【人気バイクウェア】Amazonで売れ筋ランキングをチェックする!(タップで公式HPへ)≫

【大容量!】キャンプツーリングにおすすめのシートバッグを紹介!

原付の便利アイテム
スポンサーリンク

~冬のバイクにおすすめの防寒グッズ~

アイテム【防寒装備】
商品名
参考価格
※変更あり
リンクおすすめアイテム
紹介記事
【ヘルメット】
フルフェイス
RX-7X
(アライ)
63,800円 Amazon
楽天
冬用ヘルメット
【ネックウォーマー】
アルパインスターズ
3,712円 Amazon
楽天
ネックウォーマー

【ジャケット】
システムウォーム
ライニングジャケット
(コミネ)
5,476円 Amazon
楽天
冬用ジャケット
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスシャツ
(ミズノ)
5,693円 Amazon
楽天
インナーシャツ
【インナー】
ブレスサーモ
EXプラスタイツ
(ミズノ)
6,544円 Amazon
楽天
インナーパンツ
【パンツ】
HRD4-S
(カドヤ)
22,000円 Amazon
楽天
防寒パンツ
【オーバーパンツ】
オールウェザー
オーバーパンツ
(ナンカイ)
5,059円 Amazon
楽天
オーバーパンツ
【グローブ】
e-HEATアームド
グローブ
(RSタイチ)
16,774円 Amazon
楽天
防寒グローブ

インナーグローブ
【シューズ】
シンテーゼ14
(エルフ)
14,000円 Amazon
楽天
冬用シューズ
【ソックス】
メリノウール
ウォームソックス
(コミネ)
1,430円 Amazon
楽天
防寒ソックス
【ホッカイロ】
使い捨てカイロ
(アイリスオーヤマ)
621円 Amazon
楽天

\Amazonならバイク用品が豊富!/

~本記事のテーマ~

  • バイクでのキャンプにおすすめのシートバッグは?
  • キャンプツーリング用シートバッグの選び方は?
タケシ
タケシ

原付でキャンプに行こうと思うんだ。

荷物の持ち運びに使えるおすすめシートバッグを教えてよ。

ケン
ケン

バイクでアウトドアは最高だぜ!

キャンプツーリング用のシートバッグが欲しいなっ!

選び方を教えてくれよ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、キャンプツーリングにおすすめのシートバッグを紹介するよ!

バイクでアウトドアなら、大容量のシートバッグが最適!

いろんなタイプのバッグがあるから、ぴったりのアイテムを見つけよう!

バイクや原付に乗るなら、キャンプツーリング自然やアウトドア飯を楽しむのも快適!

ホットサンドメーカー(ダブル)
ホットサンドメーカー(ダブル)

そんなバイク×キャンプを実現するには、「キャンプ道具の持ち運び」が必須となりますが、大容量のシートバッグがあれば解決です!

引用:Amazon
ザック
ザック

シートバッグは取り外しも簡単!

現地での持ち運びもしやすいから便利だよな!

本記事では、キャンプツーリングにおすすめのシートバッグを紹介します。

バイクでアウトドアを楽しむなら、シートバッグの選び方は重要!

原付歴15年以上&キャンプツーリングも楽しむ僕が、キャンプ用シートバッグを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

~プライム会員が便利でお得!~

月額たったの500円でAmazonプライム会員になれる!

  • 「通販特典(お急ぎ便無料)」などの特典が豊富!
    ⇒バイク用品が翌日に届く!(お急ぎ便)
  • 音楽聴き放題も利用可能!
    ⇒インカムを使ったツーリングで、音楽聞き流しできる!

▼Amazonプライム会員をチェック!
(※30日間の無料体験あり!)

【キャンプ向け】バイク用シートバッグの選び方!

まずは、キャンプツーリング用シートバッグの選び方からチェックしていきましょう!

バイク×キャンプに使うシートバッグの選び方のポイントは以下のとおり!

  • 大きさ(サイズ)
  • 防水性
  • 収納性
  • 取り付けやすさ
  • デザイン

大きさ(サイズ)

キャンプツーリング用のシートバッグなら、「大きさ」はめっちゃ重要です!

