バイクグッズの贈り物をしたい方はこちら≫

ツーリングで肩や首が痛い原因は?【バイクの肩こり対策を徹底解説!】

原付ツーリング
スポンサーリンク

~本記事で解決する悩み~

  • バイクに乗るときの肩こり対策はない?
  • ツーリングで肩や首が痛くなる原因は?
タケシ
タケシ

原付に長距離乗ると、肩や首が痛くなるんだよな~。

何かいい対策はないかな?

リョウ
リョウ

バイクツーリングで肩こりに悩む人は多いね!

肩や首の痛みが抑えられれば、ツーリングはもっと快適になるんだけど。

今回はそんな悩みを持つ方向けに、肩こりの原因や対策について紹介していくよ!

簡単にできる肩こり対策もあるから、ぜひ試してみてね!

本記事は、ツーリングで肩こりに悩む方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • バイクに乗ると肩がこる!
  • ツーリングで肩や首が痛い!
  • より快適なツーリングになるように肩こり対策が知りたい!

バイクツーリングでの肩こりで、お悩みの方は多いかと思います。

大好きなバイクで出かけて、一日快適にツーリング!と思いきや、帰ったらもう肩がバッキバキ・・・。

そんなつらい肩こりの経験はありますよね!

本記事では、バイクツーリングでの肩こり対策について解説していきます。

僕は原付ライダーではありますが、かれこれ原付歴は15年以上であり、かなりのロングツーリングもこなしてきています。

もともと肩こりしやすいのもあって、病院でのリハビリ経験もあることから、それなりに肩こり対策の知識は増えていますので、肩や首の痛みにお悩みの方はぜひご参考にいただくとよいかと思います。

【肩こり対策】バイクツーリングで肩や首が痛いときにおすすすめの方法!

まずは、バイクツーリングで「肩こったな~」、「肩や首が痛い」というときに、応急処置方法を紹介します。

やるべきことは、肩甲骨を動かすことです!

手順は次のとおり!

  1. 右手で右肩、左手で左肩をさわる。
  2. ひじで大きく円を描くように動かす。

これをゆっくり1分くらいやるとよいでしょう!

これだけで、ずいぶん楽になります。

僕は、ツーリングやパソコン作業等での肩こりに悩まされており、病院でのリハビリも行ったりしますが、肩がこるときは肩甲骨を動かすとよいとのことを聞きました。

実際に、このちょっとした運動で肩まわりの血流がよくなって、けっこうスッキリします!

ツーリングや仕事で「肩こったな~」というときは試してみるとよいですよ!

バイクツーリングでの肩こりの原因は?

バイクに乗る女性のアイキャッチ画像

そもそも、肩こりってなぜ起きるのでしょう?

これには諸説あって、人によって原因はさまざまなようです。

たとえば、大きな原因として次のようなことがあげられます。

  • 同じ姿勢
  • 目の疲れ
  • 運動不足
  • ストレス

・・・などなど!

これらの原因の中で、バイクツーリングでは「同じ姿勢」というものが大きな原因となってくるでしょう。

とくに、二輪では、

  • 同じ乗車姿勢
  • ヘルメットの重み
  • 走行風によって、頭を支える首への負担

がありますので、走行し続けていると肩・首まわりの筋肉がこちこちに固まってしまい、「肩や首が痛い!」ということになりやすいです。

姿勢の悪さも肩こりにはかなり影響しますので、正しい乗車姿勢であることも大切です!

重たい頭を支える肩・首ですので、どうしても肩こりに悩まされる人は多いですが、肩や首が痛いのは不快ですよね!

バイクツーリングをより快適にするためにも、ツーリング時の肩こり対策を具体的に紹介していきたいと思います。

バイクツーリングでの肩こり対策とは?

