バイクグッズの贈り物をしたい方はこちら≫

【メスティンレシピ】オイルサーディンパスタを作る方法を紹介します!【キャンプツーリングに最適!】

原付キャンプ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

キャンプツーリングに行くんだけど、メスティン使ってオイルサーディンパスタなんて作れるかな?

リョウ
リョウ

メスティンがあれば、もちろんオイルサーディンパスタだってできちゃうよ!

メスティンはコンパクトに持ち運びできるし、原付やバイクで行くキャンプツーリングには最適だね!

タケシ
タケシ

アウトドアでオイルサーディンパスタ食べられたら最高だよな!

作り方や、持っていくといい道具を教えてくれよ。

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、メスティンを使ったオイルサーディンの作り方と必要な道具を紹介するよ!

レシピはとっても簡単だから、ぜひチャレンジしてみてねっ!

本記事は、キャンプなどでメスティンを使って調理がしたい方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • メスティンを使ってオイルサーディンパスタが作りたい。
  • オイルサーディンパスタを作るのに、何を持っていったらよいか知りたい。
  • メスティンでいろいろな調理がしたい。
  • 原付やバイクでキャンプツーリングをするために、コンパクトに持ち運べる万能クッカー「メスティン」を使いこなしたい。

メスティンは、炊く・煮る・蒸すなどさまざまな調理ができる万能クッカーとして、キャンパーに人気の商品です。

メスティンはコンパクトな形状なので、持ち運びも楽ちん!原付やバイクでのキャンプツーリングのように、コンパクトに荷物をまとめないといけない方にとって大変便利なクッカーです。

本記事では、メスティンを使ったオイルサーディンパスタのレシピを紹介していきます。

作り方のコツや必要アイテムもばっちり紹介していきますので、ぜひ最後までお読みいただくことで、メスティンクッキングの要領がより理解できると思います。

キャンプでもメスティンがあれば簡単にオイルサーディンパスタが作れます!

メスティンの写真

キャンプの醍醐味と言えば、自然の中で食べる食事!野外炊事で美味しいものが作れれば、キャンプがより楽しめますね!

そんな中で、アルミ製の飯ごう「メスティン」があれば、だいたいの料理はできてしまいます。

オイルサーディンパスタだって、レシピさえ知っていれば簡単にできてしまいますよ!

サーディンはイワシなどの小魚のことで、油漬けにしたものがオイルサーディンです。

オイルサーディンの写真

そのオイルサーディンをパスタに使ったものが、オイルサーディンパスタとなります。

とってもおいしいですよ!

以下にオイルサーディンパスタのレシピを紹介しますが、あくまで一例です。

お好みに合わせて具材や味付けを変えることで、あなたオリジナルのものが作れますので、とりあえずは一度レシピ通りに作ってみて、オリジナルにもチャレンジしていくとよいですね!

【メスティンレシピ】オイルサーディンパスタの作り方!

では、メスティンを使ったオイルサーディンパスタの作り方を紹介します!

準備するもの

まず、準備するものは次のとおりです。

~オイルサーディンパスタ(1~2人前)に必要なもの~

  • オイルサーディン・・・1缶
  • パスタ(早ゆで)・・・100g
  • 水・・・160cc
    ※水は、ゆがくとちょうどなくなる計算です。
  • ミニトマト・・・4粒程度(半分に切る)
  • チーズ・・・6Pチーズの2P使用(細かく切る)
  • 鷹の爪・・・1片(輪切りにする)
  • 塩・・・適量
  • 塩コショウ・・・適量

※その他お好みの具材(ニンニク、パセリなど)を入れてもよいです。
※キャンプに食材を持っていく際は、クーラーボックスなどの冷所で保管するようにしましょう!食材は使える状態にして(出発前に家で切るなどしてから)、持っていくのがおすすめ!

~道具~

  • メスティン
  • 計量カップ(水が量れればよい)
  • バーナー
  • ウインドスクリーン

※道具については、記事後半でおすすめのものを紹介しています。

では、手順を解説していきます。

手順➀:具材等の準備

上に紹介のとおり、オイルサーディンとパスタほか、お好みにあわせて具材を準備します。ミニトマトは半分に切り、チーズは細かく切りましょう。

オイルサーディンパスタの具材

パスタは、早ゆでタイプのものがおすすめです。

パスタの写真

手順➁:湯を沸かし、パスタ・具材を入れる

水の分量(今回は160cc)を量ってメスティンに入れ、蓋をして沸騰するまで加熱します。

沸騰したら、パスタと湯で塩を入れて湯がきます。

メスティンでパスタを湯がく様子

水気がなくなってきたら、具材を入れて混ぜていきます。チーズが溶けて、パスタにうまくからみ合うと美味しくできます。

オイルサーディンを作る様子
オイルサーディンを作る様子

オイルサーディンパスタの手順を、以下にまとめます。

  1. 水160ccを、メスティンに入れて沸かす。
  2. 沸騰したら、パスタと湯で塩を入れて湯がく。
  3. 水気がなくなってきたら、具材を入れて混ぜていく。
    ※レシピ通りなら、水気はちょうどなくなります。
    ※チーズがよく溶けて、パスタとうまくからみ合うとより美味しいです。
  4. 水気が完全になくなったら、火を止めて完成。

~ワンポイント~

▼作り方のワンポイント

フライパンなどを使う場合は、具材を先に炒めてから、水を入れてパスタを湯がいていくとよいですが、メスティンで作る場合、湯がきつつ混ぜ合わせると楽ちんです。これでも、十分美味しくできます。

▼水の計量について

水量を量るのに、目盛り付きのケトルはおすすめです。

下写真のステンレスケトルは、内側に目盛りがついていて、300・500・700ccとざっくりの容量ですが、目安を量ることができます。火にかけて、湯を沸かすこともあるので、一つ持っていると便利です。
(※記事後半のアイテム紹介で取り上げています。)

このケトルの目盛り線は少ないですが、たとえば必要な量のラインにマークしておけば、使い道は増えます。

ケトルの内側目盛りを写した写真

手順➂:完成!⇒実食!

