≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

【原付キャンプ完全攻略!】50ccでアウトドアを楽しむ方法!

原付キャンプ
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 原付キャンプって何が必要?
  • 原付でアウトドアを楽しむ方法は?
タケシ
タケシ

原付でキャンプに行けないかな?

キャンプツーリングの始め方を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、原付キャンプの楽しみ方を紹介するよ!

この記事を読めば、50ccでもアウトドアを存分に楽しめるはず!

ぜひチェックしてみてね!

「キャンプブーム」と言われるほど、最近はアウトドアを楽しむ人が増えてますよね!

BBQやキャンプメシを楽しんだり、自然の中でコーヒーを楽しんだり・・・

キャンプの楽しみ方は千差万別ですが、「原付でもキャンプに行けないかな?」という方も多いはず!

ザック
ザック

原付でキャンプに行けたら最高だよな!

本記事では、原付キャンプの始め方を紹介します!

原付歴15年以上&キャンプツーリングも数こなす僕が、原付キャンプを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

ホットサンドメーカー(ダブル)
ホットサンドメーカーでキャンプ

原付キャンプとは?

近年のキャンプブームに伴い、原付キャンプを楽しむ方も増えてきています。

まずは、原付キャンプについて、基本をチェックしていきましょう!

原付キャンプの魅力!

原付乗るなら、ツーリングを楽しみたいところですが、キャンプも兼ね合わせたらもっと快適に!

ザック
ザック

原付×キャンプなんて、贅沢だよな!

原付キャンプの魅力と言えば、以下のようなものがあるでしょう。

  • 山や川などの自然を感じながらの原付ツーリングが楽しめる!
  • ツーリングを楽しみながら、目的地でアウトドアが楽しめる!
  • ツーリングのランチを自然の中で楽しめる!

原付の楽しさとにキャンプの楽しさを同時に味わえるため、もっと楽しいツーリングになること間違いなしですね!

原付キャンプは道具の積載が必須!

キャンプで存分に楽しもうと思うと、どうしても道具がたくさん必要になります。

テントやテーブル、いす、調理道具・・・

原付でこれらのキャンプ道具を積載しなければなりません。

ただし、原付でもキャンプ道具が運べるよう便利な積載グッズやパーツが多く出ていきます!

いろいろと工夫を凝らして、愛車をカスタムしていきましょう!

コンパクトな道具も多い!

最近は、キャンプ道具もコンパクトで運べるものが出てきてます。

安価な海外製品も品質の高いアイテムがあったりと、原付キャンへのハードルも低くなっています!

リョウ
リョウ

原付キャンプは、男性も女性も、誰にでも楽しめるレジャーとなっているでしょう!

原付キャンプで必要なもの!

キャンプを存分に楽しむなら、「道具」が必須!

アウトドアをがっつり楽しもうと思うと、かなりの道具が必要となります。

ザック
ザック

家族連れでキャンプに出かける人なんかは、車のトランクに多くの荷物積んでるもんな!

~日帰り~

  • テーブル
  • イス
  • 調理道具(グリル、飯ごう、バーナー、包丁、まな板・・・)
  • 食材
  • 虫よけ
    など・・・。

~宿泊~

  • テント
  • シュラフ(寝袋)
  • マット
  • ランタン
    など・・・。

必要に応じて、これらの道具を持っていくことになります!

原付キャンプなら、なるべく少ない荷物にしたいところですが、こういった道具選びというのも楽しみの一つでしょう!

原付キャンプの始め方!

では、原付キャンプの始め方について見ていきましょう!

原付キャンプを始める手順!

原付キャンプにデビューするなら、次の手順で始めていきましょう!

  1. キャンプについて知る
  2. 原付キャンプのやり方を知る
  3. 自分のキャンプスタイルを決める
  4. キャンプ道具をそろえる

⇒ソロまたはマスキャンプツーリングに出発!!

原付キャンプの注意点!

原付キャンプで大切なのは、「いかに荷物を安全に運ぶか」です。

キャンプ場でバーベキューや自炊したりして快適に過ごすためには、大量の荷物になることもありますが、気をつけておくべきポイントは次のとおり!