僕もお悩みですが・・・(笑)、首や肩が痛くなりやすい方向けに、ツーリング時の「肩こり対策」について紹介していきます。

肩こり対策に大切なポイントは次のとおりです。

  • 乗車姿勢を改善!
  • 定期的に肩甲骨の運動をする!
  • こまめな休憩&体を動かすようにする!
  • 水分補給をしっかりする!

乗車姿勢を改善!

バイクツーリングでは長時間運転になることが多くなり、乗車中は常に姿勢が固定されます。

そのため、悪い姿勢では、より肩・首の筋肉がこわばり、どんどん固まってしまいますので、正しい姿勢で負担を軽減しましょう!

  • へそを前へつきだし、軽く胸を張る!(猫背はNG!)
    • 猫背で正面を向くと首の曲がりが大きくなり、頚椎を圧迫することになる。
      ⇒血流が悪くなり、肩がこりやすい!
    • 猫背は腰にも負担が大きい!
  • 肘を軽く曲げ、ゆとりを持たせる!
    ⇒肘をぴんと伸ばすと、肩の力みになったり、バイク振動がもろに肩にかかる。
  • 肩(腕)の力みをなくす!

原付の方でもそうですが、とくにバイクの場合、ホールドするために上半身が力みがちになります。

下半身ホールドを意識して、上半身はなるべくリラックスするようにしましょう!

定期的に肩甲骨の運動をする!

乗車姿勢を意識すると肩こりは少し楽になりますが、ツーリング中は姿勢が一定になってしまうため、どうしても肩や首が痛いということになります。

先にも述べましたように、血流の低下や、筋肉が固まっていくことで、肩こりはひどくなっていきますので、定期的に肩や首を回すようにしましょう!

とくにバイクだと、「立ちごけ」の危険性がありますので十分注意が必要ですが、信号待ちなどで、ちょっと肩周辺を動かすだけでも効果はありますので、同じ姿勢を続けないようにするとよいかと思います。

こまめな休憩&体を動かすようにする!

バイクツーリングでは、基本的に座りっぱなしになります。

そうすると、おしりや太ももの太い血管が圧迫され、全身への血流が悪くなります。

そのため、「肩こり」や「腰のコリ」にもつながりやすくなるでしょう。

少なくとも1時間に1回くらいは休憩を入れるようにし、休憩の際は、

  • 重たいヘルメットを外す
  • 屈伸や散歩をする
  • 肩中心に全身のストレッチをする

などして、首への負担を減らすとともに、全身の血液の循環をよくしましょう!

水分補給をしっかりする!

「水分補給?肩こりに関係あるの?」と思う方もいるかとおもいます。

じつは、肩こりには水分補給も一つの対策になります!

バイクツーリングに出かけると、「トイレが近くなるから」ということで水分をあまり取らない方もいますよね。

水分補給を怠ると、血液がドロドロになり血液の流れが悪くなっていきます。

これでピンときた方もいるかもしれませんが、血液の流れが悪くなることで、筋肉に対しての血流も悪くなり、結果、肩こりや腰痛にもつながっていくことになります。

水分は血液となって、体の隅々に酸素や栄養を運び、老廃物の排出、体温調節等の働きにも貢献するため、こまめに水分補給をすることが大切です!

【肩こりしにくい体づくり!】普段から運動して健康的な体を作っておく!

日本人は、欧米の方と比べるときゃしゃな体つきであり、そんな体で重たい頭を支えないといけないため、肩こりしやすいと言われます。

やはり、体は資本です。

体作りができていると肩こりもしにくいですし、運動不足解消・ストレス発散を目的としても、普段から運動を行い、健康的な体を作っておくとよいでしょう!

おすすめの運動は次のとおり!

  • ランニング
  • ウォーキング
  • 筋トレ
  • ストレッチ
  • ジム
  • ヨガ

・・・などなど!