シートバッグは、容量(〇〇L)という表記がされているので、あなたのキャンプスタイルに合わせて選びましょう!

キャンプスタイル例おすすめ容量
(目安)
荷物例
プチキャンプ
(ご飯を楽しむ等)
~20L雨具
クッカー類
食材 など
デイキャンプ20L~40L程度雨具
タープ(テント)
クッカー類
テーブル・チェア
食材 など
宿泊ツーリング40L~雨具
テントorタープ
シュラフ(寝袋)
クッカー類
テーブル・チェア
食材 など
ザック
ザック

キャンプ初心者の人なら、荷物の量が未確定だよな!

可変式のシートバッグもあるし、~60L程度のものを選んでおくといいぞ!

シートバッグの中には、幅や高さが変えられる「容量可変タイプ」もあります。

○○L~○○Lのような表記がされているので、「これから荷物が増えていくかも」という方はチェックしておくと良いポイントでしょう。

防水性

キャンプツーリング用シートバッグは、「防水性」を備えたアイテムがベターです。

ツーリングでは、突然の雨はつきもの。

大量の荷物があると、濡れたらけっこう面倒ですよね。

ただ、防水素材が使われてないシートバッグも多いので、レインカバー(防水カバー)が付いているものを選びましょう!

収納性

バイク用シートバッグは、収納性をよくチェックしておきましょう!

  • 荷物を入れる口の広さ
  • 上側およびサイド開閉もできるか
  • ポケットの有無 などなど

収納性によって使用時の快適さが違います。

リョウ
リョウ

キャンプツーリングでは荷物が多くなりがちに。

道中でも荷物が出しやすい構造だと、ストレスなく使用できます!

取り付けやすさ

バイク用シートバッグは、取り付けやすさにも違いがあります。

  • ベルトを使ってバックルで装着
    ⇒しっかり固定できる!
  • ゴムコードで引っかけて装着
    ⇒脱着は簡単だけど、振動等で取れやすい。ライディング中にズレやすい。

キャンプツーリングで「荷物が多い」「山道などの悪路走行がある」などといったシーンでは、ベルトを使ってがっちり固定することをオススメします!

デザイン

バイク用シートバッグは、デザインも大事!

ライディングスタイルに直結するため、オシャレに決めたいところですね!

あなたのお好みのデザインの中でも、

  • バイクデザイン(色・形)
  • ウェアデザイン

などといったことを考慮し、トータルコーディネートしていきましょう!

リョウ
リョウ

迷ったらシンプルデザインのシートバッグかなと。

シックな雰囲気で、おしゃれに決めることもできます!

【大容量!】キャンプツーリングにおすすめのシートバッグを紹介!

では、キャンプツーリング用シートバッグおすすめ9選を紹介していきます!

あなたのキャンプシーンにぴったり合ったアイテムを手に入れましょう!

~おすすめシートバッグ~

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
キャンピング
シートバッグ2
59-75L
(タナックス)
オススメ!
15,036円 Amazon
楽天
シートバッグ
62-82L
(Amison)
防水ならコレ!
15,980 Amazon
楽天
シートバッグ
SYSTEM
65L
(ヘンリービギンズ)
12,768円 Amazon
楽天
シートバッグPRO2
Lサイズ
42-56L
(ヘンリービギンズ)
16,774円 Amazon
楽天
ツーリングリアバッグ
42-53L
(ゴールドウイン)
13,334円 Amazon
楽天
キャンプテーブル
シートバッグ
45L
(タナックス)
テーブル機能!
18,500円 Amazon
楽天
シートバッグBASIC
Sサイズ
20-26L
(ヘンリービギンズ)
9,610円 Amazon
楽天
ターポリンデイパック
20L
(ドッペルギャンガー)
コスパ抜群!
3,618円 Amazon
楽天
シートバッグ
7-12L
(ヘンリービギンズ)
小容量ならコレ!
6,846円 Amazon
楽天

\Amazonならシートバッグが豊富!/

キャンピングシートバッグ2 59-75L(タナックス) ⇒オススメ!

