原付用ヘルメットのおすすめは?【タイプ別・用途別に解説!】

原付の装備
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

原付用のヘルメットのおすすめを教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!
選ぶときに大切なのは、「用途」だね!
原付用ヘルメットは種類が多いから、選びだすと迷っちゃうよ!
用途別におすすめのヘルメットを紹介するね!

原付の装備品として、最も重要なヘルメットですが、万が一のときに体を守ってくれる相棒でもあり、ファッションの一部にもなるヘルメットは、原付をおしゃれに乗りこなすのに重要な要素でもあります。ヘルメットは、コリだすとかなり迷ってしまいますよ!

本記事では、原付用ヘルメット選びのお手伝いとして、用途別に厳選し、おすすめヘルメットをまとめてみました。用途と照らし合わせながら、ヘルメットをタイプ別に分けているため、選びやすく、参考になると思います!

原付用ヘルメットのおすすめを紹介!

原付に乗る男性のイラスト

あなたは原付を何に使いますか?

原付の使い方によって、ヘルメットの選び方が決まります。原付用ヘルメットの選び方や種類についての基本は、別記事でまとめていますので、原付初心者の方などヘルメット知識をつけたい方は、下記事を先に読んで勉強すると良いですよ!

では、一般的な原付の用途とおすすめのヘルメットの種類について、次にまとめます!

~原付の用途とおすすめヘルメットタイプ~
通勤・通学
毎日使うので、気軽感を重視したい!
⇒ハーフキャップヘルメット、ジェットヘルメット


買物や外出
デザイン性?スタイル性?ヘルメットでコーデしちゃおう!近場なら気軽感も大事!
⇒ハーフキャップヘルメット、ジェットヘルメット


ツーリング
安全性を備えたい!お気に入りのヘルメットでがっつり走りたい!
⇒フルフェイスヘルメット、ジェットヘルメット、システムヘルメット


オフロードラン
安全性を備えたい!オフロードタイプでがっつり走る!
⇒オフロードヘルメット

<参考までにヘルメットタイプ⇩>
※以下ヘルメット画像はAmazonより引用:”https://www.amazon.co.jp/”

~ハーフキャップ~

ハーフキャップヘルメット画像

~ジェット~

ジェットヘルメット画像

~システム~

システムヘルメット画像

~フルフェイス~

フルフェイスヘルメット画像

~オフロード~

オフロードヘルメット画像

用途別に選ぶヘルメットタイプは、あくまでもおすすめなので、自分の好みに合わせてアレンジ利かせてOKです!

では、おすすめ原付用ヘルメットを、タイプ別に用途と照らし合わせながら紹介していきますね!

ハーフキャップヘルメットのおすすめ(⇒お手軽感重視)

ハーフキャップヘルメット画像

安全性が一番低いハーフキャップヘルメットですが、着脱のしやすさ、使用感は抜群に良く、手軽さが特徴的です。スタイリッシュな雰囲気となり、おしゃれに原付を乗りこなすこともできます。

通勤通学のように、原付を毎日使うという方は、ライダー仕様のがっつりかぶるヘルメットはけっこうしんどいです。なぜなら、毎日のことですし、特に夏場だとヘルメットをかぶると暑くて汗ダラダラです。

通勤・通学なら、かるーい感じのハーフキャップヘルメットでコーデしていきたいものですね!

ちなみに、僕が原付に乗るときは、ハーフキャップヘルメットとジェットヘルメットを主軸に使用しています。ハーフキャップヘルメットでツーリング行ったことは何回かありますが、安全面では一番劣っていますので注意が必要です。ただ、ヘルメットの中でも一番軽量で、首や肩が疲れにくいので、ツーリングでの長距離運転にはありがたいですね。

ハーフキャップヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
ハーフ
キャップ

<ハーフキャップヘルメットのおすすめ>

●O-ONE(リード工業)⇩⇩

ハーフキャップヘルメットですが、UVカット仕様のハーフシールドを装備しているため、目を保護してくれます。デザインもおしゃれですね!

~特徴~
◎ハーフシールド付き。
◎脱着しやすいワンタッチバックル。
◎イヤーカバーはファスナー式で脱着可能。
◎安価。

●D-355(リード工業)⇩⇩

オーソドックスなダックテールモデルで、カラーはブラック、マットブラック、ホワイトの人気3色があります。

~特徴~
◎脱着しやすいワンタッチバックル。
◎重量は約600gで、ヘルメットの中でもかなり軽量。
◎安価。

●Street Alice QH-4(リード工業)⇩⇩

レディースタイプで、キュートなデザインです。ビンテージゴーグルを装備し、おしゃれなヘルメットに仕上がっています。

~特徴~
◎イヤーカバーがファスナー式で脱着可能。
◎脱着しやすいワンタッチバックル。
◎重量は約600gで、ヘルメットの中でもかなり軽量。
◎安価。

ジェットヘルメットのおすすめ(⇒汎用ヘルメット)

ジェットヘルメット画像

フルフェイスはしんどいけど、ハーフキャップヘルメットのように手軽過ぎても怖いという方は、ジェットヘルメットがおすすめ!安全性を高めたいなら、顎部は空いているタイプのジェットはありかと思います!

ジェットヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
ジェット

<ジェットヘルメットのおすすめ>

●J・O(SHOEI)⇩⇩

シンプルデザインゆえに様々なスタイルにも馴染む「J・O」は、迷ったときにこれかなと思います。シンプルだけど、なんかファッショナブルなんです!

