【初心者向け】原付キャンプの基本を解説します!【始め方・道具などを紹介!】

原付キャンプ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

キャンプしてみたいな。

原付で行けないかな。

リョウ
リョウ

キャンプは今ブームが起きてるね!

もちろん原付でもいけるよ!

原付はなんだってできるんだっ!!(笑)

タケシ
タケシ

原付すごいな(笑)

原付キャンプに行くにはどうしたらいいんだ?

詳しく教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、原付キャンプについて、始めるときのポイントなど基本的なことを解説していくよ!

キャンプは奥が深いし、ツーリング×キャンプはめちゃくちゃ楽しみ方の幅が広がるね!

まーちゃん
まーちゃん

へ~原付キャンプかぁ!

女子キャンプも流行ってるよね!

私もチャレンジしてみよかなっ!

本記事は、原付キャンプに興味がある方向けの記事です。

次のような方は、本記事をお読みいただくとよいかと思います。

  • キャンプに興味がある。
  • 原付ツーリングしながらキャンプしてみたい。
  • 原付ツーリングの楽しみ方の幅を広げたい。
  • 原付キャンプの始め方を知りたい。

原付キャンプを始め方は、主に次の3つのステップがあります。

  1. キャンプについて知る。
  2. 原付でキャンプする方法を知る。
  3. キャンプ道具をそろえる。

⇒ソロまたはマスキャンプツーリングに出発!!

本記事は、上記ステップを進んでいく前の基礎知識として、原付キャンプの全体像を把握するのに役立ちます。

これから原付キャンプにデビューしようと考えている方は、最後までお読みいただくとスムーズに始めていけるようになるかと思います。

キャンプとは?何が必要なの?

近年、キャンプは再加熱しており、数年前から第二次キャンプブームが起きているとも言われます。

もともとキャンプといえば、1990年代に週休二日制や乗用車の大幅普及などを理由に大きなブームを巻き起こしましたが、近年ではSNSの普及によりキャンプの非日常感を多くの人が見て、バエる光景に興味を持つ人が多くなっているのも原因でしょう。

とは言っても、何よりもキャンプで自然を味わいながら、美味しいものを食べたり、きれいな空気を吸ったりして過ごす時間はかなりの癒しになりますね!

忙しい現代人には、キャンプで過ごすほっと一息の時間は必要なのかもしれません。

ところで、キャンプを存分に楽しもうと思うと「道具」が必要になりますね。あなたも、たくさん荷物を積んだ車の光景が目に浮かぶかもしれません。

キャンプに必要な道具の例を次に挙げます。

~日帰り~

  • テーブル
  • イス
  • 調理道具(グリル、飯ごう、バーナー、包丁、まな板・・・)
  • 食材
  • 虫よけ
    など・・・。

~宿泊~

  • テント
  • シュラフ(寝袋)
  • マット
  • ランタン
    など・・・。

必要に応じて、これらの道具をもっていくことになりますが、キャンプでより快適に過ごすための道具選びというのも楽しみの一つですね。

原付キャンプに必要な道具についてもっと詳しく知りたいという方は、下の記事で詳細を解説していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

原付キャンプとは?

キャンプブームにともなって、原付やバイクでキャンプする人も増えてきています。

先にも述べましたが、キャンプで存分に楽しもうと思うと、どうしても道具がたくさんになることがあります。

テントやテーブル、いす、調理道具・・・など、大きくてたくさんの荷物を、「原付でどうやって運ぶの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、近年のキャンプ道具はコンパクトに運べるものが出ていたり、原付でもキャンプ道具が運べるよう便利な積載グッズやパーツがあります。そのため、原付キャンプは思いのほかハードルは低く、男性も女性も誰にでも楽しめるレジャーとなっています。

山や川などの自然を感じながらトコトコ原付で走るというのも快適ですが、さらにキャンプも同時に味わうことで、もっと楽しいツーリングになること間違いなしですね!

原付キャンプを始める際のポイント!

では、原付キャンプを始める際のポイントを紹介します。

原付キャンプで大切なのは、「いかに荷物を安全に運ぶか」です。

キャンプ場でバーベキューや自炊したりして快適に過ごすためには、大量の荷物になることもありますが、気をつけておくべきポイントは次のとおりとなります。

  • 積み荷は積載制限に注意する!
    • 積載量:50cc以下⇒30kg、50cc~⇒60kgまで
    • 大きさ
      ・長さ:+30cmまで
      ・幅⇒積載装置の幅+30cmまで
      ・高さ⇒2mー(マイナス)積載装置の場所の高さ
    • 積載方法:積載装置+長さ30cm、左右15cm
  • 積み方テクニック
    • 重いものを下に!
      ⇒重心を下にすることでフラつき防止になるのと荷崩れ防止となる。
    • 左右対称に!
      ⇒荷崩れ、ずり落ちを防止する。
    • ツーリングネットやコード・ローブ等で落下防止する!
  • 積載アイテム
    • バックパック
    • リアバッグ
    • リアボックス
    • ツーリングネット、ロープ・コード類
      など・・・。

積み方はとても大事です。

崩れてしまったときに大事故になる可能性もありますし、せっかくの道具が損傷したり、ずり落ちたキャンプ道具がマフラーにあたって溶けちゃったとかはアルアルなので注意しましょう!