オイルサーディンパスタの写真

しっかり混ざったら完成~!

おいしそうなオイルサーディンができました!!

オイルサーディンパスタの写真

味は・・・なかなかの絶品です!

チーズがオイルサーディンパスタにからんで、味にコクがでます。

なんというか、食べているとどんどん箸が進んで、次々と食べてしまうような美味しさです。

しかも、外で食べるので、よりオイルサーディンパスタの美味しさが引き立ちますよ!

野外炊事して新鮮な空気を吸いながらの食事は、最高です!

アウトドアの醍醐味ですね!

おすすめメスティン&その他のアイテム紹介!

今回のオイルサーディンパスタで使ったメスティンや、その他のアイテムでおすすめのものを紹介しておきます。
(※本記事のレシピなら、ダイソーのメスティンだと少し小さいかと思います。トランギアかMilicampのメスティンがおすすめです。)

~メスティン~

メスティンは、今や百均のダイソーでも売っていますが(税込550円)、売り切れが続出しなかなか手に入らないのが現状です(2020年11月現在)。

ネット通販では、少し高くなりますが本家本元のトランギア製のメスティンが売っていますので、ポチっとしてすぐに買いたいという方には、トランギア製はよいと思います。

ダイソーメスティンよりも、大きめサイズなので調理の汎用性はありますよ。

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥3,400 (2021/04/22 10:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

個人的におすすめなのは、milicamp(ミリキャンプ)製のメスティンセットです。

バリ取り済みであったり、その他便利なアイテムがついて値段も安めなので、使いやすい商品だと思います。

ミリキャンプのメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

ダイソーメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

キャンプ用品等の通販を展開しているL-Breath(通販) でも、キャラクターメスティンなどがあって面白いです!

~ウインドスクリーン~

キャンプに最適なシーズンである春や秋は、風が強い日も多いです。そんなときに大活躍するのが「ウインドスクリーン」です!

これは、キャンプの必須アイテムかと思いますので、手に入れておくことをおすすめします。下に紹介の商品で、メスティン(通常サイズ)をぴったり囲うことができるサイズ感です。
(※サイズはさまざまなタイプがあります。)

値段も安めなので、手軽に手に入れることができるかと思います。

固形燃料なら上のスクリーン(高さ13.5cm)でよいですが、バーナーを用いる場合は少し高さがあるものがおすすめです。

下のウインドスクリーンは、高さが24cmの板で、ペグが4か所あるので地面での使用時に安定させることができます。風が強いときには便利です。

~固形燃料~

バーナーは持ち運びも大変ですし、手軽に調理したいという方は固形燃料はおすすめです。ポケットストーブ等の土台は必要ですが、コンパクトに持ち運びできて、使い終わったら捨てれるので使い勝手はよいです。

おすすめ固形燃料は下のものですね。

実際に使った感想としては、着火してから25分弱の燃焼時間がありましたし、炊飯に使う場合は着火して放っておくだけでOKで、楽ちんでした!
(※メーカー推奨だと、25gの燃料で18.5分-25分の燃焼時間のようです。)

おすすめのMilicamp製メスティンで固形燃料を燃焼した様子の写真

~バーナー・ガス缶~

火力がほしい料理の場合は、バーナーの方がベターです。汎用性もあります。

僕も愛用しているおすすめのバーナーは下のアイテムです。コンパクトで、キャンプツーリングにも持ち運びは楽ちんです!

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥638 (2021/04/22 10:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

~ケトル~

目盛り付きのケトルを一つ持っていると、汎用性があってとても便利です。

下に紹介のステンレスケトルは僕も使っていますが、容器内側に容量目盛りが付いていて、使い勝手がいいです。
(※下写真ですが、目盛りはちょっと見づらいかもしれません。)

「カップ麺を作りたい」、「コーヒーを作りたい」ときなど、湯を沸かすなら、ケトルやヤカンは必須になります。もちろん、メスティンで沸かしてもOKですが!

満水容量1.2L、適性容量0.7Lと大きめサイズで、なかなかコスパのよい商品かと思います。

ケトルの内側目盛りを写した写真
created by Rinker
カクセー
¥1,211 (2021/04/21 11:34:53時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ【メスティンは超便利なクッカ―です】

メスティンでのオイルサーディンパスタのレシピを紹介しました。

メスティンがあれば、キャンプでも簡単に美味しいオイルサーディンパスタを作ることができます!

メスティンは持ち運びも楽ちんで、基本の炊飯だけでなく、煮る・蒸すなどの様々な料理もできてしまいます。

とくに、原付やバイクでのキャンプツーリングをする場合には、荷物をできる限り少なくしたいと思いますが、メスティンがあればたくさんのクッカーを準備する必要もなくなり、とても便利ですね!

ぜひ、メスティンを手に入れてキャンプクッキングを楽しんでいきましょう!

~メスティンとは?~

~メスティンのおすすめメーカー~

~メスティンの調理例~

▼炊飯

▼炊き込みご飯

▼栗ご飯

▼煮込みラーメン

▼すき焼き

▼オイルサーディンパスタ

▼アヒージョ

▼小籠包

▼茶わん蒸し

▼燻製料理