バイクグッズの贈り物をしたい方はこちら≫

【キャンプツーリング】ラーツ―でラーメンを食べるのに必要な道具と方法を紹介します!

原付キャンプ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

ラーツーやってみたいけど、どうやってやるの?

道具は何持ってけばいい?

リョウ
リョウ

最近やる人も多くなっているラーメンツーリングだね!

ラーメンなら、道具もそれほど多くなくて済むし、手軽にできちゃうよ!

詳しく紹介するね!

本記事は、ツーリング先でカップラーメンを食べるラーツーに興味がある方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • ラーツ―(ラーメンツーリング)をやってみたい。
  • ラーツ―に必要な道具や方法が知りたい。
  • ツーリング先の景色の中でラーメンが食べてみたい。
  • キャンプツーリングでラーメンを作りたい。

ツーリング先でカップ麺を作って食べるラーツ―ですが、家で食べるラーメンとは一味違います!

現在はキャンプツーリングも流行っていて、外でご飯を食べる人も多くなっていると思いますが、ラーメンなら手軽に作れて、しかも安定の旨さです!

ぜひ、外でカップ麺を食べるラーツ―にチャレンジしてみてください!

本記事では、ラーツ―の方法を詳しく紹介していきます。

この記事をお読みいただくことで、ラーツ―初心者の方でも必要な道具や手順が分かり、手軽にラーメンツーリングができるようになります。

ぜひラーツ―をマスターして、原付やバイクでのツーリングの楽しみ方を増やしていきましょう!

【ラーメンツーリング】ラーツ―に必要な道具や方法は?

カップ麺の写真

繰り返しになりますが、ラーツ―とはラーメンツーリングのことで、ツーリング先でカップ麺を作り、景色とともにラーメンを楽しむものです。

「外でカップ麺を作るなんて大変そうだな」って思う方もいるかもしれませんが、道具も一度そろえてしまえば簡単にできてしまいますよ!

では、ラーツ―に必要な道具を紹介します。

  • カップ麺
  • 追いトッピング(必要に応じて)
  • ステンレスケトル(またはヤカン等)
  • バーナー
  • ウインドスクリーン」
  • 割りばしorフォーク
  • コンパクトテーブル&チェア(必要に応じて)
カップ麺と具材の写真
キャンプツーリングでの机とイスの写真
お湯を沸かすケトルとバーナー写真

こんな感じです!

バーナーとステンレスケトル(またはヤカン等)をそろえるのが一番大変かなと思いますが、おすすめは記事後半でも紹介しますし、ラーツ―やキャンプツーリングでアウトドアメシを楽しんでいきたいなら、持っておきたいアイテムです。

これらをそろえてしまえば、やれることの幅はかなり広がりますね!

ラーツ―の手順を解説!

では、実際にラーツ―を始めていきましょう!

【ラーツー手順➀】:湯を沸かす

お湯を沸かすケトルとバーナー写真

カップ麺に入れる湯を沸かします。

▼ここで使うもの

  • ステンレスケトル(またはヤカンなど)
  • バーナー(固形燃料とポケットコンロでも可)
  • ウインドスクリーン(必要に応じて)

~ポイント~

ヤカンは、どれくらい沸かせばよいか分かりやすい「容量目盛り」があるものがおすすめ!
(※記事後半でも紹介しています。)

ケトルの内側目盛りを写した写真

【ラーツ―手順➁】:湯をカップ麺に入れて待つ

カップラーメンの出来上がりを待つ写真

沸騰した湯をカップ麺に入れ、時が来るのを待ちます。

【ラーツ―手順➂】:液体スープなどを入れて完成~!

カップラーメンができた:写真

時が来たら、液体スープを入れて完成!

手順はここで解説するまでもなかったかもしれません(笑)カップ麺の手順に従えばOKですね!

お好みに合わせてトッピングなんかを入れるとよいです。

僕は、追いネギと追いメンマをしました!

カップラーメンができた:写真

ん~うまいっ!!

カップラーメンができた:写真

カップ麺は安定のうまさですが、外で食べるラーメンは美味しさ倍増でした!

ラーツ―におすすめのアイテムを紹介!