~特徴~
◎計量モデルで、機能性と安全性も兼ね備えたヘルメット。
◎シールドは大きく湾曲した形状だが、メガネ着用時の干渉を避けながらも巻き込み風を最小限に抑えるデザインになっている。

システムヘルメットのおすすめ(⇒二刀流ヘルメット)

システムヘルメット画像

顎部の保護であるチンガードを昇降させることで、フルフェイスヘルメットにもジェットヘルメットにもなるのがシステムヘルメット。用途に合わせて使いたいときに便利です。

原付乗るなら安全性も欲しいというときにはこれです!ただし、こういった利便性の代償に、システムヘルメットはパーツが多くなり重量感が出てしまいます。そのため、通勤・通学のように毎日使用する場合は、疲れやすくなるため不向きかと思います。

システムヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

<システムヘルメットのおすすめ>

●KAZAMIシリーズ『KAZAMI』(オージーケー)⇩⇩

KAZAMIは、「鎧うが如しデザイン」が売り文句で、めちゃくちゃかっこいいですね!システムヘルメットなので、顎部のチンカバーは開閉可能で、開けるとオープンフェイス並の解放感が味わえます。

~特徴~
◎インナーサンシェード搭載で、日差しが強いときでもまぶしさを低減。
◎耳元がゆったり設計になっており、耳元付近に余裕を持たせている。
◎3か所のベンチレーションにより効率よく空気を導入し、内部のエアを輩出してくれる。

フルフェイスヘルメット(⇒安全性重視ヘルメット)

フルフェイスヘルメット画像

フルフェイスは、原付で使うならツーリング用一択かなと思います。バイクのようにスピードが出る場合は、普段使いにフルフェイスヘルメットっていうのもありですが、個人的は、原付だと、着脱のしにくさや窮屈感などを考えると不向きかなと思います。

原付ツーリングに出かける場合は、フルフェイスヘルメットで気合入れていくのはありです!安全性も抜群ですし、気分も乗ることでしょう!

フルフェイスヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

<フルフェイスヘルメットのおすすめ>

●KAMUIシリーズ『KAMUI-3 ACCEL』(オージーケーカブト)⇩⇩

スポーティーなデザインで、フルフェイスだけど使用感がいいのが特徴です。

~特徴~
◎シールドは紫外線99%、赤外線74%カット。赤外線の遮断により、日射熱を低減し、ヘルメット内の温度上昇を抑制する。
◎着脱のスムーズ感やフィット感にこだわりあり。しっかりホールドしてくれるため、安定感がある。
◎着脱時、グローブをしたままでもバックル操作が可能。
◎ベンチレーションを開けると、ほどよい空気流入があり快適な使用感。

●『RX-7X』(アライヘルメット)⇩⇩

安全性を追求したアライヘルメット。『かわす性能』を極めた技術で、高い安全性を売りにしている。アライは超大手のメーカーなので、間違いはないです。

~特徴~
◎シールドシステムVAS技術を搭載し、シールドシステムの位置を下げることを実現。かわす性能を高め、高安全性を実現している。
◎エアーダクトの吸入量のアップ、インナーサイドダクトにより耳上部のクールダウンも可能。快適な使用感となる。

オフロードヘルメット(⇒オフロード特化ヘルメット)

オフロードヘルメット画像

原付でオフロードやる方は、よっぽどのバイク好きですね!オフロードヘルメットは、木の枝や跳ねた泥などから防護するためのバイザーを付けたタイプになり、つばや口元が飛び出した形をしているのが特徴的です。
デザインは斬新でかっこいいですよね!

もし、街乗りやツーリングの使用も多いなら、シールドが付いたフルフェイスタイプのものにする方がいいと思います。

オフロードヘルメットの用途ごとの適正は次のとおりです。

タイプ通勤
通学
買物
外出
ツーリングオフロード
システム

<オフロードヘルメットのおすすめ>

●V-CROSS 4(アライヘルメット)⇩⇩

安全性能を高めながら機能性も兼ね備えたアライのオフロードヘルメット。スタイリッシュなデザインでかっこよさ抜群です!

個人的には、オフロードヘルメットはデザイン重視になってしまいます。どうしても、かっこよさが際立ちますね!

~特徴~
◎アイポート部分は、ゴーグルの固定感やベンチレーション(換気)効果が高い構造。
◎換気面では、エアースルー形状のディフューザーと排気ダクトにより排気効率の高い設計となっている。
◎バイザーは、従来タイプより長く幅広に設計され、飛来物への保護性能が高い。
◎マウスダクトは安全性を重視しており、シェルの外側についたマウスカバーが、万が一の際に飛ばされる構造となっている。

原付用で夏におすすめのヘルメットは?

タイプ別にヘルメットを紹介してきましたが、原付用として夏にかぶるなら、ジェットヘルメットかハーフキャップヘルメットがおすすめです。

原付用の夏のヘルメットについて、もっとおすすめを知りたいという方は、下記事で詳しく紹介していますのでぜひご覧いただくと良いかと思います。

まとめ

原付用のヘルメットは様々なタイプがありますが、ヘルメットを選ぶときは、用途に合わせて選ぶことをおすすめします!

原付だとどうしても手軽感を求めてしまいがちで、ハーフキャップヘルメットで手軽に乗りこなしてしまう人が多いと思いますが、ツーリングなど用途によっては、安全性の高いジェットヘルメットなどを利用する方が良いでしょう。

個人的にはハーフキャップヘルメットで気軽にスタイリッシュに走りたい方ですが、ジェットタイプでがっつり走るのも好きです!

ヘルメット選びを始めると、ついつい時間が経っちゃうもんですが、あなたもヘルメット選びを楽しんで、ぜひ自分に最適のヘルメットをゲットしちゃってくださいね!

原付用ヘルメットのおすすめ紹介が、あなたのヘルメット選びの参考になれば幸いです!