  • ツーリング
    安全性を備えつつ、お気に入りのヘルメットでがっつり走りたい!
    ⇒フルフェイス・ジェットヘルメット、(システムヘルメット)
  • オフロードラン
    安全性を備えたい!オフロードタイプでがっつり走る!
    ⇒オフロードヘルメット

▼ヘルメットタイプの形状(参考)

~ハーフキャップ~

~ジェット~

~システム~

~フルフェイス~

~オフロード~

原付に乗るときは必ずかぶるヘルメットですので、「あなたの好み」もとても大切になります!

以下にヘルメットタイプごとにおすすめを紹介していきますが、用途や好みによって選んでいきましょう!

ハーフキャップヘルメットのおすすめ(⇒お手軽感重視)

安全性が一番低いハーフキャップヘルメットですが、着脱のしやすさや使用感は抜群によく、手軽さが特徴的です。

スタイリッシュな雰囲気となり、おしゃれに原付を乗りこなすこともできます。

通勤・通学で原付を毎日使うという方は、フルフェイスなどのがっつりかぶるヘルメットはけっこうしんどいですし、特に夏場だとヘルメットをかぶってるだけで汗ダラダラになります。

通勤・通学なら、かるーい感じのハーフキャップヘルメットだと快適ですね!

ちなみに、僕が原付に乗るときは、ハーフキャップかジェットヘルメットを中心に使用しています。

ハーフキャップはヘルメットの中でも一番軽量で、首や肩が疲れにくくツーリング等での長距離運転にも楽ちんですが、「安全性が低い」のと、顔面にもろに走行風を受け、空気抵抗により疲れることも!

では、ハーフキャップヘルメットの用途ごとの適正は次の感じかなと思います!

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
ハーフ
キャップ

では、ハーフキャップヘルメットのおすすめを紹介していきます!

O-ONE(リード工業)

リード工業のヘルメットは、お値打ちなものが多いです。

O-ONEはハーフキャップヘルメットですが、UVカット仕様のハーフシールドを装備しているため、走行時に虫やゴミ、紫外線から目を保護してくれます。

デザインも悪くないですよね!

~特徴~

  • ハーフシールド付き。
  • 脱着しやすいワンタッチバックル。
  • イヤーカバーはファスナー式で脱着可能。
  • コスパ良し!

D-355(リード工業)

こちらもリード工業製でコスパのよいハーフキャップヘルメットです。

オーソドックスなダックテールモデルで、カラーはブラック、マットブラック、ホワイトの人気3色があります。

シンプルなデザインで、ファッションにも合わせやすいですね!

~特徴~

  • 脱着しやすいワンタッチバックル。
  • 重量は約600gで、ヘルメットの中でもかなり軽量。
  • コスパ良し!

CR-750

シンプルなデザインですが、ビンテージゴーグルがワンポイント効いていておしゃれですね!

バックルもワンタッチ操作が可能で、操作性も良好です!

~特徴~

  • ラチェット式バックルでワンタッチ操作可能!
  • ゴーグル装備でビンテージスタイル!
  • コスパ良し!

Street Alice QH-4(リード工業)

レディースタイプで、キュートなデザインです。

ビンテージゴーグルを装備し、おしゃれなヘルメットに仕上がっています。

バックルもワンタッチ操作が可能で、操作性も良好です!

~特徴~

  • イヤーカバーがファスナー式で脱着可能。
  • 脱着しやすいワンタッチバックル。
  • 軽量。
  • コスパ良し!

ジェットヘルメットのおすすめ(⇒汎用ヘルメット)

ジェットヘルメット画像

原付乗るなら、一番のおすすめはジェットヘルメットです!

僕自身が15年以上原付に乗ってきて、ジェットヘルメットの使い心地が最もよいかなと思います。

フルフェイスだとちょっとしんどいけど、ハーフキャップだと安全面で怖いという方はジェットヘルメットですね!

安全性を確保しつつ、快適に使用できます。

ジェットヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
ジェット

ジェットヘルメットのおすすめは以下のとおり!

YJ-20(YAMAHA)

ヤマハ製の高機能メルメットです。

ベンチレーションシステムやエアロダイナミクス(空気抵抗減少)、アンチフォグシールド(シールド曇り軽減)など快適な走行のための機能が充実しています。

シンプルデザインで合わせやすく、使いやすいヘルメットでおすすめです!

~特徴~

  • 規格:JIS2種・SG
  • 吸汗速乾性にすぐれるスーパークール内装!
  • 新ベンチレーションシステム
    ⇒ヘルメット内のスムーズな換気で快適!
  • エアロダイナミクスデザイン
    ⇒空気抵抗減少で疲労軽減!
  • アンチフォグシールド
    ⇒シールドが曇りにくい!
  • ワンタッチバックル式チンストラップ!