  • 積み荷は積載制限に注意する!
    • 積載量:50cc以下⇒30kg、50cc~⇒60kgまで
    • 大きさ
      ・長さ:+30cmまで
      ・幅⇒積載装置の幅+30cmまで
      ・高さ⇒2mー(マイナス)積載装置の場所の高さ
    • 積載方法:積載装置+長さ30cm、左右15cm
  • 積み方テクニック
    • 重いものを下に!
      ⇒重心を下にすることでフラつき防止になるのと荷崩れ防止となる。
    • 左右対称に!
      ⇒荷崩れ、ずり落ちを防止する。
    • ツーリングネットやコード・ローブ等で落下防止する!
  • 積載アイテム
    • バックパック
    • リアバッグ
    • リアボックス
    • ツーリングネット、ロープ・コード類
      など・・・。

積み方はとても大事です。

崩れてしまったときに大事故になる可能性もありますし、せっかくの道具が損傷したり、ずり落ちたキャンプ道具がマフラーにあたって溶けちゃったとかはアルアルなので注意しましょう!

▼寒い季節は保温性の高いインナーで快適ツーリング!

アイテム 商品 参考価格
※変更あり
販売サイト
ブレスサーモEXプラス
アンダーウェア
(ミズノ)
3,500円
オススメ!
Amazon
楽天
コンプレッション
インナー
(おたふく手袋)
1,102円
コスパ抜群!
Amazon
楽天
インナーパンツ
(デイトナ)
5,486円
最強防寒!
Amazon
楽天
冬用ロングタイツ
(おたふく手袋)
893円
コスパ抜群!
Amazon
楽天

\通販で人気インナーを探す!/

原付キャンプ道具のおすすめ!

では、原付キャンプ道具の種類とおすすめアイテムをざっと見てきましょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
テーブル2,599円 Amazon
楽天
イス2,560円 Amazon
楽天
テント26,800円 Amazon
楽天
≫キャンプツーリング用テント
タープ8,909円 Amazon
楽天
≫キャンプツーリング用タープ
飯ごう
メスティン
2,180円 Amazon
楽天
≫メスティンおすすめ
トーストメーカー
1,873円 Amazon
楽天
コンロ2,680円 Amazon
楽天
バーナー7,540円 Amazon
楽天
バックパック
(デイトナ)
6,136円 Amazon
楽天
リアバッグ
(シートバッグ)
15,036円 Amazon
楽天
キャリアバッグ7,014円 Amazon
楽天
ツーリングネット
(網タイプ)
1,822円 Amazon
楽天
ツーリングネット
(防水タイプ)
1,332円 Amazon
楽天

\Amazonならバイク用品も豊富!/

キャンプ用品

キャンプ用品で必要ものたちの例を以下に紹介します。

折りたたみテーブル

原付キャンプに、コンパクトにたためるアウトドアテーブルがあると快適!

ツーリング時は小さく収納し、キャンプではしっかりテーブルとしての機能を果たします。

キャンプイス

原付キャンプに、コンパクトにたためるイスはマストアイテムかなと思います。

通常のタイプだけでなく、ロースタイルのものなどさまざまな種類があるので、お好みに合わせて選ぶとよいでしょう!

【通常タイプのイス】キャンプ用品で人気のコールマン製ドリンクホルダー付きアイテム

コールマン(Coleman)
¥2,621 (2024/02/21 22:44時点 | Amazon調べ)

【ロースタイル】キャプテンスタッグも人気アイテムが多いです!

テント

コテージ等を使わずに原付キャンプで宿泊するなら、テントは必須です。

収納時にコンパクトで、1~2人用テントには機能性の高いテントとしておすすめなのは、コールマンのツーリングドームSTです。

コールマン(Coleman)
¥24,800 (2024/02/21 22:44時点 | Amazon調べ)

タープ

タープは、原付キャンプにおいて、「デイキャンプ」等で日差しや雨をしのぐのに活躍します。

おすすめのタープは、DODのライダーズコンフォートタープ!

コンパクトで軽量なアイテムで、キャンプツーリングに最適です!

ポール含めて一式ついてくるため、すぐ使えて簡単便利でしょう。

飯ごう(クッカー)

原付キャンプの代表的な調理道具として、メスティンがあります。

手軽に使えてキャンパーたちから人気の高いアイテムです。

メスティンぐはアルミ製の飯ごうですが、炊飯だけでなく、煮る・蒸すなどのいろんな調理が可能です!

コンパクトな長方形スタイルで、原付キャンプにも持ち運び安くてオススメ!

ホットサンドメーカー(クッカー)

原付キャンプでホットサンドなんてオシャレ!

自然の中で、のんびりとホットサンドをいただくのは快適です!

ホットサンドメーカー
ザック
ザック

案外、簡単に作れちゃうしな!

