女性から男性へのクリスマスプレゼント特集はこちら>>

【大学生向け】原付のおすすめを紹介します!

原付のおすすめ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

弟が大学生になったんだけど、原付を買いたいって言ってるんだ!
おすすめの車種はあるかぃ?

リョウ
リョウ

OK!
大学生におすすめの原付を紹介するよ!

本記事では、大学生向けに原付のおすすめをジャンル別で紹介していきます。僕も大学生時代には原付に乗っていて、実際に原付ユーザーの友人と、あーだこーだ言いながら車種を選んでいましたので、大学生におすすめの車種は詳しい方だと思います。
大学生のあなたにとって、この記事が原付選びの参考になると思いますよ!

大学生に原付をおすすめするならこれ!

大学生が原付を選ぶとき、特に重視したいポイントは次の感じかなと思います。

◎値段
◎燃費
◎デザイン

僕も経験ありますが、学生時代はあまり大きなお金を使えないので、「とにかく安さ重視で乗れれば良い」という方や、「燃費が少しでもいい方が・・・」という方が多いのではないでしょうか?あと、せっかくの学生生活なので、「できるだけおしゃれに乗りたい」と思う人もいますよね!

そんな大学生向けにおすすめの原付がありますので、参考にしてもらえたらと思います。
※以下、おすすめ原付紹介に記載されている燃費は、カタログ上の30km/L定地走行テスト値です。

【大学生向け】原付のおすすめ➀:値段重視

まずは、値段の面から厳選して紹介します。

原付はだいたい20万前後の初期費用がかかってしまうので、少しでも安ければ助かると思います。10万円台で購入できる原付を集めてみましたので紹介します。

ジョグ(ヤマハ)

スマート仕様で、スタンダードな感じの原付です。ジョグシリーズは、手軽感もあって使い勝手がいいです。大学生になって原付デビューという方には、ぜひおすすめです!

ジョグの画像
YAMAHA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/
ジョグの画像

メーカー希望小売価格は155,000円(車両本体価格、税抜)、燃費はカタログ上80km/Lと低燃費で、タンク容量は4.5Lです。ランクを上げたジョグDXは167,000円(車両本体価格、税抜)と少し高くなりますが、アイドリングストップ機能や座面シートがグレードアップするなど、機能面が上がります。

レッツ(スズキ)

レッツは値段が安く10万円台で買うことができますので、大学生にはぜひおすすめです。

商品コンセプトは、「いたずらに流行を追いかけない。」「使いやすく、本当にいいものを。」という使いやすさを重視した原付ですが、スタンダードなデザインなのでファッションも合わせやすいです。

レッツの特徴は気軽感だと思いますので、大学生になってちょっと原付乗ってみたいなーとか初めての原付デビューという方に、とてもおすすめの車種です。

SUZUKI HPより引用
”https://www.honda.co.jp/

メーカー希望小売価格は151,000円(車両本体価格、税抜)、燃費はカタログ上66km/L、タンク容量は4.8Lとなっています。

ディオ(ホンダ)

ディオは値段が安く10万円台で買うことができますので、大学生にはぜひおすすめです。ただ、2016年に生産終了となってしまったため、今出回っているものを中古車等で購入するしかありません。

スタイリッシュなデザインと充実した装備で人気を誇ったディオ。乗りやすい原付なので、原付デビューしてみたいという方にもおすすめの車種です。

HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/

メーカー希望小売価格は152,000円(車両本体価格、税抜)、燃費はカタログ上73km/L、タンク容量は4.6Lとなっています。中古車なら10万円前後でも買えますが、よく物を見ましょう!

【大学生向け】原付のおすすめ➁:男子学生におすすめ車種

男子学生におすすめの原付を紹介します。大学生向けなので、デザインや燃費を重視して厳選したいと思います。

スーパーカブ50(ホンダ)

原付の王道車種です。スーパーカブユーザーの間では「カブ主」と称することもあり、スーパーカブ愛好家がたくさんいるのが現状です。特徴としては、燃費がカタログ上で105km/Lという超低燃費の車種です。これだけの燃費の良さは、学生にとっては心強いですね!

スーパーカブの画像
HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/”

スーパーカブは1958年に誕生し、このシリーズは生産台数1億台を超えたとされています。親しみやすい愛着がわくデザインで、不動の人気を誇ります。

メーカー希望小売価格は215,000円(車両本体価格、税抜)で、タンク容量は4.3Lです。価格は安い方ではないですが、まあ標準くらいなので、初期費用がかけれるようであればおすすめですね。

ダンク(ホンダ)

ヘッドライトがボディに組み込まれており、シンプルさと存在感を融合しています。スーツを着ることがあれば、原付ともマッチしそうですね!

