≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!

【携帯可能な収納袋付!】持ち運びにおすすめのバイクカバーを紹介!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 持ち運びしやすいおすすめのバイクカバーは?
  • 携帯に便利な収納袋付きバイクカバーってある?
タケシ
タケシ

ツーリングにバイクカバーを携帯したいんだけど。

持ち運びしやすいバイクカバーってあるか?

教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、持ち運びしやすいおすすめのバイクカバーを紹介するよ!

「コンパクト」で「収納袋付き」のアイテムなら、ツーリングにも携帯可能。

出先でもバイクカバーを使いたいなら、ぜひチェックしてみてね!

バイクを雨や紫外線等から守り、盗難防止にも効果的なバイクカバー!

そんなバイクカバーを、「ツーリングに持ち運んで、出先でも使いたい・・・」という方も多いでしょう。

リョウ
リョウ

収納袋で携帯していけば、いつでもバイクカバーをすることが可能!

盗難やイタズラ防止に役立ちます!

本記事では、持ち運びに便利なバイクカバーのおすすめを紹介します!

原付歴15年以上&バイクカバーを愛用する僕が、携帯可能なカバーを徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

駐輪時のバイクカバー
駐輪時のバイクカバー

【携帯で安心!】バイクカバーを持ち運びするメリット!

まずは、バイクカバーを持ち運びするメリットから見ていきましょう!

  • ツーリング先でもバイクカバーできる
  • 自宅から出発する際も置き場所に困らない

出先でもバイクカバーできる

バイクカバーが持ち運びできれば、通勤やツーリング先でのバイク保管も安心です。

  • 駅前駐輪場での盗難防止
  • 青空駐車場での雨・紫外線防止
  • 宿泊ツーリングでの夜間の盗難・いたずら防止

などなど!

バイクは「盗難被害」も多く、裸のまま駐車しておくのは不安という方も多いでしょう。

リョウ
リョウ

バイクカバーが携帯できれば、いつでもどこでも愛車を守ることができます!

自宅からの出発時に置き場所に困らない

自宅での駐輪時にバイクカバーをする方は、出発時の「カバーの置き場」に困ったことがあるかと思います。

  • 玄関まで置きに行く?
  • 駐輪場のポールや柵にかけておく?
  • 駐輪場・駐車場に置いておく?
バイクカバー置き場
バイクカバー置き場

出発時のバイクカバーの取り扱いは、何かと面倒になるもの。

バイクカバーを携帯するなら、そのまま持ち運べばOKなので楽チンです。

【持ち運びできる!】バイクカバーの選び方!

バイクカバーは、持ち運びできればツーリング先でも安心!

選び方のポイントをチェックしていきましょう!

持ち運びしやすいバイクカバーとは?

バイクカバー収納袋
バイクカバー収納袋

バイクカバーの中でも、持ち運びしやすいアイテムは次のとおり!

  • 軽量コンパクト
  • 収納袋付き

通勤・通学・ツーリング等で、バイクカバーを携帯するなら、軽量コンパクトのものがオススメ!

一つの選択肢として、ハーフカバーを選ぶというのもありです。

ザック
ザック

バイクカバーを持ち運ぶと、意外とかさばるからな。

「使い捨て」的な感じでいいなら、100均のアイテムもありだぜ!

ただし、「軽量⇒カバー生地が薄い」ことになるため、耐久性や防水性が損なわれる可能性があります。

日常的にバイクカバーを使うなら、あまり薄い素材は適さないので、丈夫な生地収納袋が付いたアイテムを手に入れると良いでしょう!

リョウ
リョウ

多少かさばっても、しっかり折りたためば、リアボックスやメットイン(シート下)に収納できます!

バイクカバーは、「雨」や「砂ぼこり」等で表面が汚れやすいので、収納袋付きのものが持ち運びやすいでしょう!

バイクカバー収納
バイクカバー収納

バイクカバーの基本的な選び方!

バイクカバーを選ぶ際に、チェックしておくべきポイントは以下のとおり!

▼選び方のポイントを詳しく知りたい方はこちら!

リョウ
リョウ

バイクカバーには、さまざまな機能性があります。

機能性が付くほど値段も高くなるので、あなたの利用シーンをイメージして、必要な機能を持ったバイクカバーを選ぶと良いでしょう!

【経験談】バイクカバー選びで重要なポイント!

バイクカバー選び方のポイントはたくさんあるため、

「見るポイントがありすぎて分からない・・・」

という方も多いかと思います。

リョウ
リョウ

僕が実際にバイクカバーを使っていて、とくに注意した方がいいなというポイントを以下にまとめます!

