≫夏のバイクグッズ特集はこちら!
本サイトはPRが含まれる場合もあります

【Vストローム250の造りがヤバイ】の真相究明!その実態を徹底解説!

バイクおすすめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
リョウ

原付歴18年&大型二輪免許を持つ岐阜のバイクブロガーです。
原チャにて、【北は青森・南は鹿児島】まで岐阜からツーリングした経験があります。
バイクブログ『ライドミー原チャ』を5年以上運営し、これまでに書いた記事は750記事以上。
培ってきた実経験をもとに、バイク初心者にもタメになるサイト運営を目指しています!
日本一周ツーリングにチャレンジ中!あとは四国ツーリングのみ!

リョウをフォローする

~本記事のテーマ~

  • Vストローム250の造りがヤバイって言われるのは本当?
  • Vストローム250購入前の注意点は?
  • Vストローム250ってどんなバイク?
タケシ
タケシ

Vストローム250が気になってるんだけど、造りがヤバイって本当か?

ただのウワサだといいけど、実際のところどうなのか教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、Vストローム250の造りがヤバイ問題を分析してみるよ!

購入を検討するときに、「造りがヤバイ」と言われてるのは気になるよね。

その真相を徹底検証するから、購入で迷ってるならぜひチェックしてみて!

Vストローム250は、スズキから販売されているアドベンチャーバイクの人気車種!

購入を検討する方も多いかと思いますが、「造りがヤバイ」なんてワードを発見して、不安をお持ちの方も多いでしょう。

ザック
ザック

検索すると、「Vストローム250の造りがヤバイ」なんて、ド直球で出てくるよな・・・

真相が知りたいぜ。

本記事は、Vストローム250の造りがヤバイ問題について紹介します。

原付歴15年以上&大型二輪免許を持つバイク好きの僕が、Vストローム250を徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

【Vストローム250の造りがヤバい】の真相とは?

まずは、Vストローム250の造りがヤバイ問題について、真相を調査していきましょう!

リョウ
リョウ

「造りがヤバイ」というワードには、その引き金となったことがあるようです。

そもそも「造りがヤバイ」口コミの大元があった!

そもそもの話ですが、「Vストローム250の造りがヤバイ」というワードは、次のような点が原因。

  • テールランプの取り付け具合
  • 締め付けボルト類の質や精度

などなど

つまり、車両の造りが雑とのこと。

ただ、ライダーによっては、「不満を感じてない」「何もしないで乗る分には不満ナシ」といった声もあります。

ザック
ザック

この強烈なワードに、みんな乗っかって口コミするからな。

検索にも出てくるわけだぜ・・・

また、バイク自体が「年々改良されている」こともあるので、現状だと、「Vストローム250の造りがヤバイ」というワードが独り歩きしてる感はあるかもしれません。

造りが雑でヤバイのか?

Vストローム250の造りについて、「雑」「ヤバイ」と評価する声を調査してみました!

その結果、「Vストローム250」と「ヤバイ」という表現での悪評は見つけられませんでしたが、「造りが雑」という旨の口コミは見られました。

リョウ
リョウ

バイクカスタム好きな方など、細かいところを見るライダーから、「雑」と感じる声はあるかなという印象です。

実際に、Vストローム250に乗ってて、「致命的な欠陥があった」という声はなかなか見かけず、ライディングを楽しんでる声は多いかと。

おそらく「個体差」はあるのかと思いますが、「造りがヤバイ」声がある以上、そういった車両も存在するのかもしれません。

ちなみに、「ヤバイ」という表現では、好評価の声があります。

中国製で安価なのが印象に影響?

Vストローム250は、公式サイトで「製造国:中国」となっています。

しかも、250ccクラスのアドベンチャーとしては、安価な価格帯になるので、「造りがヤバイ」印象があるのかもしれません。

リョウ
リョウ

中国製でも良い品質のものはあるし、一概にヤバイとは思いませんが、印象から来てる面もあるのでしょう。

【Vストローム250】造りがヤバイことの問題点!

「Vストローム250の造りがヤバイ」について、実際に購入した場合に生じる問題点を洗い出してみます。

造りがヤバイと起きる問題点!

Vストローム250を購入して、「造りがヤバイ」ときの問題は次の点!