原付ダンクの画像
HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/”

※⇧このカラーは、204,000円(税別)

原付ダンクの画像

メーカー希望小売価格は199,000円~(車両本体価格、税抜)、燃費はカタログ上75.3km/L、タンク容量は4.5Lです。

男子におすすめですが、実は女子向けのカラーもあっておすすめです。かわいいですよね!

HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/”

【大学生向け】原付のおすすめ③:女子学生におすすめ車種

女子学生におすすめの原付を紹介します。大学生向けなので、デザインや燃費の面を重視して厳選したいと思います。

リトルカブ(ホンダ)

スーパーカブ50に比べて、タイヤサイズとシート高を下げたタイプで、カブに乗りたい女性におすすめです。燃費はカタログ上113km/Lとかなりの低燃費で、財布に優しいですね。

リトルカブの画像
HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/”
リトルカブの画像

メーカー希望小売価格は200,000円~(車両本体価格、税抜)ですが、生産終了モデルとなっているため、通販サイトなどで新車または中古車を手に入れることになります。タンク容量は3.4Lとやや小さめです。

ビーノ(ヤマハ)

ポップな外装で、おしゃれで乗りやすい原付です。デザイン的に女性ファンが多く、人気ですよ。学生の頃、女の子の友達も乗っていて、おしゃれな感じでした。

原付ビーノの画像
YAMAHA HPより引用
”https://www.yamaha-motor.co.jp/”
原付ビーノの画像

メーカー希望小売価格は185,000円(車両本体価格、税抜)、燃費もカタログ上80km/Lで高燃費で、タンク容量は4.5Lとなっています。

ジョルノ(ホンダ)

丸デザインのキュートなシルエットにも関わらず上品さも持つデザインで、女子から人気の原付です。大人っぽさも可愛さも自分らしく楽しめます。

HONDA HPより引用
”https://www.honda.co.jp/”

メーカー希望小売価格は180,000円~(車両本体価格、税抜)、燃費はカタログ上80.0km/L、タンク容量は4.5Lです。

原付の買い替えなら、古い原付はバイク買取専門業者がお得!?

バイク屋のイラスト

もしあなたが、原付を買い替えを考えている場合、古くなった原付はどうしますか?

少しでも金額がつくようなら、販売店に売るか、買い替え時に下取りに出すかしようと考えている方が多いかと思います。

しかし、何も考えずに下取りに出してしまったりすると、じつはもっと高く売れたのにということもありますので、バイク買取専門業者にも査定してもらうことをおすすめします。

せっかく売却するなら、少しでも高く売りたいですよね。

原付のお得な売却方法について興味がある方は、別記事にて詳しくまとめていますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

まとめ

原付のイラスト

大学生向けの原付おすすめ車種を紹介しました。

原付は本当にたくさんの種類があって、選び出すとかなりどれにしようか迷ってしまいますよね!

どうしても迷って決められないと言うなら次の原付にしましょう!

男子学生⇒スーパーカブ50、ジョグ
女子学生⇒リトルカブ、ビーノ

これらの車種なら、初期費用も燃費も機能性も悪いところはないと思います!
本記事のラインナップで比べると、カブは少し割高になるかもしれませんが、長く乗るなら、カブシリーズは捨てがたいですね!

本記事が、あなたの原付選びの参考になると幸いです☆

~原付に興味がある方におすすめ記事~

  • 原付でツーリングができる!?もっと原付ライフを楽む方法!

  • 原付ツーリングのおすすめスポットはこちら!!

  • 原付乗る方は任意保険が重要!

原付乗る方は、任意保険に加入しない方も少なくないですし、任意保険の保険料もばかにはならないとは思います。
でも、自賠責だけだと万が一のときに十分な補償が受けられない可能性があるので注意です!
一度、下記事を参考に検討だけでもしてみるとよいかと思います。

  • 原付乗る方はロードサービスが重要!

通勤や通学、旅先などで、「原付が動かない」「カギを閉じ込めてしまった」といったトラブルの際に大活躍するのがロードサービスです。
ツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストかなと思います。
原付に乗る方は、以下記事をご参考にいただくとよいかと思います。