Street Alice QP-2(リード工業)

リード工業のレディース向けジェットヘルメットです。

かわいらしいデザインで原付でのお散歩にもぴったり!

開閉式のクリアバブルシールドを装備、シールドはUVカット仕様にもなっているので、ライディング時の紫外線対策もOKです。

ワンタッチバックルや内装取外可能といった使いやすさもあって、女性にオススメです!

~特徴~

  • 規格:SG・PSC(全排気量対応)
  • 開閉式クリアバブルシールドを装備
    ⇒キズに強いハードコート&有害な紫外線から顔を守るUVカット仕様
  • あごひもにラチェット式ワンタッチバックル
  • 内装部分は取外して洗える着脱式
  • レディース用フリーサイズ
    (※頭周り55-57cm未満)

BARTON BC-10(リード工業)

リード工業のスモールジェット&バブルシールドの定番スタイルのヘルメットです。

BARTON BC-10を装着し、スーパーカブでオシャレにライディング・・・

そんなイメージが思い浮かびます!

シールドは、UVカットで紫外線対策OK、内装のメッシュ材、ラチェット式バックルなど、快適に使用可能な基本機能はしっかりあります。

~特徴~

  • ジェットヘルメット
  • 規格:PSC・SG(全排気量対応)
  • 開閉式バブルシールド&UVカット・ハードコートシールド
  • 内装はメッシュ材を使用し、内部の熱やムレを軽減
  • ラチェット式バックル(ワンタッチ操作可能)
  • サイズ
    フリーサイズ (57-60cm未満)
  • カラー
    アイボリー×ネイビー、ブラック×オレンジ、ブラックフレア、ファイアエンジェル

クラシックエアー(アライ)

安全性能に評判のアライ製ジェットヘルメットです。

クラシカルスタイルのオシャレなデザインで、原付のライディングをより快適にします。

シールドはオプションですが、ゴーグルバンドのずり落ち防止としてゴーグルスナッパーがついているため、ゴーグルを装備してもオシャレです!

ヘルメット内のベンチレーション機能や高い安全性能を有するヘルメットとしてオススメ!

~特徴~

  • 規格:JIS
  • シールドはオプション
  • ゴーグルスナッパーでゴーグルバンドのずり落ち防止
  • エアフローライナ・ベンチレーションとエアースルー機能でヘルメット内の熱気を効率よく排出
  • 内装:抗菌・消臭、全ての内装材が着脱可
  • サイズ
    55-56cm、57-58cm、59-60cm、61-62cm
  • カラー
    ホワイト、フラットブラック、アイスブルー、モダングレー

▼オプションのシールド

created by Rinker
アライ(Arai)
¥4,385 (2021/07/30 13:22:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アライ(Arai)
¥4,934 (2021/07/30 13:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

▼ゴーグルのおすすめはこちら!

スピードピット ZR-10(TNK工業)

原付に乗る方は、「コスパ重視!」という人は多いと思います。

そんなコスパを求める方におすすめの、TNK工業製ジェットヘルメットです。

フリーサイズとなっていますが、58-59cmサイズの方なら、装着感はよいヘルメットだと思います。

エアーインテーク機能で快適、UVカットのロングサンシェードで紫外線や虫などから顔面を守ります!

~特徴~

  • 規格:SG
  • UVカットかつロングサンシェードで肌を守ります。
  • エアーインテーク機能
    ⇒エアーをライナー内に取り込む!
  • フィッティングフリー、イヤーパッドがフリーで広がる。
  • サイズ:フリーサイズ(58-59)
  • カラー:チタンシルバー、ハーフマッドブラック、パールホワイト、ブラック、マルーン

J・O(SHOEI)

人気メーカーSHOEIのジェットヘルメット!

シンプルデザインゆえに様々なスタイルにも馴染む「J・O」は、迷ったときにこれかなと思います。

シンプルだけど、なんかおしゃれに感じますよね!

~特徴~

  • 軽量モデルで、機能性と安全性も兼ね備えたヘルメット。
  • シールドは大きく湾曲した形状だが、メガネ着用時の干渉を避けながらも巻き込み風を最小限に抑えるデザインになっている。

システムヘルメットのおすすめ(⇒二刀流ヘルメット)

システムヘルメット画像

顎部の保護であるチンガードを昇降させることで、フルフェイスヘルメットにもジェットヘルメットにもなるのがシステムヘルメット。

用途に合わせて使いたいときに便利です。

原付乗るなら安全性も欲しいというときにはこれです!

