バイクグッズの贈り物をしたい方はこちら≫

【メスティンレシピ】焼き鳥の缶詰で炊き込みご飯を作る方法を紹介!【キャンプツーリングに最適!】

原付キャンプ
スポンサーリンク
タケシ
タケシ

キャンプツーリングに行くんだけど、メスティン使って炊き込みご飯作れるかな?

リョウ
リョウ

メスティンがあれば、炊き込みご飯も簡単にできちゃうね!

焼き鳥の缶詰を使うと楽ちんで美味しいよ!

メスティンはコンパクトに持ち運びできるし、原付やバイクで行くキャンプツーリングには最適だね!

タケシ
タケシ

キャンプで焼き鳥缶の炊き込みご飯かぁ、最高だな!

作り方教えてくれよ。

何を持っていったらいいんだ?

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、メスティンで焼き鳥缶を使った炊き込みご飯の作り方と必要な道具を紹介するよ!

レシピはとっても簡単だから、ぜひチャレンジしてみてねっ!

本記事は、キャンプなどでメスティンを使って調理がしたい方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • メスティンを使って炊き込みご飯が作りたい。
  • 焼き鳥缶を使って炊き込みご飯を作るのに、何を持っていったらよいか知りたい。
  • メスティンでいろいろな調理がしたい。
  • 原付やバイクでキャンプツーリングをするために、コンパクトに持ち運べる万能クッカー「メスティン」を使いこなしたい。

メスティンは、炊く・煮る・蒸すなどさまざまな調理ができる万能クッカーとして、キャンパーに人気の商品です。

メスティンはコンパクトな形状なので、持ち運びも楽ちん!

原付やバイクでのキャンプツーリングのように、コンパクトに荷物をまとめないといけない場合に大変便利なクッカーです。

本記事ではメスティンレシピとして、「焼き鳥の缶詰を使った炊き込みご飯」の作り方を紹介していきます。

メスティンと焼き鳥缶があれば、炊き込みご飯だって簡単です!

作り方のコツや必要アイテムもばっちり紹介していきますので、ぜひ最後までお読みいただくことで、メスティンクッキングの要領がより理解できると思います。

▼バイク用品がお得に買える『Amazonプライムデー』開催中!
【~6/22まで!】

【キャンプメシ】メスティン&焼き鳥缶で簡単に炊き込みご飯が作れます!

メスティンの写真

キャンプの醍醐味と言えば、自然の中で食べる食事!

野外炊事で美味しいものが作れれば、キャンプがより楽しめますね!

そんな中で、アルミ製の飯ごう「メスティン」があれば、だいたいの料理はできてしまいます。

焼き鳥の缶詰があれば、炊き込みご飯だって簡単にできてしまいますよ!

以下に焼き鳥缶を使った炊き込みご飯のレシピを紹介しますが、めちゃくちゃ簡単です。

レシピの一例として紹介しますが、味付けや具材を少し工夫すれば、あなたオリジナルの炊き込みご飯が作れますので、とりあえずは一度レシピ通りに作ってみて、オリジナルにもチャレンジするのもありですね!

【メスティンレシピ】焼き鳥缶で作る炊き込みご飯!

焼き鳥缶を使った炊き込みご飯
焼き鳥缶を使った炊き込みご飯

では、メスティン&焼き鳥の缶詰を使った炊き込みご飯のレシピを紹介していきます!

【炊き込みご飯】準備するもの

まず、準備するものを紹介します。

基本的に「焼き鳥の缶詰」とお米さえあればできてしまう簡単レシピですが、今回は少し具材にアレンジを利かせます。

本記事で紹介する、焼き鳥ご飯の材料は以下のとおりです!

~焼き鳥ご飯に必要なもの~
※以下、2~3人分

  • 米:1.5合
  • 水:270cc
  • 焼き鳥缶:1缶
  • ぶなしめじ
  • ねぎ
  • 醤油:小さじ1

※その他お好みの具材を入れてもよいです。
※キャンプに食材を持っていく際は、クーラーボックスなどの冷所で保管するようにしましょう!食材は使える状態にして(出発前に家で切ってから)、持っていくのがおすすめ!