  • 耐久性
    ⇒すぐ破れないしっかりしたもの
  • 防水性
    ⇒雨がしみ込んでこないこと
  • 風飛び防止(簡単にできるか)
    ⇒バックルやゴムで簡単固定できるか
  • サイズ感
    ⇒自分のバイクに合うサイズか

最低限、この4点は満たしておくものがよいかと思います。

あとは、お好みに合わせて!

盗難防止用のチェーンロック穴なんかは、そもそもチェーンロックしない方も多いでしょうし、通気性がなくても、雨がやんだらカバーをとって乾かしてあげるなどすればOKです。

機能面が充実していれば値段も高くなりますし、どこまで機能性を求めるかが大切!

使用シーンをよくシミュレーションし、あなたのバイクにぴったりのバイクカバーを選んでいきましょう!

【収納袋付!】持ち運びできるおすすめバイクカバー!

では、持ち運びに便利なおすすめのバイクカバーを紹介していきます!

収納袋付きなどのパッカブルなバイクカバーも多くあるので、あなたにぴったりのアイテムを手に入れましょう!

ヘルメットタイプ
参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
8,578円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
耐熱&コスパ!
3,980円 Amazon
楽天

(レイト商会)
24,750円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Favoto)
コスパならこれ!
2,880円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Barrichello)
5,790円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/

ブラックカバーWRライト(デイトナ) ⇒オススメ!

ライダーに人気のデイトナ製バイクカバー!

デイトナバイクカバーの中でも、雨に強い「ウォーターレジスタント(WR)シリーズ」のライトバージョンです。

耐水圧20,000mm&縫製ライン裏の止水処理で浸水防止しているため、大雨にも耐えてくれます。

耐熱パットが付属されるので、エンジン・マフラー接触部に貼り付け、熱から守ることも可能!

やや値段は高くなりますが、機能性の高いバイクカバーでオススメです!

リョウ
リョウ

防水性の高さならコレですね!!

大きめの収納袋付きだから、ラフにカバーをたたんでも携帯できます!

~特徴~

  • 耐久性
    特殊素材生地で雨に打ち勝つ高耐久・耐水性。
  • 防水性
    耐水圧20,000mm。縫製ライン裏の止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    左右ミラー部から湿気を排出し、通気性を良くするエアベント機構。
  • 耐熱性
    付属の耐熱パッドを貼り付けて、エンジン・マフラーの熱から守る!
    ※マフラーが300℃以上の高温となり、熱が伝わる可能性があるため、冷ましてからカバーをかけることを推奨。
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止。左右どちらからも取り外し可能。
    • 後部の縛り紐で風飛び防止。面ファスナーで固定。
    • 前後のアジャスターコードで絞ることができ、バタつき防止。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロック用のチェーンホール装備。
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    M~4L・オフロード・ビッグスクーター用など
    ※適合車種表・サイズ表をチェック!
    ※トップケース装着車用もあり!
AmazonHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”

溶けないバイクカバー(creer) ⇒耐熱&コスパ!

楽天市場で人気の溶けないバイクカバーです。

厚手&耐熱仕様で、ライディング後のバイクボディ保護に最適!

creerは自転車カバーでも人気であり、「品質の良さ」に良いレビューは多いでしょう。

生地は300Dの厚手素材に、高撥水性&止水加工で、雨からバイクをしっかり守ります。

裏打ちの耐熱生地もあり、熱いマフラーに触れても溶けないのは使い勝手の良いポイント。

湿気排出ダクト搭載しているのも、カバー内のムレやサビ抑制に最適です!

リョウ
リョウ

ツーリングから帰って、「マフラーを冷ましてからバイクカバー」というのは、面倒に感じる方もいます。

走行後にすぐカバーできるというのは、大きなメリット!

収納袋付きで、持ち運びも可能です!

~特徴~

  • 耐久性
    300Dの厚手生地で丈夫
  • 防水性
    耐水圧3,000mm。撥水加工&止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    湿気排出ダクト搭載!
  • UVカット
    UVコーティング
  • 耐熱性
    耐熱裏打ち生地(走行後すぐにカバー可)
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止
    • 絞りゴムで車体にフィット
  • 盗難防止ロック穴
    前後に直径40mmのロックホール
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    • 2L:225×105×133cm
    • 3L:240×105×140cm
    • 6L:255×110×140cm
引用:楽天市場

匠(レイト商会)

レイト商会の高級バイクカバー「匠」。

値段は高いですが、最高級の素材を使った高機能バイクカバーです!

