夏到来!バイクの暑さ対策はこちら≫

【初心者向け】ヘキサタープのおすすめを厳選紹介!【キャンプツーリング】

原付キャンプ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

原付でキャンプツーリングに行こうと思うけど、ヘキサタープが気になるなぁ。

どうやって選ぶといいかな?

教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、キャンプツーリング用のヘキサタープの選び方とおすすめを紹介するよ!

タープがあるとキャンプの快適度は上がるから、ぜひ手に入れよう!

本記事は、キャンプ用ヘキサタープに興味がある方向けの記事です。

~この記事を次のような方におすすめ~

  • ヘキサタープのおすすめが知りたい!
  • キャンプツーリングやソロキャンプで使えるヘキサタープがほしい!
  • キャンプツーリングに使うヘキサタープの選び方が知りたい!

キャンプは自然の中でのんびり過ごし、日常体験とは異なる時間を味わうことができるため、快適な居住空間を作って過ごしたいと思う方も多いですよね!

タープがあれば、キャンプでの快適度は大きく向上します!

タープには形状によりいくつか種類がありますが、中でもヘキサタープはコンパクト収納が可能で、一人でも設営しやすいためキャンプツーリングやソロキャンプにおすすめです。

本記事では、ヘキサタープのおすすめを紹介していきます。

僕は、原付で山・川・海・平地など、さまざまな場所へツーリングやキャンプに繰り出す原付ライダーですので、自身の経験も含めて紹介していきます。

本記事をご参考にいただくことで、あなたのキャンプツーリングをより快適にするヘキサタープが選べるようになるかと思います。

とくにキャンプツーリング初心者の方におすすめ記事です!

ヘキサタープの特徴とキャンプツーリングでのメリット!

ヘキサタープは、六角形を表すヘキサゴン(hexagon)から名前が来ているタープです。

六角形の中心で山折りにして設営しますが、張り方をアレンジすることもできるため、風が強いときや日陰の範囲を調節したいときに便利です。

~ヘキサタープの特徴~

  • 六角形タープで開放感があるが、スペースはやや狭めになる。
  • 設営が簡単で、アレンジも可能。
  • コンパクトに収納できる。

上記のような特徴を持ち、コンパクトに折りたたんで収納できることから、原付やバイクでのキャンプツーリングには利用しやすくなります。

また、設営が簡単で一人でも設置可能なものが多いため、ソロキャンプにも適します。

手軽な感じで使えるのがヘキサタープのよいところです。

本記事は、ヘキサタープの中でも、初心者にも扱いやすいタープを中心に取り上げて紹介していきます!

ヘキサタープの選び方!

では、ヘキサタープの選び方です。

本記事では、キャンプツーリングやソロキャンプにおすすめなヘキサタープの選び方を紹介します。

ポイントは次のとおり!

  • コンパクトで軽量なもの
    ⇒バイクでの持ち運びはコンパクトであることはマスト!積載制限にも注意!
  • 紫外線カット
    ⇒日陰を作り、サマーシーズンの暑さ対策にマスト!また、日焼け対策は年中必須!
  • 防水性・撥水性
    ⇒雨にも対応できる!
  • 耐久性
    ⇒なるべく有名メーカーのものを選ぶのが安心!
  • コスパ
    ⇒必要な機能と手ごろな価格で選ぶ!

タープは選び出すと、高機能なものは多いですが、その分値段も上がっていきます。

必要な機能を取捨選択し、値段とのバランスを取りながら選んでいきましょう!

また、キャンプ用品はたくさんのメーカーのものが出ていますが、経験上、耐久性の観点からも、有名メーカーのものを選ぶ方がよいです。安心感があります。

ヘキサタープのおすすめを厳選紹介!【初心者向け4選!】

では、ヘキサタープのおすすめを紹介していきます。

今回は、初心者にも扱いやすくコンパクトなタイプのヘキサタープを中心に取り上げます。

有名なメーカーのもので安心感のあるタープを紹介しますので、とくにキャンプツーリング初心者の方は、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

ライダーズコンフォートタープ(DOD)

収納時はとてもコンパクトになり、原付やバイクでのキャンプツーリングに最適なミニタープです。

紫外線カット機能や耐水圧3,000mmとなっており、タープとしての役割はきっちりと果たします。

値段もお手ごろな価格帯かと思いますので、キャンプツーリングデビューにはおすすめのタープです!