僕は、ランニングは習慣にしていますが、以前はジムに通って筋トレや水泳をしていたこともありました。

しっかり運動しているときは、肩こりも気にならないことはあったのですが、冬場や雨などで、室内に引きこもりがちなときは肩こりを起こしやすいですね。

最近のジムでは、スタジオやプールを利用してのプログラムがあり、フィットネスレッスンやヨガを受けられたりするところもありますので、楽しくエクササイズが可能かと思います。

運動初心者の方なら、料金は高めになりますがパーソナルジムなんかを利用すると、トレーナーが専属で付いてくれますので、効果的なトレーニングができますのでおすすめです!

▼筋トレに興味のある方向け記事

▼ストレッチに興味のある方向け記事

肩こり改善におすすめのヨガ!

重たい頭を支える首・肩ですので、筋肉量が少ない女性はとくに負担がかかり、肩こりに悩まされる方は多くなります。

そんな女性専用のヨガレッスンになりますが、全国的に展開しており、一部イオンモール等の店舗にも入っている「アミーダ」のホットヨガというのがあります。
(※有明のみ男性も可能。津田沼店と海老名店の2店舗はアミーダではなくサントーシャという店舗名。)

天然溶岩石を敷き詰めた溶岩石ホットヨガスタジオで、暖房を使わないため呼吸がしやすく、ヨガに集中できる環境です。

特徴は次のとおり!

  • 肩こり・腰痛改善!
  • 溶岩浴+ヨガで効率よく、美活・健活・癒活ができる!
  • 20種類以上のプログラムで、コンセプトに沿った質の高いレッスンが可能!
  • 冷え性・むくみ改善!
  • ダイエット・運動不足解消!
  • ヨガレッスンだけではなく溶岩浴の時間も設けており、 幅広い年代や趣向の方に利用されている!

(※コロナ対策あり!)

~天然溶岩石ホットヨガの特徴~

  • 遠赤外線効果で身体が芯から温まる。
  • 天然ミネラルやマイナスイオンで肌はツヤツヤ・髪はサラサラ。
  • 皮脂腺からの汗でサラサラの汗でニオイも気にならない。
  • 暖房を使わないので、綺麗な空気の中でヨガを行うことができる。

ダイエットや運動不足解消にもなるので、女性にとって魅力的な内容ですよね。

体験レッスンが500円でお得にできますので、ぜひ利用してみましょう!
(※口コミ等を調べると、体験後の勧誘も多くないようですので、気軽に試してみるとよいかと思います。)

~体験レッスン申込手順~

  1. アミーダ公式HP(≫【溶岩ホットヨガアミーダ】 )から、通いやすい店舗(スタジオ)を選び、店舗ページへ入る。
    (※「体験レッスンを申し込む」を押して店舗情報までジャンプするか、ページ下方にある店舗一覧からお好みの店舗ページへ入る)
  2. 「体験レッスン申込み」から、必要事項・体験希望日を入力して送信。
    (※体験希望日によって、レッスン内容や強度が異なるので、お好みに合わせて選びましょう!レッスンカレンダーから確認できます。)

アミーダの体験レッスンを予約する!

もっと詳しく知りたいという方は、下記事で詳細を解説していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

まとめ

バイクツーリングで「肩や首が痛い」という方向けに、肩こり対策について解説しました。

ロングツーリングでは、朝から晩までライディングすることもあり、家に帰ると「肩がバッキバキ」、「翌日も痛くて超不快!」ということがあるかと思います。

ちょっとしたポイントを押さえることで改善することはありますので、ぜひ試していただくとよいかと思います。

では、本記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

より快適な原付・バイクライフとなることを願います!

~バイクでの疲れや痛みにお悩みの方向け記事~

▼バイクの疲れが気になる方におすすめ

▼肩や首のコリが気になる方におすすめ

▼腰痛が気になる方におすすめ

▼バイクに乗るなら体づくりが大事!

▼ストレッチ習慣で体づくり!

▼女性向け!溶岩ホットヨガで体づくり&体の悩み改善!