≫冬バイクの防寒グッズ特集はこちら!

【CBR250RR/R・400R・600RR向け】バイクカバーのおすすめを紹介します!

バイク便利アイテム
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • CBR250RR/Rに合うサイズのバイクカバーは?
  • CBR400Rに合うボディカバーは?
  • CBR600RRのおすすめのバイクカバーは?
ケン
ケン

CBR600RRのバイクカバーがほしいんだけど、種類がたくさんあって選ぶのが難しいな!

おすすめカバーを教えてくれよ!

そうちゃん
そうちゃん

CBR250RRに合うバイクカバーのサイズが知りたいな!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、CBRシリーズ「250RR・250R・400R・600RR」に合うおすすめバイクカバーを紹介するよ!

バイクカバーは、雨や砂埃から車体ボディを守るだけでなく、盗難防止としても効果的。

ぜひ愛車にぴったりのアイテムを手に入れておこう!

ホンダCBRシリーズは、人気CBシリーズの系譜モデル!

ホンダHP引用
”https://www.honda.co.jp””

CBRシリーズは排気量ごとにさまざまな車種が発売されており、多くのライダーに親しまれます。

~CBRシリーズ(例)~

  • CBR250RR・・・249cc
  • CBR250R・・・249cc(生産終了)
  • CBR400R・・399cc
  • CBR600RR・・・599cc
  • CB650R・・・648cc
  • CBR1000RR-R・・・999cc

などなど!

大元であるCBシリーズも、古くから多くの車種が生産されており、根強いファンも多いですね。

マーボー
マーボー

CBRシリーズ・・・

かっこいいよなぁ!

本記事では、そんなCBR250RR/R・400R・600RRに合うバイクカバーの選び方&おすすめを紹介します。

CBR250RR/R・400R・600RRのバイクカバーを探していると、通販等でもさまざまなアイテムがあって、「どれがいいの?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかも、バイクカバーはものによってさまざまな特長を持ち、好みによっても当たり外れを感じることが多いアイテムかと思います。

リョウ
リョウ

僕自身、原付に15年以上乗ってきて、バイクカバー選びもたくさん失敗してきました。

そんな経験も踏まえながら、CBR250RR/R・400R・600RR向けバイクカバーを徹底解説します!

ぜひ参考にしてみてください!

≫すぐに、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へジャンプ)

【CBR250RR/R・400R・600RR向け】バイクカバーの選び方とは?

まずは、CBR250RR/R・400R・600RR用バイクカバーの選び方を見ていきましょう!

【経験談】バイクカバー選びでとくに重要と思うポイント!

僕自身がバイクカバーを使ってきて、とくに重要な選び方のポイントだと思うのは以下の点です!

  • 耐久性
    ⇒すぐ破れないしっかりしたもの
  • 防水性
    ⇒雨がしみ込んでこないこと
  • 風飛び防止(簡単にできるか)
    ⇒バックルやゴムで簡単固定できるか
  • サイズ感
    ⇒自分のバイクに合うサイズか

バイクカバーを選ぶ際に、上記4点は満たしたものであると良いかと。

選ぶカバーによって、「生地の厚さ」「生地質」が異なり、耐久性に大きく関わります。

カバー素材比較

カバー素材比較

リョウ
リョウ

他にも、「耐熱性」は使い勝手にも大きく影響するので、お好みに応じて選びたいところ!

基本的に、バイクカバーは熱に溶ける性質がありますが、耐熱カバーなら熱いマフラーでも掛けられます!

走行後にいちいち冷ます必要がなく、帰宅したらサッとバイクカバーできるでしょう。

バイクカバーの基本的な選び方!

バイクカバーを選ぶ際に、チェックしておくべきポイントは以下のとおり!