~特徴~

  • サイズ
    • 【使用時】約W370×D430×H180cm
    • 【収納時】約W48×D14×H14cm
  • 重量:約3.3kg
  • 材質
    • 生地:75DポリエステルPUコーティング
    • メインポール:6061アルマイトポール(直径19mm)
    • サイドポール:グラスファイバー(直径7.9mm)
  • UVカット:UPF50+
  • 耐水圧:3,000mm
  • 付属品:ペグ、ストームロープ、キャリーバッグ
  • カラー:ブラック

ミニタープHX(モンベル)

モンベルのヘキサタイプのミニタープです。

居住空間に余裕があり、風に対しても比較的強い六角形デザインとなっています。

収納時にはかなりコンパクトになりますし、ソロキャンプやツーリングなどで、できるだけ荷物を軽くしたい方におすすめです。

ポールは別売となっています。

~特徴~

  • サイズ
    • 【組立時】約W338×D280×H165cm
    • 【収納時】約W13×D13×H23cm
  • 重量:約640g
    ※ハリヅナ、ペグ、バッグ込み⇒約870g
  • 材質
    • 本体:75Dポリエステルタフタ
    • 難燃加工、ウレタンコーティング
  • 耐水圧:1,500mm
  • セット内容
    タープ本体×1、ポール用スタッフバッグ×1、径2mm反射材入り張り綱×6本、19cmアルミペグ×8本
    ※ポールは別売
  • カラー:ブラウン

▼別売の推奨ポール

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥4,280 (2021/07/30 11:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

ヘキサライトⅡ(コールマン)

アウトドア用品で人気のコールマン製ヘキサタープです。

使用時サイズが約420×420cm、高さ220cmと、大きめの快適な空間を作れます。

ポールはφ25mmと太めで強度を維持しながら、6節構造となっているため、コンパクト収納が可能となっています。

キャンプツーリングに使い勝手良しです!

~特徴~

  • サイズ
    • 【使用時】約420×420×高さ220cm
    • 【収納時】約直径17cm×43cm
  • 重量:約4.3kg
  • 材質
    • 生地:75Dポリエステルタフタ(UVPRO PU防水、シームシール)
    • ポール:スチール
  • 耐水圧:1,200mm
  • セット内容:タープ本体、メインポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック
    ※ハンマーはプラスチックなので、別にも用意しておいた方がよいかも!
  • カラー:グリーン

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥16,800 (2021/07/30 11:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

ライトタープ ペンタ シールド(スノーピーク)

こちらはヘキサ(六角形)ではなく、ペンタ(五角形)タイプになりますが、おすすめのタープです。

シールド加工(遮光ピグメントPU)により、シート下に侵入してくる光を軽減するため、体感温度および気温が低くなります。

遮光性に関しては、とくに夏場の快適さに差が出ます。夏におすすめのタープです!

もちろん耐水圧も1,800mmミニマムありますので、雨でもOK!
(※スノーピークは○○mmミニマムという単位を用いていて、見かけでは低い数値となっていますが、最低耐水圧が1,800mmという意味なのでしっかりと耐水機能はあります。)

柱があればセッティングできるタイプで、ポールは別売となっています。

少し値段は高くなりますが、キャンプシーンでの機能性は高いです!

~特徴~

  • サイズ
    • 【組立時】約W400×D320×H150cm
    • 【収納時】約W32×D9×H20cm
  • 重量:約790g(本体のみ)
  • 材質
    • 本体:75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング
  • UVカット加工
  • 耐水圧:1,800mmミニマム
  • テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)
  • セット内容
    タープ本体、自在付ロープ(3m×1、1m×2)、ペグケース、収納ケース、ジュラピンペグ(17.5cm×6)、パドルフッキングカバー
    ※ポールは別売
  • カラー:ブラウン

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥12,980 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

▼別売の推奨ポール

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,190 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

キャンプを快適にする便利アイテム「ヘキサタープ」の選び方とおすすめを紹介しました。

本記事で、僕がとくにおすすめするヘキサタープは次の2つです。

  • ライダーズコンフォートタープ(DOD)
    • コスパ抜群で、とりあえずタープを使ってみたい方に最適!
    • 紫外線カットや防水性の機能も問題なし!
    • キャンプツーリング初心者の方はぜひおすすめ!
  • ライトタープ ペンタ シールド(スノーピーク)
    • 値段は高めだけど、紫外線カットや防水性を考えるなら最もおすすめ!
    • シールド加工による遮光性は、夏場のキャンプに快適!
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥12,980 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

~別売の推奨ポール(スノーピーク)~

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,190 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

ヘキサタープは、設置時のスペースがやや狭めになるものの、解放感のある空間を作り、設営も簡易なものが多いです。

コンパクトに持ち運びができることから、キャンプツーリングやソロキャンプに活躍します。

タープは用途によって選び方が異なってきますので、どんなキャンプがしたいかをイメージして選んでいきましょう!

では、あなたにぴったりのヘキサタープを手に入れ、快適なキャンプにしていきましょう!

~本記事紹介のアイテム~

▼ライダーズコンフォートタープ(DOD)

▼ミニタープHX(モンベル)

~別売の推奨ポール(モンベル)~

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥4,280 (2021/07/30 11:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

▼ヘキサライトⅡ(コールマン)

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥16,800 (2021/07/30 11:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

▼ライトタープ ペンタ シールド(スノーピーク)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥12,980 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

~別売の推奨ポール(スノーピーク)~

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,190 (2021/07/30 11:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

~キャンプツーリングに興味がある方におすすめ記事~

  • 原付キャンプの始め方

  • 原付キャンプでの積載方法

  • キャンプツーリングに必要な道具
  • テントの選び方
  • タープの選び方
  • キャンプのおすすめクッカー「メスティン」
  • プチキャンプとして「ラーツー」もおすすめ!
  • 「コーヒーツーリング」も快適!