原付キャンプにおける荷物の積載方法について詳しく知りたい方は、下の記事で詳細を解説していますので、あわせてお読みいただくとよいかと思います。

キャンプを楽しむポイントや注意点はまだまだたくさんあって奥が深いですが、また別記事でも紹介していこうかと思います。

原付キャンプ道具のおすすめ!

では、原付キャンプ道具の種類とおすすめをざっと紹介しておきます。

キャンプ用品

キャンプ用品で必要ものたちの例を以下に紹介します。

▼キャンプに使える折りたたみテーブル

コンパクトにたためるアウトドアテーブルです。

▼キャンプに使える折りたたみイス

SOLCIONの折りたたみイス「PATATTOシリーズ」は累計販売数80万個を突破した大人気商品です。イスにもゴミ箱にも、非常用トイレにもなる便利なアイテムです。
(※下の画像は、SOLCION公式サイトの当アイテムへのリンクとなっています。)

▼調理道具

代表的な調理道具は以下のとおりです。

~飯ごう~

~トーストメーカー~

~コンロ~

~バーナー~

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥10,408 (2020/10/22 17:46:32時点 Amazon調べ-詳細)

積載用アイテム

原付キャンプにおいて、道具を運ぶ手段として積載用アイテムは必須です。

以下に積載用アイテムの例として紹介します。

▼バックパック

丈夫なコットン生地と本革で作られたバックパックで、メインの開口部はロールトップとサイドバックルで開閉するタイプです。

メインの収納エリアは、ナイロン生地の防水フィルムが施されていて水を通しません。

▼リアバッグ(GOLDWIN)

ゴールドウイン製のリアバッグです。サイズは23、32、53、78Lと選べます。

created by Rinker
ゴールドウイン(GOLDWIN)
¥14,204 (2020/10/22 16:59:30時点 Amazon調べ-詳細)

▼キャリアバッグ

リアに積載するキャリアバックです。カラーバリエーションは多数あるので、お好みに合わせて選べます。

▼ツーリングネット(網タイプ)

容量は、10、30、60、80Lで選べるので、必要のサイズをそろえましょう。

▼ツーリングネット(防水タイプ)

サイズは2タイプ。M(400mm×500mm)、L(420mm×600mm)から選べます。

まとめ

原付キャンプの基本を紹介しました。

原付ツーリングを楽しむ方は多いと思いますが、山や川などの自然の中をトコトコ走りながら、キャンプも同時に楽しんでみませんか?

キャンプは奥が深く、さまざまな楽しみ方があります。

原付キャンプを始めれば、ツーリングの楽しみ方の幅はめちゃくちゃ広がりますね!

「道具をそろえたりするのがめんどくさそうだなぁ」と思う人は、まずはバーナーと鍋、水を持ってラーツ―(目的地でカップ麺を食べるツーリング)してみてもいいと思います。

道具をそろえていくのはめんどくさそうに見えますが、じつはそれもキャンプの醍醐味ですので、どんなキャンプにするか想像しながら、ぜひ道具選びも楽しんでみてください!

では、本記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事があなたの快適な原付ライフの参考になれば幸いです。

~ツーリングする方におすすめ記事~

  • バイク保険(任意保険)入ってない方向け記事

バイク保険(任意保険)って加入していますか?入らない方も少なくないですし、任意保険の保険料もばかにはならないですよね。
でも、自賠責だけだと万が一のときに十分な補償が受けられない可能性があるので注意です!
一度、下記事を参考に検討だけでもしてみるとよいかと思います。

~バイクの方向け~

~原付の方向け~

  • ロードサービスに加入していない方向け記事

ロードサービスって何か加入していますか?
通勤や通学、旅先などで、「バイクが動かない」「カギを閉じ込めてしまった」といったトラブルの際に大活躍するのがロードサービスです。
ツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストかなと思います。
加入していない方は、以下記事をご参考にいただくとよいかと思います。
(※下記事は原付用になっていますが、バイクの方にも参考になるかと思いますので、ぜひご参考にください。)

  • ツーリングの装備に興味がある方向け記事

ツーリングには、万全の装備でのぞみたいですね!ツーリングの必要装備についてまとめていますので、以下の記事をぜひご参考にください!
(原付の方向けの記事になっていますが、バイクの方にもご参考にいただけるかと思います。)

  • ツーリングをより楽しみたい方向け記事

~ツーリングしながら会話したり音楽が聴きたい方向け~

~ツーリングの映像が撮りたい方向け~