カバー機能 選び方ポイント
種類 基本はバイクカバーでOK!
目的によってインナーカバー・ハーフカバーもあり!
耐久性
(丈夫さ)
生地の厚さ、縫製の丈夫さ。
生地質や生地の厚さ「デニール(D)」で見ればOK。
防水性・撥水性 生地や縫製によって水もれするものもある!
通気性・透湿性 濡れたバイクの湿気をこもらせない生地か。
ベンチレーション(通気口)はあるか。
≫バイクカバーの湿気対策はこちら
耐熱性 走った後にすぐカバーができるか(エンジン・マフラー部の耐熱)
≫耐熱バイクカバーのおすすめはこちら
防炎性 放火された場合に、大きく燃え広がらずにリスクを軽減できる。
≫防炎バイクカバーのおすすめはこちら
操作性 装着や風飛び防止を、バックルなどで簡単にできるか。
≫バイクカバーがめんどくさいという方向け!簡単な保管方法!
バタつき・風飛び防止 バタつきによる車体へのキズ付きや、カバーの風飛び防止機能があるか。
バックルや絞り紐等で簡単にできるかは大事。
≫バイクカバーのバタつき防止方法
UVカット 車体へのダメージ防止にUVカット、反射機能があるといい。
裏地 車体への傷つき防止となっているか。
≫バイクが傷つかない裏起毛バイクカバー
チェーンロックの穴 盗難防止に効果的!
前後輪部分に穴が設置されていて、カバーと車体を一体にロックできる!
≫バイクの盗難防止対策
サイズ 大きすぎる⇒扱いづらい!ちょっと大きめがベスト!
小さすぎる⇒車体をしっかりカバーできない!
≫バイクカバーサイズの選び方
携帯性 持ち運びする方なら、収納袋付きなどの携帯しやすいものが良い!
価格 バイクカバーの価格はピンキリ!
安物はすぐにダメになることも!
≫100均バイクカバーのデメリット

▼選び方のポイントを詳しく知りたい方はこちら!

リョウ
リョウ

バイクカバーには、さまざまな機能性があります。

機能性が付くほど値段も高くなるので、あなたの利用シーンをイメージして、必要な機能を持ったバイクカバーを選ぶと良いでしょう!

【CBR用】バイクカバーを選ぶ注意点!

CBRシリーズは、排気量によって車体サイズが異なります。

お持ちのバイクサイズをよく確認して、カバーを購入しましょう!

リアボックス装着車なら、「大きめサイズ」または「トップケース装着車専用」を選びましょう!

【バイクカバー選びの重要ポイント】CBR250RR/R・400R・600Rのサイズ感!

ホンダHP引用
”https://www.honda.co.jp””

バイクカバーを見ていく前に、CBRシリーズのサイズ感をまとめておきましょう!
(※下表は、CBRシリーズの一部のモデルになります。)

CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

CBR250RR/R・400R・600RRの車体は、上記サイズとなります。

ホンダCBRシリーズは、車種・バージョン(年式)により、サイズが異なることがあるので、自分のバイクサイズをよく把握しておく必要があります。

バイクカバーを選ぶ際には、しっかり収まるサイズのもので大きすぎないものを選びましょう!
(※多少大きいものはなんとかなりますが、大きすぎると操作性が悪くて面倒になってきます。)

CBRシリーズでも排気量の大きなタイプは、車体も大きくなりますので、バイクカバーのサイズ感には注意が必要ですね。

【CBR250RR/R・400R・600RR向け】バイクカバーのおすすめを紹介!

では、CBR250RR/R・400R・600RRに使えるおすすめのバイクカバーを紹介していきます!

愛車にぴったりのバイクカバーを選んでいきましょう!

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
Lサイズ
(デイトナ)
7,205円
オススメ!
Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
2Lサイズ
(creer)
4,280円
耐熱&コスパ!
Amazon
楽天
バイクカバー
220サイズ
(Favoto)
2,880円
コスパならこれ!
Amazon
楽天
バイクカバー
Fタイプ
カウルミラーサイズ
(ヤマハ)
10,991円 Amazon
楽天
バイクカバー
XXL
(Homwarm)
3,380円 Amazon
楽天
OSSスマート
バイクカバー
250⇒LL
400/600⇒3L-4L
(大阪繊維資材)
2,525円~ Amazon
楽天
モーターサイクル
ドームAK-103
(コミネ)
31,670円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/

ブラックカバーWRライト(デイトナ) ⇒最もオススメ!

ライダーに人気のデイトナ製バイクカバーです。

デイトナバイクカバーの中でも雨に強い「ウォーターレジスタントシリーズ」のライトバージョンで、耐水圧20,000mmの特殊素材生地&縫製ライン裏の止水処理で浸水防止しているため、大雨にも耐えてくれます。

耐熱パットが付属されますので、エンジン・マフラー接触部に貼り付け、熱から守ることができます。

機能性の高いバイクカバーです!