  • エンジンがかからなくなる
  • パーツが破損する
  • カスタム時にパーツ付け外しに困る

Vストロームで造りがヤバイときには、以上のような問題が考えられます。

個体差や乗り方によっては、「エンジンがかからなくなる」というヤバイ結果もあるかもしれません。

エンジンがかからない原因としては、次の点が考えられます。

  • バッテリー不具合
  • ガソリン入れすぎ
  • カーボンの影響
  • 電子制御の問題

などなど

ザック
ザック

ただ、この「エンジンがかからない」っては、頻発するとSNSではかなり加熱するよな!

あまりそういった声が無いのは、個体差の影響が大きいのか・・・

あとは、ボルト類の取り付け精度面。

サビやボルト舐めが起きたりすると、カスタムする際などに不具合が出るかもしれません。

こういったときは、バイク屋さんに相談すると良いですね。

個体差にヤバイと感じるのは不要!

「Vストローム250の造りがヤバイ」との口コミを調査した結果、ちょくちょく見られるというところでした。

現在はSNS社会、「ヤバイ」なんて声はどんどん拡散されますが、Vストロームに関して、加熱感のなさっぷりを見ると、個体差の影響が大きいのかと。

バイクは、かなりの数が作られており、この「個体差」にヤバいと感じるなら、他のメーカー・車種も同じです。

ザック
ザック

どうしても、造りがヤバイ車両って出てくるよな。

これが全く許容できないなら、バイクに乗れないぜ!

Vストローム250は、「個体差」という観点で見れば、不良品は多くはありません。

SNS等をチェックしてみても、満足のライディングをしてるライダーはたくさんいます。

Vストローム250の造りがヤバかったときの対処法!

Vストローム250の造りがヤバかったときの対処法も、チェックしておきましょう!

リコール

まず、Vストロームで、根本的な欠陥製品が出たときは、リコールが行われます。

その場合は、SUZUKIからも公式発表があるので、無償修理が可能です。

≫スズキHP「リコール等情報」

最寄りのスズキ販売店に行きましょう!

スズキの2年保証!

スズキは、新車バイクに2年間のメーカー保証が付きます。

保証対象部分についての不具合には、無料での修理が可能です。

「2年では不安」という方は、さらに「最長2年間」まで延長保証もできます。
(※参照≫スズキ「バイク延長保証」

ちなみに、スズキワールドでの126cc以上の新車購入なら、3年保証です。

リョウ
リョウ

バイクは、慣らし運転⇒本運転になるので、1年単位で不具合が出てくる可能性はあります。

スズキでは、手厚い保証がついてるので安心でしょう!

じつはVストローム250の造りはヤバくない!

「Vストロームの造りはヤバイ?」との声はありましたが、じつはヤバくないと言えるでしょう。

リコールは実質ナシ?

Vストローム250は、「リコール」という点からすると、2017年の登場から1件のみ。(2023年12月現在まで)

このときは、実質リコールではない(?)ですが、サービスキャンペーンとして不具合品の無償修理を実施しています。
(※スズキ「Vストロームサービスキャンペーン」

スズキHP

2018年8月21日発表のものですが、エンジン制御コンピューターの故障診断プログラムに不具合があったとのこと。

これはバイク自体の故障ではなく、正常なのに「故障した」ようにランプが点灯しちゃうというものでした。

ザック
ザック

誤作動が起きると不安になってしまうよな・・・。

ただ、それ以降はリコールもないし、他のバイクだとリコールが起きてるものもあるから、「Vストローム250の造りがヤバイ」とは言えないな。

長く乗れて楽しんでる声もある!

Vストローム250で、楽しくライディングを続けている声はたくさん見られます。

「造りがヤバイ」との声があるのは捨てきれませんが、快適なツーリングが楽しめる車種といえるでしょう。

Vストローム250のヤバイ魅力!

スズキHP

Vストローム250は、じつは魅力の面でもヤバイです!

造りやスペックの魅力について、見ていきましょう!

リョウ
リョウ

Vストローム250は、250ccクラスのアドベンチャーバイクとして人気車種の一つ!

その理由を探ってみましょう!

