【チェック!】冬のバイクにおすすめの防寒アイテムはこちら!

【メスティンレシピ】キャンプでカオマンガイを作る方法&必要な道具を紹介します!|キャンプツーリングに最適!

原付キャンプ
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • メスティンを使って『カオマンガイ』を作る方法は?
  • メスティンでカオマンガイを作るために必要な道具は?
まーちゃん
まーちゃん

今度、キャンプツーリングに行くんだっ!

メスティンを使って、カオマンガイ作ってみたいなっ!

うまく作れるかなぁ?

リョウ
リョウ

もちろん!

メスティンがあれば、カオマンガイだって簡単に作れちゃうよ!

まーちゃん
まーちゃん

わーい!

カオマンガイも作れるんだ!

レシピや必要な道具、教えてよっ!

リョウ
リョウ

OK!

じゃあ今回は、カオマンガイを作るメスティンレシピを紹介するよ!

作り方&必要な道具を詳しく紹介するから、ぜひチャレンジしてみてね!

本記事は、メスティンを使ってカオマンガイを作りたい方向けの記事です。

カオマンガイとは、茹で鶏を使った東南アジアでお馴染みの米料理!

メスティンは、炊く・煮る・蒸すなどさまざまな調理ができる万能クッカーとして、キャンパーに人気の商品です。

メスティンの写真

メスティンはコンパクトな形状なので、持ち運びも楽ちん!

とくに、原付やバイクでのキャンプツーリングのように、コンパクトに荷物をまとめないといけない方にとって大変便利なクッカーです。

本記事では、メスティンを使ったカオマンガイのレシピを紹介していきます。

作り方のコツや必要な道具もばっちり紹介していきますので、ぜひ最後までお読みいただき、メスティンクッキングの要領をマスターしていってくださいね!

キャンプでもメスティンがあれば簡単にカオマンガイが作れます!

メスティンの写真

キャンプの醍醐味と言えば、自然の中で食べる食事!野外炊事で美味しいものが作れれば、キャンプがより楽しめますね!

そんな中で、アルミ製の飯ごう「メスティン」があれば、だいたいの料理はできてしまいます。

カオマンガイだって、レシピさえ知っていれば簡単にできてしまいますよ!

以下にカオマンガイのレシピを紹介しますが、あくまで一例です。

お好みに合わせて具材や味付けを変えることで、あなたオリジナルのカオマンガイが作れますので、とりあえずは一度レシピ通りに作ってみて、オリジナルにもチャレンジしてみてくださいね!

【メスティンレシピ】カオマンガイの作り方!

では、メスティンを使ったカオマンガイの作り方を紹介します!

メスティンでカオマンガイを作るときに準備するもの

まず、準備するものは以下のとおりとなります。

~カオマンガイ(1合)に必要なもの~

  • 米・・・1合
  • 水・・・180cc
  • サラダチキン(3種のハーブ)・・・1個
    ※基本は生鶏肉(もも)を使う。加熱不十分になるのが心配な方は、調理済みのサラダチキン等がおすすめ!
  • きゅうり・・・0.5本
  • ミニトマト・・・3~4個
  • タレ
    • 醤油・・・小さじ2(10cc程度)
    • 酢・・・小さじ1(5cc程度)
    • ゴマ油・・・小さじ0.5(2.5cc程度)
    • おろししょうが・・・少々
    • おろしにんにく・・・少々

※その他お好みの具材を入れてもOK!
※タレは、簡単に作れるように材料を減らしています。味噌や鳥ガラ、レモン汁(酢の代わり)などを入れるのも美味しいです。
※キャンプに食材を持っていく際は、クーラーボックスなどの冷所で保管するようにしましょう!食材は使える状態にして(出発前に家で切るなどしてから)、持っていくのがおすすめ!