調理器具

~コンロ~

~バーナー~

コールマン(Coleman)
¥7,898 (2024/02/21 22:44時点 | Amazon調べ)

積載用アイテム

原付キャンプにおいて、道具を運ぶ手段として積載用アイテムは必須!

以下に積載用アイテムの例として紹介します。

バックパック

丈夫なコットン生地と本革で作られたバックパックで、メインの開口部はロールトップとサイドバックルで開閉するタイプです。

メインの収納エリアは、ナイロン生地の防水フィルムが施されていて水を通しません。

リアバッグ(シートバッグ)

原付のリアキャリアに載せることで、手軽に荷物の持ち運びが可能となるリアバッグ!

キャンプなどの荷物が多いシーンには、マストアイテムとも言えます!

手で持ち運びもしやすいキャリアバックタイプもあります!

ツーリング時はリアキャリアに載せ、キャンプでは持ち運びもしやすいので便利!

ツーリングネット

原付キャンプに使えるツーリングネットは「網タイプ」と「防水タイプ」があります。

タナックスはツーリング用品も多く、使い勝手の良い網タイプのアイテムがあります!

容量は、10、30、60、80Lで選べるので、必要のサイズをそろえましょう。

防水タイプなら、デイトナ製のツーリングネットがオススメかなと。

サイズは、M(400mm×500mm)、L(420mm×600mm)の2タイプで選べます。

まとめ

原付キャンプを始めるなら、荷物の準備と持ち運び方法の確立が大事!

あなたのキャンプスタイルをイメージし、まずは必要なキャンプ道具をそろえましょう!

リョウ
リョウ

ツーリングとキャンプが同時に楽しめる原付キャンプ!

基本をマスターし、快適な原付キャンプに出かけましょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
テーブル2,599円 Amazon
楽天
イス2,560円 Amazon
楽天
テント26,800円 Amazon
楽天
≫キャンプツーリング用テント
タープ8,909円 Amazon
楽天
≫キャンプツーリング用タープ
飯ごう
メスティン
2,180円 Amazon
楽天
≫メスティンおすすめ
トーストメーカー
1,873円 Amazon
楽天
コンロ2,680円 Amazon
楽天
バーナー7,540円 Amazon
楽天
バックパック
(デイトナ)
6,136円 Amazon
楽天
リアバッグ
(シートバッグ)
15,036円 Amazon
楽天
キャリアバッグ7,014円 Amazon
楽天
ツーリングネット
(網タイプ)
1,822円 Amazon
楽天
ツーリングネット
(防水タイプ)
1,332円 Amazon
楽天

\Amazonならバイク用品も豊富!/

▼【初心者向け】ラーツ―ならお手軽にキャンプツーリングが楽しめる!

~キャンプツーリングに興味がある方におすすめ記事~

  • 原付キャンプの始め方

  • 原付キャンプでの積載方法

  • キャンプツーリングに必要な道具
  • テントの選び方
  • タープの選び方
  • キャンプのおすすめクッカー「メスティン」
  • プチキャンプとして「ラーツー」もおすすめ!
  • 「コーヒーツーリング」も快適!

~ツーリングをする方にオススメ~

▼バイク保険(任意保険)の未加入は危険!

バイク・原付に乗る方は、任意保険って加入しない方も多いですよね。

「自賠責だけで十分」と思うかもしれませんが、じつは十分な補償が受けられない可能性があるので注意が必要です!

≫バイク任意保険の必要性はこちらで解説!

インズウェブの一括見積もりなら、保険料の最安値がカンタンに把握可能!

まずは、保険料のチェック&加入検討をしておくと良いでしょう。

\無料&簡単に保険料チェック!/

(※タップで公式HPへ)

インズウェブ(バイク保険一括見積もり)

≫バイク用おすすめ任意保険はこちらで解説!

≫原付用おすすめ任意保険はこちらで解説!

▼バイクにロードサービスがあると安心かつ便利!

ロードサービスは、「急にバイクが動かない」「ガス欠」「カギを閉じ込めてしまった・・・」などというトラブル時に大活躍してくれるサービス。

バイク・原付の「急なトラブル」に不安をお持ちの方は、ロードサービス加入を検討すると良いでしょう!

\ロードサービスで安心のバイクライフ!/

安心&充実のロードサービス!(JAF公式)

ロングツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストで加入した方が良いかなと思います!

▼ツーリングの装備を揃えたい方はこちら!

▼ツーリングで音楽が聴きたい方はこちら!

▼ツーリングの映像を撮りたい方はこちら!