夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

Uber Eats の配達で使える車両は?【原付OK!注意点含めて解説!】

原付の基礎
スポンサーリンク

~本記事で解決すること~

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)で使える車両は?
  • Uber Eats で原付などを使うときの注意点は?
タケシ
タケシ

お金がない、どうしよう。

配達しなきゃ。

・・・原付つかえるのかな?

リョウ
リョウ

どうしたんだい?

何かあったの?

タケシ
タケシ

Uber Eats の配達で仕事しようと思ってるんだけど、原付で配達してもいいのかな?

教えてくれよ!

リョウ
リョウ

そういうことね!

Uber Eats で使える車両について解説するよ!

もちろん原付もOKだけど、注意点もあるからしっかりマスターしておいてな!

Uber Eats とは、配達パートナーにより料理をデリバリーする宅配サービスです。

都市によっては、街中で大きなリュックを背負って配達してる風景を見かけたりするのではないでしょうか?

配達パートナーは自転車に乗っている人やバイクに乗っている人などがいますが、実際に自分が配達パートナーとして配達する場合、「どんな車両を使っていいの?」って疑問に思いますよね。

そんな疑問にお答えするため、本記事では、Uber Eats で使える車両と、車両を使うときの注意点を紹介していきます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats で使える車両は?注意点は?

Uber Eats で使える車両は次の4種類です。

◎自転車
◎原付(125cc以下)
◎バイク(125cc超)※事業用登録必要
◎軽貨物※事業用登録必要

軽貨物は、軽自動車とは異なりますので注意してください。軽貨物とは、軽バンや軽ボンネットバン、軽トラもそうですね。

「なぜ軽貨物なんだろう?」と思うかもしれませんが、Uber Eats の配達パートナーは個人事業主であり、軽貨物運送業(貨物軽自動車運送事業)として配達を行います。
軽貨物運送業は車の用途が貨物になっていないといけませんので、軽貨物を使うことになります。

そして、軽貨物と125cc以上のバイクも含めて、軽貨物運送業のくくりになり、事業用登録しないと配達できないことになっているのです。

事業用登録をすると、いわゆる黒ナンバー、緑ナンバー(事業用ナンバー)をつけることになります。

  • 軽貨物⇒黒色のナンバープレート
  • 125cc以上のバイク⇒緑色のナンバープレート

事業登録は基本的に届出だけですので、難しいことはありません。

もし、営業用登録をしていない車や、軽自動車などで配達すると、Uber Eats の規約違反だけでなく法律違反にもなりますので、注意しましょう!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats で使いたい車両が決まったら登録しよう!

屋根付き原付のイラスト

Uber Eats で配達を始めるには、アカウント登録し、利用したい車両を1つだけ選びます。
ここで登録した車両以外は使うことができません。

また、車両は複数登録することができませんので注意が必要です。
登録後に車両を変更することは可能となります。

▼Uber Eats の配達パートナー登録はこちら!
(※車両登録は後からでも変更可能ですので、まずは可能な配達手段で配達を始めてみると雰囲気がつかみやすいでしょう!)

Uber Eats の各車両の登録に必要な書類は?

免許証のイラスト

では、各車両を使う場合、登録に必要な書類をまとめてみましょう!

~車両登録に必要な書類~
※書類はオンラインでアップロードする

  • 自転車
    • 身分証明書(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)
    • プロフィール写真
  • 原付(125cc以下)
    • 運転免許証
    • 自賠責保険証書
    • ナンバープレートの写真
    • プロフィール写真
  • バイク(125cc超)軽貨物
    • 運転免許証
    • 車検証または軽自動車届出済証
    • 自賠責保険証
    • 任意保険または自動車共済証書
    • ナンバープレートの写真
    • プロフィール写真

※外国籍の方は別途必要書類がありますので、公式HPで確認しましょう。

基本的に、登録はオンラインでしますが、車両を変更したい場合はパートナーセンターまで行く必要がありますので、利用する車両をきちんと選んで登録しましょう!

▼Uber Eats の配達パートナー登録はこちら!
(※車両登録は後からでも変更可能ですので、まずは可能な配達手段で配達を始めてみると雰囲気がつかみやすいでしょう!)

Uber Eats の配達仕事はバッグの準備が必要!

引用
Uber Eats

Uber Eats の配達で使うバッグは、現在、Amazonで販売されているバッグを購入するようになっています。
(※2021年3月現在。以前は、パートナーセンターで本登録手続き後に、受け取っていました。)

そのため、Uber Eats の配達のためには、自分で「Uber Eats 配達用バッグ」を準備しなければなりません。

「在庫切れで手に入らない・・・」などとなってはいけませんので、早めに準備しておくと安心ですね!

created by Rinker
K I
¥11,000 (2021/08/04 07:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

▼Uber Eats の配達パートナー登録はこちら!
(※車両登録は後からでも変更可能ですので、まずは可能な配達手段で配達を始めてみると雰囲気がつかみやすいでしょう!)

まとめ

おさらいしましょう。

~Uber Eats の配達で使える車両~

  • 自転車
  • 原付(125cc)
  • バイク(125cc超)※事業用登録必要
  • 軽貨物※事業用登録必要

⇒車両は登録が必要。登録した車両以外での配達はNG!

自分に合った車両を選んで、Uber Eats での配達を始めましょう!

▼Uber Eats の配達パートナー登録はこちら!
(※車両登録は後からでも変更可能ですので、まずは可能な配達手段で配達を始めてみると雰囲気がつかみやすいでしょう!)

~Uber Eats の配達は電動自転車もあり!~

原付での配達を考えていたけど、「自転車の方が配達しやすいかな」という方は、電動自転車なら楽ちん!

最近、街中でも乗っている人をよく見かける電動自転車ですが、一台持っておけば、配達もプライベートでも活躍すること間違いなしです!

自転車なら、配達パートナーへの登録もより簡単ですね。

▼自転車通販サイトなら、年間売上No.1(※【cyma】 HP参照)のcymaがおすすめ!

自転車通販サイト【cyma】

~原付に乗る方におすすめ記事~

  • 任意保険に入ってない方向け記事

任意保険って加入していますか?入らない方も少なくないですし、任意保険の保険料もばかにはならないですよね。
でも、自賠責だけだと万が一のときに十分な補償が受けられない可能性があるので注意です!
一度、下記事を参考に検討だけでもしてみるとよいかと思います。

  • ロードサービスに加入していない方向け記事

ロードサービスって何か加入していますか?
通勤や通学、旅先などで、「原付が動かない」「カギを閉じ込めてしまった」といったトラブルの際に大活躍するのがロードサービスです。
ツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストかなと思います。
加入していない方は、以下記事をご参考にいただくとよいかと思います。

  • 原付でツーリングができる!?もっと原付ライフを楽しもう!

  • 原付の装備を整えて快適なツーリングを!

  • 原付ツーリングのおすすめスポットはこちら!!