~道具~

  • メスティン
  • 計量カップ(水が量れればよい)
  • バーナー
  • ウインドスクリーン(外でやる場合)
  • 包丁・まな板(キャンプ等の現地で食材を切る場合)

※道具については、記事後半でおすすめのものを紹介しています。

では、手順を解説していきます。

【炊き込みご飯の作り方】手順➀:米、具材等の準備

【1】米

まず下準備として、米を研いだら30分以上浸水させ、十分吸水させます。

今回の分量としては、米1.5合に水270ccですね!(2~3人分)

~ポイント~

キャンプにお米を持っていくときは、家で米研ぎして水量を合わせたものを、下写真のマルチシェイカーなどで入れていくと楽ちんです!マルチシェイカーは百均商品です(水がもれないものなら何でもOK)。

マルチシェイカーの写真
マルチシェイカーで米を浸水しながら持ち運ぶ写真

こうすれば、キャンプで炊事を始める頃には浸水もできているのでそのまま使えますね!
醤油類は、腐敗のリスクが高くなりますし炊く直前に入れた方がよいと思います。
この方法は、暖かい日には腐敗する可能性もあるので、炊飯するまでに時間がある場合は注意が必要ですね。保冷バッグ等で持っていくか、暑い日なら現地で米研ぎと浸水するところからやった方がよいでしょう。

【2】具材等

お好みにあわせて具材を準備します。

  • 焼き鳥缶:1缶
  • ぶなしめじ
  • ねぎ
  • 醤油:小さじ1

焼き鳥の缶詰とぶなしめじは、炊飯時に入れていきますが、ねぎは食べるときにパラパラっとふりかけるようにします。

焼き鳥の缶詰は、そのまま食べたくなってしまいますが少し我慢しましょう!

食材については、キャンプツーリングなどに持っていく場合、家で切ったりしておいて、すぐに使える状態で持っていくとよいでしょう!
(※食材は腐りやすいので、持っていくときはクーラーボックス等の冷所で!)

醤油などの調味料は液量を量っておき、百均などで売っているタレビンに入れて持っていくと便利です。

炊き込みご飯の調味料の持ち運ぶ様子の写真

【焼き鳥ご飯の作り方】手順➁:具材をメスティンに入れる

吸水したお米と、焼き鳥の缶詰、ぶなしめじ、醤油(味付けはお好み)をメスティンに仕込んでいきます。焼き鳥缶はタレも全て入れちゃいましょう!
(※僕は初めて作ったとき、醤油は要らないかなーと思って焼き鳥缶だけで炊飯しましたが、味が薄く感じました。醤油は、味付けとして適量入れておくことをおすすめします。)

具材や焼き鳥缶のタレ、調味料が全体にまんべんなく行き渡るように軽く混ぜたら、蓋をして炊飯していきます。

【炊き込みご飯の作り方】手順➂:火にかける

メスティンに具材等が入ったら、火にかけます。

今回は、固形燃料1つ(20分程度燃焼)使ってポケットストーブで炊飯しています。火にかけると10分弱くらいで、メスティンの蓋のすき間から吹きこぼれが始まります。

中で沸騰しているなーって感じになりますので、蓋を開けずにそのまま待ちます。

※外でやる場合、風の強いor気温が低い日などは、固形燃料が2つ必要になるかもしれません。吹きこぼれが始まるのが「10分以上経ってから」といった場合は、固形燃料を1つ追加したがよいかもです。
とくに、「生もの」の食材を入れたい場合は、十分火が通るように注意しましょう!

※バーナーを使う場合

まず中火~強火で加熱し、吹きこぼれが始まったら弱火にして蓋を閉めたまま10分程度かけておきます。その後、手順④へ進んでください。

~ポイント~

  • ポケットストーブで固形燃料を使って火にかける際は、ポケットストーブの底にアルミ箔を敷いておくと汚れにくくておすすめ。
    ※底部は焦げて汚れやすい。

【炊き込みご飯の作り方】手順④:火が消えたら蒸らす

メスティンで炊き込みご飯を蒸らす様子

火が消えた頃には炊きあがっているので、メスティンを裏返し、タオル等に包んで保温しながら10分程度蒸し上げます。

メスティンで炊き込みご飯を蒸らす様子

蒸しが終わったら完成です!

焼き鳥缶を使った炊き込みご飯の炊飯手順を以下にまとめます!

  1. お米・焼き鳥の缶詰・食材・調味料をメスティンに入れて軽く混ぜる。
  2. 蓋をして加熱⇒炊飯。
  3. 吹きこぼれから10分超ほどしたら炊飯はOK!
  4. タオル等で包んで裏返し、10分程度蒸す。
  5. 完成!
    ※具材によって炊飯時間は調整!

【焼き鳥ご飯の作り方】手順⑤:完成!⇒実食!

炊飯&蒸しが終わると、美味しそうな焼き鳥缶の炊き込みご飯ができました~!

ちょっと見にくいかもしれませんが、オコゲも程よくできていて美味しかったです。
(※オコゲを上手に作りたい場合は、火加減・炊飯時間が重要!何度か作ってみて調整が必要です。)

メスティンでの炊飯方法を知っていれば、あとは具材を追加するだけなので簡単ですよね!

そして、お味の方は・・・!

メスティンで作った焼き鳥缶の炊き込みご飯
メスティンで作った焼き鳥缶の炊き込みご飯

ん~うまいっ!!