ただし、こういった利便性の代償に、システムヘルメットはパーツが多くなり重量感が出てしまいます。

そのため、通勤・通学のように毎日使用する場合は、疲れやすくなるため不向きかと思います。

システムヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

システムヘルメットのおすすめは以下のものになります!

RYUKI(オージーケー)

IR(赤外線)カットシールド採用の軽量システムヘルメットRYUKIシリーズです。

紫外線はもちろん、赤外線74%カットによる熱戦遮蔽性能があり、日射熱による温度上昇を抑制してくれます。

また、重たくなりがちなシステムヘルメットですが、パーツレイアウトや装飾処理の見直し等によって、従来より軽量な設計になっています。

エアベンチレーション、インナーサンシェード(スモークレンズ)搭載などといった機能性も充実しており、快適なツーリングが可能なヘルメットです!

~特徴~

  • 規格:SG
  • ベンチレーション機能
    ⇒計3か所のベンチレーションで効率よく冷気導入!
  • UV&IRカットシールド
    ⇒紫外線99%カットで顔や目を守り、赤外線74%カットで日射熱による温度上昇を抑制!
  • インナーサンシェード搭載!
    ⇒日差しが強いときでもまぶしさを低減。
  • ウェイクスタビライザー
    ⇒帽体付近の気流をコントロールし、負荷を軽減!
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥36,300 (2021/07/31 06:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

KAZAMI(オージーケー)

KAZAMIは「鎧うが如し」デザインで、かっこよさが際立ちます!

効率のよい換気を実現する3か所のベンチレーション、UVカット機能を持つシールド装備、日差しのまぶしさを軽減するインナーサンシェード搭載などといった高機能ヘルメットです。

耳元ゆったり設計のため、かぶり心地のよいヘルメットとしておすすめ!

2021年3月にOGK販売終了となっているモデルです。

~特徴~

  • 規格:SG
  • ヘッド・チン・リアの3か所ベンチレーション!
    ⇒効率よく空気を導入し、内部のエアを排出してくれる!
  • UVカットシールド
    ⇒紫外線から目などを守る!
  • インナーサンシェード搭載!
    ⇒日差しが強いときでもまぶしさを低減。
  • 耳元がゆったり設計!
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥36,300 (2021/07/31 06:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

フルフェイスヘルメット(⇒安全性重視ヘルメット)

フルフェイスヘルメット画像

フルフェイスは、原付用として使うならツーリング用一択かなと思います。

バイクのようにスピードが出る場合は、普段使いにフルフェイスヘルメットっていうのもありですが、原付だとやはり手軽感はほしいところ!

フルフェイスに慣れてしまえばよいかもしれませんが、着脱のしにくさ・窮屈感などといった面で、原付用の普段づかいとしては不向きかなと思います。

「原付ツーリング」に出かける場合には、フルフェイスヘルメットで気合入れていくのはありです!

安全性も抜群ですし、お気に入りのフルフェイスを身にまとえば、気分も乗ってくること間違いなし!

フルフェイスヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

フルフェイスヘルメットのおすすめは以下のものになります!

KAMUI-3 ACCEL(オージーケーカブト)

OGKカブトの人気KAMUIシリーズ!

2019年に発売開始となった「KAMUI-3 ACCEL」はスポーティーなデザインで、着脱のスムーズ感・フィット感にこだわりがあり、フルフェイスだけど使用感がよいのが特徴です。

ベンチレーション機能や、UVカットシールドなど、機能面も充実していておすすめです!

~特徴~

  • ベンチレーション機能!
  • シールドは紫外線99%、赤外線74%カット!
    ⇒赤外線の遮断で日射熱を低減、ヘルメット内の温度上昇を抑制する。
  • 広いエリアをカバーするインナーサンシェード!
  • 着脱のスムーズ感やフィット感にこだわりあり。
    ⇒しっかりホールドしてくれ安定感がある。
  • 着脱時、グローブをしたままでもバックル操作が可能。

RX-7X(アライヘルメット)

安全性を追求したアライヘルメット!

『かわす性能』を極めた技術で、高い安全性を売りにしています。

ベンチレーション機能、ヘルメットのぐらつきを抑える安定性などさまざまな機能が充実しており、快適なライディングが可能となります。

安全性を追求したいなら、アライヘルメットはおすすめです!

~特徴~

  • 規格:スネル・JIS
  • シールドシステムVAS技術を搭載し、シールドシステムの位置を下げることを実現。かわす性能を高め、高安全性を実現している。
  • 内装は抗菌・消臭・防汚機能のあるEcopure使用!
  • ディフューザーType12とICダクト5でエアー吸入量アップ!
  • インナーサイドダクトにより耳上部のクールダウンも可能。快適な使用感となる。
  • エアロフィンが後方の乱気流を抑え、ヘルメットのぐらつきを抑え安定性を向上!

