バイクヘルメット用インナーキャップのおすすめを紹介!【夏も快適】

原付の装備
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

原付に乗るときヘルメットの中、べちゃべちゃになって気持ち悪いんやけど・・・。

何とかならないかな?

リョウ
リョウ

そうだね!

原付やバイクに乗るとき、暑い季節はとくに、ヘルメットの中がムレて気になるよね。

そんなお困りごとを解決するのが、インナーキャップなんだよ!

タケシ
タケシ

インナーキャップか!?逆に暑くないか?

おれの髪型も崩れそうだしな。

リョウ
リョウ

タケシは、いつも帽子かぶってるから髪型はいいでしょ(笑)

インナーキャップには、素材によって吸汗速乾タイプのものがあったりして快適だよ。

汗を吸ってすばやく乾燥してくれることで、不快感を軽減するんだ!

髪型も、ヘルメットを直接するより、インナーキャップをした方が崩れにくくなるよ。

じゃあ今回は、おすすめインナーキャップを紹介していくね!

~本記事のテーマ~◎バイクヘルメット用インナーキャップの特徴を紹介!
◎インナーキャップのおすすめ商品を紹介!
※ヘルメット内のムレが気になる方、ヘルメット内を清潔に保ちたい方におすすめ記事です!

バイクメルメット用インナーキャップを選ぶときのポイントは?

帽子屋をイメージしたアイキャッチ画像

バイクヘルメット内のムレが気になっているでしょうか?

「メット内はムレるもの」と思っている方も多いと思いますが、インナーキャップをかぶるだけで、不快感は軽減しますよ!

インナーキャップをかぶるメリットは次のとおりです。

◎ヘルメットのべたつきを軽減できる。
◎ヘルメット内の清潔さを保てる。
◎髪型の崩れを軽減できる。

では、インナーキャップはどのように選んだらいいのでしょうか?

バイクヘルメット用インナーキャップの選ぶときのポイントは、次のとおりとなります。

◎吸汗・速乾素材
◎抗菌・消臭素材
◎接触冷感
◎UVカット
◎形状(帽子、バンダナ、フルフェイス・・・など)

インナーキャップには、こういった機能や特徴を持ったものがありますから、どの機能が必要かを考えて、自分にぴったりのインナーキャップを選びましょう!

高機能であるほど値段は高くなる傾向ですが、今どきの商品はコスパの良いものが多いのでありがたいです。

バイクメルメット用インナーキャップのおすすめを紹介!

帽子をかぶった後姿の男性のアイキャッチ画像

では、さっそくですが、バイクヘルメット用インナーキャップのおすすめを紹介していきます!

クールマックスインナーキャップ(コミネ)

コミネのインナーキャップの画像
コミネHPより引用
”https://www.komine.ac/”

コミネ製の帽子タイプのインナーキャップです。クールマックス使用によりヘルメット内をクールに保ちます。

二枚セットなので、洗いまわしにも便利です。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●吸汗速乾素材。
●冷感
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:Black、Grey

ヘルメットアンダーキャップ(ラフ&ロード)

ラフアンドロードのインナーキャップの画像
ラフ&ロードHPより引用
”https://rough-and-road.weblogs.jp/”

ラフ&ロード製の帽子タイプのインナーキャップです。十分な機能性を持ちコスパ抜群です。

安価なのに、2枚組なので洗って使いまわすのに便利です。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●吸汗速乾性。
●消臭効果。
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:BLACK

クールライド ヘルメットインナーキャップ(RSタイチ)

RSタイチのインナーキャップの画像
RSタイチHPより引用
”https://www.ec.rs-taichi.com/”

RSタイチ製の帽子タイプのインナーキャップです。通気性、吸水速乾性を持つ生地となっており、防臭抗菌効果もあります。

この商品は2枚組なので、洗って使いまわすのにも便利です。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●通気性を持つ生地。
●吸水速乾。
●防臭抗菌。
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:BLACK

吸汗速乾 COOLMAX®2枚組(シノブライダース)

シノブライダースのインナーキャップの画像
シノブライダースHPより引用
”http://shinobu-riders.com/”

インナーキャップならシノブライダース製を使っている人は多いと思います。クールマックスを使用したドライで快適な着心地の帽子タイプのインナーキャップです。

僕の知っている人でこのキャップを使っている人がいますが、真夏に長時間ライディングしても不快感を感じていなかったです。

フリーサイズですが、ヘルメットのMサイズをかぶる人で若干ゆるめ感があります。慣れるまでは、ヘルメットをかぶるときに引っかかってずれることはありますが、そこまで気にはなりません。

あと、2枚組でコスパがいいです。2枚あれば洗いまわしが楽になりますね!