~道具~

  • メスティン・・・1合+αの容量のもの
  • ポケットストーブ
  • 固形燃料×2
  • ウインドスクリーン
  • シェラカップなど(タレを調合する容器)

※道具については、記事後半でおすすめのものを紹介しています。

では、手順を解説していきます。

【カオマンガイの作り方】手順➀:米、具材等の準備

【1】米

まず下準備として、米を研いだら30分以上浸水させ、十分吸水させます。

本記事のカオマンガイでは、米1合に対して水180ccを入れて、吸水&炊飯しています。

~ポイント~

キャンプにお米を持っていくときは、家で米研ぎして水量を合わせたものを、下写真のマルチシェイカーなどで入れていくと楽ちんです!

マルチシェイカーは百均商品です(水がもれないものなら何でもOK)。

マルチシェイカーの写真
マルチシェイカーで米を浸水しながら持ち運ぶ写真

こうすれば、キャンプで炊事を始める頃には浸水もできているのでそのまま使えます!

醤油類は、腐敗のリスクが高くなりますので、炊く直前に入れた方がよいでしょう。

この方法は、暖かい日には腐敗する可能性もあるので、炊飯するまでに時間がある場合は注意が必要ですね。

保冷バッグ等で持っていくか、暑い日なら現地で米研ぎと浸水するところからやった方がよいでしょう。

【2】具材等

お好みにあわせて具材を準備します。

カオマンガイは、基本的に生の鶏肉を使い、その出汁を使いながら旨味を出していくご飯です。

ただ、キャンプでのメスティン調理では、加熱不十分になる不安もあるので、調理済みのサラダチキンを使うと安心&楽チン!

また、醤油などの調味料は液量を量っておき、百均などで売っているタレビンに入れて持っていくと便利です。

カオマンガイの調味料の持ち運ぶ様子の写真

【カオマンガイの作り方】手順➁:米・チキンをメスティンに入れる

準備した具材等をメスティンに入れていきます。

まずは、浸水した米と水。

そこに、お好みに応じて醤油・ごま油を少しいれて混ぜておくと下味がついて美味しいです。
(※鶏ガラを少し入れるものあり!)

メスティンに、カットした鶏肉(サラダチキン)を入れます。

【カオマンガイの作り方】手順➂:火にかける&タレを作る

メスティンでのカオマンガイの炊飯の様子

メスティンに具材が入ったら、火にかけます。

米だけの炊飯なら、固形燃料1つ(20分超の燃焼)でたいていは炊き上がります。

しかし、カオマンガイでは、鶏肉も入っているせいか”炊き”が甘くなりがちですので、固形燃料を2つ使うなどして30分程度加熱した方が良いです。
(バーナーを利用してもOK!)

炊飯中は、ぐつぐつしても蓋を開けずにそのまま待ちます。

~ポイント~

風の強いor気温が低い日なども、炊きが甘くなることがあります。

その場合は、固形燃料が2つ必要です。

目安としては、メスティンの蓋から吹きこぼれが始まる時間を見ておき、10分以上経ってから吹きこぼれた場合は、固形燃料を1つ追加するのがよいかなと思います。

特に、生鶏肉など「生もの」の食材を使う場合は、十分火が通るように注意しましょう!

※バーナーを使う場合

まず中火~強火で加熱し、吹きこぼれが始まったら弱火にして蓋を閉めたまま15分程度かけておきます。

その後、手順④「蒸らし」へ進んでください。

~ポイント~

  • ポケットストーブで固形燃料を使って火にかける際は、ポケットストーブの底にアルミ箔を敷いておくと汚れにくくておすすめ。
    ※底部は焦げて汚れやすい。

カオマンガイの炊飯を始めたら、待っている間にタレを作ります。
(※もちろん、キャンプに出発する前に作ったものを持っていっても良いです。)

醤油小さじ2(10cc)、酢小さじ1(5cc)、ごま油小さじ0.5(2.5cc)、おろししょうが少々、おろしにんにく少々を、シェラカップ等で混ぜ合わせます。

【カオマンガイの作り方】手順④:火が消えたら蒸らす

メスティンでカオマンガイを蒸らす様子

固形燃料なら、30分程度火にかけると炊きあがりますので、メスティンをタオル等に包んで保温しながら裏返し、10分程度蒸し上げます。
(※鶏肉も入っているので、裏返して”ぐちゃぐちゃ”になるのがイヤな場合は、蓋と本体のすき間から蒸気が漏れないよう重しを載せておきましょう!)