~特徴~

  • 耐久性
    特殊素材生地で雨に打ち勝つ高耐久・耐水性。
  • 防水性
    耐水圧20,000mm。縫製ライン裏の止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    左右ミラー部から湿気を排出し、通気性を良くするエアベント機構。
  • 耐熱性
    付属の耐熱パッドを貼り付けて、エンジン・マフラーの熱から守る!
    ※マフラーが300℃以上の高温となり、熱が伝わる可能性があるため、冷ましてからカバーをかけることを推奨。
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止。左右どちらからも取り外し可能。
    • 後部の縛り紐で風飛び防止。面ファスナーで固定。
    • 前後のアジャスターコードで絞ることができ、バタつき防止。
  • 盗難防止ロック穴
    前後に大型ロック用のチェーンホール装備。
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    • CBR250RR/R・400R・600RR
      ⇒L(全長220×全高140×全幅100cm)。
      ※適合車種として、CBR250RR/R・400RはL!
      ※トップケース装着車用もあり!
AmazonHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

溶けないバイクカバー(creer) ⇒耐熱&コスパ!

楽天市場で人気の溶けないバイクカバーです。

厚手&耐熱仕様で、ライディング後のバイクボディ保護に最適!

creerは自転車カバーでも人気であり、「品質の良さ」に良いレビューは多いでしょう。

生地は300Dの厚手素材に、高撥水性&止水加工で、雨からCB400SF/400SBをしっかり守ります。

裏打ちの耐熱生地もあり、熱いマフラーに触れても溶けないのは使い勝手の良いポイント。

湿気排出ダクト搭載しているのも、カバー内のムレやサビ抑制に最適です!

リョウ
リョウ

ツーリングから帰って、「マフラーを冷ましてからバイクカバー」というのは、面倒に感じる方もいます。

走行後にすぐカバーできるというのは、大きなメリットです!

~特徴~

  • 耐久性
    300Dの厚手生地で丈夫
  • 防水性
    耐水圧3,000mm。撥水加工&止水処理。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    湿気排出ダクト搭載!
  • UVカット
    UVコーティング
  • 耐熱性
    耐熱裏打ち生地(走行後すぐにカバー可)
  • 操作性
    • 車体中央下部のワンタッチベルトで風飛び防止
    • 絞りゴムで車体にフィット
  • 盗難防止ロック穴
    前後に直径40mmのロックホール
  • 収納袋付き!
  • サイズタイプは選べる!
    ①2L:225×105×133cm
    ②3L:240×105×140cm
    ➂6L:255×110×140cm
    • CB125R/250R⇒2L(225×105×133cm)
      ※大きめサイズを選べば、BOX付タイプのCBにもおすすめ!
引用:楽天市場
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

バイクカバー(Favoto) ⇒コスパ重視ならオススメ!

Amazonでもベストセラー1位となったことのある売れ筋バイクカバー!
(※2022年6月など)

サイズが大きめなので、バイクの方向けカバーになるため、CBR250RR/R・400R・600RRならけっこういい感じに装着できると思います。

このバイクカバーは、風飛び防止としてカバー前後にバックル&車体中央に防風ベルト(2.5m)がついており、さらに裾ゴムで絞られるようになっているため、よりバイクにフィットします。

また、オックス生地に多層コーティングをしてあり、防水・撥水性にすぐれ、裏面の銀メッキにより、紫外線も大きくカット。

耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバーです。

3枚の反射ストライプも付いていて前後の確認も分かりやすくなっています。

保証付きでしっかり対応してくれるとの評価が多いですし、コスパ、機能面でもぜひおすすめですね!

~特徴~

  • 耐久性:オックス生地で耐久性高い。耐摩耗性・耐腐食性を持ち、丈夫なバイクカバー。
  • 防水・撥水性:
    生地に防水、縫製糸に撥水加工。ダブルステッチ&防撥水コーティングで、雨がしみこみにくい。
  • 操作性
    • カバー前後にバックル付。
    • センターベルト装備。
    • 簡単に掃除が可能!
      ⇒水かけてタオルで拭くだけ!
  • UVカット。
  • 盗難防止ロック穴:前輪
  • 収納袋付き!
  • 永久保証付き!
  • サイズタイプ選べる!
    ⇒220(or245・265・295)×105×125cm
    • CBR250RR/R・400R・600RR
      220×105×125cm
      ※大きめサイズを選べば、BOX付タイプのCBRにもおすすめ!
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

バイクカバーFタイプ(YAMAHA)

安心のYAMAHA製(日本製)バイクカバーです。

耐久性と防水性を備え、バイクのハンドルロック状態(左側)にあわせた立体裁断で、ぴったりフィット!