  • メリット
    • 容量調整可能
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる
  • デメリット
    • 防水性弱め
      ※レインカバーあり

ツーリングバッグなどのバイク用品で人気のタナックス。

キャンプツーリング向けの大容量シートバッグです。

横幅を伸ばすことができ、荷物量に応じて容量を増やせます。

有名どころの人気アイテムなので、迷ったらコレ的な選び方でも良いでしょう!

リョウ
リョウ

シンプルかつオシャレに使いこなせるシートバッグです!

~特徴~

  • 容量
    • 59-75L(可変式)
    • 高さ35×幅62~82×奥行35
  • 防水性
    なし(レインカバー付属)
  • 収納性
    • 両サイドフルオープン方式
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • サイドポケット・ドリンクホルダーあり
    • バッグ上部にも積載可能
  • 取り付け
    固定ベルトとバックルで固定

シートバッグ62-82L(Amison) ⇒防水ならコレ!

  • メリット
    • 防水素材で安心!
      ※レインカバー付属
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる!
    • 大容量かつ可変式で便利!
  • デメリット
    • メーカー品ではない
    • デザインの好き嫌いが分かれる?

バイクメーカー品ではないですが、機能性の高いキャンプ向けシートバッグ。

大容量可変式で、たっぷりのキャンプ道具が入ります。

防水素材を使用かつレインカバーも付いているので、雨天時も安心。

「バイクでがっつりキャンプがしたい」という方にオススメです!

リョウ
リョウ

Amisonの大きなロゴに好き嫌いが分かれるかもしれません。

ただ、デザイン性は悪くないし、機能面では充実のシートバッグです!

~特徴~

  • 容量
    • 62-82L(可変式)
    • 高さ35×幅55-71×奥行37cm
  • 防水性
    あり(レインカバー付属)
  • 収納性
    • 両サイドフルオープン方式
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • サイドポケットあり
    • バッグ上部にも積載可能
  • 取り付け
    固定ベルトとバックルで固定

シートバッグSYSTEM65L(ヘンリービギンズ)

  • メリット
    • 容量が大きい!
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる!
    • 走行中の前後ズレに強い!
  • デメリット
    • 防水性弱め
      ※レインカバーあり

人気デイトナのブランド「ヘンリービギンズ」シートバッグです。

キャンプツーリング向けの大容量65L。

別売で「拡張ポーチ」を組みあわせて、容量拡張やドリンクホルダーを備えたりできます。

また、前ズレ防止機能付きで、走行中の安定感もあり安心!

まさにキャンツー向けに考慮されたシートバッグです!

~特徴~

  • 容量
    • 65L
    • 高さ35×幅55×奥行35
    • 別売ポーチで拡張可能
  • 防水性
    なし(レインカバー付属)
  • 収納性
    • 両サイドフルオープン方式
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • バッグ上部にも積載可能
  • 取り付け
    固定ベルトとバックルで固定
  • ノンスリップシート
    ⇒走行中、バッグが前にズレない
  • リフレクター

シートバッグPRO2 42-56L(ヘンリービギンズ)

  • メリット
    • 容量調整可能
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる
  • デメリット
    • 防水性は弱め
      ※レインカバーあり

バイク用品で人気のデイトナブランド「ヘンリービギンズ」。

キャンプ向けのシートバッグは、可変式大容量サイズで、サイドポケット・ドリンクホルダーがつくなど収納性バツグン!

容量可変式なのも、評判の良いポイントとなります。

キャンプや宿泊ツーリングにオススメのリアバッグです。

~特徴~

  • 容量
    • 42-56L(可変式)
    • 高さ28×幅43-59×奥行32cm
  • 防水性
    なし(レインカバー付き)
  • 収納性
    • 両サイドオープン型
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • サイドポケット・ドリンクホルダー付き
  • 取り付け
    イージーリングベルト&4点支持ベルト
  • 折りたたみ収納可能
  • リフレクター付き

ツーリングリアバッグ42-53L(ゴールドウイン)

  • メリット
    • 容量調整可能
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる
  • デメリット
    • 防水性は弱め
      ※レインカバーあり

バイク用品で人気のゴールドウイン製シートバッグ。

大容量可変式で、アルミフレーム補強構造の型崩れしにくくなっています。

スタンダードなシードバッグですが、使い勝手をしっかり考慮された、キャンプツーリング向けアイテムです!