メスティンでカオマンガイを蒸らす様子

【カオマンガイの作り方】手順⑤:完成!実食!

蒸し終わったら完成です!

蓋を開けると美味しそうなカオマンガイができています。あとは、お好みにあわせてトッピングを載せればOKです。

レシピさえ知っていれば、本当に簡単にできちゃいます!

味はもちろん・・・めっちゃうまかったです!

酢(orレモン汁)を入れるので、人によってはちょっとクセを感じるかもしれません。

ザック
ザック

おれは初めて食べたけど、日本では珍しい味って感じがしたな!

さすが東南アジア系の料理だぜ・・・。

でもうまかった!

東南アジア系の料理なので、ちょっと癖を感じるかもしれませんが、酢っぱいものが苦手なら、酢を減らすとよいかなと思います。

外で食べるご飯は、美味しさも増し増し!

食べてみて、「もっと味付けはこうしたい」、「こんな具材入れたらおいしいだろうな」とイメージを膨らませてみて、メスティンクッキングを楽しんでみてください。

カオマンガイはシーズニングでコゲつきを防ごう!

メスティンをシーズニングする様子

カオマンガイなどの炊飯では、「火にあてながらしばらく放置」のような調理となります。

そのため、コゲ付きが起きやすく洗うのが大変なときもあるので、使用前にシーズニングをしっかりやっておくとよいでしょう!

アルマイト加工等がされた商品なら不要です。

シーズニングは一度やれば何回かはそのまま使えますが、効果が薄れたら再度やるって感じですね。

僕もカオマンガイだけでなく、何度か炊飯系の調理をやっていますが、いまだにコゲ付きで汚れて困ったことがありません。

※上写真はちょっと分かりづらいかもしれませんが、少しおコゲができつつも、メスティン本体側にはコゲついていません(底部も同様)。

コゲつくと本当に洗うのが大変なんですよね。

しっかりお手入れしていくことで、快適なメスティン料理を楽しむことができますよ!

おすすめメスティン&その他のアイテム紹介!

今回のカオマンガイで使ったメスティンや、その他のアイテムでおすすめのものを紹介しておきます。

~メスティン~

メスティンは、今や百均のダイソーでも売っています(税込550円、1合炊き用)。

以前は、売り切れが続出しなかなか手に入らなかったですが(2020年末頃)、2021年11月現在は、店頭でもよく見かけるようになりました。

ネット通販では、少し高くなりますが本家本元のトランギア製のメスティンが売っていますので、ポチっとしてすぐに買いたいという方には、トランギア製はよいと思います。

ダイソーメスティンよりも、大きめサイズなので調理の汎用性はあります。

▼トランギア製メスティン

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥1,348 (2022/01/24 20:51:40時点 Amazon調べ-詳細)

個人的におすすめなのは、Milicamp(ミリキャンプ)製のメスティンセットです。

バリ取り済・シーズニング不要であったり、その他便利なアイテムがついて値段も安めなので、コスパの良い商品だと思います。

▼MiliCamp製メスティン

ミリキャンプのメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

ダイソーメスティンに興味がある方は、下の記事でマイレビューを紹介していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

キャンプ用品等の通販を展開しているL-Breath(通販) でも、キャラクターメスティンなどがあって面白いです!

最近は、「目盛り付き」メスティンも多く出ています!目盛りがあると、炊飯&調理にとっても便利です!