両サイドに、立体大型ベンチレーションが設けられており、内部の湿気を効果的に排出します。

さらに、防炎素材となっており、万が一の放火などの際に燃え広がりません。

ただ、本カバーは耐熱性はありませんので、走行後はよく冷ましてから使いましょう。

YAMAHA製で安心、機能性も高くぜひおすすめのバイクカバーです!

~特徴~

  • 耐久性
    • ポリエステル100%(高密度ポリエステル強撚糸使用ソフト生地)
    • 縫い目はすべて二重縫製。
      ⇒丈夫で耐久性にすぐれる。
  • 防水性
    生地には防水加工、縫製糸には撥水加工。
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    通気性生地&両サイドの立体大型ベンチレーションあり。
    ⇒通気性良好!
  • 操作性
    • 前後のアジャスター付き。風を巻き込みにくいスソ絞りタイプ。
      ⇒バタつき、埃の侵入防止!
    • ハンドルロック(左側)に合わせた立体裁断。
  • 防炎素材で炎が燃え広がらない!
  • 盗難防止ロック穴:
    前後にロック用の大型スリット(直径70mmまで)あり。
  • サイズタイプは選べる!
    • CBR250RR/R・400R・600RR
      ⇒「カウルミラー」サイズ
      (全長233~235×全幅105×全高128~135cm)
      ※全長・全高は左右で異なる。下表参照。
      ※適合車種より
AmazonHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

▼ヤマハバイクカバーカウルミラー(Fタイプ)

ヤマハバイクカバーには上記「Fタイプ」の他に、「Eタイプ」もあります。

両サイドの立体大型ベンチレーションと防炎機能がなくなりますが、Fタイプに比べて安価な価格となります。

▼ヤマハバイクカバーカウルミラー(Eタイプ)

バイクカバー(Homwarm)

Amazonでも、バイク用カバーとしてベストセラー1位になっている人気アイテムです。
(※2022年6月22日現在)

XXL以上のサイズしかない(?)と思いますが、大きめサイズでCBR250RR/R・400R・600RRにもけっこういい感じに装着できると思います。

このバイクカバーは、300Dオックス生地という厚手の素材を使っていて丈夫!

内側表面にはPU塗料&紫外線防止塗料で加工してあり、耐水圧2000Paの防水性および撥水性にすぐれ、紫外線防止効果もあります。

縫製部分は防水処理を施工。

製品正面の警告反射テープ2枚、背面にも2枚追加し、安全性にも考慮されています。

1年保証付きで、コスパ、機能面でもぜひおすすめですね!

~特徴~

  • 耐久性
    300Dオックス生地で耐久性高い。
  • 防水・撥水性
    • 内側へのPU塗料により、防水性あり!
    • 二枚布の縫製糸は、防水処理施工。
  • 操作性
    裾を絞るゴム&ワンタッチバックル付き。
  • UVカット。
  • 盗難防止ロック穴:前後輪
  • 収納袋付き!
  • 1年保証付き!
  • サイズタイプ選べる!
    • XXL(245×105×125cm)
      XXXL(265×105×125cm)
      4XL(295×110×140cm)の3種類
    • CBR250RR/R・400R・600RR⇒XXL(245×105×125cm)
      ※適合車種表がないので、サイズ感はよく確認しましょう!
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

スマートバイクカバー(大阪繊維資材)

Amazonでも、バイク用カバーとして売れ筋ランキングに入ってくる製品です。
(※2022年6月22日現在)

150Dのシルバーコーティング厚地オックス生地を使用し、車体に有害な紫外線をカット、反射してくれます。

また、防水布を使用しており、風雨や直射日光、砂埃から車体を保護してくれます。

耐熱性は特段ないので、走行後は十分に冷ましてからカバーをかけるようにしましょう。

~特徴~

  • 耐久性
    ポリエステル100%(150Dオックス生地)を使用。二本針ミシンによる丈夫な縫製。
  • 防水性
    撥水性あり。防水布使用。
    ※完全防水ではない。縫い目の浸水は注意。
  • 通気性
    ミラー部ベンチレーション機能で内部の湿気を排出できる。
  • 操作性
    • ワンタッチバックル付センターベルト装備。
      ⇒風飛び防止!
    • アイレットの色を変更。
      ⇒カバー前後が分かりやすい!
  • 紫外線カット
  • 盗難防止ロック穴:
    大型ロック対応のアイレット(鍵用穴)
  • サイズタイプは選べる!
    • CBR250RR/R
      ⇒LL
      (全長220×全幅100~28×全高130~95cm)
    • CBR400R・600RR
      ⇒3L-4L
      (全長240×全高135~95×全幅106~28cm)
      ※適合車種表より!
      ※全高・全幅は前後で異なる。下表参照。
AmazonHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ

モーターサイクルドーム(コミネ)

バイクアイテムで人気のコミネ製カバーです。

通常のバイクカバーとは少しタイプの異なるガレージ型!