焼き鳥缶の炊き込みご飯ですからね!想像どおりの味かと思います。

今回は天候不良のため、家でやることになりましたが、外で食べる焼き鳥ご飯はもっとおいしいでしょう!

野外炊事して新鮮な空気を吸いながらの食事は、美味~~です!

アウトドアの醍醐味ですね!

おすすめメスティン&その他のアイテム紹介!

今回の焼き鳥ご飯で使ったメスティンや、その他のアイテムでおすすめのものを紹介しておきます。

~メスティン~

メスティンは、今や百均のダイソーでも売っていますが(税込550円)、売り切れが続出しなかなか手に入らないのが現状です(2020年11月現在)。

ネット通販では、少し高くなりますが本家本元のトランギア製のメスティンが売っていますので、ポチっとしてすぐに買いたいという方には、トランギア製はよいと思います。

ダイソーメスティンよりも、大きめサイズなので調理の汎用性はありますよ。

▼トランギア製メスティン

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,600 (2021/06/21 09:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

個人的におすすめなのは、milicamp(ミリキャンプ)製のメスティンセットです。

バリ取り済みであったり、その他便利なアイテムがついて値段も安めなので、使いやすい商品だと思います。

▼MiliCamp製メスティン

ミリキャンプのメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

ダイソーメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

キャンプ用品等の通販を展開しているL-Breath(通販) でも、キャラクターメスティンなどがあって面白いです!

最近は、「目盛り付き」メスティンも多く出ています!目盛りがあると、炊飯&調理にとっても便利です!

▼目盛り付きメスティンがよい方におすすめ記事!

~ウインドスクリーン~

キャンプに最適なシーズンである春や秋は、風が強い日も多いです。そんなときに大活躍するのが「ウインドスクリーン」です!

これは、キャンプの必須アイテムかと思いますので、手に入れておくことをおすすめします。下に紹介の商品で、メスティン(通常サイズ)をぴったり囲うことができるサイズ感です。
(※サイズはさまざまなタイプがあります。)

値段も安めなので、手軽に手に入れることができるかと思います。

固形燃料なら上のスクリーン(高さ13.5cm)でよいですが、バーナーを用いる場合は少し高さがあるものがおすすめです。

下のウインドスクリーンは、高さが24cmの板で、ペグが4か所あるので地面での使用時に安定させることができます。風が強いときには便利です。

~固形燃料~

バーナーは持ち運びも大変ですし、手軽に調理したいという方は固形燃料はおすすめです。ポケットストーブ等の土台は必要ですが、コンパクトに持ち運びできて、使い終わったら捨てれるので使い勝手はよいです。

おすすめ固形燃料は下のものですね。

実際に使った感想としては、着火してから25分弱の燃焼時間がありましたし、炊飯に使う場合は着火して放っておくだけでOKで、楽ちんでした!
(※メーカー推奨だと、25gの燃料で18.5分-25分の燃焼時間のようです。)

おすすめのMilicamp製メスティンで固形燃料を燃焼した様子の写真

~ポケットストーブ~

固形燃料を使うならポケットストーブはマスト!

まだ、手に入れてないなら準備しておきましょう!

僕はMilicampのメスティンセットでついてきたものを使っていますが、YOKELLMUXの「五徳付きポケットストーブ」がおすすめ!

メスティン以外のものを加熱する場合、サイズが合わないものもあるので(カップなど)、五徳を使うと便利です!

~バーナー・ガス缶~

火力がほしい料理の場合は、バーナーの方がベターです。汎用性もあります。

僕も愛用しているおすすめのバーナーは下のアイテムです。コンパクトで、キャンプツーリングにも持ち運びは楽ちんです!

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥638 (2021/06/21 16:43:18時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ【メスティンは超便利なクッカ―です】

メスティンレシピとして、焼き鳥の缶詰を使った炊き込みご飯の作り方を紹介しました。

メスティンと焼き鳥缶があれば、キャンプでも簡単に美味しい炊き込みご飯を作ることができます!

メスティンは持ち運びも楽ちんで、基本の炊飯だけでなく、煮る・蒸すなどの様々な料理もできてしまいます。

とくに、原付やバイクでのキャンプツーリングをする場合には、荷物をできる限り少なくしたいと思いますが、メスティンがあればたくさんのクッカーを準備する必要もなくなり、とても便利ですね!

ぜひ、メスティンを手に入れてキャンプクッキングを楽しんでいきましょう!

~メスティンのおすすめメーカー~

~便利な「目盛り付き」メスティンのおすすめ~

~多彩なメスティンレシピ!~

▼炊飯

▼炊き込みご飯

▼焼き鳥缶を使った炊き込みご飯

▼栗ご飯

▼煮込みラーメン

▼すき焼き

▼オイルサーディンパスタ

▼アヒージョ

▼小籠包

▼蒸し野菜

▼茶わん蒸し

▼あさりの酒蒸し

▼燻製料理