▼目盛り付きメスティンがよい方におすすめ記事!

~ウインドスクリーン~

キャンプに最適なシーズンである春や秋は、風が強い日も多いです。そんなときに大活躍するのが「ウインドスクリーン」です!

これは、キャンプの必須アイテムかと思いますので、手に入れておくことをおすすめします。下に紹介の商品で、メスティン(通常サイズ)をぴったり囲うことができるサイズ感です。
(※サイズはさまざまなタイプがあります。)

値段も安めなので、手軽に手に入れることができるかと思います。

固形燃料なら上のスクリーン(高さ13.5cm)でよいですが、バーナーを用いる場合は少し高さがあるものがおすすめです。

下のウインドスクリーンは、高さが24cmの板で、ペグが4か所あるので地面での使用時に安定させることができます。風が強いときには便利です。

~固形燃料~

バーナーは持ち運びも大変ですし、手軽に調理したいという方は固形燃料はおすすめです。ポケットストーブ等の土台は必要ですが、コンパクトに持ち運びできて、使い終わったら捨てれるので使い勝手はよいです。

おすすめ固形燃料は下のものですね。

実際に使った感想としては、着火してから25分弱の燃焼時間がありましたし、炊飯に使う場合は着火して放っておくだけでOKで、楽ちんでした!
(※メーカー推奨だと、25gの燃料で18.5分-25分の燃焼時間のようです。)

おすすめのMilicamp製メスティンで固形燃料を燃焼した様子の写真

 

~ポケットストーブ~

固形燃料を使うならポケットストーブはマスト!

まだ、手に入れてないなら準備しておきましょう!

僕はMilicampのメスティンセットでついてきたものを使っていますが、YOKELLMUXの「五徳付きポケットストーブ」がおすすめ!

メスティン以外のものを加熱する場合、サイズが合わないものもあるので(カップなど)、五徳を使うと便利です!

~バーナー・ガス缶~

火力がほしい料理の場合は、バーナーの方がベターです。汎用性もあります。

僕も愛用しているおすすめのバーナーは下のアイテムです。コンパクトで、キャンプツーリングにも持ち運びが楽ちんです!

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥638 (2022/01/24 18:20:46時点 Amazon調べ-詳細)

~カトラリー~

調理時や食べるときに使うカトラリーは必須です。

キャンプツーリング初心者のうちは、家に余っている「割り箸や使い捨てスプーン」などを使えばOKですが、カトラリーセットがほしいならキャプテンスタッグのアイテムはありですね。

品質はそれなりになりますが、安価に一式そろうのでありがたいですね!

まとめ【メスティンは超便利なクッカ―です】

メスティンでのカオマンガイのレシピを紹介しました。

本記事のレシピなら、キャンプでも簡単に美味しいカオマンガイを作ることができます!

メスティンは持ち運びも楽ちんで、炊飯だけでなく様々な料理ができてしまいます。

とくに、原付やバイクでのキャンプツーリングをする場合には、荷物をできる限り少なくしたいと思いますが、メスティンがあればたくさんのクッカーを準備する必要もなくなり、とても便利ですね!

では、本記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

メスティンを使って、いろんな料理にチャレンジしてみましょう!

~メスティンのおすすめメーカー~

~便利な「目盛り付き」メスティンのおすすめ~

~多彩なメスティンレシピ!~

▼炊飯

▼炊き込みご飯

▼焼き鳥缶を使った炊き込みご飯

▼栗ご飯

▼パエリア

▼カオマンガイ

▼煮込みラーメン

▼味噌煮込みうどん

▼すき焼き

▼じゃがりこグラタン

▼チーズフォンデュ

▼ナポリタン

▼オイルサーディンパスタ

▼アヒージョ

▼小籠包

▼蒸し野菜

▼茶わん蒸し

▼あさりの酒蒸し

▼プリン(スイーツ)

▼燻製料理

▼パンケーキ(パウンドケーキ)