~特徴~

  • 容量
    • 42-53L(可変式)
    • 高さ29×幅46-62×奥行30cm
  • 防水性
    なし(レインカバー付き)
  • 収納性
    • 両サイドオープン型
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • 背面メッシュポケット
  • 取り付け
    ベルト
  • リフレクター

キャンプテーブルシートバッグ45L(タナックス) ⇒テーブル機能!

  • メリット
    • テーブルとしても使える!
  • デメリット
    • 防水性弱め
      ※レインカバー付き

バイク用品で人気のタナックス製シートバッグです。

現地に着いたら、キャンプテーブルとしても利用できるタイプ。

容量も45Lでキャンプ道具も多く入るので、使い勝手の良いアイテムでしょう!

ザック
ザック

テーブルとして使えるのは面白いな!

ソロキャンプなんかだと重宝できるぞ!

~特徴~

  • 容量
    • 45L
    • 高さ30×横幅54×奥行37cm
  • 防水性
    なし(レインカバー付属)
  • 収納性
    上部にも積載可能
  • 取り付け
    ベルト式バックル

シートバッグBASIC20-26L(ヘンリービギンズ)

  • メリット
    • 容量調整可能
    • 両サイドからも荷物の出し入れできる
  • デメリット
    • 防水性弱め
      ※レインカバー付き

人気ヘンリービギンズのツーリング向けシートバッグ。

可変式の小さめ容量で、ソロキャンプ等にオススメです!

両サイドからの荷物出し入れができるなど、使い勝手の良いアイテム。

サイドホルダーやドリンクホルダーも付いていて、ちょっとした荷物の収納もできます!

~特徴~

  • 容量
    • 20-26L(可変式)
    • 高さ20×幅30-40×奥行29cm
  • 防水性
    なし(レインカバー付属)
  • 収納性
    • 両サイドオープン型
      ⇒サイドからも出し入れ可能
    • サイドポケット・ドリンクホルダー付き
    • バッグ上部にも追加積載可能
  • 取り付け
    ベルト式
  • リフレクター付き

ターポリンデイパック20L(ドッペルギャンガー) ⇒コスパ抜群!

  • メリット
    • 防水仕様で雨も安心!
    • コスパが良い
  • デメリット
    • 耐久性は不安な面も?

バイク用バッグやカバーなどのバイク用品を提供するドッペルギャンガー製バックパック。

基本は背負うリュックタイプですが、脱着式ショルダーベルトを外し、固定用Dカンでシートバッグとして利用可能です。

防水かつ小さめ容量で、プチキャンプや宿泊ツーリングにもおすすめのリュック!

耐久性の面ではやや不安な口コミもありますが、良いレビューは多くコスパ抜群といえるでしょう!

ザック
ザック

ツーリング先で手軽にリュックへと切り替えられる点は、使い勝手いいよな!

~特徴~

  • 容量
    • 20L
    • 高さ48×幅30×奥行28cm
  • 防水性
    • 防水仕様(ターポリン素材)
    • ロールトップ形状(浸水防止)
  • 収納性
    • エアバルブで内部の空気を排出可
    • バッグ前面に小物入れ
  • 取り付け
    Dカン着脱式
    ※ショルダーベルトは着脱式

シートバッグ7-12L(ヘンリービギンズ) ⇒小容量ならコレ!

  • メリット
    • 乗降車時に足がバッグに当たりにくい
    • コンパクトでバイクスタイルに干渉しない
  • デメリット
    • 荷物が多いと対応できない
    • 防水仕様でない
      ※レインカバー付き

人気ヘンリービギンズの小ぶりなシートバッグ。

容量は12Lまで上げられるので、荷物の増加にも対応します。

プチキャンプやラーツ―など、荷物が少ないアウトドアにオススメです!

リョウ
リョウ

コンパクトかつシンプルデザインで、バイクスタイルを崩しません。

自分のバイクをおしゃれに乗りこなせるでしょう!