素材はポリエステルOX250Dとなっており、UVに強く、高耐久性を持ちます。

また、後部内側ブラックのインナーは熱に強い素材で、停車後のエンジンやマフラー等に触れてもOK。

バイクカバーに欲しい機能はしっかり備えており、使い勝手の良いバイクカバーでしょう!

収納袋も付いて、持ち運びも可能です。

~特徴~

  • 耐久性
    ポリエステルOX250D。UVに強く、高耐久性。
  • 防水性
    縫製はダブルステッチで雨水の進入を軽減。
  • 通気性
    両サイド面にエアベント。
  • 耐熱性
    後部内側ブラックのインナーは、熱に強い特殊素材「ブロード」。エンジン・マフラー等に触れてもOK!
    ※アウターカバーは熱で溶けるため注意。
  • 操作性
    • 飛散防止用のセンターベルトは左右どちらからでも脱着可能。
      ※センターベルトはアドバンスインナー素材を使用しているため、防炎&マフラー熱でも溶けない。
    • スソ絞りコードを前後に装備、強風に耐えられるダブルストッパーとなっている。
    • 脱着時に便利な取っ手付き(前2か所、後ろ1か所)
  • 盗難防止ロック穴
    前後の大型ロックホール。
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    L・LL・BOXタイプ・スポーツタイプなど
引用:Amazon

バイクカバー(Favoto) ⇒コスパ重視ならオススメ!

Amazonでもベストセラー1位となったことがある売れ筋のバイクカバー。
(※2022年6月など)

安価なバイクカバーで手に入れやすいですが、大きめサイズのみなので、バイク車種は選ぶ必要があるでしょう!

収納袋付きのバイクカバーで、持ち運びに便利!

風飛び防止として、カバー前後にバックル&車体中央に防風ベルト(2.5m)が付き、裾ゴムで絞られるようになっているため、バイクへのフィット感も良好です。

また、オックス生地に多層コーティングをしてあり、防水・撥水性にすぐれるとともに、裏面の銀メッキにより紫外線も大きくカット。

耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバーです!

保証付きでしっかり対応してくれるとの評価が多いですし、コスパ、機能面でもオススメ!

~特徴~

  • 耐久性
    オックス生地で耐久性高い。耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバー。
  • 防水・撥水性
    生地に防水、縫製糸に撥水加工。ダブルステッチ&防撥水コーティングで、雨がしみこみにくい。
  • 操作性
    • カバー前後にバックル付。
    • センターベルト装備。
    • 簡単に掃除が可能!
      ⇒水かけてタオルで拭くだけ!
  • UVカット。
  • 盗難防止ロック穴:前輪
  • 収納袋付き!
  • 永久保証付き!
  • サイズタイプ選べる!
    ⇒220(or245・265・295)×105×125cm

バイクカバー(Barrichello)

最高級オックス300D生地を採用、二重縫製で仕上げており、高い強度を持つバイクカバー。

オックス300Dは、キャンプ用テントシートにも採用される高い撥水性をもつ高級素材で、あなたのバイクをしっかり守ってくれるでしょう!

収納袋付きで持ち運びにも便利。

ベンチレーションダクトや生地の透湿性も備え、カバー内部に湿気がこもるのを防いでくれます!

~特徴~

  • 耐久性
    最高級オックス300D生地を採用。二十縫製で強度も増。
  • 防水性
    高い撥水性。
  • 通気性
    ミラー部あたりにベンチレーションダクトあり。生地にも透湿性あり。
  • 操作性
    中央部にワンタッチベルト装備。風飛び防止。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に盗難防止ワイヤーロック用のロックホール。
  • 収納袋付き!
  • カラー
    ブラックのほかにシルバーもあり。
  • サイズタイプ選べる!
    M~7L

まとめ

バイクカバーは、通勤やツーリング時に携帯すれば、出先での駐輪時も安心!

持ち運びに便利な収納袋付きのバイクカバーも多くあるので、あなたにぴったりのアイテムを手に入れましょう!

ヘルメットタイプ
参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
(デイトナ)
オススメ!
8,578円 Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
(creer)
耐熱&コスパ!
3,980円 Amazon
楽天

(レイト商会)
24,750円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Favoto)
コスパならこれ!
2,880円 Amazon
楽天
バイクカバー
(Barrichello)
5,790円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/