今回のラーツ―で使ったアイテム等で、おすすめのものを紹介しておきます。

~バーナー・ガス缶~

ラーツ―などキャンプツーリングでの調理に火はマストです。

キャンプツーリングでの火は、バーナーか固形燃料を使う人が多いですが、お湯を沸かしたり火力がほしい料理をする場合は、バーナーの方がベターですね。汎用性もあります。

下のSOTO製バーナーは、コンパクトですし使いやすいのでおすすめです。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥638 (2021/01/27 22:23:20時点 Amazon調べ-詳細)

~ウインドスクリーン~

外で火を使う場合は、風よけはあった方がよいです。

ラーツ―で火を沸かすくらいなら必須ではないと思いますが、ウインドスクリーンがあった方が加熱効率は上がりますし、クッカーを使った他の調理をする場合は、加熱ムラができないように必須かと思います。

下のウインドスクリーンは、高さが24cmの板で、ペグが4か所あるので地面での使用時に安定します。風が強いときには便利です。

~ケトル~

湯を沸かすなら、ケトルやヤカンなどは必須です。

下に紹介のステンレスケトルは僕も使っていますが、記事内でもちらっと紹介しているとおり、容量目盛り付きになっていて、使い勝手がいいです。
(※下写真ですが、目盛りはちょっと見づらいかもしれません。)

満水容量1.2L、適性容量0.7Lと大きめサイズで、なかなかコスパのよい商品かと思います。

ケトルの内側目盛りを写した写真
created by Rinker
カクセー
¥1,211 (2021/01/28 13:07:16時点 Amazon調べ-詳細)

▼もし、バーナーではなく固定燃料を使いたいと思った場合

~固形燃料~

下の固形燃料は、1個20分前後の燃焼時間があり、さまざまな調理に使い勝手がよいものです。僕も愛用しています。

原付やバイクでのキャンプツーリングでは、荷物をなるべくコンパクトにしたいので、固形燃料なら必要な分だけ持っていけばOK!コンパクトにおさまります。

~ポケットコンロ~

下のポケットコンロは固形燃料の燃焼台となっています。MiliCampのポケットコンロは、僕も愛用していますが、コンパクトにたためて使い勝手はよいです。

ポケットコンロで固形燃料を燃焼させる際は、ポケットコンロの底にアルミ箔を敷いておくと汚れにくくておすすめです。
※底部は焦げて汚れやすい。

ポケットコンロの加工

~ウインドスクリーン~※固形燃料用

下のウインドスクリーンは、高さが135mmの板で低めの設計になっているので、ポケットコンロでの燃焼に風よけとして使えます。軽くて折りたためるため、コンパクトに持ち運びも可能です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥438 (2021/01/28 11:12:29時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

原付やバイクでツーリングしながら、ツーリング地で食べるラーメンは格別です!

本記事紹介のアイテムをそろえてしまえば、手軽にラーツ―に出かけることができます。

ぜひ、原付やバイクでのラーメンツーリング(=ラーツ―)にチャレンジしてみましょう!

▼ツーリング先でコーヒーを飲む「コーヒーツーリング」記事

▼ツーリング先で「メスティン」を使って煮込みラーメンを作る!

~キャンプツーリングに興味がある方におすすめ記事~

  • 原付キャンプの始め方

  • 原付キャンプでの積載方法

  • キャンプツーリングに必要な道具
  • テントの選び方
  • タープの選び方
  • キャンプのおすすめクッカー「メスティン」
  • プチキャンプとして「ラーツー」もおすすめ!
  • 「コーヒーツーリング」も快適!

~ツーリングする方におすすめ記事~

  • バイク保険(任意保険)入ってない方向け記事

バイク保険(任意保険)って加入していますか?入らない方も少なくないですし、任意保険の保険料もばかにはならないですよね。
でも、自賠責だけだと万が一のときに十分な補償が受けられない可能性があるので注意です!
一度、下記事を参考に検討だけでもしてみるとよいかと思います。

~バイクの方向け~

~原付の方向け~

  • ロードサービスに加入していない方向け記事

ロードサービスって何か加入していますか?
通勤や通学、旅先などで、「バイクが動かない」「カギを閉じ込めてしまった」といったトラブルの際に大活躍するのがロードサービスです。
ツーリングで遠出することが多い方は、個人的にはマストかなと思います。
加入していない方は、以下記事をご参考にいただくとよいかと思います。
(※下記事は原付用になっていますが、バイクの方にも参考になるかと思いますので、ぜひご参考にください。)

  • ツーリングの装備に興味がある方向け記事

ツーリングには、万全の装備でのぞみたいですね!ツーリングの必要装備についてまとめていますので、以下の記事をぜひご参考にください!
(原付の方向けの記事になっていますが、バイクの方にもご参考にいただけるかと思います。)

  • ツーリングをより楽しみたい方向け記事

~ツーリングしながら会話したり音楽が聴きたい方向け~

~ツーリングの映像が撮りたい方向け~