~特徴~

  • 容量
    • 7-12L(可変式)
    • 高さ15-22×幅25×奥行34.5cm
  • 防水性
    なし(レインカバー付属)
  • 収納性
    開口部が広く出し入れしやすい
  • 取り付け
    イージーリングベルトで簡単装着

【盗難防止も必要!?】バイク用シートバッグの取り付け方!

引用:ゴールドウイン

バイク用シートバッグの取り付け方盗難防止対策についてもチェックしておきましょう!

取り付け方手順!

バイク用シートバッグは、取り付け方は簡単!

リアシートやリアキャリアに、「ベルト」「ゴムコード」を使って固定していけばOKです。

引用:ヘンリービギンズ

メーカーや種類によって、取り付け方はさまざまですが、手順一例を以下にまとめます!

  1. 固定ベルトを設置
    ⇒シート下に挟む
  2. バッグをシートの上に載せる
  3. バックル固定&テンション調整
  4. バッグを揺らして安定感を確認
    ⇒休憩時など、定期的にチェック!

※参照:ゴールドウイン製シートバッグ

シートバッグ取り付けの手順や注意点等をチェックしたい方は、下記事をご参考ください!

【つけっぱなしOK?】盗難防止対策!

バイクは常に外部環境にさらされるため、シートバッグは盗難リスクが付きものです。

自宅やツーリング先での駐輪時は、盗難防止対策しておくと安心でしょう!

  • ツーリングの休憩時等
    • 持ち歩く
      ⇒ショルダーストラップ等を使う!
    • ワイヤーロックしておく ⇒オススメ!
      ➀バッグの盗難防止
      ⇒バッグとバイクをロック
      ②バッグ中身の盗難防止
      ⇒バッグファスナーをロック
  • 自宅での駐輪時
    ⇒室内保管がベスト!(ロックでもOK)
ザック
ザック

ツーリングの休憩時に、いちいち持ち歩くのは面倒だよな。。。

そういう人は、ロックをしておくと盗難防止に有効だぞ!

▼シートバッグファスナーのロック向け!
(※バイクとのロックもできるけど、やや弱め!)

リョウ
リョウ

ツーリング先で、シートバッグをつけっぱなしにしても、100%盗まれるわけではありません。

ただ、貴重品などは、リュックやショルダーバッグ等で常に肌身離さずに持ち歩きましょう!

まとめ

キャンプツーリングの荷物運搬に、シートバッグは便利!

大容量タイプなら、キャンプ道具をしっかり積んで、バイクツーリングが楽しめます!

あなたのキャンプスタイルにぴったりのシートバッグを装備して、快適なキャンツーに出かけましょう!

~おすすめシートバッグ~

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
キャンピング
シートバッグ2
59-75L
(タナックス)
オススメ!
15,036円 Amazon
楽天
シートバッグ
62-82L
(Amison)
防水ならコレ!
15,980 Amazon
楽天
シートバッグ
SYSTEM
65L
(ヘンリービギンズ)
12,768円 Amazon
楽天
シートバッグPRO2
Lサイズ
42-56L
(ヘンリービギンズ)
16,774円 Amazon
楽天
ツーリングリアバッグ
42-53L
(ゴールドウイン)
13,334円 Amazon
楽天
キャンプテーブル
シートバッグ
45L
(タナックス)
テーブル機能!
18,500円 Amazon
楽天
シートバッグBASIC
Sサイズ
20-26L
(ヘンリービギンズ)
9,610円 Amazon
楽天
ターポリンデイパック
20L
(ドッペルギャンガー)
コスパ抜群!
3,618円 Amazon
楽天
シートバッグ
7-12L
(ヘンリービギンズ)
小容量ならコレ!
6,846円 Amazon
楽天

\Amazonならシートバッグが豊富!/

~バイク用積載バッグおすすめ!~

▼バイクバッグまとめ

▼おすすめサイドバッグ

▼おすすめシートバッグ

▼キャンプ向けシートバッグ

▼タンクバッグ

▼ツーリングネット

≫詳細記事へ!

~体身に付ける積載バッグ~

▼おすすめリュック

▼ヘルメットバッグ

▼ショルダーバッグ

▼ウエストバッグ

▼レッグバッグ

≫詳細記事へ!