スペック

Vストローム250
バイクスタイル
車名・型式 8BK-DS12E
全長(mm) 2,150mm
全幅(mm) 880mm
全高(mm) 1,295mm
軸距(mm) 1,425mm
最低地上高
(mm)
160mm
シート高
(mm)
800mm
車両重量
(kg)
191kg
エンジン型式 J517
エンジン種類 水冷・4サイクル・2気筒
/SOHC・2バルブ
総排気量
(㎤)
248c㎥
最高出力
(kW[PS]/rpm)
18kW[24PS]
/8,000rpm
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
22N・m[2.2kgf・m]
/6,500rpm
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
タンク容量 17L
メーカー希望小売価格
(消費税10%込)
646,800円

※参照≫スズキHP

スズキのアドベンチャーツアラー

スズキ

スズキのVストロームは、250~1050ccまでの排気量ラインナップ!

~Vストロームシリーズ~

  • Vストローム250・・・248cc
  • Vストローム650・・・645cc
  • Vストローム1000・・・996cc
  • Vストローム800DE・・・775cc
  • Vストローム1050・・・1,036cc

Vストローム250は、小排気量のモデルになり水冷2気筒エンジンを搭載。

街乗りからロングツーリングまで対応します!

リョウ
リョウ

通勤・通学などにも利用でき、使い勝手の良いバイクといえるでしょう!

スタイルが魅力!

スズキ

Vストロームは、シリーズを通して「鳥のくちばし」のようなデザインが特徴的。

中でも、Vストローム250は、一番小排気量250ccクラスのバイクですが、質感は大型アドベンチャーにも引けをとりません!

躍動感のあるスタイルで快適なツーリングが可能でしょう!

ザック
ザック

つい走り出したくなるバイクだぜ!

燃費良好!

Vストローム250は、燃費性能も良好。

他社の250ccアドベンチャーと比較しても、引けを取りません。

Vストローム250
(スズキ)
ヴェルシスX250
ツアラー
(カワサキ)
CRF250ラリー
(ホンダ)
バイク
燃費(参考) 38.9km/L 24.8km/h 47.5km/h

ガソリン満タンから約500kmを無給油で走破可能とも言われ、なかなかヤバイですよね。
(※タンク容量17L×燃費30km/L超)

実燃費としても、実際にVストローム250に乗るライダーの声から、30km/L超だったとの声はあります!

▼伊豆半島ツーリングで燃費33.5km/L
(⇒信号あまりない道かなと!)

▼燃費37.3km/L

価格がヤバイ!

Vストローム250は、アドベンチャーモデルの中でも、コスパ良好です。

Vストローム250
(スズキ)
ヴェルシスX250
ツアラー
(カワサキ)
CRF250ラリー
(ホンダ)
バイク
価格 646,800円 726,000円 764,500円

アドベンチャーモデルを検討している人にとって、手に入れやすい価格で、機能性の面をみても選択する理由になるのでしょう。

ザック
ザック

お手ごろ価格だな!

人気の出る理由の一つだぜ!

ツーリング機能がヤバイ!

スズキ

Vストローム250は、ウインドスクリーンとナックルカバーが標準装備。

通常、オプション品となる場合が多いアイテムですが、初期装備なのは嬉しい仕様です。

ザック
ザック

コスパも良くて、ツーリングに快適な機能が充実・・・

やっぱり、”造りがヤバい”理由はココにもあるぜ!

人気車種!

Vストローム250は、250ccクラスで人気の車種です!

▼グーバイクランキング
(※2023年11月時点)

2017年の登場以来、人気が継続しており、Vストロームでのツーリングを楽しむライダーは多いでしょう!

まとめ

「Vストローム250の造りがヤバイ」というのは、個体差があるのかと。

基本的には、街乗りやロングツーリングにも対応した人気の車種といえます!

万が一の場合は、メーカー保証や延長保証も利用可能。

安心のバイクライフが送れるでしょう!

Vストローム250関連記事

おすすめアイテム

Vストロームにおすすめのバイクカバーはこちら!

Vストローム250への買い替えで注意すべきこと

バイク買い替えの際、よく「下取り」を利用する方もいるかと。

結論、下取りは、注意しないと買い叩かれる可能性も大です。

  • 下取りだと他社での売却額と比較できない
  • 「下取りなら○○円お得」などのキャンペーンにだまされやすい
  • 買取業者ならもっと高く売れる可能性がある!

そのため、まずはバイク王バイク館イエローハットなどの買取業者に、無料おためし査定を依頼して、バイク価値をチェックしてみましょう!

リョウ
リョウ

ネットから簡単に申し込めて、無料で出張査定までしてくれます!

自宅で査定を受けて、納得いく金額ならそのまま引き取ってくれるので楽チンでしょう。

\バイク王で無料おためし査定!/