設置場所は考えないといけませんが、簡単組み立てにより設置でき、ぱたぱたと閉じていくだけになり、いちいちバイクカバーをする手間はなくなります。

少し値段はしますが、防水・撥水機能、UVカット機能、ベンチレーション機能もあって、バイク保管に最適なアイテムです!

大きめサイズで、CBR250RR/R・400R・600RRや、さまざまなバイク車種に対応します。

設置場所があり、手軽にカバーをしたい方にぜひおすすめ!

~特徴~

  • 耐久性
    雨や低温、引裂きに強い。
  • 防水・撥水性
    防水素材、撥水加工
    ※完全防水ではない。
  • 通気性
    カバー側面に通気口配置
  • 操作性
    組み立て簡単
  • UVカット
  • スチールのフレームを丈夫なポリエステル製のカバーで覆う構造の簡易ガレージ
  • カバーが車体に触れない構造のため、すぐに入庫可能!
  • サイズ
    CBR250RR/R・400R・600RR
    ⇒L(全長269×横幅104×高さ154cm)
CBR250RR
(mm)
CBR250R
(mm)
CBR400R
(mm)
CBR600RR
(mm)
全長2,0652,0352,0802,030
全幅725720760685
全高1,0951,1201,1451,140
CBR250RR/R・400R・600RR車体サイズ
コミネ(Komine)
¥37,238 (2024/04/18 08:08時点 | Amazon調べ)

バイクカバーは車体保護&盗難防止に効果的!

バイクカバーを使用する目的は、次の2つ!

  • 雨風・日光(UV)・砂埃等から車体を保護する
  • 盗難防止

基本的に、「雨からバイクを守りたい」という目的を持つことが多いかと思いますが、じつは盗難防止にも効果的です!

バイクカバーは盗難防止にもなる!

バイクカバーをすると、「車体を隠す」ことができます。

車体が隠れることで、バイクを盗もうとする犯人に対し、物理的&心理的に盗みづらい環境を作ることに。

  • バイクカバーで車体が運びづらそう・・・
  • バイクカバーを外すのに時間がかかるな・・・
  • 中がどうなってるか分からないから面倒だな・・・

バイクカバーは毎日のことになるので、少し面倒に感じる時もありますが、「愛車を守る」ためにも日常的に掛けるようにしましょう!

【注意点あり】バイクカバーの効果的な使い方!

引用:楽天市場

バイクカバーは、使い方にも注意点があります。

使い方を間違えると「バイクにデメリット」となることもあるので、チェックしておきましょう!

毎日のことなので「めんどくさい」と感じるかもしれませんが、バイクを守るには日々の積みかさねが大切。

バイクカバー選びを工夫すれば、面倒を軽減することもできるので、興味のある方は下記事も参考にしてみてください!

まとめ

CBRシリーズ「CBR250RR/R・400R・600RR」向けにおすすめのバイクカバーを紹介しました。

バイクカバーの選び方には、サイズ感などいくつかポイントがあります。

使用するシーンを思い浮かべながら、自分&愛車にぴったりのバイクカバーを選んでいきましょう!

バイクライフを長く楽しむためにも、車体を守る&盗難防止のバイクカバーは習慣にすることをおすすめします!

≫もう一度、おすすめバイクカバーをチェックする!
(※タップで、オススメ紹介へ戻る)

アイテム商品参考価格
※変更あり
リンク
ブラックカバー
WR Lite
Lサイズ
(デイトナ)
7,205円
オススメ!
Amazon
楽天
溶けないバイクカバー
2Lサイズ
(creer)
4,280円
耐熱&コスパ!
Amazon
楽天
バイクカバー
220サイズ
(Favoto)
2,880円
コスパならこれ!
Amazon
楽天
バイクカバー
Fタイプ
カウルミラーサイズ
(ヤマハ)
10,991円 Amazon
楽天
バイクカバー
XXL
(Homwarm)
3,380円 Amazon
楽天
OSSスマート
バイクカバー
250⇒LL
400/600⇒3L-4L
(大阪繊維資材)
2,525円~ Amazon
楽天
モーターサイクル
ドームAK-103
(コミネ)
31,670円 Amazon
楽天

\通販でバイクカバーを探す!/