CROSS CR-715(リード工業)

リード工業のシンプルなスタイルを持つフルフェイスヘルメットです。

ワンタッチでシールドが取り外し可能なホルダーレスシールドモデルで、ラチェット式開閉が可能となり、お好みの位置に調節できます。

内装は通気性の良いメッシュ素材を使用しており、ベンチレーション機能も充実!

シンプルなデザインで合わせやすく、機能性も良し!

そつなく原付を乗りこなしたい方におすすめヘルメットです!

~特徴~

  • 規格:PSC・SG(全排気量対応)
  • 開閉式シールド
  • フロントエアベンチレーション装備
  • マウスシャッター装備
    ⇒チンガードに開閉式マウスシャッターがあり、シールドの曇り防止。
  • ワンタッチバックル
  • 内装は脱着式
  • サイズ
    フリーサイズ (57-60cm未満)
  • カラー
    ホワイト、オレンジ、ブラック

オフロードヘルメット(⇒オフロード特化ヘルメット)

原付でもオフロードを楽しむ方は多いですね!

オフロードヘルメットは、木の枝や跳ねた泥などから防護するためのバイザーを付けたタイプになり、つばや口元が飛び出した形をしているのが特徴的です。

デザインは斬新でかっこいい!

ただし、街乗りやツーリングの使用も多いという方なら、オフロードヘルメットよりもフルフェイスタイプを選ぶ方が、汎用性があって使い勝手はよいかなと思います。

オフロードヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

オフロードヘルメットのおすすめは、以下のものになります!

TOUR-CROSS 4(アライヘルメット)

安全性能を高めながら機能性も兼ね備えたアライのオフロードヘルメット。スタイリッシュなデザインでかっこよさ抜群です!

オフロードヘルメットはデザインに特徴が出るので、好みが分かれやすいかもしれませんね!

アライのツアークロス3は、快適なかぶり心地と安全性能を兼ね備えた高機能ヘルメットとしておすすめです!

~特徴~

  • 規格:スネル・JIS
  • 強靭なPB-cLc帽体と多段階発砲ライナーで、大きさ・重さを変えずにスネル2010規格をクリア!
  • 効率アップしたベンチレーション機能!
  • 下アゴを支え、包み込むようなフィット感!
  • ハイパーリブで首元の風の流れをスムーズにし、ぐらつきを抑制!
  • デュアルピボット開閉システムでシールド全開時の高さを抑え、バイザーを7mm低くシェルに近づけることで、走行時の安定感を向上!

原付用で夏におすすめのヘルメットは?(オールシーズンも可!)

タイプ別にヘルメットを紹介してきましたが、原付用として夏にかぶるなら、ジェットヘルメットかハーフキャップヘルメットがおすすめです。

ジェットやハーフキャップは、原付ライダーなら夏だけでなく冬にも使う人は多いですね!

ジェットヘルメットは、安全面・快適さを考えると個人的には一番おすすめです。オールシーズン使えます。

原付用の夏のヘルメットについて、もっとおすすめを知りたいという方は、下記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。
※夏用ヘルメットの紹介記事となっていますが、オールシーズン使用可能なヘルメットでもありますので、ヘルメット選びの際はぜひご参考にください。

原付用で秋冬におすすめのヘルメットは?(オールシーズンも可!)

原付用として秋冬にかぶるなら、ジェットヘルメットかフルフェイスヘルメットがおすすめです。

普段、ハーフキャップヘルメットをかぶる方だと、フルフェイスは少し窮屈感もあるため、ジェットヘルメットが使いやすいかと思います。

原付用の秋冬ヘルメットについて、もっとおすすめを知りたいという方は、下記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。
※秋冬用ヘルメットの紹介記事となっていますが、オールシーズン使用可能なヘルメットでもありますので、ヘルメット選びの際はぜひご参考にください。

まとめ

原付用のヘルメットのおすすめを紹介しました!

原付だとどうしても手軽感を求めてしまいがちで、ハーフキャップヘルメットで手軽に乗りたいという方も多いかと思いますが、安全面も注意していきたいところです。

個人的には、ジェットヘルメットがおすすめ!

ハーフキャップに比べて安全性能が上がりますし、シールドで顔面を守りながら、走行風を回避できるため、疲労軽減にもつながります。

ヘルメットは、常に装備するアイテムですし、好みが分かれやすいものになりますので、あなたの用途やライディングスタイルに合わせて、最適なヘルメットを選んでいきましょう!