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●通気性。
●吸汗速乾素材。
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:ブラック、カモフラージュほか。

デオドラントインナーキャップ(クシタニ)

クシタニのインナーキャップの画像
クシタニHPより引用
”https://www.kushitani.co.jp/”

レザー製品など、ライダーから人気のあるクシタニ製帽子タイプのインナーキャップです。消臭テープを配した吸汗速乾素材となっています。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●吸汗速乾素材。
●消臭。
●サイズ:M(57-58)、L(59-60)
●カラー:ブラック

クールマックスRインナーキャップバンダナ(コミネ)

コミネのインナーキャップの画像
コミネHPより引用
”https://www.komine.ac/”

コミネ製のバンダナタイプのインナーキャップです。この商品の特徴は、冷感素材と、快適な吸汗・速乾素材を使用し、ヘルメット内を快適な状態に保ってくれます。

また、バンダナスタイルなのでメルメットを脱いでも違和感がありません。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●吸汗速乾素材。
●冷感
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:BLACK

クールマックスRフルフェイスインナーマスク(コミネ)

コミネのインナーキャップの画像
コミネHPより引用
”https://www.komine.ac/”

ラグビー選手のようなスタイルのインナーキャップです。フルフェイス用に特化した製品です。

このインナーキャップの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●吸汗速乾素材。
●冷感。
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:BLACK

その他メルメット用おすすめアイテムを紹介!

インナーキャップ以外にもヘルメット内を快適にするおすすめアイテムがあるので紹介します!

~デオグラフトGLヘルメットライナー(ラフ&ロード)~

ラフアンドロードのメットアイテムの画像
ラフ&ロードHPより引用
”https://rough-and-road.weblogs.jp/”

ラフ&ロード製のアイテムです。

ヘルメット内消臭用アイテムである「デオグラフトGL」は、消臭機能を持ち、その効果を持続します。

クッション性のある立体メッシュをベースに、汗臭の原因物質を吸収分解する機能を持たせた「デオグラフトGL」テープを組み合わせ、ヘルメット内を快適消臭します。

ヘルメットへの取付けは、マジックテープ部分をメットの内装に貼り付けるだけなので簡単です。

メイン素材は吸水・速乾性を持ち、テープとともに耐洗濯性にすぐれているため、洗濯しながらも消臭効果を持続することができます。

このアイテムの特徴は次のとおりです。

~特徴~
●消臭テープ「デオグラフトGL」は、糸の表面から中身にまで消臭機能あり。消臭飽和量が多く、すばやく消臭可能。
●汗のにおい(アンモニア、酢酸、イソ吉草酸)に消臭効果あり。
●洗濯可。
●吸水速乾性。
●肌に優しい弱酸性をキープするpH緩衝性あり。
●(サイズ上)フルフェイス、オープンフェイス専用。
●サイズ:フリーサイズ
●カラー:グレー、オレンジ
created by Rinker
ラフ&ロード(ROUGH&ROAD)
¥1,650 (2020/10/20 23:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

青帽子のイラスト

バイクヘルメット用インナーキャップのおすすめを紹介しました。

ヘルメット内は、どうしても汗でムレて不快になりがちです。そんな不快感を軽減する便利アイテムとしてインナーキャップを使いましょう!

ヘルメット着用時の快適さだけでなく、ヘルメット内を清潔にも保ってくれます。

本記事で紹介したものは、人気メーカーのものばかりなので安心感がありますし、機能性も十分です。

あなたのお気に入りのインナーキャップを選んで、快適なライディングに出かけましょう!